絶帝小説キャラクター・コンビ人気投票結果発表。<オープニング〜12位>
<警告・このトークはあらゆるキャラクターが、好き放題に壊れまくって喋りまくる極悪ギャグトークです。
一部とんでもない毒舌や、ヘイト創作ともとれそうな暴力的かつ不快な表現等が描写されますが、
これも全てのキャラへの歪んだ愛情故、心が無駄に広い強靭な精神力を持った方は何卒御了承ください。
そういうのがどうしてもダメ!苦手!な心の清らかな繊細な方は、読んで後悔する前に今すぐ引き返してください。>

<司会進行役>
(‘∀‘)<リルム ツンデレむすめ。
(^∀^)<ルーリ ホビットむすめ。
ヽ(`∀´)<レン クソガキとチンピラ。 ビリー>(`∀W)ノ
(lllTдT)<アドン ツッコミやくのくろうにん。
(*‘∀‘*)< ????

――此処は今回の結果発表トークの楽屋の中。コタツに入っているリルムとレンとルーリは、それぞれがゲームをプレイして楽しんでいた。レンとルーリはDSでDQ9のマルチプレイを。そしてリルムはPS3で……。

リルム:……。
ルーリ:よし、レンそこだ行け!
レン:よっしゃあ!デスピサロ倒したぜ!これでまたお宝ゲットだぜっ!!(`∀´*)ノ
リルム:…………。
ルーリ:なんかデスピサロが経験値ほしそうに見てるよ?
レン:ほっとけ、こんな歴代ラスボスレイプ。こっち見んな。
リルム:………………。
ルーリ:よーし、このマルチプレイのおかげで新たなクエストもいっぱい入ったよ!(*^∀^*)
レン:すれちがい通信も遂に2000人突破したぜ!やっぱゲームはこうやって長く楽しめるモンでなくちゃなぁ!!
リルム:……あのーレン、DQ9を楽しんでるトコ悪いんだけど、今あたしがアンタから借りたPS3でやってる、この果てしない一本道マラソンゲーム、あとどれぐらい続くの?
レン:ああ?そんなのたった2・30時間前後だよ。その先の11章には蟹のような分かれ道っぽいのがあるけど、そのまままっすぐ進めば12章だぞ。んで後はラスボス戦だったっけか?
リルム:
せいっ!!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;
レン:ちょ!なんでオレを蹴るんだよ!?)゚Д゚#)
リルム:ははーん、あんた前からバカだバカだと思ってたけど実はバカでしょ!?(# ゚Д゚) 登場人物は電波なウザキャラばっかしのこんなレールプレイングゲームが、あのFFナンバリングの最新作だなんて嘘でしょ? ホントは全く違うゲームなんでしょ? 本物のFF13を出しなさいよ!! …つかこのPS3に描いてある女体化ピンクク○ウドの絵、ムカつくからシンナーで消してもいい!?ヽ(`Д´#)ノキィィーーッッ!!!
レン:リルム……悲しいけどコレ現実なんだよ! 目をそらすな!お前は現実をちゃんと見るんだ!!(`Д´;)
リルム:なんで買っちゃう前に、内容を前調べしとかなかったのよ!?
レン:ちゃんとしたさ! でもしょーがねぇだろ!? 何も知らなかったオヤジがオレへのクリスマスプレゼントに、わざわざPS3とFF13の同梱版を何とも幸せそうな笑顔で買ってきやがったんだからよぉ!下手に売っ払う事もできねぇんだよ!! てか中古屋じゃもう何処に行っても既に安値で山積みだし!!
ルーリ:そーいや近所のスーパーに売ってる、エリクサーとかいうジュースも半額にしても未だ山積みだよね? レンによく似た子の絵が描かれてたのもあったけど。
レン:それは
ホー○゜の事か!? ホー○゜の事は何も悪く言うな! アイツは確かにちょっとウザくは感じるかもしれないけど、でも悪い奴じゃない、アレでも比較的マトモな奴なんだよ……っ!!(つД`)・゚・。
リルム:レン……アンタまさか、もしもFF13が社会現象になる程に売れまくってたら、あの格好で今回登場する予定だった…とか? そーいや作者もFF13発売直前にブログでレンにあの服着せてたし。
レン:何も聞かないでくれ! でも一本道マラソンとかレールプレイングとかホー○゜を悪くは言うなぁーっ! FF13だってホー○゜だって、アイツら皆生きてんだよーっ!!
ルーリ:…レンってなぜか野○哲○センスと被る事が多いよね? ホー○゜とかディシディアのジ○ンとか。レンっていう名前でさえも初登場の時点から既に被ってたし。
リルム:ああ、倖○來○の中では完全になかった事にしたがってる、
あの黒歴史キャラの事ね? ……あれ?でももしかしたら作者と野○のセンスって、案外通じ合うものがあったりするのかなぁ??
レン:ま、まあツンツンに尖ったハネっ毛は、野○キャラには当然のようによくあるデザインだしな…(;´д`)

――その瞬間、楽屋のドアが勢いよく開けられ、アドン登場!

アドン:オイ、お前ら! さっきから楽屋で何をしているかと思えば、コタツに入ってくつろいでんじゃないっ!!
レン:くつろいでんじゃねぇよ! 真剣にゲームやってんだよゲーム!!
アドン:お前らはまだDQ9で遊んでいたのか? 俺はもうとっくに転職とか衣装コンプリートとかいろいろ何十回もやり込んで卒業したし、時代は既にリメイクDQ6でも遅いぐらいだぞ? ……って、リルム、お前が今PS3でやっているそれは、まさか俺がエンディングでコントローラーを叩きつけてテレビを剣でぶった斬って破壊しそうになる程に殺意と憎しみを覚えて激しいトラウマになった、全てのRPGが神ゲーに思えるようになったアレか。アレなんだな!?(゚Д゚lll;)
ルーリ:アドンって割とゲーマーなんだね? てか普段は剣の稽古ってしないの? まぁDQ9は真面目な人ほどやり込むゲームだとは思うけどさ(^∀^;)
レン:アドンが言う、FF13のあのエンディングに殺意を抱いたってのはオレも同意なんだけどな。
リルム:え?そこまで言うなら逆に最後まで見てみたいかも!?(‘д‘;)
アドン:( ̄Д ̄lll;)とにかくだな……お前らさっさと結果発表トーク始めるぞ! ええーい、こんなコタツなんて撤去してやる!!

――アドンは星○徹のちゃぶ台返しの如く、見事にコタツをその場からひっくり返した。……が、コタツがあった場所からは、3人以外の別の誰かの姿が現れた! その姿は、なんと眠っている幼女!?

レン:( ゜Д゜) …………アドン、お前がエロゲとギャルゲ好きでシスコンで
ガチペドな三十路直前ってのは知ってたけど……もうどうしようもねぇクズだなオイ? 幼女拉致ってふざけすぎだろ!?(#゚Д゚)
アドン:なんで俺がさらってきた事になってんだよ! 勝手に俺をそこまで酷いクズにしないでくれ! てかガチペドって何だよガチペドって! お前は俺をそんなにまで
異常性愛者にしたいのかぁ!!(゚Д゚#)
リルム:あ、この子は一応…
幼女:う〜ん、むにゃむにゃ…………Σ(;‘д‘)ハッ!? あ、あの……こんにちは。ごはんにパンケーキでますか?
アドン:出ません。てか何処から来たんだ、この子は? 誰かに似てる気もするけど?
リルム:この子は本編最新話で出てきた幼女のあたしだよ。なんか15歳のあたしがしばらく本編に出られないらしいから、代わりに連れてきた子。今回は顔見せも兼ねて急きょ出てもらう事になったの。まあピサロでいう(大)と(小)みたいな感じだね。
幼女(以下りるむ):り、りるむです!よ、よろしくおねがいします!
レン:……なるほど、このりるむはヘ○リアで言うとちび○りあポジション、あとポ○モンで言うと15歳リルムをラ○チュウ、10歳リルムをピ○チュウに喩えるなら、まさにピ○ューなポジションだな?
りるむ:今回のトークのマスコット的存在です☆(*‘∀‘*)
リルム:まあ、この小さいあたしがちび○りあとかピ○ューのポジションってのは解るんだけど、今のあたしがラ○チュウって何よラ○チュウって!?(#`Д´)
レン:こっちのお前は15歳の精神的に穢れきったお前とは違って、全く無垢で可愛いという事だ。……と、いう訳でルーリ、今までの最年少キャラのポジション、御苦労だったな。
ルーリ:は!?
レン:お前はモー娘メンバーの末路と同じ…新メンバーが入れば中途半端なポジションに降格して、後は『卒業』という名の『追放』が待っているだけだ。まあモー娘自体が既に用済みグループな訳だが。時代はもうAKB48だからなぁ?
ルーリ:勝手に用済みにしないでよぉ!o(`ヘ´*)oプンスカプンスカ!!
りるむ:でもりるむはルーリみたいなお姉ちゃんがいるのはうれしいよ? ぽ○ょの妹みたいなたくさんの妹はもっとほしいけど(‘∀‘*)
アドン:あー……そういう妹や弟に関する事は
パパにでも言いなさい。多分なんとかしてくれると思うから(;´д`)
レン:いややめとけ! 下手にポ○ョの妹みたいな大量の妹がほしいなんてこと言って、奴が実行なんてしちまったら、本体のリルムが発狂するぞ!?(゚Д゚;)
アドン:う〜ん、まあ確かにあの人って近頃性欲が激しそうだからなぁ。きつく抑制してきた人ほど一度爆発しちゃうと、とんでもない事になりそうだし。
レン:抑制してきたって言うより、元来のものじゃね? ああいう無口なクール男キャラは大概がムッツリスケベの類だろ?
ルーリ:アドンもレンも、リルムの前でそれは言わない方がいいと思うよ?(;^∀^)
リルム:
(lll゚言゚)<ゴゴゴゴゴゴゴゴ…!!!
りるむ:ねえ、大きいリルムなんで怒ってるの?(‘∀‘;)
レン:い、行くぞ、さわらぬ神に祟りなしだ(;`∀´)

――楽屋を出た一同は、今回の収録場所に向かって廊下を歩いていた。

アドン:え〜、紹介が遅れましたが、今回も司会進行役を務めさせていただきます、『いばらの詩』男性キャラ代表のアドンです。
ルーリ:女性キャラ代表のルーリだよ!
レン:『FF6<#2>』男性キャラ代表の、みんなのレンでーす!
リルム:女性キャラ代表のリルムと!
りるむ:えっと、マスコット担当のりるむです!
レン:ところでアドン、今回のトークはどんな感じになるんだ? 今回はわざわざ、ちゃんとしたセットまで用意してるそうじゃねぇか?
アドン:俺も詳しい事は知らないんだ。それでもふざけた内容になる事は解りきってる事だが……( ̄Д ̄;;
ルーリ:あ、あそこだね? ん〜……白くて丸くてとっても転がりやすそうな椅子が並んでるよ?
リルム:しかも司会者とゲストが向かい合ってトークする形になってるわね?
りるむ:はい、みんな〜これ台本だって〜♪(‘∀‘*)
レン:お、ありがとな。えーと何々……
『真コンビさんいらっしゃい!』って、何じゃこりゃあ!?
アドン:それは昼メシを喰ってる日曜日の真っ昼間な時間帯に、素人の新婚夫婦ののろけ話とか夜の生活な下ネタトークを散々聞かされる、あの
とんでもないトーク番組のパロディなのか? そうなんだな!?(゚Д゚;)
リルム:どんなパロディじゃオイ!?
ルーリ:なんだかいろんなコンビの生々しいトークとか、いっぱい聞けそうな気がするよ?(^∀^;)
レン:えーと、各順位を示す回転式の黒いボードもあるなぁ?『ザ・ベ○トテン』みてぇな昔懐かしいヤツ。
アドン:そこまでやると、これ書いてる奴の年齢が一体いくつなのかマジで解らなくなってきたんだが?つかお前もよく知ってるな?
レン:だってビリーのまま生きてたら40過ぎだしなぁ。ひょ○きん族とか夕焼け○ャンニャンとかバリバリ知ってる世代だし。それにまぁ何だ。今は懐かし番組のDVDとかもいっぱい出てるからなぁ。
リルム:それはそうと、ではそろそろ発表の方に参りたいと思います。今回の投票総数は、なんと
477票! 前回と前々回を大きく上回りました!!
ルーリ:今までのキャラ単体だけじゃなくてコンビの人気投票って事で、いろんな人がいろんな組み合わせに、いろんな思い入れがあったって事かな?
レン:ここまで票を集めるのは、今回だけじゃないって事を祈りたいぜ。
アドン:支持してくれる方々が多いのは、嬉しい事だ。それではまずは…13位からだな。またの名を、恐怖の1票さん発表とも言う。
レン:1票だけしか入ってないと、トークには参加できないという恐ろしいところだな?
アドン:では行くぞ!13位は……

13位……1票
リルム&ルーリ……女同士が組むと恐ろしいですねW
ツゥ&スリィ……ノリノリお姉さんツゥと真面目なスリィのガードリーダーコンビ(笑)
アルク&リルム……どちらかとレン(ビリー)との組み合わせもいいけど、この組み合わせも好きです。
ロック&セリス……予想外な登場で印象に残っているので♪
リルム&テルミア


ルーリ:あららららら……(^∀^;)
リルム:5組のうちの3組にあたし入ってるんだけど? まあVTRコメント撮影した時点で既に解ってた事ではあるけれど…。
レン:てか上がってきそうで上がってこなかったコンビばっかしじゃね、コレ?
アドン:う〜む、これだとなかなか厳しい内容になりそうだな今回の結果発表は。
りるむ:それぞれのコンビからVTRコメントがとどいてるよ〜♪(‘∀‘)ノ

リルム&ルーリ
リルム「なんであたしたち1票なワケ? 貴重なクロスオーバーコンビなのに!?」
ルーリ「でもどうせあたしたち司会進行役だから、大したダメージはほとんどないと思うよ?」
リルム「それもそっかぁ」
リルム&ルーリ「「アハハハハハハ…(*^∀^)(‘∀‘*)」」

ツゥ&スリィ
ツゥ「あらぁん、残念ねぇ?今回もトークを楽しみたいと思ってたのにぃ?」
スリィ「私は未だに一度も参加した事がない。本編の登場はツゥよりずっと先だったはずなのに…('A`) 」
ツゥ:「き、気を落とさないでス〜ちゃん! また次があるから、次がね。多分ね(・∀・;)」
スリィ「…………('A`) 」

アルク&リルム
リルム「あれ? 本編では一番プッシュしてるように見える男女の組み合わせじゃないの、あたしたち?」
アルク「選ぶのは読者だからな…。一つも票がないよりかはマシだろう」
リルム「そう言いながらも、なんか残念そうな顔してるよねアルク?」
アルク「…………(;U_U)」

ロック&セリス
セリス「まあ!せっかく今回も出るつもりでいたのに!」
ロック「セリスは化粧も服も整えて、準備万端だもんなぁ?(;´д`)」
セリス「そういうロックこそ、今回のためだけにスーツ新調してきたじゃないのよ?」
ロック「…こうなったら、本編でさっさと再登場させてほしいよな!ゲスト扱いじゃなくて、話の本筋に関わらせてくれよ?(`Д´;)」

リルム&テルミア

リルム「何よー、テルミアともトーク参加できないワケ?(;`3´)」
テルミア「ウチ本編でもずうっと出番あれへんしなー?」
リルム「テルミアにはまた会いたいと思ってるんだよー。爽快なお姉さんな仲間キャラって貴重な存在なのに〜!(TДT)」
テルミア「はいはい、泣いたらリルムのせっかくの可愛い顔が台無しやで? 次があったらええな〜(;´∀`)つ 」

アドン:……え〜、ちなみに残念ながらロクセリ夫婦とガードリーダーコンビ、あとテルミア殿は今回出番はこれだけ……だそうだ。
レン:えええ〜〜、マジでぇぇ〜〜〜っ!?Σ(゚д゚lll)
リルム:みんな前回の結果発表であれだけ目立ったのに。特にツゥちゃん…つД`)・゚・。
ルーリ:数字だけが全てって……まさにテレビの視聴率とかジャ○プのアンケートと同じだね?
レン:近頃のジャ○プ漫画は無駄に長すぎなんだよなぁ?昔の黄金時代の連載漫画でさえも今ほど長くはなかったぞ? これじゃ若手が育たねぇし、何より描いてる漫画家たちが1作限りで全てのエネルギーを吸い取られ尽くされそうで心配にもなるぜ?
アドン:そ、それでは次に行くぞ! ここからはきちんと参加もできる12位の発表だ!

12位……2票
ピサロ&スラ
・和みます♪
ストラゴス&クライド
・クライドは息子として心を開いてほしいです!
モーグリ&ティナ
可愛いもの同士くっつけばいいんだ!
・もふもふしたい・・・www
ヘルバトラー&アンドレアル
・個人的にはくっついてほしい2人です。
・切ない関係に萌えます。
エドガー&ティナ
この二人、ほのぼのしてて好きです♪これからどう絡んでくるか楽しみですね。

アドン:のっけから凄いコンビばっかりが出てくるなオイ? 本物の新婚さんも入ってるし。てかピサロ様はこのメンバーに囲まれて大丈夫なのか心配だ。あとヘルバトラー様も別の意味でな(;´д`)
りるむ:わ〜い、パパとおじいちゃんも入ってるよ〜♪(‘∀‘)
レン:おい、ティナたんが2組も入ってるじゃねぇか!? そーいや今回ティナたんに着せようと思ってた初○ミクのコスプレ衣装がなくなっちまったんだけど、どこにやった!?
リルム:今回はアンタの全てのコスプレ衣装コレクションを前もって没収しといたから、さすがにティナもまともな格好で出てくるでしょうね?
レン:うわーん、オレのコスプレ天使ティナたんを返せよリルムのバカアァァァ!!ヽ(`Д´#)ノ
アドン:一国の王妃さまをコスプレ天使扱いかよ!( ̄Д ̄;;
ルーリ:モグは遂にトーク参加の悲願達成だね!同じく初参加のおじいちゃんも楽しみだよ〜(*^∀^) さあとりあえず、最初の真コンビさん…
全員:いらっしゃ〜い!!ヽ(‘∀‘)(;゚Д゚)(^∀^)(`∀´)(‘∀‘)ノ

――真コンビさんたちが入場! その数組中の数人の衣装は……。

アドン:モ、
モーグリ……だと!?(゚Д゚lll;)
レン:おおーっ、ティナたんが白いモグ耳カチューシャにヘソ出しノースリーブにショートパンツにニーソで登場だぞ!?(゜Д゜*)
ルーリ:えーと……本物のモーグリのモグと、モーグリスーツをまとったおじいちゃんと、なぜか露出度高めのモーグリっぽい服を着せられたティナと……あと何か細身で長身の、なんか某ラー○ンマンみたいな感じのモーグリ…なのかなコレ?
長身モーグリ:そうだクポ。細かい事は気にしないで頂きたいクポ。
アンドレアル:……すみません、私はヘルバトラー殿と出る事になっているはずなのですが、なぜかこのモーグリもどきが急に現れまして、なぜかそのまま一緒にこうして出る事になりました(゚ _ ゚;)
アドン:いやあの、それはどう見ても……(lll´д`)
長身モーグリ:アドン殿、以前から何度も言っているように、私は簡単に姿を見せる事は許されない身分なのだクポ……。
アンドレアル:アドンとやら、貴殿はこの謎の生き物とは知り合いか?
アドン:いや……その、何か気づきませんかアンドレアル様?
アンドレアル:? 知らぬな。ヘルバトラー殿は一体何処に行かれたのだ?気になって仕方がない。
アドン:マジで気づいてないのかこの方は。てかDQキャラがなんでFFキャラの格好してんだよ?( ̄Д ̄;
長身モーグリ:だから細かい事は気にしないで頂きたいクポー。
アドン:
いや気にしたいです。
ルーリ:では改めまして、コンビ紹介をどうぞ!(*^∀^)ノ
エドガー:フィガロから来ました、エドガー・ロニ・フィガロ、32歳です。
ティナ:妻ティナ、23歳です。
ルーリ:わ〜い、本当に新婚さん夫婦で、とっても初々しいよね〜♪奥さんの格好はともかくとして(^∀^;)
モグ:ナルシェから来ました、モーグリのモグだクポー。年齢は花の16歳だクポ♪( ̄O ̄)ノ
レン:マジかよ?モグってまだ16歳だったの!?(゚Д゚;)
モグ:だってボク、原作で初登場の時点では11歳だったワケだし。
ティナ:あの〜、この格好、少し恥ずかしいわ…(´∀`;)
エドガー:モグの奴め、急にこんな服をティナに差し出してきやがった。まあ、可愛いから悪くはないと思うのだが…(*´д`*)ハァハァ
レン:それもマジかよ!?モグGJ!! あとエロガー興奮すんな。マジキモイから。
モグ:今回はボクともコンビだからという事で、ティナにはボクとお揃いふうの格好をしてもらったクポ。コスプレしないティナなんてティナじゃないクポ。あとエロガーキモイはボクも同意クポw( ̄O ̄)
エドガー:ひ、酷いぞお前たちぃ!つД`)・゚・。
ストラゴス:サマサから来ました、ストラゴス・マゴス、75歳じゃゾイ。
クライド:……住所不定、自称クライド、年齢不詳……と、いう事でいいか?(;―Дl)
リルム:それじゃ怪しさ全開のバリバリ犯罪者だよアンタ? まあ実際にそうなんだけどね(―Д―;)
りるむ:わぁ〜い、パパだパパだ♪ おじいちゃんも〜♪♪(*‘∀‘*)
クライド:……おい、抱きつくな。
ストラゴス:いいではないかクライド?一番可愛い盛りだった頃のリルムがまた見れてワシは嬉しいゾイ。おぬしはこの頃を知らんから、本当に可哀想じゃのぉ〜?(ニヨニヨ)
りるむ:ねぇパパ抱っこして抱っこ〜?(‘∀‘)
リルム:……(;‘д‘)
ストラゴス:抱っこぐらいワシがしてやるゾイ?
りるむ:ジジイは背が低いからやだー。背の高いパパがいいのー!パパ抱っこ抱っこ〜!(‘∀‘)
クライド:……はいはい(;―дl)
リルム:…………(;‘д‘)
りるむ:わ〜いパパ、高いよ高いよ〜♪ ついでに肩車もしてよ〜♪♪(*‘∀‘)
クライド:……おい、髪を引っ張るな。禿げる。
ストラゴス:クライド、りるむはワシのじゃぞ、ワシの孫じゃからな〜?
りるむ:わ〜いわ〜い、パパもおじいちゃんも大好き〜♪(*‘∀‘*)
リルム:………………(lll;д;)<ブワッ
レン:リルム、お前も仲間に入りたきゃ素直に入ればいいのに……つかお前の家族なんだから、特に遠慮はいらねぇんだぞ?
リルム:ぇ、遠慮なんてしてないモン…(lllTдT)
ルーリ:ツンツンキャラはこういう時に損するよねー? なんかちょっといろいろと可哀想になってきたよ?(^ー^;) ではそちらのコンビさんたちもどうぞ!
アンドレアル:魔界から来ました、アンドレアルことベルメリッサです。年齢は人間換算すると30歳前後です。
長身モーグリ:モーグリだクポ。年齢は多分40歳前後だクポ。
アンドレアル:しかし本当にヘルバトラー殿は何処に行った? 私はこんな所にいていいのだろうか?
アドン:だから本当に気づいてないのか、あなたは?(´д`;)
ピサロ(小):あ……あの……魔界から来ました、ピサロ……です。多分、10歳ぐらい……です((>Д<lll))ガクガク…
スラ:ピサロ様落ち着いて。あ、ぼくはスラです。人間の7・8歳かそこらだと思うよ?(((゚∀゚)))
ルーリ:あら、やっぱりピサロが激しく緊張しちゃってるよ?
アドン:ピ、ピサロ様、此処は深呼吸をして落ち着くんです! ほら、掌に『人』という字を3回書いて呑み込んで…
ピサロ(小):そんなのもう、何百人も呑み込んでるよ…(;>д<)
アドン&ルーリ:(か…かわいい……(*´д`)(*´д`)
レン:しかし何だってこの12位は、こんなにモーグリだらけなんだ?
モグ:ボクの結果発表トーク初登場を記念してって事でよろしくクポー。ティナのは単にボクの趣味だクポよー( ̄O ̄)
レン:初登場の分際で勝手な事してんじゃねぇ! …て、まあティナたんに関しては許すけどな(*´д`*)ハァハァ
エドガー:私もそれに関しては同意だよ(*´д`*)ハァハァ
モグ:だからエロガーマジキモイクポ( ̄O ̄)
エドガー:キ、キモイなんてまた酷い…!ティナー、皆が私をいじめるんだ!つД`)・゚・。
ティナ:はいはい、皆仲良くしなきゃダメよ!(;´∀`)ノ(TДT;)
レン&モグ:(うわ、エロガーコイツマジウゼェ(クポ)…(`O´;)(`Д´;)
ストラゴス:ワシはこういう機会もめったにないと思って、タンスの中にあったモーグリスーツを着てきたんじゃが……なんか久しぶりに着たら、中が熱くてちと苦しい、ゾイ……。
クライド:あまり無理はしない方がいいと思うぞ。歳も歳なのに…(;―дl)
りるむ:そうだよパパの言うとおりだよー。おじいちゃんにはいつまでも元気でいてもらわなくちゃー?
ストラゴス:クライドにりるむ……ワシはいい息子と孫を持ったゾイ!
りるむ:だっておじいちゃんがいてくれないと、りるむにおこづかいくれる人いなくなっちゃうもん。パパってケチだし働いてないし、いっつも家で寝てるし。
ストラゴス&クライド:
…………il||li orz orz il||li
アドン:子供の純粋な一言はさりげに酷いな。
レン:りるむはやっぱりリルムなんだなぁ?つかクライドもどんだけの
マダオなんだ?
ストラゴス:やっぱりリルムは本来のリルムが一番いいみたいじゃゾイ!(TAT;)
リルム:解ってくれるの、おじいちゃん?(;T∀T)
クライド:…………(;T_l)
レン:お前も泣くならマトモに働いて、とっとと周囲にデレろよクライド?(`Д´;)
長身モーグリ:感情のすれ違いというものは、本当に難しいものだクポ。私も覚えがあるクポ……。
アンドレアル:かような事とよく似た事を言う御方を私はよく知っているのだが、一体何処でどうしているのやら…。
アドン:本当に気づかないんですか、アンドレアル様?(;´д`)
長身モーグリ:……? おや、私の
ピッチが鳴っているクポ。
アドン:また一昔前ぐらいの随分懐かしい形のケータイ使ってますねあなた? 畳む形じゃないってどんだけ? てかピッチって…?
クライド:俺はFF6が最初に発売された頃から長年
ポケベルを愛用しているが……しかしもう何年も誰も鳴らしてはくれん。
アドン:隠遁生活送ってるアンタらって、どんだけ現代文明から取り残されてんですか?(―Д―;)
長身モーグリ:はい、もしもし、モーグリだクポ。只今お取り込み中でありましてクポ……って、
ミアソフ殿下かクポ!?
ピサロ(小):え?兄上?Σ(゜Д゜;)
ミアソフ:『何をふざけた口調で喋っているのだヘイゲン? さっさと帰ってこい。本編の話の続きはお前抜きではどうにもならないのだぞ?』
長身モーグリ:ああ、いえ……これには少し深い事情がありまして…クポ。
ミアソフ:『クポクポって……そなたはピ○ピコシティのクポリンにでも今更ハマったのか?まあ、あれは面白い読者ページではあったがな…』
長身モーグリ:いえ、そんな大昔の『4年の○習』を読んでいた方にしか、さっぱり解らないような事を言われましてもクポですね……
ミアソフ:『とにかくさっさと帰ってくるのだ。あと砂漠でパスタは茹でるな。ピッツアは焼くな。以上だ!』……ガチャ。ツー、ツー……。
長身モーグリ:殿下……貴方こそ何の漫画にハマってるんですかクポ?
ピサロ(小):切れた……兄上とお話したかったのに……(;A;)
スラ:まあまあ泣かないでピサロ様。本編で会えるのを楽しみにしてようよ?
ピサロ(小):早く兄上たちに会いたいな…外にも出られるようになったから。
スラ:外の世界ではどんな事が待ってるのか、今から楽しみだよね?(((゚∀゚)))
ルーリ:このコンビだけが12位内では唯一のまともな組み合わせだよね(^∀^;)
モグ:ちょっと待て、ボクとティナのまともなコンビを忘れてもらっちゃ困るクポ?( ̄O ̄)
レン:えっ…モグ、お前ってマトモだったのか? …まぁでも、エロガーよりゃまだマシか。アイツは最後にはガチロリの変態要素しか残らないからな。
エドガー:ガチロリの変態だなんてまた酷いよティナあぁぁ……(;TДT)(´∀`;)<ハイハイ…
レン&モグ:(いじられキャラから
ウザキャラに降格って、うわやっぱりエロガーコイツマジウゼェ(クポ)…(`O´;)(`Д´;)
ルーリ:エドガーもティナも本編ではこの先、活躍ってちゃんとあるんだよね?
ティナ:はい。エドガーも本編ではきちんとカッコよく描かれますので、ファンの皆様は御安心ください(;´∀`)ノ(TДTlll)<エグエグ…
ルーリ:ティナが本編に出てきたら、いろいろ楽しみだよね? 出会った瞬間にレンがどんな反応するのか、あとクライドさんとどうなるか。来年も『コンビニ』やるなら楽しみだよねー?
レン:とりあえずクライドは、ティナたんと不倫フラグ立てるのだけは禁止な( ゚Д゚)
モグ:ボクだってティナの事モフモフしたいのにクポー( ̄O ̄)
アドン:コメントにある『もふもふしたい』って、モグがティナをもふもふするって意味なのかそうなのか!?(゚Д゚;)
ルーリ:ティナって皆からモテモテだよねー? うらやましいよホントvv(^∀^*)
アドン:……今後の本編といえば、アンドレアル様もどうなるか気になりますね。最終的にどうなるのか。
長身モーグリ:そうなのだクポ。彼女はどちらの道を選び、私にどのような態度をとるのか…(←さりげにアンドレアルの肩に手を置く。
アンドレアル:私に馴れ馴れしく触れるな、化け物風情が!o(;゚Д゚)_‐=o)`O゚)・;<グフッ…
アドン:あの……だからどうして気づかないんですか、アンドレアル様? それはひょっとしてギャグでやってます?(´д`;)
クライド:……やはり、ポケベルは鳴らんな(;―_l)<ジィー…
ストラゴス:クライド、そんないつまでも恋に待ちぼうけしてるような顔で待っておらんでも、ケータイぐらいワシが買ってやるゾイ?(・A・;)
リルム:つかこの人って、メールの打ち方すらマトモに知らなさそうだよ?(―д―;)
りるむ:パパー、何それ何それ? りるむにも見せて見せてー?(ノ*‘∀‘)ノ
クライド:え……? あ……

――クライドはりるむに抱きつかれた勢いで、手にしていたポケベルをポロリと落とし、落ちたポケベルはりるむに踏みつけられた。……ポケベルは大破した!

クライド:
( ゜Дl )
りるむ:……あ、あれ?(;‘д‘) ……えーん、パパごめんなさーい!つД<)・゚・。
レン:まあ、壊した方がいい古代の化石ってのもあるからな。りるむはいい事をした!
ストラゴス:そうじゃ、今どきケータイの一つも持っておらんクライドが悪いゾイ!
りるむ:うあーんうあーん!つДT)・゚・。
ピサロ(小):スラ…私もああやって、父上に甘えてみたいな(;_;)
スラ:ピサロ様、泣いちゃダメだよ!
アドン:そうです、私たちがついていますよピサロ様!
長身モーグリ:……あの、私もアンドレアル殿に殴られた際に、ピッチを破壊されてしまいましたクポ。どうやって殿下と連絡を取ればいいクポか?
モグ:知るかクポ( ̄O ̄)
クライド:
( ゜Дl )
ルーリ:あの、クライドさん、いつまで固まってるのかな?かな?(^∀^;)
リルム:もう、こんなのほっときましょ。次にさっさと行くわよ!(;―д―)

その2に続く!