目次へ。絶帝案内板へ。

春が来てもきっと…

 ピサロは気がつくと、すっかり明るく晴れた、しかし端が薄暗い空の下で広がる緑の丘で一人立っていた。
 こんな空は彼が生まれ育った、永遠の夜の空しか存在しない魔界には有り得ないはずだったが、彼はこの空がとても懐かしいと思った。こういう空を、そして景色を、ピサロの記憶は確かに存じていたからだ。
 此処は自分がほんの少し前まで、短い一時だったとはいえ、自由に幸せに過ごしていたロザリーヒルだ。その証拠に、今の自分が立っている丘からは、あの懐かしい小さな村の集落が見下ろせるではないか。
 私はいつまた此処にやってきたと言うのだろう? 私は既に魔界に帰り、特別な結界の施された極寒の地の城の中に再び入ったはずなのに。自由に外に出る事は、再び許されない身分となったはずなのに……。
 懐かしき村に向かって、慌てて駆け出していきたい思いに囚われたピサロだったが、しかしそこをじっくりとよく見渡しているうちに、何かがおかしいという事に彼は気づいた。なぜならあの村にいる間、自分が過ごしていた、優しくも厳しい、母親を知らない自分にとってはまるでその母親のような存在でもあった、あの尼僧がいた教会の建物が何処にも見当たらないからだ。代わりに教会があったはずの辺りには、立派でいかにも頑丈そうな、まるで本で見た戦いのための要塞のような石造りの塔がどっしりと身構えていた。自分の記憶が正しければ、あの美しい村に、あのような場違いで不似合いなものなど存在していなかったはずなのに。
 此処は本当に、あのロザリーヒルなのだろうか? そうではないのなら、私は一体、何処にいるのだろう……?
「ピサロ」
 呆然とする事しかできずにいたその時、急にすぐ後ろから自分の名を呼ぶ、自分のよく知っている少女の声がして、彼は背後を振り返った。
 そこに立っている少女は柔らかで独特なモジャモジャ頭をしており、確かにピサロ自身の大切な友人である者の顔をしていたが、しかし彼はすぐにこの少女がその彼女ではない、という大きな違和感を覚えた。
 なぜなら、そこにいる少女の髪は茶色ではなく鮮やかな緑色であったし、そして彼女よりも幾分か背が高く見え、顔も少女のあどけない面影はまだ残してはいるものの、それでもやや大人びているという印象を受けた。これはあの少女が属する、ホビットという幼子のような身長しか持たない小さな種族としては有り得ない姿だった。むしろその姿は、自分よりも年上のように見える。
 そして少女が身にまとっている服装も、あの少女がこの村で暮らしていた頃に着ていた、質素なまるで少年のような衣服でも、魔界の北の城に来てから自分が与えた、まだ小さかった頃の自分が着ていたお下がりの衣服でもない。
 その背中には翼を広げた竜の姿を形どった、見事に美しい装飾が施された長剣を背負い、革製のものであろう防具を脚や腕にまとった、まるで旅の戦士のような格好をしており、靴を必要ともしなかったはずの足も裸足ではなく、しっかりと丈夫そうなブーツまで履いているではないか。
 そんな彼女が自分を見る眼差しも、あの少女の明るく元気で屈託のない、優しいそれとは全く違っていた。自分を見上げているこの少女の眼差しは、とても険しく、そして冷たかったからだ。まるで自分に対して、明らかな敵意を向けて睨みつけているかのように。
 それでもピサロは、彼女とはなぜか初めて出会ったという気がしなかった。
「……き」
 少女に「君は誰?」と言いかけた瞬間、その少女が大きく前に一歩出たかと思うと、ピサロは突如鋭い激痛を腹部に覚える。
 ピサロは痛みがした方を恐る恐るゆっくりと見下ろした。自身の腹部には、少女が背中から抜き放ったのであろう長剣が、この背中を貫く程まで深く喰い込んでいたのだ。
 これは……私は今、悪い夢を見ているのか?
 突然の事態に訳が解らないまま、ピサロはそう思いたかった。しかし刺された事によって自身が受けた痛みは、そして少女が手にしている長剣の刃を伝う鮮血の色は、単なる夢という生易しいものとは思えない程に、何処までも生々しいまでにピサロの五感に衝撃を与えた。
「……ーリ……?」
 咳込みながら、信じられないものを見る眼で呆然と彼女の目を見つめながら、ピサロはかすれて震えた声で少女の名前を呼んだ。――いや、目の前のこの少女を、この名前で呼んでいいものなのかは疑問だったが。
 刹那。自分を刺した、冷たい目をした、自分の友人にそっくりな緑髪の少女に一つの変化が起こった事にピサロは気づく。
 少女の憎しみの眼からは、一筋の涙がこぼれ、頬を伝ったのだ。
「ピサロ……」
 彼女は再びピサロの名を呼ぶと、自ら彼に深く突き刺した長剣をその身体から引き抜いた。
 鋭い刃からは解放されたものの、ゴホゴホと大きく咳込みながら、大量の鮮血を口から吐き出したピサロは立っている事もできなくなり、そのまま地面に崩れ落ちた。
 力を失い、徐々に暗くぼやけていく視界には、今度は逆に彼女の方が先程の自分のように呆然とした眼で自分を見下ろしている姿があるのが理解できた。
 そして彼女は、確かにはっきりと泣いている事も。
「……」
 ピサロは何か言葉をかけなければと口を小さく動かすが、もはや声もまともに出そうになかった。倒れた自分の周囲は、どんどん深紅の色へと染まっていく。全身の血が、腹部と背中に空いた穴から外へと大量に流れ出ていく。
 私は此処で死ぬのか。そう思った瞬間、彼方からまばゆい光がこの身を照らし始めた。これはロザリーヒルに来て間もない頃に友人の少女と一緒に見た……いや、正確には魔族である自分には受け付けられなかったために、見ているふりをした、東の空から昇るあの朝陽だ。
 太陽の光から身を守ろうにも、今の自分にはそうする力など既に残されてはいなかった。おそらくこのまま身を焼かれ、消滅してしまうのだろう。闇そのものである魔族として、強靱な魔力を持って生まれた自分は、光の中では存在できない。光と闇は、決して相入る事などできないのだ。
 その時、死に逝こうとしている自分を泣きながら見下ろしていた、自分を刺した少女は突然、手にしていた鮮血に濡れた長剣を手放し、地面に落としたかと思うと、その手を差し伸べるようにこちらに伸ばしてきた。
「ピサロっ!!」
 今度はまるで悲しみで泣き叫ぶように、彼女は大声でピサロの名を呼んだ。
 ――どうして君は知らないはずの私のために、そんな悲しい顔で泣くの? 君はやっぱり、私の知っているあの“君”だから? でも君が誰であってもどうか、私などのためにそんなに泣かないでおくれ……
 ピサロがそう思った瞬間、少女の手が彼の手をとった瞬間、薄れゆくピサロの意識はそこで暗い闇に呑まれ、完全に途切れた。

「……ロ、ピサロ、ピサロっ!!」

 闇の中で動けずに只ボーッとしていたピサロは、遠くから誰かの声が自分の名前を呼んでいるのが聞こえた。またあの、自分のよく知っている少女の声だ。しかし私はついさっき、あの少女とそっくりな少女に刺されて死んだのではなかっただろうか?
 不思議に思いながらも、ピサロは固く閉ざしていた瞼をゆっくりと動かし、視界を開けた。
「ピサロったら、いつまで寝てるのさ!?」
 間近に飛び込んできたのは、一人の少女の気の強い眼差しの表情。
「うわっ……」
 ピサロは驚き、彼女から身を引いたところで怖ず怖ずと震えながら背を起こした。驚いたのは彼女が自分のすぐ眼前に迫るようにいた事もだが、それだけの理由ではない。何よりも肝心な事は、その少女が誰であるかという事だろう。
「もう、何そんなに怖がってるの? あたしの顔に何かついてるって言うの?」
 彼のその行動を呆れ気味に見ているその姿は、茶色のモジャモジャ髪をした寒い所でも常に裸足の小柄な身体のホビット――ついさっき自分を刺した緑髪の少女ではない。彼女は間違いなく、自分がよく知っている彼女だ。よく見れば今の自分がいる此処は、自分が住み慣れた北の城の中の自分用の寝室だ。つまり今の今まで自分が見ていた光景は、夢の中での出来事だったのだ。そう理解した瞬間、ピサロは心から安心して、ホッと胸を撫で下ろした。
「君は……ルーリ……だよね?」
 これが現実である事をより鮮明に確かめるために、ピサロは慎重になって少女の名前を呼び、尋ねた。
「何言ってるのピサロ? あたしがあたしじゃなかったら、誰だって言うの? お化けだなんて言わないでよね?」
 少女――ルーリは余計に呆れ顔となって、そして少し怒り気味になってピサロに返した。確かに信頼しているはずの友人の口から急に疑われるように尋ねられたなら、これは当然の反応だろう。
「ご……ごめん。マネマネが君そっくりにモシャスでもしない限りは、そんな事ある訳ないよ」
「何よ、マネマネって?」
「本物そっくりに姿を変えられる能力を持った魔族の生きものだよ。……とは言っても、私は本で読んだだけで、実際に見た事はないんだけどね」
「へぇ、面白そうだねソイツ? あたしも会ってみたいなぁ? ……あ、そうだ! もしかしたら、この先どこかでバッタリ会えるかもしれないよね? あー、楽しみだなぁ。魔界のいろんな所を、早くこの目で見てみたいよ。ピサロもそう思うよね?」
「そうだね……」
 ピサロはルーリの言葉を真面目に少し考えたところで、彼は今の現実の自分が置かれた状況を思い出し、小さく頷いた。

 この魔界、そして魔族すべてを統治する魔王の四番目の皇子であるピサロが、物心もつかぬ生まれて間もない頃からこの魔界極寒の地の北の城で暮らすようになってからずっと、彼を束縛し続けていた城全体に張られていた結界はもうなくなった。彼が自らそれを突き破って破壊したために。つまりピサロにはもう、この城の中だけでじっとしている理由はなくなった。彼はようやく、自分の意思だけで外へ自由に出て行動する事が許される身になったのだ。
 結界から完全に解放されたピサロが望んだ今後の道は、この城から外の世界への旅立ちだった。目的の地は、父王であるニュイイが玉座に御座す、デス・キャッスル。彼は異母兄から聞かされた自分の亡き母の死の真相を父に問いたいがために、旅立ちを決心したのだ。
 彼のその決心から既に一週間ほどの日々が過ぎ、出発はもう、早くも明日へと迫っていた。当然、これは一人だけの旅ではなく、自分の騎士や小さな友人たちも同行する。

「ピサロ、少し元気ないみたいだけど、どうしたの?」
「う……ううん、大丈夫だよ」
「ウソはついちゃダメだよ。ピサロはいつもガマンとかして、隠し事ばっかりしてるんだから」
 付き合いはまだ短いとはいえ、さすがピサロ一人のために自ら魔界に飛び込むような真似をした少女だ。ピサロの性格をきちんと理解している。下手に隠しても通じる訳がないとピサロは観念し、口を開いた。
「夢を……見たんだ」
「ゆめ?」
「うん……とても怖くて、悲しい夢を」
「怖くて悲しいって……どんな夢だったの?」
 ピサロはルーリに先程まで自分が見ていた夢の中の出来事を語った。ルーリにそっくりな顔をしていたが、自分よりも少し年上ぐらいかもしれない、緑色の髪をした見知らぬ少女に出会った事を。しかしその少女とは、初めて出会った気がしなかったと。
 ルーリはその夢の話に、じっと耳を傾けていたのだが……
「ふ〜ん、そりゃよかったわねぇ?」
 ピサロの話を聞いたルーリの顔は気のせいか、少し不機嫌になったようにも見えた。もしかして見知らぬ少女と聞いて、変な誤解でもしたのだろうか? ピサロは彼女の機嫌をこのまま損ねてしまってはならないと、弁解するように言った。
「ルーリ、話はちゃんと聞いてよ? 私は別にその女の人に変な気持ちを抱いたんじゃないよ。最初に言ったように、その人が君にそっくりだったから、全く知らない人だとは思えなかっただけだよ」
「そ……そうなんだ。でも、それでどうしてそれが、怖くて悲しい夢なんかになるの?」
「うん……夢に出てきた、その女の人はね……」
 ピサロは夢で見た全ての顛末をルーリに聞かせた。ロザリーヒルのようで、そうではないようにも見える丘で、自分はルーリとそっくりな顔をした、しかし険しく冷たい目をした緑髪の少女によって、長剣で刺されて殺されそうになった……いや、実際に殺されてしまったのかもしれないという事を。そして自分を刺したその少女は、倒れてた自分を見下ろして、悲しげに自分のピサロという名前を呼びながら泣いていたという事を。今度こそルーリは黙ってピサロの話に耳を傾け、じっと聞き入っていた。
 ピサロが全てを話し終えると、ルーリは両腕を組んで、しばらくうつむいたまま真剣に考え込んでいた。
「……ふーん。何だかホントに怖い夢だね。てかどうして、あたしがピサロを刺さなきゃいけないのさ?」
 少女は怪訝に満ちた表情を上げて言った。
「だからその人が、ルーリだったかどうかは解らないんだってば」
「そうだよね。てかあたしじゃないよソレ? あたしは絶対ピサロを刺したりしないし、冷たい目でなんか見たりしないよ。憎む理由なんて、どこにもないじゃないか?」
「うん……それは私もよく解ってるよ。でもだったらあの夢の女の人は、どうして君にそっくりだったんだろう?」
 夢に対するピサロの疑念は晴れそうになかった。ルーリにそっくりな少女がなぜ自分を殺そうとして刺し、そして泣いたのか、どう考えてもその意味は解らなかった。
「ピサロがあたしの顔を心にとどめておいたから……とか? 夢ってものは、現実で見たとっても印象的だったものが出てくるものだって、シスターが言ってたよ」
「それでも君とそっくりな顔をした人に刺されるなんて、悪い夢すぎるよ……」
 すると少女は頭を横に振るったかと思うと、叱咤するように強い口調で言った。
「ピサロ、そんな事でいつまでもウジウジしてちゃダメだよ! むしろ夢だったんだからよかったじゃない。だって夢は現実じゃないもの。そんなイヤな夢、さっさと早く忘れちゃえばいいの!」
「うん……そうだね」
 悪夢は悪夢、所詮は夢としてあっさり否定してみせたルーリの強さに対して、ピサロは少し羨望を抱いた。私も此処まで強く明るくなれたらいいのに、と。
「じゃあ気分直しに、あたしもピサロに、ゆうべ見た夢を話してあげる。あたしの見た夢は、ピサロの見た夢と少し似ているのかもしれないけど、でも悪い夢じゃなかった」
「どんな夢だい?」
 ピサロが尋ねると、ルーリはなぜか少し照れたように顔を赤くして笑った。
「……あたしね、夢でピサロに会ったの。今のピサロじゃなくて、大きくなったピサロに」
「大きくなった……私に?」
 予想もしていなかった答えを聞かされたピサロは、思わず真紅の瞳をこれまでにない程に大きく見開いた。
「うん。すごくキレイで、カッコよかったんだから!」
「でもどうしてそれが、私だって思ったんだい? 私じゃなくて、別の誰かだったのかもしれないじゃないか?」
「だってピサロと同じ銀色のキレイな長い髪で、キレイな赤い目をしてたもの。それにあたしの事、とっても優しい目で見下ろして、とっても優しい声でルーリって呼んでくれたの。あれがピサロじゃなかったら、誰だったって言うの?」
 得意げに熱く語るルーリに対して、ピサロは少し呆れ気味になりつつも、しかし更なる詳細を知りたくなる。
「じゃあ……その大人の私は、どんな感じだった?」
「えーとね、すっごく背が高くて、髪が腰まで長くまっすぐ伸びてて、本当にエルフみたいだったなぁ。それに、とっても強そうだったよ。まるでエルフの王様みたいだった」
 ルーリはまるで夢見る乙女のようなうっとり顔で、夢で見たピサロの姿を語った。
「エルフの王様……か」
 ピサロはロザリーヒルで過ごしていた頃、ルーリや周囲のホビットたちや、そして世話になっていた尼僧に自分はエルフだと正体を偽っていた事実を思い出し、少し苦い顔をして下を向いた。気づいたルーリはすぐに笑って両手を振るってみせた。
「ごめん、変なこと思い出しちゃったよね。ピサロを最初にエルフって勘違いしたのあたしだったし。でもピサロが魔族でも皇子でも何者であっても、ピサロはピサロで、あたしの大事な友達。それだけは忘れないでよね?」
「うん。ありがとうルーリ。君がいてくれて本当によかったよ。君にはいつでも、何でも話せるから。ずっと……友達として、これからもずっと君には私のそばにいてほしい」
「……うん」
 間を置いて頷いたルーリの笑った顔は、ほんの僅かな一瞬だけ、常に陽気な彼女らしくない小さな翳りが隅に見えたような気がした。しかしピサロがそう思った直後には、少女はいつもどおりの何も変わらぬ明るい顔になっていた。
「あたしもずっと、ピサロのそばにいたいと思ってるよ。夢に出てきた、大人になったピサロが見たいから。あたしはホビットだから、あんまり大きくなる事はできないと思うけど」
「ルーリはルーリのままでいいよ。自分のよく知ってる誰かが別人のように変に変わりすぎるのは、私は嫌だから。もちろん私自身がそうなるのもね」
「でもあたしは早く、あの大人のカッコいいピサロに会いたいけどなぁ?」
 大人に成長した友人と出会うという夢を見た事で、期待に胸をワクワクさせているのであろうルーリは、目の前のピサロ本人の顔を迫るようにじっと覗き込んだ。
「それは多分このまま、ルーリの心に留めておいた方がいいんじゃないかな? 私はそこまで綺麗になれる自信はないし……」
 これ以上こんな自分に、変な美しい夢を求められ続けても困るだけだと思ったピサロは余計に呆れながら、苦笑をこぼすしかなかった。
「え〜っ、でも……」

「ルーリ、ピサロ様一人を起こす事にいつまでかかってるんだ? スラたちはもうとっくに食堂に行って、ピサロ様とお前が来るのを待ってるぞ?」

 ルーリがまだ何かをピサロに返そうとした瞬間、二人が共によく知っている男の声が大きく響いた。
「ピサロ様、まだ着替えてもいないじゃありませんか? やはり此処はルーリなんかに任せずに、手慣れた侍女たちに任せるべきだったか」
 ピサロに仕える騎士である青年が、呆れ顔で頭を抱えながら姿を見せた。
「ルーリなんかとは何よ? 失礼だなアドンは?」
「どうせお前が朝からピサロ様を無駄話に付き合わせていたという事ぐらい、解っているんだ」
 相変わらずのどんな苦労も真に受け止めて味わっているという顔で、アドンは深いため息をこぼす。
 しかしその顔は、これまでにない大きな変化が表れていた。彼は少し前に顔を負傷して以来、顔にはずっと包帯を巻いていたのだが、巻かれていた包帯は今は完全に取り去られていた。だがそれで負傷する以前の元の顔に戻った訳ではない。その鼻から右頬にかけては、大きな傷跡がはっきりと残っている。
「アドン……もう傷の方は大丈夫なの?」
 自分のために負わせてしまったとも言えるその深い傷を見やりながら、ピサロは心配げに問うた。しかしアドンはいつもどおりの笑顔で、何も気にしていないというケロリとした様子で答えた。
「私の事ならもう御心配はなさらないで結構ですよ。出発に合わせて大急ぎで薬草を大量に塗り込んで治しておきましたので」
「そうか……でもあまり無理はしないでくれ。動きすぎれば、何処で傷が開くかも解らないんだ」
 ピサロは更に案じながら言った。アドンの事だから自分に必死で気を遣ってくれているのは間違いない。顔は常に他者の目につく、大切なところだ。その顔に一生消えないであろう傷を負わせた事は、その傷が直接露わになった事で、少年の中では尚も重くのしかかっていた。きっとこれからも、彼のその傷を常に目にする事でいろいろと悩まされるのだろう。
 そんなピサロの気持ちとは対照的に、アドンは笑ったまま言った。
「私はピサロ様をお護りする騎士であるゆえ、動かない事は難しいかもしれませんが、努力はすると約束しましょう。それよりもピサロ様、出発は明日ですよ。旅の準備の方はもうお済みなのですか?」
 アドンもまた、主に自分のためにこれ以上悩んでほしくなかったからなのか、自身の顔の傷の事から話を変えた。
「それならもう大丈夫だよ。必要最低限のものしか持っていかない事にしてるから、荷物は軽めにして行くよ」
「そうですか……無駄なものは、なるべく少ない方がいいでしょう。どれほどの旅になるのかは解りませんが」
 騎士からのその言葉に、ピサロは静かに小さく頷いた。確かに明日から始まる父王ニュイイのもとへ向かうための旅が、数日で帰ってこれるような遊び感覚の旅行になるとはピサロでも微塵も思ってはいない。もしかすると、予想以上に長引いてしまうのかもしれない。無事に父に会えた場合の事を考えても、それがあっさりと済まないであろう事は充分に想像できる範囲だ。
 母の死の真相に関してはもちろんだが、今もこの城の冷たい地下牢で幽閉され続けている、異母兄ラルドに関してもピサロは父に聞きたかった。彼への処罰に対する父からの沙汰はまだない。このまま知らせが何もないなら、父と会えた時に彼の処罰について直談判してもいいと思っている。少しでも彼の罪を軽くしてもらうために。
 アドンたちにこの事は話していない。彼からはあれほどの目に遭わされたのに、そのためにアドンは顔に傷を負ったのに、その彼の罪を軽くしたいなどと自分が言い出せば「一応は血の繋がった身内だからといって、甘すぎるにも程がある!」と、怒られるのは簡単に想像できるからだ。
 それでも彼を少しでも救ってあげたいのだ。彼も父の被害者だと言えるのだから。その考えこそが甘いのだろうと自覚はしているが、半分でも兄弟である以上は、互いに近づきたいのだ。
 そして上の皇子たちである他の異母兄たちとも会いたいという願いもある。特に長兄にあたる第一皇子ミアソフはよく知らないはずの、この自分に対して「いつか会える日を楽しみにしている」とまで言ってくれたというのだから。
 だからきっと、この旅は長い旅になる事は間違いない。それらの事を考えた結果、ピサロはある一つの事をこれからしようと決めた。
「……ねえアドン、ルーリ、お願いがあるんだけど、聞いてくれるかな?」
「はい、何でしょう?」「何、ピサロ?」
 主、そして友人から名を呼ばれた二人は、ほぼ同時に声を重ねて答える。
「後でスラたちも一緒に、皆で中庭に出て、前にやったような雪遊びがしたいんだ。多分、此処にはもう、しばらく帰ってはこないかもしれないから」
 提案を出したピサロの言葉は少し重く響いた。この北の城がずっと自分を閉じこめていた場所で、つらく寂しい思いもたくさんしてきたとはいえ、やはり此処は自分が今まで皇子として大切に育てられてきた、いわゆる故郷のような大切な場所なのだ。自由を手に入れたからと言って、此処はもういらないとあっさり切り捨てる事はピサロにはできなかった。
 彼が生まれて間もない頃から傍で成長を見守ってきた者として、その重みの意味を理解したらしいアドンは、やがて頷いた。
「……解りました。この北を出れば、雪は見る事もできなくなるでしょうからね」
「うん、いいねソレ! こないだの雪合戦や雪だるま作り、とっても楽しかったし!!」
 あの時の雪遊びの楽しさの記憶が未だ新しいルーリは、大喜びの笑顔で嬉しげに無邪気にはしゃいだ。話は決まった。彼女が此処まで喜ぶのなら、きっとまた、楽しい時間になるのは間違いないだろう。
「ではピサロ様、今は早く、お顔を洗って、着替えてくださいませ。スラたちも待っておりますので」
 スラたち一家を食堂でずっと待たせている事を思い出し、ピサロは焦り顔で慌てた。
「ご、ごめんなさい。早く済ませるからっ!」
「じゃあすぐ終われるように、あたしも着替え手伝ってあげようか?」
 ルーリは横で少し意地悪そうにニヤニヤと笑っている。
「き、着替えぐらい一人でもできるから、大丈夫だよ!」
 ピサロは顔を赤くして返した。そんな主の姿に、騎士の青年は再度ため息を軽くこぼす。
「やはり此処は、侍女たちを呼んできましょうか?」
「本当に大丈夫だよ。一人でやれるから。それにこれからは、最低限の事は一人でやっていかなくちゃならないし、そうならなくちゃいけないんだ」
 はっきりと大きく答えたピサロに対し、アドンは真面目な眼差しで真っ直ぐに彼を見下ろした。
「……ピサロ様、少し、変わられましたね」
「え……そうかな?」
 ピサロはアドンの言葉の意味が解らず、僅かに首を傾げた。
 変わったと言われても、ロザリーヒルで過ごしていた頃は実際にそうしていたのだ。あの村で過ごしたのはほんの短い時間ではあったが、尼僧の教えを守りながら、自分のすべき最低限の事は誰かに任せるものではなく、自分でする事が当然だった。これからは、事情は全く異なるが、それでもあの時の暮らしをしていた頃のように戻るだけだ。自由に行動できる権利を自ら手に入れた以上は。
 自分はもう、鳥籠の中の鳥でも、水槽の中の魚でもないのだから。

 ピサロは一人だけでの着替えをどうにか済ませると、部屋の外に出して待たせていたアドンとルーリの前に姿を見せた。
「どうかな? 一人でやってみたけど、上手くできたかな?」
 騎士と少女はそんな彼の全身にじっと視線を向ける。急にその視線が恥ずかしくなったピサロは、困惑しながら目のやり場を探し求めて泳がせてしまった。そしてルーリが言う。
「うーん、まだ少しだけ髪の毛が乱れてるんじゃない?」
「え……そうかな?」
 ピサロは自身の銀色の髪に触れて確かめようとしたが、アドンはすかさずフォローを入れた。
「気にする程の事ではありませんよ。あなた様の髪は櫛を入れる必要もない程に、いつでもきれいに整っておいでなのですから」
「うんうん、アドンのガチガチに硬そうな髪なんかと比べたら、まっすぐでサラサラだもんね、ピサロの髪は」
「確かに俺の髪質は硬い方だが……ガチガチとは失礼だな。分厚い巻き毛のお前はどうなんだ?」
「こればかりはあたしがホビットに生まれた以上、これがホビットの特徴なんだから仕方ないでしょ? でもあたしだってピサロのような、サラサラの長い髪がうらやましいんだよ?」
 騎士と少女のそんな会話のやりとりを、少年はいつものように大人しく端から黙って見ているだけだったが、あの地上世界の小さな村からこの魔界の城に戻ってきて、大変な事が立て続けにいろいろと起こったはずなのに、何があっても相変わらずなままの二人の姿に大きな安堵感を覚えた。これからもこの二人と、そしてスラも加えて、共に同じ道を歩いていける事に。
 やがてルーリとの無駄に長いが楽しくもある言い合いをようやく終えたアドンがピサロの前に立つと、彼の方を向いた。
「では行きましょうピサロ様。これ以上、我々のためにスラたちを待たせる訳にはまいりませんので。ルーリもピサロ様をしっかり連れてこいよ?」
 そう言って、騎士は食堂までの皇子の案内役として先頭を歩き出した。
「じゃあピサロ、行こっか?」
 共に後から続こうと、ルーリはピサロに右手を差し伸べてきた。
「うん……」
 ピサロは頷くと、少女のその手を静かに取ろうとした。
 瞬間。ピサロの中で、夢で出会い自分を長剣で刺した、ルーリにそっくりな顔をした謎の緑髪の少女の姿が、目の前のルーリ本人と綺麗に重なり、思わず伸ばしかけた手を止めた。その行動に彼の心の内を知らない少女は当然ながら、いぶかしげに首を傾げる。
「どうしたの、ピサロ?」
「……ううん、何でもないよ」
 ピサロは笑って首を横に振るって、ルーリの手をとった。同時に彼は、あの夢の緑髪の少女の記憶をすぐさま忘却の彼方へと追いやる事に懸命に努めた。つないだ手はとても温かく、こちらを見ている眼差しは優しかった。だからルーリは、違う。どんなに顔がよく似ていても、あの険しく冷たい目をした少女がルーリである訳がないのだ。
「ルーリ……ずっと私の、味方でいてくれるかな?」
 それでも少年は慎重に確かめるように、少女に尋ねた。
「そんなの決まってるでしょ? 一体何回、同じ事ばっかり言わせるのよ?」
「ごめん……」
 これまで彼から似たような事を何度も尋ねられてきたルーリは、既に聞き飽きたという顔で強く問い返し、その態度にピサロは聞くべき事ではなかったかと少しうなだれながら、小さな声で謝る。
「だからそうやってすぐに謝らないでよ? こういうトコはホントに変わらないんだから」
「うん……そうだね」
 ピサロは苦笑した。すると呆れ顔となっていたルーリはそんな彼の姿がおかしかったのか、明るくニッコリと笑い返して言った。
「でも、そこがピサロのいいトコだと思うんだけどね」
「え? あ……ありがとう」
 何だかんだで、この自信のない自分というものを肯定してくれたルーリの言葉にピサロは一瞬唖然としたが、直後には笑顔で彼女に素直に感謝した。そのまま幼い少年と少女は手をつなぎ合ったままクスクスと笑い合うと、少し先でなかなか来ようとしない二人の事を、立ち止まって待っている騎士のもとへと共に走っていった。
 それほどの時間はたってもいないはずなのに、随分と久しぶりの事のように思える、大好きな大切な者たちと共に過ごせる、この後の楽しい時間がとても楽しみだとピサロは期待で胸を高鳴らせた。
 つないだ少女の手の温もりをしかと感じながら。

 ――開かれた世界への旅立ちは、いよいよ明日だ。共に歩けるのなら、私は恐れなど抱かない。たとえこの先に、出口のない迷路しかなかったとしても。


『絶帝小説キャラクター・コンビ人気投票』ピサロ&ルーリ1位記念SSです。
アドンは出そうか出すまいか直前まで悩みましたが、
彼とルーリのやりとりは好きなので、結局出しました。
スラも出そうかと思いましたが、別室で待機ってな扱いになりました(・∀・;)
どう扱おうかと思っていたピサロ(大)とユーリも話に少し絡ませましたが、
出す度に難しいキャラになっていきますねこの2人……特にユーリは。

目次へ。絶帝案内板へ。