第2回・絶帝小説キャラクター人気投票結果発表。<前編>
<警告・このトークはあらゆるキャラクターが、好き放題に壊れまくって喋りまくる極悪ギャグトークです。
一部とんでもない毒舌や暴力的な表現等が描写されますが、
これも全てのキャラへの歪んだ愛情故、心の広〜い人は何卒御了承ください。
そういうのがどうしてもダメ!苦手!な人は、読んで後悔する前に今すぐ引き返してください。>
ビリー:(吸殻だらけの灰皿が置かれた机の上に組んだ足を乗せて、煙草と紙コップに入ったコーヒーを交互に口にして、某東○ポを読んで欠伸をしながら)あ〜、山○モナって何だかんだでイイ女だよな〜? 世間の醜い豚女どもはビッ○ビッ○言いまくってっけど、俺は大阪のABCでアナウンサーやってた頃からずっと注目してたっつーの。こんな知的そうなエロい美人に真剣な目をして言い寄られたら、俺だってラブホに連れ込んでドカンとやっちまうわ。やっぱ片親の濃い風貌を偏って受け継がずに、両親の長所だけが上手く融合された成功ハーフ美女は違うよなぁ〜? あ、そ〜いや可愛いティナたんも美女と野獣から生まれた成功ハーフ美女だったっけか。……ああ〜、今回も俺が渡した衣装で来てくれるかなぁ? ヤベ、想像しただけでイキそ。ちょっくらトイレでも行くかぁ(;´ДW)ハァハァ・・・って、え、何? もう始まってんの? さっさと始めろってか!? (頭をボリボリ掻きながら)え〜、まだ気分が乗らねぇなぁ〜。眠いし…って、何? さっさとやらなきゃ本編の中で、原作の夜○月なみにそりゃもう無様に間抜けに惨めに殺す? ……うわぁ、それはイヤだなぁー。うん、まぁ一応これも仕事だから、愚痴は置いといてっと……(大きくスーッと息を吸い込んで)――イヤッホオッ! 全世界約66億人の人口のうちの約30人程度のオメェら、待たせたなぁ! 第2回・絶帝小説キャラクター人気投票結果発表の時間がやってきたぜっ! 司会進行役は『FF6<#2>』の男の中の超男代表、ビリーだぜいっ!!
アドン:またやる気のない素を見せてから、本編のキャラに変貌する始まり方キタコレッ!Σ(゚Д゚;) てか約30人程度って、それなんてリアルなこのサイトの1日平均来訪者数!? ……あ、前回に引き続き、司会進行役を勤めさせていただきます、『いばらの詩』男性キャラ代表のアドンです。
ビリー:そんな
自虐入った、生々しい暴露はしなくてもいいんだよアドンっ!
アドン:つか人の事を勝手に呼び捨てにするお前は誰だ!? 馴れ馴れしく俺の首に腕まで回してきたぞ!?
ビリー:オイオイ、俺を忘れやがるとは随分とひでぇ野郎じゃねぇの? 前回の結果発表で一緒に盛り上げた仲じゃねぇかよぉ?(煙草を吸いながら、アドンの顔にプハーッと大量の煙を吹きかける)
アドン:ゲホゲホッ……や、やめろ、有害なだけの主流煙と副流煙を俺に浴びせるなぁ〜っ!!ヽ(`Д´;)ノ
ビリー:いいじゃねぇかよ、俺たちこれでも一応
原作ではチョイ役な公式キャラ同士、仲良くしようじゃじゃねぇか?(`∀W)ノ
リルム:(#゚Д゚)ゴルァ!! やめんかいクソガキの中のオッサン!
ビリー:……な、中のオッサンなんていないっ!!(゚ДW;)
ルーリ:ハイハイ、今回はレンがビリーの姿で登場したって事でOKだね? アドンも時間の合間に向こうの小説ちゃんと読んでるんだから、ビリーを忘れちゃダメだよ?(・∀・)
ビリー:そーゆー事だ。本編では近頃この姿でのマトモな出番がねぇからな。アニキの夢でチラッとは出てきたけどさ、や〜っぱ目立つなら、こういうにぎやかな祭みてぇな場がいいじゃんか? つかアドン、お前の顔にデッカイ傷がついて、なんだか物凄い事になってるけど、どうしたんだ? まさか俺の真似かぁ?(`∀´×)
アドン:ウチの小説を読んでないのかお前は!?(;゚Д゚)
リルム:無駄無駄、コイツは活字アレルギーで、ケータイ小説でさえも1話すら読めた事ないんだから。マトモに真剣に読める活字はスポーツ新聞と、人妻や女子高生や舞妓さんが陵辱されるような官能小説ぐらいなのよ。普段おバカでも、エロが絡むと表紙のカバー裏返して着け直して、外で別人のように時間を忘れて真面目に読みふけるから困っちゃうのよねぇ〜?
ビリー:そ、そんなどこぞの作者の親父のような事をリアルに話すなぁ! てか今後の俺の人気に影響するじゃねーか!?ヽ(`ДW;)ノ
アドン:山○モナが好きとか言ってる時点で、女性たちからの好感度は一気に下がったと思うんだが…?(;´Д`)
ルーリ:ハ〜イ、と、いうワケで、今回も可愛いヒロイン代表として『いばらの詩』のルーリとぉ♪(^∀^*)
リルム:『FF6<#2>』のリルムが男どもを差し置いて進めちゃいま〜す♪♪(*‘∀‘)
ビリー&アドン:
差し置くなぁーーっっ!!!ヽ(`ДW)ノヽ(`Д´lll)ノ
ビリー:つかテメェら、ぶりっ子した顔文字つけんなよ似てねぇんだよっ! バーカバーカ!!
アドン:Σ(゚Д゚lll;)!? お、おいビリー、コイツらにそんな幼稚な叩き発言なんてしたら……!!
リルム&ルーリ:……………………。


〜〜リルムとルーリがとんでもない凶行に走って暴走中のため、しばらくお待ちください。〜〜


リルム&ルーリ:さぁ〜て、気を取り直して参りましょう!
アドン:……あの〜、リルムさんにルーリさん、なんで俺たちは
拷問台に磔にされたり、縄で縛られて足に重りをつけられて木馬に乗せられたりしてるんですか? てか俺は何も気に障るような発言なんてしてないのに、なぜこんな目に遭ってるんですか?(;T∀T)
ビリー:つかココは
某園○邸の地下の拷問部屋かよっ!?(#゚ДW)
リルム:あらぁビリーちゃん、文句あるなら、この場で爪3枚ぐらい軽くベリッと剥がしてあげるわよ〜♪(*‘∀‘)ノ
ビリー:ひぃぃぃ〜っ、親父よりもタチの悪いピュアなスマイルの残虐性〜っ!!((( ;゚ДW)))ガクガクブルブル…
ルーリ:では、そろそろ結果発表に入りましょう!
リルム:
投票総数は172票! あら、前回の157票を少しだけど上回ったわねぇ?
アドン:(いつの間にやら元に戻って)今回はランクインしたキャラの数も前回より増えてるとの事だ。あのふざけたキャラ紹介ページを参考にしたのかどうかは怪しいトコだが。
リルム:ま、作者も自分がふざけた事やってるのは一番よく解ってるし、常に叩かれるの覚悟の上でこの極悪ノリな事もやってるらしいから。
ルーリ:モニターの向こう側で純粋に楽しみにしてくれてる常連さんたちや、痛さにnrnrしてるヲチャさんたちにも、生温か〜い目で見守られながら、ではまずは13位のキャラの発表で〜す!
アドン:ねえ、ヲチャさんて何!?ヲチャさんて!?
リルム:長い事サイトを好き勝手にやってると、いろんな事があるって事よ。いろんな事が。

13位……1票
 モグ
 おまけに出てくる黒モグ好きです。あと本編にこれから出てくると思われる白い(たぶん)モグも気になります!
 ストラゴス
 みんなのおじいちゃん(笑)
 アヤ
 神聖な方だと思ってます
 ニュイイ
 冷酷で絶倫……ある意味理想的な魔王様ですよね。

リルム:あら、おじいちゃんとアヤと……ピサロパパが初ランクインね?
ビリー:ジイちゃんは解るけど、アヤってぇと、ツゥと一緒にいた正体不明な女だっけ? ニュイイは確か……
『いば詩』世界の沢○止だっけか?
アドン:家系図見たらとんでもない事になってる、某『ス○ールデイズ』の主人公の父親でもある、エ○ゲ界の最強最凶最狂絶倫犯罪男かあぁーーーっ!?
ルーリ:アドン……もしかしてそのエ○ゲをプレイした事あるの? まあ、確かに北の城って周りに何もない暇そうな所だしね? うん、別に軽蔑はしないよ。アドンも男だし(;・∀・)
アドン:いや俺はただ、デス・キャッスルに赴いた時に、ちょっとした知人とかからそういうヤバイ話をいろいろと聞いただけだ! 俺はエ○ゲなんて絶対にやってない!!ヽ(`Д´;)ノ
ビリー:わ、解ったから、そんな朝の通勤電車の中で、痴漢の犯人に無理やり仕立て上げられたかのような顔で必死になるなって。
リルム:つかビリー、アンタはどこでそんなエ○ゲの内容を知ったのよ? アンタ一応は完全な未成年でしょ? エリック先生がそんなモンやってるワケなんてないし。
ビリー:近所のオジサン……たとえばジンナとか昔の俺のダチどもに興味津々の顔でどんなものなのか聞いてみたら、ちょろいモンよ! 「そうかー、お前もそんな事に興味を持つようになったかー? ちょっとだけなら見せてやるよー?」って感じであっちこっちで粘ったら、全てのシリーズの流れは理解できたぜ! 止のしでかした事と比べたら、息子の伊○誠なんてずっと可愛らしいモンだ!!
リルム:
アホかああーーーーーいっっ!!!o(#゚Д゚)_‐=o)`ДW)・;
アドン:複数のエ○ゲを見せるなオッサンたちーっ!! 一歩間違えたら子供がリアルで性犯罪者の道へまっしぐらだよ!?(゚Д゚lll;)
ビリー:しっかしモグは今回も1票かよ? 確かにあんだけ黒く描かれてたら、原作の可愛いマスコットなモグが大好きな奴から見たら「何コレ、こんなのモグじゃない!」って感じなんだろなー?
アドン:だがどんなにキャラが極悪化してしまったとしても、1票でも投票してもらえるだけ、それは素晴らしい事だぞ? 極悪なキャラ紹介で多数のキャラが紹介されたにも関わらず、実際に投票してもらえたのは、紹介されていたキャラの半分ぐらいらしいんだからな。
ルーリ:うわぁ、まるで芸能界や
某ジャ○プのアンケートや今の世知辛い世の中なみの厳しさだね?
リルム:まあ一ファンの二次小説の中において、人気ないから物語そのものから切るなんていう勘違いな事はしないでしょうけど。
ビリー:逆に人気あるからといって、物語作ってる側が特定のキャラだけに入れ込んで、マンセーしまくっても物語が完全に破綻して失敗するしなぁ。アニメでは某種とか某○明日の続編がいい例だぜ。
ルーリ:でも逆に人気あっても切られた例ってのもあるよね? 某ド○えもんの旧声優陣とか某相棒の敬語眼鏡じゃない方とか。
ビリー:
テ○朝か? テ○朝の事かあ!? 六本木の奴等め……なぜアイツらは足元に転がり込んでくるスポンサーからの汚い大金のためなら、勘違いしきった愚かな独断だけで、視聴者や中の人の意思さえもを完全に無視して、自分たちが今まで時間をかけて築き上げてきたはずの、皆に愛されて共に育ってきたはずの大切なもの全てを、いとも簡単に平気でぶっ壊す事ができるんだあっ!? 所詮やっぱり朝○って所は某国とか某国とかの忠実な犬の反○ヤロウどもかあっ!?(#゚ДW)
アドン:お、落ち着けビリー。此処にテ○朝の事情なんて関係ないぞ! てかそれ以上ヤバイこと言ったら、
国際問題とかのあらゆる問題にもなりかねないぞ!?(;´Д`)
リルム:だからテレビや新聞の言ってるキレイ事なんて、所詮全部が嘘っぱちって事ね。
ルーリ:情報操作なんて、テレビの中の向こう側にいる人たちには容易い事なんだから〜。
アドン:だからアンタたちは揃って口を慎みなさいっ! てか今回はキャラとか多くなってるんだから、さっさと進める!!(;゚Д゚)
ビリー:いちいちテメェはうっせーなぁ? じゃあ進めりゃいいんだろ? それじゃあ大人のっつーか作者の勝手な事情で1票キャラはトークに参加できないって事で、それぞれのキャラからコメントを頂いてるぜ!
アドン:ええっ、作者の勝手な事情って何!? 前回はスケジュールの都合とか言ってなかったっけ!?(゚Д゚lll;)
リルム:さっきも言ったけど、人気投票もそれだけ厳しいって事よ。キャラがいっぱいいると尚更なのよねぇ?
ルーリ:それでは、コメントVTRをどうぞ〜♪(^∀^)ノ

<コメントVTR>
ストラゴス:こんなジジイのために、1票でも入れてくれた者には心から感謝したいゾイ! ワシもまだまだ若いモンには負けんから、これからもよろしく頼むゾイ!!
アヤ:……………ココ、私、怖い(顔を伏せた後、傍らのココ(白チョコボ)がカメラ破壊
モグ:ちょ! またボクはVTR出演だけクポか!? 黒キャラなのがそんなに悪い事クポか!? 大体前にも言ったけど原作の台本どおりに可愛いキャラ演じるのは、もう本当にうわなにをすrあqwせdrftgyふじこlp;@!
ニュイイ:(無駄に広い泡風呂に浸かり、複数の美女を両脇やら背後やらにはべらせ、グラスにもろに高価そうな赤ワインをつがせながら)よいではないか、もっとこっちへ近う寄れ? ……何?コメント? ああ、そういうものもあったか。私もそちらへ行って、アドンやホビットの娘とピサロ萌えトークを行いたかったのだがな。ピサロ本人もさぞ私好みの美人になっておる事だろう。ああ、ピーちゃんピーちゃんピーちゃん……(以後、延々とピーちゃん呼びを繰り返しながら、鼻から大量の赤い液体を流してVTRは砂嵐に

アドン:
…………!?(゚Д゚lll)
リルム:ちょっと、ニュイイ様ったら、何だかんだで親バカねぇ〜?
ビリー:どこまでも犯罪鬼畜ヤリ○ン男の沢○止な親父かと思ってたら、まるで某シャ○ル皇帝と同レベルの親バカっぷりじゃねぇか? リルムの親父もコレぐらい見習ってほしいトコだぜ?
ルーリ:ああっ、あたしもホントにピサロパパとピサロの萌えトークがした〜い!
アドン:
突っ込むところ其処ぉーーっ?! アンタたちちゃんとVTR見てたの? 何あれ? ニュイイ様どこで何してるんですかあぁーーーっっ!? つかモグのコメントがまた突っ込みたい終わり方だったのに、これじゃあまるで、某『ガ○ダムOO』2期17話ラストのセ○ゲイの死亡シーンがインパクト強すぎて、同じ話の途中にはデ○゛ァインの死亡シーンもあったのに、後になってから、あれ、そういえばアイツも死んだの?と、視聴者に完全に忘れられていたのとよく似た影の薄い印象しか残らないんですけど!?
ビリー:だからギャーギャーワケのわかんねぇ事ばっかり言って、うっせぇんだよお前は。VTRぐらいちゃんと見てたさ。ニュイイ様、今すぐ俺もそっちに行きたいです!(;´ДW)ハァハァ・・・
リルム:ニュイイ様ってホントにいくつなの? 子供が五人以上もいてあの美しさって…その秘訣を是非ともお聞きしたいわね〜?
ルーリ:まあピサロパパなら、美人じゃない方がおかしいからね〜。それにしてもアヤさんはお母さんVerじゃなくて、聖域の閉じこもりVerか。カメラはココに破壊されちゃうし、ホントに謎な人だね?
リルム:アヤは物語の重要な存在でもあるからねー。あたしの知らない所々でも、複数の謎をばらまいてるみたいだし。
ビリー:聖女かビッ○か……正体によって、評価が大きく変わるキャラなんだろな? C.○やマ○アンヌみてぇな、実は正体はムカつくだけのスイーツ女でしたってのはホントに勘弁してもらいたいぜ?
リルム:あとおじいちゃん。此処に来てたら、ジジ馬鹿トーク全開になってたんでしょうねー?
ビリー:そうだなぁ。俺も会いたかったよ。まぁ本編でもうすぐ会えそうな感じだから、楽しみではあるんだけどな。
ルーリ:おじいちゃんはあたしも大好きだよー。頭ナデナデしてもらいたかったかも。……では、そろそろ次の12位の発表に参りたいと思いま〜す♪
アドン:
モグはまた無視かよ!? モグの事も時々でいいから思い出してあげて!! リルムとビリー、今の四章が終わった後で復讐されちゃっても知らないよ!?(゚Д゚lll)
リルム:大丈夫よ、何かがあっても本編には全く影響しないから。さて、12位は…あら、5人もいるみたいね?

12位……2票
 ロック
ゲームの展開にはびっくりしたものの、やっぱり好きだったので出てきてくれた時嬉しかったです!いい感じのお父さんキャラになってましたし♪
 セリス
お母さんなセリス、大好きですV
 マッシュ
どんな形で再会するのか気になります。
マダオ(クライド)の友達になってあげて…!
 ロキ
クライドをナニしちゃったらいいのに・・・(>_<)
いかにも怪しげな冷酷っぷりが堪りません!
 ヘイゲン(ヘルバトラー)
本編の渋い感じもいいけど、ギャグネタでの真面目にお茶目な彼も好きです。

ルーリ:へぇ〜、原作FF6メンバーが3人もいるよ?
リルム:やっぱりロックとセリスは本編登場したのが大きかったみたいね? 筋肉男は…本編ではまだ1回しか出番ないのに、常に裏コーナーに出てきてるからかな?
ビリー:ちょっと待て! なんで糸目野郎が入ってやがる!?
アドン:ヘルバトラー様は……今回も何かに変装して登場するおつもりか!? 覚悟しておいた方がいいかもな。
ルーリ:それでは、皆様に登場していただきましょう!
ロック:よぉリルム、元気にしてたかー?(´∀`)
セリス:他のキャラの皆様、はじめまして。あ、今日は娘を連れて来ちゃいました。ほらレイア、ご挨拶なさい?
レイア:ちわー(´∀`)
リルム:こんにちはロックにセリスにレイア。本編では数週間前に会ってるって設定だけど、なんかもう
何年も会ってなかった気がするのよねー?
ルーリ:はいはい、
それは言わないのがお約束だよリルムー?(^∀^)
レイア:わ〜♪(嬉しそうにして、スタスタとビリーの膝上にチョコンと座る)
ロック:……ねぇ、なんかいきなり娘がアンタに懐いてるけど、コレどういう事? ねえ? アンタ何かした? ねえ!?
ビリー:あ、いや、お父さん。俺とレイアはそんな関係じゃなくて……(;´ДW)
ロック:いきなり娘を呼び捨てっつーか、
お父さん…だとぉ?(#゚Д゚)
リルム:あらあら、モテる男はつらいわねぇ?
ルーリ:レイアにはビリーも彼(レン)も一緒なんだね?
アドン:子供にはどっちの姿も関係なく、気配で解ってしまうんだろうな? 子供の凄いところと言うか…。
ビリー:いや、感心してないでオマエら助けてくれよ?(゚ДW;)
マッシュ:へぇー、ロックとセリスが会ってない間に子持ちになってるよ。つかお前も元気にしてたかー?(ビリーに馴れ馴れしく絡む)
ルーリ:あ、大人でも関係なく、気配だけで解ってる人がいた。
リルム:筋肉男は単に
バカなだけでしょ?
ロック:マッシュ、その男の事を知ってるのか!?(#゚Д゚)
ビリー:お、俺は知らねぇよ? 誰かと人違いしてんじゃねーの?(゚∀W;)
マッシュ:なに言ってんだよ? お前レn……
ぐふっ!
ロキ:満面の笑顔でマッシュの腹部に肘を喰い込ませながら)ハイハイ余計な事は言っちゃ駄目だよマッシュ? あらゆる皆様、はじめまして。ロキです。(`∀´)
ビリー:きょ、今日の今だけは糸目に感謝…(T∀W)
ロキ:おや、それはありがとうビリー。でも君が俺に感謝するからには、それなりの謝礼というヤツを払ってもらわないといけないよ?
ビリー:こんな時に何言ってやがる!? テメェに払う金なんて俺には…
ロキ:嫌だと言うなら、
ロックとセリスに対する今までの君の暴言の数々を全部バラすけど、それでもいいかい?(`∀´)
ビリー:
すんませんしたぁーーっ!!(土下座) でも金はねぇから、去年のクリスマスにオヤジからもらったんだけど箱から一度も出した事もない、スト○リのガ○プラ(1/60スケール)で勘弁してください!!
ロキ:いらないからって、スト○リなんて
微妙すぎる上に無駄にデカそうなガ○プラを、俺に押し付けないでくれよ?
ロック:しかしなんなんだアンタは!? 髪型とかロキって名前とか、なんか俺とちょっと似てるんだけど!?
ロキ:そんな事は読者は、たとえば某ガ○ダムOOの中でキャラ同士には直接の関係はないのに、マ○ナとマ○ーってよく似た紛らわしい名前が存在するけど、見てる側は特にどうでもいい……ぐらいの感覚でしか見てないから安心していいよ? キャラなんてものは名前や容姿うんぬんより中身で決まるんだから。ま、幼い厨房な腐った女子のように見た目だけで判断してキャーキャー言ってる、単純すぎるというか、ある意味脳味噌が極めて特殊な構造をしているような、俺にはとうてい理解も出来ない考えを持った下等生物も、世の中の奥深くに根を張って存在する事は確かなんだけどね。特に日本のアニメ界を代表する、2大最凶厨二病キャラなキ○・○○トや○○ー○ュの信者たちがいい例なんじゃないの?
ビリー:うわー、そこまでバッサリ斬り捨ててくれちゃうと、
もう清々しくて気持ちいいなオイ。
アドン:なんというか、あのエリックって人とはまた違う方向に恐ろしいキャラだな…(;´Д`)
セリス:ねえ、ところでさっきから気になってるんだけど……さっきから私たちと一緒にいる、変なぬいぐるみを着た人は誰なの?

――セリスが指をさした先には、黒いローブを深く被りこんだ、
某ミッ○ーマウス……?と思われる微妙な顔をしたぬいぐるみを来た者が立っていた。

アドン:
…………!?(゚Д゚lll)
ロキ:ああ忘れてたよ。さっき俺がそこで拾ったミッ○ーだ♪(`∀´)
ミッ○ー:こんにちは、ミッ○ーマウスだミッ○ー。
リルム:何このミッ○ー、いかにも偽者じゃないのよ!? つか
隣の某国の微妙すぎるバッタモン遊園地にいたヤツでしょ!?
ビリー:そうだそうだー! レイアが涙目になっちまったじゃねぇか! 子供の夢を穢してんじゃねぇよ!
ロック:ウチの子は偽物なんかで満足するほど目は腐っちゃいないんだよ! トレジャーハンターの血をなめるなぁ!!ヽ(`Д´)ノ
ロキ:ひどいなぁ……ミッ○ーはミッ○ーでも、FFやDQと同じスクエニ作品らしく、王国心っていうか野○哲○ヴァージョンの、ス○ーウォーズからそのまんまパクってきて悪趣味にシルバーアクセサリーを無駄にゴチャゴチャつけてみましたって格好をさせたというのに。
アドン:
ハキハキものを言いすぎだろアンタって化け物はああぁぁーーーーっっ!!!(#゚Д゚) ヘルバトラー様も何か言ってやってくださいよ!!
ミッ○ー:アドン殿……私は生ける死者ミッ○ー。何をされても文句は言えないのだミッ○ー。
アドン:真面目な口調で語尾にわざとらしく名前つけて喋らないでくださいよーっ!!
ロキ:ほらミッ○ー、俺がさっき教えた歌を唄ってごらん?
ミッ○ー:(ミッ○ーマウスのテーマ曲のメロディーで→)所詮〜ボクは〜ネズミだよ♪ミッ○ーマウスミッ○ーマウスミッ○ミッ○ーマウス♪♪
アドン:(心の声→)
駄目だこのヘルバトラー様!早く何とかしないと……!!(゚Д゚lll;)
マッシュ:なんだかアイツら楽しそうだなぁ?
ルーリ:(マッシュに肩車をしてもらいながら)そうだよねぇ〜、傍から見てても面白いというか。てかいい眺めだねマッシュの上って。
セリス:あらあら、なんだか和むわね。あなたたちの巨人と小人な組み合わせって。
ルーリ:そういえばマッシュへのコメントの中に、マダオことクライドことシャドウと友達になってあげて、とかいうのがあるけど、マッシュはシャドウの事は友達って思ってないの?
マッシュ:バカを言うな! シャドウは俺の大事な仲間だぞ! どれだけ大事な仲間かっつーと、そりゃもう友達以上恋人未満の関係、いわゆる
セフ……グフッ!(額に何処からか飛んできた手裏剣が刺さる)
ルーリ:あらー、なんか言わなくてもいい妄想を言いすぎちゃったみたいだねー。シャドウさんも出番まだなのに影から御苦労さまって感じだよ。――ん?何?早く次に行けって?
ロキ:おやおや、俺の出番はもう終わりかい? 話したい事はまだまだたくさんあるのに?
ルーリ:じゃあ最後に一つ聞きたいんだけど、ロキさんは男とも女ともOKな、いわゆる両刀なの? 本編でもクライドさんに『君じゃなかったら男でも犯したい』とかいう台詞があったぐらいだし。
ロキ:さあて、どうだろうねぇ……クックックックック♪(`∀´)
ルーリ:ハイ、聞かなくてもよ〜く解りましたという事で!
セリス:では12位キャラを代表して私から一言。投票してくださった方々、ありがとうございました。私たちはこれからの出番も増えていくだろうと思いますので、今後の活躍を期待していてくださいね♪
ルーリ:今後壊される可能性は大いにあるかもしれないけど、セリスがまともに設定されてて何よりだよ〜♪
ミッ○ー:私も本編の今後が気になるミッ○ー。クーデター計画も彼女の事も、全てが無事に穏やかに済めばよいのだがミッ○ー……。
リルム&ビリー&ロック&アドン:
だからその格好と口調で真面目にしゃべるなあぁぁーーーっっ!!!(#゚Д゚)(#゚ДW)(#゚Д゚)(;lll゚Д゚)

〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜

ルーリ:さあ、続きましては、11位の発表に参りたいと思いま〜す♪
アドン:あ〜……なんかさっきので一気に疲れたような……(;´Д`)

11位……3票
 ツゥ

 ・お姉さんww
 ・可愛いですww
 ・ハイテンションなお姉さんっていいですよね♪

 ユーリ

 ・
やはり切ないキャラですね…。強いところも弱いところも好きです。
 エドガー

 ・王様バンザイ
 ・哀れ?な彼もいいけど、本来のカッコイイ姿がもっと見たいです!


ツゥ:はぁ〜い♪ 皆お久しぶり&初めましてぇ〜ん♪ 世界一のプリティドールのガードリーダー・ツゥちゃんよぉ〜ん♪♪ 結果発表には今回初登場でぇ〜すvvv 憑依もせずにアタシがどうやって聖域から出てきたのかってツッコミは、とりあえずなしでお願いねぇ〜ん??
ユーリ:DQ4の女勇者こと、ユーリだ。前回から2票上がって、初めて此処に来た。
エドガー:(赤い薔薇を手にして)フッ……世界中のレディが恋するフィガロの若き美し
ルーリ:わ〜い、ユーリだユーリだぁ♪(^∀^)
リルム:はいは〜い、元気にしてたツゥちゃん? ユーリもはじめまして。ホントにルーリにそっくりだね?
エドガー:
俺、また無視かよ!?ΣΣ(゚д゚lll)
リルム:アンタの存在はエロガーという名前のヤサ男で一応認識ぐらいはしてる…かな。自信ないけど。……だからとりあえず、パ○リック・コー○サワーなポジションのキャラはこのまま黙ってなさい!
ビリー:リルム、こんな男なんて相手にすんな!コイツは俺のティナたんにあんな事やこんな事をして、
フ○○ンのままで全裸のティナたんを抱きしめやがったんだぞ!! どうせテメェのアソコなんて、全然王様じゃなかったりするんだろうがよぉ!?
エドガー:ば、馬鹿を言うな! 王様じゃないなどとは侮辱の極み! 
俺は!スペシャルで!2000回で!アルテマウェポンなんだぞぉーーっ!!ヽ(`Д´)ノ
リルム:
うわ、コイツらマジ最低。(゚Д゚)
アドン:
2人して下半身ネタに突っ走るなぁーーっ!!(゚Д゚lll) てかエドガーさん、アンタ王様ならマトモな会話ぐらいしてくれよ! 同じ女好きの王様のニュイイ様でさえも上品な印象は崩さないぞ!?
ツゥ:ロニちゃんは哀れなギャグキャラのポジションが、完全に定着しちゃったみたいねぇ? いじりがいがあって面白いから大好きなんだけどぉ♪
ルーリ:これでも原作FF6や小説本編ではキザでカッコイイ二枚目キャラ……なんだよね? 目の前のバカキャラと同一人物なんて全然信じられないよー?
ツゥ:あらぁん、本人の前でそれは言っちゃダメよん、ルリちゃあん? と、いう訳で、ユリちゃあん、ぶっ壊れギャグの世界の居心地はどんな気分かしらん?
ユーリ:とりあえず、なんだか頭が痛い気がする。わたしはこのノリについて行けるのかな…?(;・∀・)
ルーリ:大丈夫だよ。あのアドンでさえもちゃんと溶け込めてるんだから?
アドン:「でさえも」とは何だ?「でさえも」とは!?(;´Д`)
リルム:しっかしルーリとユーリが一緒に並んでると、姉妹にしか見えないわねぇ? 2人ってやっぱりどっかで関係あるんじゃないの?
ツゥ:たまたまなだけの他人の空似か、血縁関係か何らかの秘密があるのか……読者がそれをいろいろと想像してみるのも面白いんじゃないかしらぁん?
ルーリ:血縁関係はないと思うなー。最終的にあたしは死亡扱いでしょ? でもあたしは孤児なワケだし、同じ流れの血を残せる身内もいないし。
ツゥ:あらぁん? ルリちゃんがピ〜ちゃんことピサロあたりと子供を作ったって可能性もあるんじゃないかしらん?
ルーリ:あ、あたしがピサロと!?(゚Д゚*)
ユーリ:期待を裏切るようで悪いが、それは絶対にないな。もしそうだとしたら、わたしはピサロの、魔族の子孫という事にならないか? ピサロが自分の子孫を殺そうとするなんて話もおかしいだろ?(;´Д`)
ツゥ:それじゃあもしかして、ルリちゃんとピ〜ちゃんはまさかの、ルリちゃんは最後まで生きてるけどすれ違い別離エンドになっちゃうのかしらん? ルリちゃんはロザリーヒルの同じホビットの男の子とくっついて、ユリちゃんの先祖を作りましたって流れなのぉん?
リルム:でもそれじゃあピサロ(大)が見た、ルーリの悲惨な夢は一体何なんだったんだって事にもなっちゃうよ?
ユーリ:だから血縁関係だけにこだわるのはやめないか? 関係があろうとなかろうと、私とピサロの因縁は何も変わらない訳だし……。
エドガー:そうだ。男女が持つ複雑な関係に意味があろうとなかろうと構わないし、何も変わらない。大切なのは、互いの思いそのものなのだよ。……と、いう訳で。ユーリ、今から軽くお茶でも一杯どうかな?(´∀`*)
ユーリ:
はい?(;・∀・)
ツゥ:あらぁん、口が滑っちゃったわあん? 
カッパあぁ〜〜っ♪♪
エドガー:(カッパにされてしまう)カ……カッパッパーっ!?
ユーリ:あの、これは一体…?
ツゥ:あなたの住んでるDQ4世界にも変化の杖っていう変身アイテムとか、ドラゴラムっていうカッコイイ変身呪文があるように、FF6世界には欠かせない、カワイイ変身呪文を使ったのよぉん♪ てかツゥちゃんこの呪文使えたのかよ!とかいうツッコミもなしって事でぇ♪♪
ビリー:うわー、エロガーがエロガッパになっちまったぞ?
リルム:じゃあ今から名前のところはエロガッパね♪
エロガッパ:カ、カッパカッパあぁーーっっ!!(訳・ふ、ふざけるなお前たちぃぃーーっっ!!)
アドン:いいのか、一国の主がエロガッパ扱いなんかで? 本当にコレでいいのか!?(;―Д―)
ツゥ:いいのんいいのん。
面白かったらそれで♪
ルーリ:そろそろ次の発表に参りたいので、では11位キャラを代表して、ユーリから一言どうぞ!
ユーリ:え…ええと、投票してくれてありがとうございました。わたしの出番は次はいつ来るのかは解らないけど、これからも応援よろしくお願いします……で、いいのかな?
ツゥ:上出来よぉん♪ じゃあルリちゃあん、物語の重要ポジとして、これからも頑張ってねぇ♪♪
ルーリ:ユーリもツゥちゃんもありがとうございました〜♪(^∀^)
ビリー:カッパならカッパらしく、キュウリでも喰ってろエロガッパ!
リルム:バカねビリー、カッパの好物といえばカッパえ○゛せんでしょ?
エロガッパ:カッパカッパ……(訳・もうやだコイツら……(T∀Tlll)
アドン:なんだかさすがに
その扱いに同情してきたんだが俺…(;´Д`)

〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜

ルーリ:さ〜て、続きましては10位の発表に参りま〜す♪ ……って、あれ、リルムの姿が見えないけど、どこ行ったの?
ビリー:合間にトイレに行きやがったよ。もうとっくに本番始まってるってのに! 待っててもアレだし、とっとと始めちまおうぜ?

10位……4票
 スラ

・ピサロとセットで大好きなんです!可愛い…V

とにかく可愛いV
 テルミア

今頃どうしているんでしょうか…?再会が楽しみです♪FF6のキャラ達と会ってた時の様子も気になります。
 ソフィア

・彼女が今も生きてたら、夫も娘も仲良く幸せに暮らしてたんだろうなぁ。

・夫婦どっちも
ヤンデレの奥さんとか何気この人メンタル面で最強なんじゃ、、、
・彼女の存在を忘れちゃいけないでしょう!

スラ:アドン、ルーリ、こんにちは〜♪ 他の2人はじめまして〜♪(゚∀゚))
ルーリ:わ〜い、スラだスラだぁ〜♪ 初登場おめでとう♪(^∀^)
テルミア:元気にしとったかニイさん? 前回から3ポイントUPでトーク初参加っちゅー事で、よろしゅう頼むわ、そこのモジャ子ちゃんと……えーと……
傷の地味なお兄さんも。
アドン:き…傷の地味なお兄さん……? 見たまんまだなオイ? しかも今一瞬、どう呼ぼうか少し考え込んでなかったか?(;―Д―)
ビリー:まあテルミアはそういう奴だから気にすんなって?(`∀W) テルミアも久しぶりに会えたってのに、リルムの奴が急にいなくなっちまってて悪かったなぁ?
テルミア:……え? 何をぬかしとるねんなニイさん? リルムやったら此処におんで?(掴んでいた何者かの手をぐいと引っ張る)
ソフィア:え〜と、わたしリルムじゃないんだけど……まあいっか(‘∀‘;)
ビリー:……なるほど、確かにその胸はリルムのそれとは違ってなかなかデカイな。よし、その胸が本物か偽物かどうか、俺が直接触って確かめてやんよ?(;´ДW)ハァハァ・・・
アドン:やめろ! 行き過ぎたセクハラ行為は禁止だ!! てかお前の友人の奥さんだろその人?
ルーリ:あれ、リルムのママのソフィアさん? って事は幽霊なの??
ビリー:だから俺が本当に偽乳かどうか、直接触って揉んで確かめて……
グフッ!o(*‘∀‘)_‐=o)`ДW)・;
ソフィア:物語本編の中での生きてる死んでるは、今はあんまり深く気にしないでね♪
アドン:ま、まあ確かに、さっき俺やルーリより未来の時代に生きてるユーリが此処にいた訳だし、前回でもピサロ様の(大)と(小)が同時に出てきたし、これからも出てくるだろうし……深く考えない方がよさそうだな?(;―∀―)
テルミア:ちゅーか強いねんな、リルムのオカン? 隙を全く見せへんまま、笑顔で思っきしニイさんを殴らはったで?
ルーリ:『メンタル面で最強?』ともコメントで言われてるしね。
ビリー:あの……殴られた俺の心配は?(;´ДW)
ソフィア:(スラを見て)まあ、あなた可愛いわね♪ 抱っこしてもいいかしら?
スラ:わあキレイなお姉さんだぁ〜。いいよいいよ〜♪(゚∀゚)
ソフィア:うふふ、とってもポヨポヨしてて柔らかいわねあなたって?(‘∀‘*)
スラ:お姉さんも柔らかくて温かいよ〜♪
ルーリ:うわ〜、なんだか見てて和むな〜、ソフィアさんって。
テルミア:そやな……あれが癒し系っちゅーキャラやねんな。リルムとはちゃう方向にカワイイわ〜。見とるだけでも和むキャラってホンマにええな〜。
ビリー:そうだ……いいよなクライドは。ソフィアのあの巨乳を独占して、
常日頃いろいろやりたい放題だったのかと思うと。つか今だけ変われスラ!(T∀W)
アドン:
……(―Д―;) まあなんだか不思議な人じゃないか。あの彼が惹かれたのも解るかもしれないな。
ルーリ:ソフィアさんってクライドさんのどこに惹かれたの?
ビリー:そうだ!俺もそれが一番気になってしょうがねぇんだよ! どうやったら、あんな無口無表情無愛想の3拍子野郎がこんなカワイイ巨乳女をゲットできるのか! 単に怪我して行き倒れになってるトコを助けられて看病されるうちに……っていう
昼ドラレベルなベタな理由だけでもねぇハズだ!! アイツが女を一人でもゲットできたなら、俺だって今頃は大勢の美人のお姉ちゃんのハーレムに囲まれて、金も恋も生涯ウハウハな生活をエンジョイしてるハズだぞ!?
テルミア:最後の妄想だけは絶対にありえへんわニイさん?(;・∀・)
ソフィア:え〜っ、そんなの
クライドがカワイイからに決まってるじゃない? クライドに目の前で子犬や子猫のような(´・ω・`)な顔をされちゃったら、こっちがキュウ〜ンとなって、何が何でも放っておけなくなるわよ。
アドン:う〜ん……やっぱり多少ズレのある性格じゃないと、ああいう男の妻は務まらないって事だな(´Д`;)
ルーリ:ところでその旦那さんが本編の中で、自分にそっくりな女性をナニしようとしたって事実は黙ってた方がいいのかなぁ?
アドン:ああ。そんな事は俺が言わずとも解ってるだろ? 特にビリー、お前だけはどんなに口が裂けてもバラすんじゃないぞ?(―Д―;)
ビリー:ええ〜っ、どんだけ信用されてないワケなの俺!?
アドン:
八割以上は信用できないから言ってるんだ!(゚Д゚;)
ビリー:ちょ、さすがにこんなこと言われると、お兄さん傷ついてヤサグレちゃうよ〜?(#―3W)
ソフィア:(幸い周囲の会話は耳に入ってない)うふふ、本当に可愛いわねスラちゃんは♪ お持ち帰りしちゃいたいわ〜♪(*^ー^)ノ(゚∀゚)
スラ:ソフィアもピサロ様のお城に遊びにきてよ? 寒いところだけど、雪遊びには不自由しないよ?
テルミア:なんか……すっかり馴染んどるがな、あの二人? もろに和むしええねんけど。
ビリー:……なあ、思うんだけど、なんでリルムはソフィアから顔と画力しか遺伝しなかったんだ? なんで巨乳と常にカワイイ優しい性格という肝心なトコは遺伝してなくて、父親にそっくりなんだコノヤロー!ヽ(`Д´)ノ
ルーリ:う〜ん、リルムの性格は、周囲や家庭の育った環境の影響が大きそうだけど?
テルミア:その辺はリルム本人に聞いたらええやんか?
ビリー:バカ、まず殺されるわ!
ルーリ:てか今ココにいるキャラたちの家庭環境って、ほぼ皆ワケありな感じだよね? 両親や片親や兄弟を亡くしてたり。スラだってお父さんを殺されてるし。……まあ一人だけ、離れては暮らしてるけど、家族が何事もなく普通にいるキャラもいるけどさ?
アドン:
なぜ俺を見るんだ!?(゚Д゚lll) ……ま、まあ確かに家族とは手紙のやり取りはしてるし、今も皆元気にやってるみたいだけどな。何だか自分だけ両親とかが健在だと、お前たちに申し訳ない気分になってきたじゃないか!(;´Д`)
ルーリ:……え〜と、そろそろ次に進めろって事なので、各キャラからコメントをどうぞ!
スラ:ぼくはこれからもピサロ様と一緒に出るので、応援よろしくね!
テルミア:ウチの再登場はいつになるのんか解らん状態らしいねんけど、ちゃんと覚えとってやー? 頼むでホンマ?
ソフィア:わたしの出番は……回想だけかもしれないけど、幽霊かもしれないけど、唐突に出てくる可能性が高いので、よ〜くチェックしててくださいね?夫と娘の応援もよろしくお願いします!
ビリー:多くの読者が思ってるんだろうけど、ソフィアはクライドとの過去の全貌が早く知りたいところだなぁ。もちろんクライドと共に過ごしてた間の、
全てのハァハァシーンは完全ノーカット版でお願い……グフウッ!!ヽ(*‘∀‘)ノ┌┛)`ДW)・;
ルーリ:あ〜あ、また言っちゃいけないこと簡単に言っちゃうから?
テルミア:ちゅーかマジで
バトルス○ウター使うて、あの人の戦闘能力っちゅーモン調べたなってきたわ。単なる村娘っちゅーワケでもなさそうやで?

〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜

リルム:ねえねえ、トイレの帰り道に廊下で偶然サリナに会っちゃったよ。今日はいつもと違うカッコしてたから、一瞬誰か解らなかったよ〜?(´∀`)ノ
ルーリ:……う〜ん、リルムは勘が鋭いようで、最も肝心な事とかに関しては逆に鈍い気がするのは気のせいかな?
リルム:ん?何か言った?
ビリー:いや、お前のトイレは長かったなって話だ。つか便秘か?何日ためこんでキバッてたんだよ??
リルム:アンタは女に何を聞いとんじゃーっ!
o(#゚Д゚)_‐=o)`ДW)・;
アドン:あの完全なブチギレ顔で殴る姿は、間違いなくリルムだな(;´Д`)
ルーリ:さてさて9位の発表で〜す! お、ココに来て、キャラが複数ではなく単独になったみたいです。前回から4ポイントのUPです!

9位 アルク……5票
 ・彼の今後も気になりますね…。ビリーとの友情(?)コンビが何気に好きだったり♪♪


ビリー:わ〜いアルクだアルクだ!元気にしてたかコノヤロー?(`∀W)
リルム:前回は1票しかなかったからトークには参加できなかったのよねぇ?トーク初参加の感想は?
アルク:……特に何も( U_U)
ルーリ:……冷めてるね?(^∀^;)
ビリー:……まあ、アルクらしいっちゃあ、アルクらしいコメントでいいんじゃね? コイツにハイテンションで「ありがとうーっ!!」とか言われると、逆にこっちが引いて、コイツ頭イカレちまったかって疑うし(;・∀W)
リルム:そんなアルクはイヤだなぁ〜。まぁでも『いば詩』キャラとは完全な初対面なワケだし、挨拶ぐらいはしておこうよ?
アルク:俺はアルク・ウドウ……暗殺者だ(UДU)
アドン:あ…アドンです。魔界の第四皇子の騎士やってます(;・∀・)
ルーリ:ルーリです。ホビットだよ…だよ?(;^∀^)
ビリー:アルク、お前そんな恐ろしい目でギロッと睨むなよ?2人とも困ってるじゃん?
リルム:それにそんな無愛想に挨拶されたら、相手には感じ悪いって印象しか受けないって!
アルク:別に他人から好かれたいなどとは、微塵も思っていないから結構だ。
ビリー:だ〜か〜ら〜、そーゆー考えはやめろよ? もう何コイツ放っておけない!(;´ДW)
ルーリ:なんだかピサロ(大)っぽい感じだね。一応育ちもいいみたいだし。きつく鋭い目が素敵だよねー? 今にも
「俺がガ○ダムだ!」とか言いそう!(^∀^*)
アルク:ガ……ガ○ダム?(;U_U)
ビリー:ルーリ、ソイツに惚れちゃいけないぜ? クライドやピサロ(大)にしてもそうだが、こーゆー孤高系のキャラは大概が愛する女との幸せよりも、自身の戦いや目的を最優先させて最後には自滅しちまうタイプだ!
アドン:確かにアルクは序章で初登場した時から、あの若さで既に破滅フラグが立ちまくっていたからな。
ルーリ:十二歳にして既に屈折しまくりの性格に、ややこしい家庭の事情に、心を開けるのが鷹のガルダと父親代わりの養育係だけって……これだけ素材が揃ってりゃ、破滅していかない方がおかしいでしょ? てか登場したと思ったら、いきなり人殺しまくって更には自身がボコられる第三章1話は強烈だったよ。
アドン:よく似た境遇で育ったけど、ピサロ様の純真無垢な性格は奇跡だったと言えるな…(;´Д`)
ルーリ:ピサロの場合は親元にいなかった事と、限られた数の養育係と接してこなかった箱入り皇子サマって事が影響してるんだろうなー。
ビリー:いや、親がそばにいなくて屈折した例も此処にいるから、要はソイツの性格の底辺の素質ってヤツが一番影響してんじゃね?
リルム:なんであたしを見るのよ?(`Д´;) そんなにあたしの性格はアイツにそっくりって言いたいワケ!?
アルク:アイツだと?……まさか?
アドン:ああ、そういえばアルクは本編で知ってしまったんだったか。しかも遂に出会ってしまった訳だからな。
ルーリ:彼と出会ってしまった事で、アルクの破滅スピードもどんどんUPしていきそうだよね?(^∀^;)
アドン:ビリーとの男の友情も、破滅欝展開の嫌な伏線になりそうな気がしないでもないな?
ビリー:それじゃあ俺がホントに
死神みてぇじゃん? そんな俺はクライドのL5妄想の中だけで充分だっつーの!(`ДW;)
ルーリ:いや、そうじゃなくてビリーがまた死ぬって展開もあったりしそうだよ? それでアルクもクライドさんと同様に、L5発症しちゃうかも。
ビリー:俺はどのルートを選んでも絶対死ぬ富○ジ○ウかよ!? 
時報扱いなんてイヤだあーっ!!ヽ(`ДW;)ノ
リルム:アドンとルーリも、ピサロにL5発症させちゃうきっかけになりそうな感じだけどね(;・∀・)
ビリー:リルム、それは言ってやるなって(;´ДW)
ルーリ:そういえばアルクってさー、やっぱりリルムの事が好きなの?
アルク:な……何をいきなり?(UДU;) 俺は……その……。
リルム:え、えー……別にあたしも、そんなの聞きたくないしー…(;^∀^)モジモジ
ルーリ:あーあ、2人とも完全に照れちゃったじゃないかー。おあついねー?(´∀`*)
アドン:こらこらルーリ、
原作FF6のリルムと同じ台詞でからかうんじゃない。
ビリー:おいリルム、前からアルクのいる前では結構デレるよな?俺には常にツンツンの癖によぉ?(―ДW;) つかクライドにしてもコイツにしても、なんでこの親子はどっちも俺にはツンツンしまくりなワケ?
アドン:多分
その馴れ馴れしさが一番問題なんじゃないのか?(・∀・;) それにリルムもアルクも似た者同士の気配を生まれ持った本能で感じて、惹かれ合ってるっていう感じだしな。今は見守った方がよさそうだ。
ルーリ:まあビリーも頑張ったら、いつかそのうち、親子どっちもデレてくれるよ。
ドンマイ☆(^∀^)ノ('AW)
ビリー:は…励まされてもな〜……。しかし見守った方がいいとか言って、いきなり4ヶ月後になったかと思ったら、ドドーンとアルクとリルムのベッドシーンなんて展開が来たら、衝撃以外のなんでもねぇぞ?
リルム:
とおりゃあーーっ!!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`ДW)・;
ルーリ:ではそろそろ次の発表に参りたいと思いますので、最後にアルク一言どうぞ!
ビリー:俺はまた無視かよ?!;)゚ДW)
アルク:本編では俺もシャドウと出会い、これからもいろいろな事が起こりそうだが、なるようにしかならないだろう。読者はとりあえず黙って見ていてくれ。……以上だ。
ルーリ:その素っ気なさがアルクらしくていいね!ありがとうございましたっ!!
リルム:次に登場のキャラですが、なんと、外ではあのキャラがお待ちかねみたいです!
ビリー:誰だろう?誰だろうなぁ?
(*´ДW)ハァハァ・・・
アドン:
もう嫌だコイツ…(T∀T;)
アルク:……で、俺はもう帰っていいのか?(;UДU)

〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜

レン:さぁーて、続きましては第8位の発表です! ……て、あれ?なんでオレ急にレンに戻ってんの?(゚Д゚lll)
リルム:作者の判断だそうよ。これからの発表はビリーの姿だとあらゆる意味でヤバそうだからって。
レン:なんだよー!オレがビリーの姿でティナたんに(*´Д`)ハァハァすんのがそんなにダメだっつーのか!?(#―3―)
アドン:
駄目です。此処は台詞だけだけど、読者の脳内のイメージ図の中で、お前が絵的にもヤバイ事やらかしたなら、リアルすぎて笑えなくなったりしそうだからな。そんな空気、俺は耐えられないぞ!(´Д`;)
レン:ビリーを犯罪者みたいに言うなぁ!!(#゚Д゚)
リルム:充分立派に犯罪者でしょ!盗っ人がぁ!!(;`Д´)
ルーリ:レンの姿の場合は、まだ受ける印象が少しはマシ…かな?って事で、その話はもう置いといて、とっとと進めちゃいましょう!
リルム:……うわー、発表したいけどしたくないような。

8位……6票
 ティナ
  • リルム再会&レンなど他キャラとの出会いが楽しみ♪
  • みんなの癒し係(笑)
  • 本編に久しぶり出てきたので今後の活躍&他キャラとの絡みが楽しみです。エドティナ派なので、そこも嬉しいです♪
 インターセプター
  • おなか撫でたい・・・(*^_^*)
  • マスコットキャラになれるんじゃ?
  • 本当は何かに変身できたら面白いですよね。 (クライドとかシャドウとか・・・)
  • なでなでしたいww
  • 長生きしてね!
  • 忠犬!てか陰の主役だと思います。
ティナ:(恥ずかしそうな顔で)こ……こんにちは、みんな。お久しぶりです(´∀`;)

――現れたティナは……なんと! 
女性警察官の制服をまとっていた!!

ティナ:わ、私は、始まる前に「コレを着て」って渡されたので、またそうしただけで…(´∀`;;)
レン:わぁ〜い、ミニスカポリスなティナたん(*´Д`)ハァハァ・・・!!
リルム:
前回のナースに続いて何を着させとんじゃあぁーーーっっ!!!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;
ルーリ:ティナー、今すぐ
タイホしちゃえばいいと思うよー?(^∀^)
インターセプター:ワンワンッ!(っ・ω・)っ
アドン:インセプは
警察犬ってトコか。この組み合わせだからこそ、レンがティナにその格好をさせたってのが見え見えだな?(―∀―;)
レン:婦警さんいいじゃねぇか婦警さん!
リルム:“看護婦さん”に続いてまた来た、“婦警さん”って一昔前の呼称にやたらとこだわるレン。
レン:
たわけえぇーーーーっっ!!!(#゚Д゚) そもそも女性警察官なんて呼称じゃ色気がない! 女性警察官に注意されるって表現より、婦警さんに注意されるって表現がしっくりくるだろ!? これもまた近年の男女差別だ男女平等だってぬかした連中によって犠牲になっちまった呼称じゃねぇか! 看護婦さんもダメ、婦警さんもダメ、保母さんもダメ……そんなに呼称を変更ばっかりさせる事を許したら、いずれこの国からは妄想力から生まれる萌えや安らぎが衰退の危機に陥ってしまうじゃねぇか!?
アドン:だからそうやって女性を軽視するような事を言うんじゃ……
レン:はいアドン、たくましく想像してみろ! 妖艶な婦警さん姿のピサロ(大)
『アドン…そなたを狙い打つ!』と言ってる姿を!
アドン:…………
ピサロ様は誰にも渡さあああぁぁ(ry
ルーリ:はいはい、このままレンにまた独自の固有結界を延々と語る事を許したら、ページがいくらあっても足りなくなっちゃうから、さっさと進めちゃうよ?
ティナ:あの…自分で出した
鼻血の海の中で、激しく悶絶しながら溺死寸前のアドンさんは……?
リルム:放置しておけば、そのうち勝手にツッコミたくなったら勝手に復活するから大丈夫よ♪(´∀`)
ティナ:そ…そうなの? で、ではあの、今日はお友達も一緒に連れてきました。カッパのカーたんです!(裏声で)『コンニチワ、ヨロシクナ、ヨロシクナ♪』
レン:ゲエッ、あれはもろにエロガッパじゃねぇか!? どさくさにまぎれて、モブリズの子供たちのための交通安全教室に使う腹話術人形にでもなりすましたつもりか?! ティナたんのキレイなお膝の上で抱っこされやがってぇ! 許さねぇ、許さねぇぞエロガッパあっ!! しかもカーたんなんて
『ママと遊ぼうピ○ポンパン』に出てきそうな名前なんかつけられやがってえ!!ヽ(`Д´)ノ
アドン:ピ……ピ○ポンパン!? それってお前の親世代ぐらいの子供番組だろうがぁーーっ!?(;゚Д゚)
リルム:たぶんビリーの頃の記憶とゴッチャになってんじゃない? ビリーで生きてたら
40歳ぐらいだろうからね。
ルーリ:(レンを無視して)ティナもインターセプターも前回の票よりUPしてるね。ティナは本編に再登場した事と……もしかして、FF祭こと某ディ○ディアの影響もあるのかな?(;・∀・)
リルム:単にレンみたいな事を考えて投票した奴もいるかもしれないでしょ? 『みんなの癒し係(笑)』とかいうコメントを読んでると、それがどういう意味であっても、レンのせいでまともな意味には受け取れなくなるのよねー?
レン:いやでもティナたんの過去の夢の中に出てきた、首輪幼女ティナたんはいろいろと妄想できていいと思うぞ! あの姿でガストラとかケフカとかからどんな扱いを受けていたのかとか。
アドン:(箱ごと持ったティッシュで、まだ血が出ている鼻を拭きながら)レン、そうやって人の悲しい過去を、ほじくり返すような真似をするんじゃない!
リルム:ごめんねティナ。コイツホントにバカだから。
ティナ:いいのよ、私は帝国で過ごした頃の記憶は今もほとんど残ってないから。読者さんたちでいろいろと想像してくれちゃった方がむしろ嬉しいかも。ね、カーたん? (裏声で)『キニスンナ、キニスンナ』
レン:そーいやエロガ……エドガーが全裸で気になってた、ティナの養育係の“ユグゼル”って奴が誰なのか、オレも激しく気になるぜ!
リルム:完全な新キャラとして後から登場するのか、それとも既に登場してるキャラなのか……後者なら想像つかないなぁ?
ルーリ:白い手って表現があったから、ケフカかクライドじゃないかって予想も考えられるけどね。
アドン:(鼻にティッシュの栓を詰めながら)でも原作FF6で倒されたラスボスが今更物語に絡んでくるとは考えにくいし、クライド殿の場合はティナの年齢を考えると違わないか? あの幼少ティナを5・6歳程度だと考えると、クライド殿は既にビリーと盗賊やってたかサマサに辿り着いた頃ぐらいだぞ?
リルム:てかレン、アンタはビリーの頃、いつどこでアイツと出会ったのよ?
レン:いや〜、それがその辺の事はさっぱり覚えてなくってさ〜?(`∀´;)
リルム:もう、使えない奴!(#`3´)
ルーリ:その辺の謎が明かされるのは本編を待つしかなさそうだね。何年先になるかは解らないけど(;^∀^)
アドン:それは言ってやるな、ルーリ。『いば詩』だっていつ完結できるのかさえ解らないのに……(―∀―lll;)
インターセプター:ワンワンッ!(´・ω・`)
リルム:あ、ごめん。インターセプターもいたんだった。
ティナ:ダメよ仲間はずれは。カーたんも言ってるわよ? (裏声で)『ミンナナカヨク、ミンナナカヨク!』
ルーリ:しっかしインセプって全編活躍しまくりだよね? クライドさんの愛犬だったハズなのに、今はもうリルムの愛犬って感じだよ。
リルム:だって今面倒見てるの、全部あたしだしぃ〜。ただ最近はサリナの方に取られがちな感じなんだけどね。
インターセプター:ワンワンッ!(`・ω・´)
ティナ:カーたん、何て言ってるのか、解るかな? (裏声で)『シンパイスルナ、リルムモスキ!』
リルム:まぁ、ありがとうインターセプターvvv
インターセプター:ワンッ!(*^ω^)
ルーリ:人には懐かないハズなのにカワイイなぁ? もう全身をなでなでしてみたいよ〜♪(^∀^)
アドン:しかしインターセプターも歳も歳なんだから、いい加減にサマサでじっと隠居させた方がいいんじゃないのか? 17歳かそこらだろ? 人間なら90にも100にも手が届くぞ?
リルム:それがインターセプター自身がそれを望まないのよねぇ? おじいちゃんは人間も犬も頑固というか何というか。
レン:インセプは
犬型のモンスターって可能性も考えられるしなぁ? 原作FF6での強さからして(;・∀・)
ルーリ:『何かに変身できたら面白い』ってコメントもあるしねぇ? でもその後に『(シャドウとかクライドとか)』って書いてあるけど、2人とも同一人物でしょ?
レン:まあなんだ。同一人物だけど違う人間……ア○ルヤとハ○ルヤ、マ○ーとソー○のような関係だと思えばいいんじゃね?
アドン:いやシャドウ殿もクライド殿も人格は一緒だから、むしろミ○ター・ブ○ドーとグラh……ゲフンゲフンの関係が一番近いだろう。
リルム:てかインターセプターの変身ってもしかして、
コレの事、言ってんのかな? 中○譲治声のアー○ードインセプ。
エロガッパ:!? ひ……ひいいぃぃぃ……っっ!! カッパッパああぁぁーーーっっ!!!(訳・もう喰われるのはイヤああぁぁーーーっっ!!!(;lll゚Д゚)
ティナ:カ、カーたん? どうしたの急に!?
レン:どうやらトラウマスイッチが発動しちまったみてぇだなぁ?
インターセプター:( ・ω・)ワン? 
……ワンワンワンッ!!!(#゚ω゚)
エロガッパ:カッパカッパああーーーーっっ!!!
(訳・喰わないでお願いだからああーーーーっっ!!!(;lll´Д`)
リルム:もう何やってんのよエロガッパ! アンタのせいでインターセプターがパニックになっちゃったじゃない!! もうサイテーっ!!(`Д´#)
アドン:多分……
インセプはわざとキレてるような気がするんだが?(;―∀―)
ルーリ:と、ゆーワケで、続いては第7位の発表なワケですが、このページがダラダラと長くなりすぎちゃったんで、もう既に読む気なくなっちゃった人もいると思うんで、この辺でぶった切って、後編に続きますって事で! しばらくお待ちくださ〜い♪(^∀^)ノ

この座談会での、キャラクターの行動は完全なフィクションです。
作者はエドガー(笑)は大好きです!

後編に続く!