目次へ。絶帝案内板へ。

おれのさがしもの


『おい、糞野郎。今日も野宿か?』
『誰がクソだ誰が!』

 ここ数日のねぐらとなっている、街外れに建つ、屋根にポッカリ大きな穴が空いて、夜空を広く見渡す事ができる小さな廃屋の中で、どこまでも落ち着き払った、低く静かな声が罵るような言葉で俺を呼んだ。
 ギャンブルですって、金持ちそうなオッサンへのスリ行為に失敗して追いかけられ、とにかくムシャクシャして根元近くまで深く吸っていた、最後の一本だった煙草を唾と共にペッと口から荒っぽく吐き捨てた俺は、肩までだらしなくボサボサに伸びた髪を乱暴な手つきで掻きながら、こちらを平然とした顔つきで、まるで見下すような目で俺を見ている短い黒髪の相棒に対して、強く睨みつけながら返した。
 ……まあ、こういう事は俺たちにとったら日常的とも言える風景だ。端から見れば……見なくても、なかなか殺伐とした関係だろう。
 相棒は淡々とした口調で言葉を返す。
『お前がいつも使っている言葉を使っただけだ』
『俺がいつ言ったよ!?』
『気に入らない他人に喧嘩を売る時に、よく言っている』
 相棒の深い緑色の目は確かに俺の方を見ていたが、しかし決して俺と目を合わせてはいない。
 人間としてのまともな感情が欠けた、とにかく何処までも冷めきった男。これが俺が抱いている、この相棒への印象だ。
 俺はそんな男に舌打ちを返す。
『……ああ、そうだな。確かに言ってるわ。あと今日も此処で寝るし、屋根はねぇからほぼ野宿かもしらねぇな。でもな、お前せめて普通に相棒の俺を名前で呼べよ? 俺には×××って名前があるんだ! 俺だってお前を××××って呼んでるだろ!?』
 俺の口から出たはずの、相棒と、そして俺自身の名前は、なぜか俺の耳には聞こえなかった。
 相棒の顔までもが、はっきりと見えない。ぼかしがかかったように、ぼんやりとだけ映っている。

 ――俺は一瞬、此処にいる自分が誰なのか解らないような、不思議な錯覚に陥った。俺は……俺のはずなのに。

『お前など糞で充分だ』
 そして返ってくる、いつもどおりの相棒の冷たい答え。
 周囲の他人はもちろんの事、一番身近な存在と言えるはずの自分の相棒の名前さえもまともに呼ばない男に対して、俺はまた舌打ちしたが、コイツと行動を共にするようになってからというもの、こういったやりとりが俺とコイツの日常ではないか。
 そう、こんな光景はいつもと何も変わらないはずだ。
 盗っ人としてのコイツの才能は確かだと俺は評価している。俺には足りない冷酷非道さがプラスとなって、良い結果を出す事だって多い。実際にコイツと組むようになってからは、稼ぎは増えたと思っている。
 ……いや、思っていたのだ。コイツの金の使い道を知るまでは。

 相棒の身体から微かに漂ってくる、心地よい香水の、上品ではないが、甘く洒落た匂い……瞬時に俺は察した。
『××××、お前……また一人で娼館行ってたのか!?』
『……行ったら悪いのか?』
『俺も誘えっ! ……じゃなくてだな、お前、またこないだの稼ぎを全部つぎ込んだってのか!?』
『……だから何だ? 金は使うためにある』
 そう言って相棒はさっさと部屋の隅に行って、音も立てず静かに腰を下ろす。
 多分、今日もそういう店に一人で出かけて、最上級の女を抱いてきたのだろう。
 金で女との肉体の快楽を買う事は特に悪い事だとは思わないし、汚い世界で生きる人間には当たり前の事だろう。それでも俺には、これが大問題だった。俺との仕事でせっかく得た稼ぎをさっさと、ドブにでも捨てるように使い込んでいく相棒の浪費癖が。
 これでは雨風をしのげる最低限の生活さえも成り立たない、というものだ。このままでは、成功するか失敗するか……最悪、生きるか死ぬかの結果しか見えない、強盗に手を出すしかなさそうな状況にもなりつつある。
『……ああ、そうだな。お前がそんなんだから、こんなトコで野宿ばっかりする羽目になるんだ、コンチクショウが……!』
『賭博で負けてばっかりのお前が言う台詞か……?』
『俺は……運任せだが、いつもいつも金を増やす努力はしてるんだよ! 女とヤリまくって、金をひたすら消費してくるだけのテメェとは違うっつーの! このヤリ×ン! セックス狂が!!』
 俺は相棒に対してこれまでたまりにたまった鬱憤を、下品な言葉と共に遂にひたすらぶつけまくった。
 しかし当の相棒本人は俺から目をそらしたまま、その内なる感情を他者に微塵も感じさせない声のまま、冷酷に言い放った。
『黙れ。この童貞』
 ストレートかつ単純で、強烈すぎる短い言葉が俺に突き刺さる。
『……はぁ!? ちょ……ちょっと、お前、今、俺になんつったよ……!?』
『童貞。女も抱けない小僧が』
 必死に言い返そうとする俺とは完全に対照的に、相棒はやはり平然としたままだ。
『な……!? ……そ、そんなワケ、ねぇだろが!!』
『ではなぜ即座に否定せずに、ひたすら動揺する?』
『う……うるせぇなぁ!』
 女は大好きだ。愛はなくともヤリまくりなこの男と比べれば、女性経験が遙かに少ないのは確かに事実だが、それにだって理由がある。そう、理由が……。
 女性経験の有無に関して、これ以上の話をしたくなかった俺は、話を違う方向にそらそうとする。
『お前よぉ、そんなに女とヤリまくってばっかりだったら、そのうちあちこちにガキこさえるぐらいやるんじゃね? 平気でヤリ逃げしそうだもんなぁ?』
 どうにか笑ってみせながら、わざとらしくからかうように俺がそう言った瞬間、俺の背後の壁に黒い何かが深く喰い込む音と共に突き刺さる。
『……!?』
 相棒が時々使っている、十字型の手裏剣だ。
『子供など……いらない』
 部屋の隅で腰を下ろしていたはずの相棒は、いつの間にか立ち上がり、俺の目の前に立っていた。俺の言葉からそこまでかかった時間は、ほんの数秒。動いた気配など全く感じさせなかったのに……。
『俺はそんな気持ち悪いヘマはしない。俺の血を引く存在なんて、考えただけで吐き気がする……』
 気のせいか、今の奴のその目には、大きな動揺が浮かんでいるようにも見えた。どうやら俺は奴にとっての地雷を踏んでしまったらしい。
 俺は何とか苦笑してみせながらも、負けずに続ける。
『まあ、確かにそうだな。俺もお前のガキなんて、どんなのが生まれるのかコレっぽっちも想像つかねぇわ。まともな人間が生まれるかすら怪しいし』
『……二度とその事を口にするな。殺すぞ』
 瞬時に抜かれたのであろう、しっかり手入れがされた鋭利なナイフの刃が、しゃべり続けていた俺の喉元に冷たく軽く押し当てられていた。
 多分、それ以上の力を込められ、刃を横に引かれるような真似をされたら、数秒後のこの場には俺の血まみれの惨殺死体が転がっている事だろう。
 この相棒は、そういう狂気じみた事を平常心でやりかねない男なのだ。
『あ……ああ、そだな……』
 俺はひたすら苦笑するしかなかった。自分の命は何より大事なのだから。


 ……本当に、どうしてこんな奴を相棒にしたんだろう。人間として明らかに、まともな何かが大きく欠落しているような奴を。そう思って、俺は何度も後悔しかけた事がある。
 コイツがいれば、ずっと人間の暮らしの最下層の底辺を這っているだけの、クズも同然の俺でも何かが変わるかもしれないなんて、どうして考えてしまったのだろう?
 でもコイツをこのままにして、放っておいてはいけない。それが最大の理由だったのは確かだ。
 感情が欠けた冷酷男。だからこそ、何をするか解らないからこそ、一人にしておいては危険なのだ。薄情な人間なら、とっとと縁を切って放置していたっておかしくはないような奴だからこそ、俺がしっかりしなければならないのだ。
 行動を共にするようになってから、そうやってこの相棒を、周囲に何とかフォローしてきた数は一度だけじゃない。何をやってるんだ俺は……と、後から自分に呆れてしまった数も。
 いざって時は、俺がこの相棒のために身を挺する事も必要になる時が来るかもしれない、と考えた事もある。
 まあ、これはあくまでも可能性の中の一つなのだが……でも本当に、俺も人がよすぎるってものだ。こんなのだから、今までの人生の何もかもが中途半端な結果に終わってきたのかもしれない。
 これで死ぬような事にならなきゃいいんだがな…………。

 俺がそう思った瞬間、急に場面は暗転した。


 ――――あれ?

 俺はどうなってるんだ? どうして俺の身体に、こんなに血がいっぱいついてるんだ?
 これ……もしかして、全部、俺の血か……?
 ああ……そうだな。確かに…………身体にいくつも穴があいて、いたい、もんな。
 相棒が俺をかついで逃げている。誰かに追われているのだろう。俺はもう、立っていることもできない。きっともう、助からない……。
 足が速い相棒でも、動けない俺を連れていれば、このままではすぐに追いつかれてしまうだろう。追いつかれたら、無事でいるコイツまでもが、拷問とかされて非道い目に遭わされる。そうなるぐらいならもう、俺が此処で死んだ方がマシってものだ。
 だから相棒、俺を殺してくれないか? 絵に描いたように冷酷非道なお前ならそういう事ぐらい、何のためらいもなく平気でできるだろ?
 だから早く、俺を殺してくれ……。

『……すまない……』

 相棒は俺を殺さなかった。
 感情が欠落していたはずの男がなぜか悲しげな声で短くつぶやいた後、俺から目を背けるようにして、きびすを返して去っていく姿がこの目に映った。
 アイツらしくはない選択だったが、殺せないのならそれでよかった。これでアイツは逃げられたのだから。だから間違っても引き返してこないように、最後の力で「よくも!」と大声で叫んでやった。
 だがしかしだ。俺はせっかくカッコよくキメて死ぬ覚悟ができていたのに、これじゃあ全てが台無しじゃないかよバカ。お前はいざという時には手が下せないヘタレ野郎だったとは……意外と人間くさい奴だったんだな。
 最後の最後で相棒の新たな一面を見つけてやった、と思ってニヤリと笑った後、もう酒も飲めない、煙草が吸えないのなら、いい女を口説いてバカ騒ぎもできないのなら、やっぱり死にたくはねぇなぁとも思いながら、ふと、相棒以外の別の誰かの顔を思い浮かべようとした。

 その直後、急に複数の誰かの手で乱暴に、まさに身体をまっぷたつにされるような痛みが、俺を切り裂いた。


 ――――俺の意識はそこで途切れた……と思っていたが、ぼんやりとした感覚がずっと続いた。
 それでも、あったはずの身体中の痛みは消えた。理由がよく解らないまま、俺は意識がぼんやりとしたまま、まるで風に吹かれるがままの如く、何処かを漂っていた。
 もしかしたら俺はもう死んだのかもしれない。それでも意識自体は残っているし、まだ消えたくないという気持ちは強くあった。
 そして相棒。アイツは俺から離れていった後、どうなったのか? 俺はそれだけが激しく気になった。人間らしい感情が見事に欠けたアイツが、まともにちゃんと生きているのかが……。


 自分がどうなったのかも解らないまま、どれほどの時が流れたのだろう?

 長い年月が過ぎたのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。
 ふとその時、俺は目の前に、全身を、足から頭までもを黒い衣装に包んだ、一人の男がいつの間にか立っている事に気づいた。
 覆面に覆われた目の前の男の顔から、その素顔を伺い知る事はできない。
 でも、俺には解る。コイツは…………あの相棒だ。間違いない。

『×××よ……もう、逃げずに済みそうだ。温かく迎えてくれよ……』

 目の前の相棒は、まるで俺が此処にいる事をちゃんと解っているかのように、俺に向かって、穏やかな声でそう言った。
 ああコイツ、俺の名前をやっとまともに呼んでくれたのか……。
 そう驚いたのも束の間だった。相棒は急に俺から背を向けて、何処かへと歩き始めた。まるで俺がこんなふうになる直前に見た時のように。
 おい、お前どこに行く気だ? 俺はあわてて後を追いかけようとする。
 しかし急に上から崩れ落ちてきた、たくさんの瓦礫が目の前に降ってきて、俺の行く手を阻んだ。
 瓦礫の崩壊が止んだ後、相棒らしき男の姿は見えなくなっていた。まさか瓦礫に呑み込まれたのか? 死んだというのか?

 …………嫌だ。俺に黙って勝手に死ぬなんて、そんなの俺は認めない!

 俺は消えた相棒の姿を、血眼になる程に必死に探そうと足を踏み出した。しかしその瞬間、周囲は何もない。薄暗い無の空間らしき場所に変化していた。
 ……此処はどこだ? 俺は訳が解らず、辺りを見回す。

『……やあ。君、もしかして迷っているのかい?』

 突然、何者かの低く穏やかな声が俺の背後から聞こえた。でも、これは相棒の声ではない。
 振り返ると、そこには黒っぽい服を着た、細身の長身の男が立っていた。
 薄暗いせいなのか、顔はよく見えない。傍らに生身の人間の腕らしきものを抱えているようにも見える。
 ……何だかコイツ、気持ち悪い。
 あまり関わり合いにならない方がよさそうだ。直感でそう思った俺はこの男から離れようとした、その時。
『君のさがしものは、多分あっちにあると思うよ』
 男からの突然の言葉に、俺はハッと驚く。男は何も抱えていない側の左方向をまっすぐ指さしていた。
 この男は、まさか俺の心の内を読んだのか? だとしたら、一体何者なんだ……?
 男は俺の動揺を気にも留めず、穏やかなトーンのまま続けた。
『……見つかるといいね。君の幸運を祈っているし、信じているよ』
 はっきりと見えなかった男の顔から、糸のように細い目が、穏やかな、しかし狂気も感じさせるような不気味な笑みをたたえた口元が、一瞬だけ見えた気がした。
 その瞬間、男の姿が目の前から消え、俺の背後にまわったというのか、俺の背中を指さしていた方向に、ドンと力強く押した。

 背中を押された勢いで歩き出しながら、俺の意識はまたもぼんやりとしていく。どうやらあの男に何かをされたらしい。
 立ち止まって男に問い詰めたかったが、それでも俺の足は止まらなかった。しっかりしろ、俺の意識。消えたくない。早く相棒を見つけなければ。
 ひたすら歩かされながら、俺はそれだけを思った。

 消えるな。きえるな。きえるな、おれ…………。


 …………あれ? おれ、いつからこんな、瓦礫の山の上に立っていたんだっけ?
 まあいいや……こんなに瓦礫がいっぱい積もってたら、宝もたくさん埋もれてそうだよな。おれがのどから手が出るほどの勢いでほしい、金銀財宝が。
 そうだ……さがさなきゃ。でも、さがすって……何を?
 おれの記憶がどんどん抜け落ちていたのは解った。それでも何かを探さなければならない事だけは解っていた。
 瓦礫の上を探しまわるおれは、ふと、目の前にとまった瓦礫の下から光る何かが流れてきている事に気づいた。
 おれはゆっくりとそれに手をのばそうとする。

 ああそうか。アレが…………オレの、さがしもの…………



「…………んぁ」
 彼は天井に向かって、まっすぐその小さな手を伸ばしていた。
「…………ゆめ、か……?」
 ベッドから半分ほど身を乗り出した、器用な姿勢で横たわっていた、まだ五歳の幼い彼は、自分が夢から覚めた事に気づいた。
 もう朝が来たらしい。見慣れた自分の部屋の中で、いつものように口まわりがヨダレにまみれた状態で目を覚ましていた。
 つい今の今まで、何やら不思議な長い夢を見ていた。そのまま彼の身体は、シーツごとドサリと床の上へと落ちた。
 腕と背中に痛みを覚えたが、まだ意識はぼんやりとしたままだった。
「……いいゆめ……だったの、かな……?」
 実際の年齢よりも精神年齢が高いと周囲からよく言われる彼でも、よく解らない夢だった。場面によってはどこか生々しく、リアルな気さえした。

 特に相棒だという男と一緒にいる場面は。あの男は一体、何者だったのだろう?
 ……それでも何か、目が覚めた瞬間から、ずっと胸騒ぎのようなものがしている。
 オレは何を見つけようとしたのだろう? 多分、大事なものだったのは間違いなさそうなのだが。
 きっと必死に見つけだそうとしていたのだから、自分が何よりもほしい金銀財宝だったのだろう。夢だったとはいえ、手に入れる直前で目を覚ましてしまったのが惜しすぎる。
「……バーローが、夢のオレ」
 彼は宝を手に入れられなかった夢の中の自分を呪った。夢でもせめて満足な気分で目を覚ましたかったのに……。

 それにしても朝から随分と外が騒がしい。大勢の人々の声が外から、街の方から聞こえる。オレを夢の中から現実に引きずり戻したのは、アイツらの仕業だな。
「……くっそ、静かにしやがれってんだクソヤロウが!」
 不快を示したしかめっ面で、彼は勢いよく、足下のシーツを蹴り飛ばし、転がっていた床の上から起き上がった。
 パジャマ姿のまま階段を下り、玄関口へと向かうが、普段なら鬱陶しいぐらい、朝から口うるさい父の姿はなぜか見えない。
 息子が自分から起きてきた事に対して驚いていてもいいはずなのに。まだ眠っているのか、それとも真面目に裏庭かどこかの掃除でもしているのか……それでも今は彼にとっては、どうでもいい些細な事だった。

「……!?」

 玄関口の扉を開いた次の瞬間、彼は視界に飛び込んできたものに大きな違和感を覚えた。
 空は、青く晴れ渡っていた。鮮やかに清々しい程の青さが、広がっているではないか。
 世界が崩壊してからというもの、空は禍々しく濁った色の雲によって分厚く覆われていたのに。この青空は一体、どういう事なんだ?
 不思議に思うばかりの彼の頭上から、急に大きなプロペラ音が響いてきた。音のする方向へ目を向けると、彼は空に浮いた大きな物体の存在に気づく。
「……空とぶ、船……?」
 あれは度々目撃していた飛空挺だ。世間の噂では、あの飛空挺に乗った者たちが瓦礫の塔の主を……ケフカに立ち向かおうとしていると耳にしていた。
 その飛空挺が通り過ぎた後、彼はしばらく口を開けたままポカンとしていたが、やがて彼は一つの可能性の予感を覚え、街へ向かって走り出した。
 何やらきっと、喜ばしい事が待ち受けているような気がする。幼い彼は、時代が自分に向いてきたという思いを、予感から確信に変え始めた。

 ――そして期待は、彼を裏切らなかった。


 彼が瓦礫の中から、瀕死の重傷を負った一人の男を、相棒と呼ぶ男を見つけ出すのは、温かく迎え入れるのは、それから間もなくしての事となる。


サイトのリハビリ……というか、元々は支部に投稿しようかと考えていたものなのですが、
初見の読者は絶対に訳が解らない、という事で没にしたお話を少しだけ修正したものです。
終盤の文章がレンの一人称ではないのは、この時のレンはまだビリー覚醒前の普通?の子供なので、
完全に単純な文章にしかならないという理由からです。
単純な言葉だけで文を表現するのは逆に難しいので……。

目次へ。絶帝案内板へ。