目次へ。絶帝案内板へ。


きみといた物語(1)―にごったおおぞらのしたで―

 その日、心を病んだ一人の魔導士が起こした愚かな行動によって、(いにしえ)の代からの長き眠りから目覚めさせられた三人の神々が抱える強大な力の暴走によって、世界はめちゃくちゃに破壊された。
 それに抗おうとした者がいなかった訳ではない。彼等は三人の神からの祝福を受けし獣たちの力を借りながら、何としてでもそれらの行動を阻止しようとしたのだ。
 だが偉大なる神の力の前では、彼等人間の力など赤子に等しかった。いや、赤子よりも劣っていたというべきか。古代の神々――三闘神には誰もが屈服するしかなかった。
 とにかくこの世界の崩壊は、誰が力をもってしても止める事ができなかったのだ。

 世界の混乱のきっかけを作った帝国の老皇帝・ガストラと、その腹心の部下である魔導士・ケフカに立ち向かう一派に協力する少女――リルム・アローニィはこの時、飛空挺ブラックジャック号で魔大陸に向かった者たちの帰りを待っていた。
 全ての幻獣を捕らえて魔石にし、強力な魔の結界が張られていた幻獣界とその周辺の区域を、魔大陸として空中に浮上させたガストラとケフカを追って、複数の者たちがそこに向かった。
 故郷の村を好き放題に蹂躙(じゅうりん)していった、あの悪趣味な道化師のような魔導士にもう一度会って、ぶん殴るぐらいはしてやらなければ気が済まないと思ったリルムももちろん、魔大陸へ向かう事を希望したが、大人たちにむなしく却下された。
 彼女が古の魔導士たちの血を引いており、どれだけ特殊な力を秘めていようと、彼女とはまだ出会って日が浅い彼等からすれば、リルム・アローニィという少女はわずか十歳の幼い子供以外のなんでもなかった。
 こうして納得がいかぬまま、彼女は年老いた祖父と共に飛空挺に残ったのだった。
 それからどれほど待っただろう? 魔大陸に向かった大人たちが帰ってきたのは、突然の震動が飛空挺を襲って少ししてからの事だ。
 リルムの傍らにいた、傷ついた黒犬――インターセプターは急に強く大きな声で吠えた。彼の視線の先には行方不明になっていたはずの、頭の頂から足の指先までの全身を黒衣に包み込んでいるという、何とも奇妙な格好をした、彼の主人の姿があった。
 刹那、これまで以上の更なる激しい、誰も感じた事もないであろう震動が飛空挺に襲いかかり、呑み込んだ。それは世界中の全ての大地が吠えた瞬間だった。
 衝撃で立つ事もできなくなり、目が回りそうな程に床を転がりながら、バキ、という何かが勢いよく砕ける音が轟くのを幼い少女は耳にした。直後には飛空挺の床が無数に大きく裂けていく光景を目にした。
 この船はすぐに堕ちるだろう。この先にこの飛空挺を待ち受ける運命は、子供でもはっきりと悟る事ができた。
「助けてえっ! おじいちゃあぁんっ!!」
 迫り来る恐怖に、リルムは悲鳴に近い大声で叫んだ。
 だが彼女が呼んだ祖父の姿はどこにも見当たらない。半瞬後には少女のまだ幼い身体は、既に大きく傾いている床に強く叩きつけられる。痛みを覚える前に彼女の視界には、その首にかけてあった、自分の指にはまだ大きすぎる古びた銀色の指輪が首から外れて投げ出される場面が飛び込んでくる。
 痛みになど構おうとせず、少女は慌てて後を追うと、床を転がっていくそれを手に掴んで拾い上げた。これだけは、絶対になくしてはならないものだから。
 しかし指輪をなくさなかった事に安心したのも束の間だった。リルムの足はそのまま床に生じている大きな亀裂に、身体ごと落ちていった。
 その亀裂が更に広がり、飛空挺が綺麗な程に真っ二つに折れたのも同時だった。リルムは完全に空中に放り出される形となった。
 彼女の視界に、バラバラに散らばりながら落下していく大きな飛空挺の姿が、驚く程に鮮明に映し出される。これはまるで悪夢の中にいるみたいだ。――そう、これは悪夢だ。こんな光景は悪夢の中だけに決まっている。そう信じよう。これが現実なら、もう……
 リルムは右の掌の中の、母の形見の指輪をギュッときつく握りしめた。
「助けて……ママぁ…………パパあぁぁっ!!!」
 生まれて間もない頃に亡くなった母を、そして赤子だった自分を置いて失踪した父を彼女は呼んだ。もちろん顔も知らない、記憶すら一片も存在しない両親を、ひたすら懸命に求めて。
 下界に向かって一直線に落ちていく少女の意識は、消えるようにそのまま途切れた。

 ――あたし、もう死んじゃったのかなぁ?
 深い闇の中で横たわっていた少女は、そんな事を思った。
 しかし先程から何やらずっと、頬が生温かく、とてもくすぐったい感触を受けている。死んだら何も感じないはずなのに。身体中をぶつけ続けたためによる痛みだって、今は感じていないのだから。
 やがてリルムは自分が目を閉じている事に気づく。今までずっと暗い闇を目にしてきたのはそのためだった。
 今、自分はどこにいるのだろうか? あの世なのか、この世なのか? 答えは目を開けた先に必ずあるだろう。自分が生きているのか死んでいるのか、確認するのは怖い気もしたが、このままじっとしている訳にもいかない。だって頬に感じるくすぐったさは止まらないのだから。決心した彼女は瞳を開けてみた。
 リルムのエメラルドの如く美しく鮮やかな緑色の瞳に飛び込んできたのは、黒い犬の顔面のアップだった。もちろん一瞬おどろくが、次の瞬間にはその犬がどこの何者なのかを少女ははっきりと理解している。
「…………インターセプター?」
 名を呼ばれた黒犬は「そうだ」と返事をするかのように、一声吠えた。
「気がついたようだな?」
 背後から唐突に耳を叩いたのは、低く静かな男の声だった。その響きは、誰もがとても冷たい印象を受けるだろう。
 リルムが顔を上げると、自分と犬の傍らでは、誰がつけたというのだろう、焚火(たきび)が小さな赤い炎を大きく揺らしていた。辺りを見回してみると、自分は大きな岩場の陰にいる事を彼女は理解する。今は夜らしく、見上げた空は真っ暗だ。しかし分厚い雲に覆われているのか、そこに月は顔を出しておらず、星の瞬きは一つすらない。焚火の向こう側には平原が広がっているのが、僅かにだがリルムの目でも確認できる。
 ふと、なぜかずっときつく握りしめているままの右手の掌の中から、何かの固い感触がある事に気づき、リルムは大切な事を思い出して掌を開く。――掌の上には、鎖で繋がった、古びた銀色の指輪があった。よかった、あれからなくなっていなくて。リルムは安堵の溜め息を軽くついて、指輪をズボンのポケットにしまった。
 そして身を起こすと、声が聞こえた背後を少女は振り返る。そこには全身を黒衣に包み込んだ一人の男が、砕けている岩の上で腰を下ろしている姿があった。見回す限り、この場にはそれ以外の人間の気配はなさそうだ。声の主は、この者以外にあるまい。
「アンタは……えっと、確か……」
 リルムはこの男の事を知っている。インターセプターの主人だ。そしてサマサで、近所の家で起こった火事の中に取り残された時、彼に命を救ってもらった事もきちんと覚えている。
 行方不明になったかと思えば、魔大陸から戻ってきた大人たちの中に、なぜか彼もそこにいたのだって見たのだから。
 しかし――その容姿は鮮明に覚えてはいたものの、リルムは彼の名前がはっきりと思い出せなかった。
 この男はリルムを火事から救出した後、間もなくして共にいた他のメンバーとは別行動をとったし、帝国軍に襲われて傷ついた愛犬を残して行方不明となったのは、それからすぐ後の事だった。
 そのためリルムは彼とまともに話をする機会など、これまで全くなかった。何かとても解りやすい名前をしていたような記憶はあるのだが、それがなかなか出てこない。
「……シャドウ、と人は呼ぶ」
 少女が先の言葉に詰まっている理由を察したのか、男は自らの名を名乗った。
「そうだ、シャドウだ! ……もう、なんでこんな解りやすい名前を忘れてたのよぉ?」
 シャドウ。すなわち影。このとおりの見たまんまの名前であるのに、それをなかなか思い出せなかった自分に腹が立ったのか、リルムは立ち上がった直後に、さも悔しいという顔をして地団駄を踏んだ。
 しかし男は少女のその姿には一切の無反応だった。いや、目を向ける事すらしていない。
「ちょ、ちょっと、アンタ何かリルムにつっこんでよ!?」
 無視された事で、リルムは思わず彼に食ってかかる。
「……」
 シャドウは答えない。そのつれない態度にリルムは頬を膨らませて彼を睨むが、一向に変わる気配のない無反応ぶりに諦めたのか、別の話を振ってみる。
「ねぇ、あたし生きてるんだよね?」
「……ああ」
「どうして、あたしたち一緒にいるの?」
「たまたま同じ場所に流れ着いたようだな」
 ようやくシャドウからまともな言葉が返ってきた。リルムは続ける。
「ねぇ……リルムのおじいちゃんは?」
 リルムにとっては唯ひとりのかけがえのない家族である、愛する祖父――ストラゴス・マゴスの姿がどこにもない事で、その声には不安が含まれていた。
「此処にいるのは俺たちだけだ。……他の連中は皆、散り散りになったようだな」
 祖父は此処にはいない。先程からなんとなく想像はついていたものの、それを事実として告げられると、リルムの小さな胸の内は重く沈んでいく。
「……シャドウ、どこにいるか知らない?」
「知らん」
 男の素っ気ない返事に、少女はそれ以上をたずねようとはしなかった。やがて彼女はきびすを返し、前方に暗く広がる平原に向かって歩き出し始めた。その後を、一瞬の戸惑いを見せながらも、黒犬が追いかける。
「……何処へ行く?」
 主人の声で黒犬は進めていた足を止めた。
 シャドウはインターセプターの方に問うたつもりだった。だが自分に向けて問うてきたものだと思ったリルムは立ち止まり、男の方へと振り返る。
「アンタが何も知らないなら、あたしが自分でおじいちゃんを探しにいくに決まってんでしょ? 他の連中はどうなってようとあたしには関係ないけど、おじいちゃんは心配だもん!」
「やめておけ」
「なんでよ?」
 行動をあっさりと否定された事で、リルムは納得いかないという顔をした。
「……まだ夜だ。お前みたいな子供が、一人で歩くのは危険すぎる」
 その言葉で、リルムの中に生じたこの男への怒りは更に高まる事となった。誰からであろうと、子供扱いされる事は大嫌いだからだ。自分は両親がいなかった事で、親に甘やかされて育ったようなそこらへんの他の子供たちよりかはよっぽど強く逞しく生きてきたと言える自信が、今の彼女の中にはあったのだから。
「子供って言わないでよ?! あたしアンタが思ってるより、ずっと大人なんだから!」
「子供は子供だ」
 激しく歯向かおうとするリルムとは全く対照的に、シャドウから返ってきた言葉はあくまで冷静なままである。
「何よ、このマスク野郎! フンだ、いいもん! アンタが何を言おうと、あたしは行くわ!」
 リルムは再びきびすを返し、今度こそ平原の中へと踏み込もうとしたその時、ヒュン、と風を斬るような高らかな音色がリルムの頬の真横をすれすれを通りすぎた。
「な、なによ!?」と、彼女が驚愕したと同時に、目の前にドサリ、という音と共に何かの物体が落ちてきた。正体が大きな蛾の姿をした魔物であると理解した瞬間、驚愕の度が増したリルムは短く悲鳴をあげて大きく後ずさった。
「この先はどんな魔物がうろついているか解らんぞ。それでも行くのか?」
 いつの間に移動してきたというのか、少女の真横に立っていたシャドウは、既に絶命している魔物の頭部に刺さっている、自らが投げた一つの尖った手裏剣を引き抜いた。
 リルムは思わず身震いを覚える。
「……わ、わかったよ! ココで朝が来るのを待つよっ!」
 そのまま彼女は燃え続けている焚火の方へと駆け戻っていった。腰を下ろしたリルムの傍らにはインターセプターが歩み寄り、その場に座り込む。するとその温かな黒い身体に、リルムは顔を寄せた。この彼がそばにいる事で、少しでも安心できるという気がしたのだ。やっぱり、どれほどどんなに強がりを言っていても、激しく不安には違いなかった。
 あの巨大な地震から世界は、我が家がある飛び出してきた村はどうなったのだろう? 祖父はどこに行ってしまったのだろう?
 目を閉じると、頑固ではあるが常に温かさをたたえている祖父のシワだらけの顔が浮かんでは消えていく。たった一人とはいえ、家族である者の存在のありがたさがリルムの心にしみた。祖父が恋しい。
 ――会いたいよ、おじいちゃん……。

 それからどれほどの時間が流れたのだろう? 沈黙だけが此処を通り過ぎていく。
 月や星が見えない空の闇には、まだ光が灯らない。リルムはインターセプターに寄り添ったまま、目の前で相変わらず炎を揺らし続けている焚火を見つめている。じっとしていれば、そのうち勝手に眠くなってくるだろうと思っていたのだが、睡魔は一向に襲ってくる気配はない。
 ふと、思い出したかのように背後を振り返ってみると、岩の上でシャドウが腰を下ろしている姿がある。眠っているのだろうか、彼は死んだように、じっとしたまま動かない。
「……ねぇシャドウ、寝てるの?」
「何だ?」
 動く気配も何も全く感じられなかったはずのシャドウが、少女の呼びかけに対して見えない口を開いた。リルムは思わず度肝を抜かれそうになったが、それでもすぐに会話を進める。
「シャドウ、これからシャドウはどうするの?」
「……そんな事を俺に聞いてどうする?」
 相変わらずの冷たい響きの声だった。
「いいじゃないの、答えてよ?」
「……」
 男は問いに言葉を返してはこなかった。しかしそれが返事を意味していると少女は思った。そのまま再び沈黙が戻るのかと思われたが、その時リルムは頭の中で、ある事を思いついた。我ながら実に素晴らしい名案ではないのか、とすら思ってしまった。
 立ち上がったかと思うと、シャドウの目の前まで駆け寄ってきた彼女は、ためらいといった迷いも見せる事なく彼に言った。
「じゃあシャドウ、する事ないならさ、手伝ってくれない? おじいちゃんを探すの、シャドウも手伝ってよ?」
 突然の提案に、シャドウはしばらく返事を示さなかった。黒の覆面によって顔が隠されているため、驚きを見せているのかすら、その表情はリルムには解らない。唯ひとつ解るのは、覆面と鉢がねの間から覗いている鋭い形の両眼が、まるで大地を覆う深い森の如く、吸い込まれそうな程に美しい深緑色をしているという事のみ。
「……なぜ俺が、そんな事を?」
 ようやく返ってきた言葉は疑問系だった。確かにほとんど見ず知らずの他人である者から、いきなり行方不明の肉親探しを手伝ってくれなどと頼まれたら、最初に驚かない方がおかしいだろう。
 だがリルムの方は、そんな事など完全にお構いなしといった様子だ。
「おじいちゃんはリルムのたった一人の家族なんだよ! だから一緒に探してよ、お願い!! 今ココで頼れるのはアンタとインターセプターしかいないんだから!!」
 少女はまるで神に(すが)るかのように、目の前の全身が黒ずくめの男に両手を合わせて頭を下げる。
「……生きているかどうかも解らないのに、か?」
 その残酷で非情な言葉に、リルムはシャドウの目をきつく睨みつけた。
「あのクソジジイが簡単に死ぬワケなんかないでしょ!? 探すったら探すの!」
 少女の緑色の瞳に浮かんだ意志は固かった。もはや誰にもそれを曲げる事はできないだろう。
「……そうか。ならば、金はいくら出す?」
「えっ?」
 突然、男の口から出た言葉にリルムはきょとんとして、意味が解らないという顔をする。
「まさか、金もなしに俺を雇うつもりか?」
「金……?」
 リルムにはますます意味が解らなかった。周りに疑問符を浮かべるだけの少女に、シャドウは淡々と説明する。
「俺は金をもらって依頼を引き受けるという職業にある者だ。つまりお前が俺に依頼を求める以上は、それに合うだけの金が必要になる」
 説明の意味を理解したリルムは、直後に動揺を顔に示した。
「お、お金だなんて……」
 あれほど威勢のよかった声は、急に弱々しく、小さなものになっていく。
 彼女に手持ちの金は今、一銭もなかった。月に一度、祖父から僅かにもらっている小遣いは、ついこの間お菓子を買うのに使いきってしまったところだった。
 少女のおろおろするだけの態度を見て、シャドウは聞かずとも返事の内容は判断できた。
「ではお前の依頼を承る事はできん」
「そんな……ひどいよ……」
 リルムは今にも泣き出しそうな目をしたかと思うと、下を向いてしまった。シャドウの方はそんな彼女に優しい言葉をかける訳などなく、無言で目をそらすだけだった。
 そのまま辺りには少女の泣きじゃくる声が響くのかと思われたが、少女がその後にとった行動は違うものだった。
「……ねぇ、お金はないけど、物じゃダメかな?」
 口から出てきた声は既に泣きそうな声ではあったが、口調はしっかりしている。
「物だと?」
 シャドウは視線を少女の方に戻す。
「リルムが持ってる物をシャドウにあげる。それを街で売れば、お金になるかもしれないよ?」
「……なるほどな。しかしそのような高価な物を、お前は持っていると言うのか?」
「うん……ちょっと待ってね」
 リルムは履いている赤色のズボンの右側のポケットに手を突っ込むと、必死でゴソゴソと何かを探り始めた。目当てのものはすぐに見つかったらしく、ポケットから引っ張り出す。
「ほら、コレだよ」
 彼女が期待の笑顔で取り出したものは、鎖でつながれた古びた銀色の指輪だった。
「……指輪、か」
「うん。リルムの大事なお守りなんだけど、でもおじいちゃんを探すためなら、シャドウにあげる」
 そう言ってリルムはそれをシャドウにそっと手渡した。シャドウは手にした指輪を、じっと見つめる。
 大きさからして女性のものだろう。指輪は白い小さな石がはめ込まれている以外は何の飾りもない、実に地味で質素な作りだ。輪の内側には“CからSへ”という文字が小さく彫り込まれているのが確認できる。これは彼女の母親が婚約か結婚した際に相手から贈られたものだろうという事が、傍目からでも簡単に推測できる。
「……随分と安物のようだな。売ったところで、何の価値もないだろう」
 指輪をじっくりと調べた男の口から返ってきた言葉は、少女の抱いた淡い期待を大きく裏切るものだった。
「……そんな……それ、リルムのママの形見なんだよ?」
 少女の緑色の瞳は、再び泣き出しそうなものになる。しかしシャドウがその姿に、言葉に、心を揺さぶられる事はなかった。
「だから何だ?」
 冷淡に突き返された事によって、ついにリルムの瞳からは堰を切って涙が溢れ出てきた。それでも、リルムは尚も言葉を続ける。
「それ……持ってるとね、ママが……いつも守ってくれてるような、気がするの」
 泣きながらも、少女の目はまっすぐ男の覆面から覗いている深緑の鋭い両眼を見ていた。
「お前の母親など、俺は知らん」
 あまりにも強くまっすぐすぎる視線に耐え切れなくなったのか、シャドウは再び横に目をそらす。
「……あたしも知らない。ママはあたしが赤ちゃんの時に死んじゃったから、顔も何も知らない……。でも……その指輪があるとね、ママが……そばにいるように思えるの」
 涙は止めどなくあふれてくる。少女の涙声は何度も途切れそうになるが、しゃくり上げそうになるのを必死でこらえて、強い眼差しで、彼女はひたすら訴えた。
 いつの間にかその隣にはインターセプターが立っていて、少女を心配そうに見上げていた。
「俺に同情でも引かせたいのか?」
「ちっ……ちがう、よぉっ……!」
 無慈悲な言葉で少女の我慢は限界となったらしい。やがてリルムがしゃくる声がシャドウの耳に聞こえ始める。インターセプターまでもが哀しげな声を出しながら、少女の思いを共に訴えるかのように、もの言いたげな眼差しで主人をじっと見つめる。
「…………」
 シャドウはしばらくの沈黙を通したかと思うと、手に取ったままのリルムの母の形見の指輪から鎖を外し、静かに自分の左手の小指に手袋の上から着せる姿が、泣いている少女の濡れた視界に映った。
「……シャドウ……?」
「勘違いするな。コイツがお前を案じているようだから仕方なく、だ」
 シャドウはリルムの傍らの黒い愛犬に向けて軽く首を振った。インターセプターは、そんな主人に向けて嬉しげに一声吠えた。
「じゃ……じゃあ、リルムのおじいちゃん……いっしょに、探してくれるの? ……ありがとう……シャドウ!」
 涙をこぼし続ける顔のままで、リルムは喜びの笑みをいっぱいに浮かべてシャドウを見た。
「生きている可能性は低いだろうがな」
「あのジジイが……簡単に死ぬもんか!」
 望みを聞き入れてもらえた事で、つい先程までしゃくっていた少女の声には、すっかり元の明るさが戻ってきた。その泣き笑う彼女を一瞬だけ見やると、シャドウは言った。
「では朝が来るまで少し休んでおけ。陽が昇れば出発するぞ」
「……うんっ!」
 笑顔のまま、リルムは焚火の方へと戻っていった。インターセプターはしばらく主人を見上げたままだったが、すぐに彼も少女の傍らに歩み寄っていった。
 一人と一匹が共に地面に横たわり、やがて安心したのか、寝息をたてて静かになったのを確認すると、シャドウもまた岩に腰掛けたまま深緑の両眼を閉じた。

 夜が明けて目を開いたリルムは、ようやく露わになった、自分のいる周囲のその景色に驚きを隠せなかった。
 彼女の目の前に広がっているのは、草木が枯れ果て、地面のあちこちに無数の大きな亀裂が生じている、果てしない荒野だった。所々に立っている干からびた大木は、まるでこの大地の墓標のようにも見える。見上げた空は一面のほとんどを分厚い灰色の雲が覆い、僅かに見える空の色は見慣れたはずの青ではなく、どんよりと暗く濁った紫色。隠れた太陽の光はもちろん大地にまともに届いていない。それらの絶望感あふれる風景はとても、この世のものとは思えなかった。
 ひたすら呆然と周囲を見回し続けながら、リルムは黒犬と共に隣に立つ男に問うた。
「……ねぇ、これって夢?」
「いや、現実だ」
 その言葉で、リルムは思わず自分の右の頬を力いっぱい引っ張る。頬には大きな痛みが生じるのを覚え、同時に湧き出た不安と恐怖で身体を震わせながら、胸に両腕をぎゅっと抱え込んで、緑色の瞳をきつく閉じた。
 悪夢のような出来事が、現実に起こってる。こんなふうになってしまった、この死んだ世界にどれだけの数の人間が生き残っているのかなんて、あたしには想像もつかない。でもココにいるのが、自分ひとりだけじゃなくてよかった。こんな景色の前でひとりぼっちだったなら、きっとずっと泣いてるだけだった。シャドウの事はまだよく知らないけど、怖そうな人だけど、でも悪い人ではないと思う。インターセプターも一緒だから、ひとりじゃないから、だからきっと、この先も歩いていけるよね……。
 自身の心に静かに言い聞かせると、リルムは小さく深呼吸して瞳をゆっくりと開き、男に再び問うた。
「何があるか解らないけど、まずはどこに行こっか?」
「お前が行きたいところに行けばいい」
 シャドウは自らの正面に広がる荒野を見すえながら、相変わらず無愛想なままの低い静かな声をリルムに返した。
「そうだね、じゃあ……」
 リルムは腰に差してあった愛用の長い絵筆を手にとって抜き取ると、その柄の方を地面の上に向けて立てた。次の瞬間にはそれは地面で横たわっている。
 少女の右手の人差し指は、筆先が向いた方向を腕と共にまっすぐに伸びた。
「この方向に、行こう!」
 言葉と共に、リルムは絵筆を拾い上げて全力で駆け出した。インターセプターは大きく一声吠えたかと思うと、少女の後を追う。
 シャドウは無言のまま、少女と黒犬の後に続くため、ゆっくりと足を前に踏み出した。
「シャドウー、早くしないと置いてくぞーっ!!」
 濁った色の空の下、荒れ果てた大地に、一人の少女の元気いっぱいの声がどこまでも響き渡った。


随分と前から脳内で温めていた、シャドウ&リルム話をついに晒す事にしますた。
世界崩壊後のシャドウは獣ヶ原の洞窟、リルムはジドールにいたじゃないか!という激しいツッコミが来るのは解ってますが、
二人がそこに辿り着くまでの妄想は自由にできると思うんで、一緒にいたってのもアリかな、と思うんですよ。
『FF6<#2>』本編では険悪な関係となったまま動けない父と娘なんで、
現在のところクライドの出番なし状態が長く続いてるしで尚更……ね。

リルムはストラゴス以外の他の仲間の事を全く心配してなかったりするという、実にひどい奴になってますが、
この時のリルムは“心を開いたふりをして、誰にも心を開いていなかった頃”のリルムですので、
本編を読んでいる方は、その辺の御理解の程をお願いします。
序章でリルムがあのようになってしまった時の傷の深さ、
本編で再会した時の父への憎しみの理由を改めて感じてもらえたらなぁ、と思ってます。
今後の本編への伏線となるものも出てくる予定ですので、深読みも大いにしちゃってください(笑
『FF6<#2>』は読んでないって方も、広〜い心を持って読んでみちゃってください(苦笑

目次へ。絶帝案内板へ。