絶帝小説キャラクター人気投票結果発表。

レン:(←テンション低〜〜く)……え〜〜、マイクのテス、テス。……え〜と何? 台本チェック? うん、一応はしてるんだけどー、多分ていうか絶対この通りにはならない事ぐらい解ってるからさー。(アクビしながら)……あ〜あ〜、な〜んかダリィっつーかー、家でゴロゴロしてスルメでもかじりたい気分かもー。あの、すいません、お茶くださーい……って、え? あ、もう始まってんの? テープ回ってる?? ゴフンゴフンッ――――と、いうワケで、よいこの皆、待たせたなぁ! 絶帝小説キャラクター人気投票の結果発表というワケで、司会進行役を務めます、『FF6<#2>』男性キャラ代表のレンでーすっ!!
アドン:おい、いきなりスイッチが入ったかのようにハイテンションになったっていうか、そのキャラ作ってたのか!? 常に元気アイドルタレントにありがちな、
素は普通に無愛想タイプだったのか?? ……あ、『いばらの詩』男性キャラ代表のアドンです。よろしくお願いします。
レン:サイト5年目にして、ようやく互いの小説のキャラが夢の共演ってのは、これどうよ? 遅すぎね??
アドン:レンとやら、この人気投票自体、互いの小説のキャラが揃ってきた事でようやく実現した企画だ。作者もこの時を本当に楽しみにしていたそうだから、文句を言ってはならんぞ!
レン:ホンットにマジメな性格だなアドンは〜? 本編でいろいろ苦労しまくってんのも解るぜ??
アドン:お前のその性格は羨ましくは思うが、しかし俺は立場上、ふざける訳にはいかんのでな。ピサロ様のためなら、俺はどんな困難も苦労も厭わない!
レン:はいはい、お前が
ドMって事はよ〜く解った。ところで女性キャラ代表の2人はどこ行った?
リルム&ルーリ:皆さん、こんにちわぁ!
リルム:『FF6<#2>』のヒロイン、リルムでぇす♪
ルーリ:『いばらの詩』のヒロイン、ルーリだよぉ♪
レン:……え? リルムってヒロインだったのかよ?
アドン:俺はてっきり『いばらの詩』の
ヒロインはピサロ様だと思ってたんだが……??

――直後、何時、何処に仕掛けてあったというのか、只の録音スタジオの天井であるはずの二人が立っている場所の真上から、数多のドラム缶がゴロゴロと降ってきた。レンとアドンは
開始1分もたたないうちに無惨に潰された!

ルーリ:おーほっほっほ! 物語に花を添えるヒロインたちを愚弄するなんて、アンタたち100万年早くてよ!!
失礼極まりありませんわ!!!
アドン:(血まみれとなって起き上がりながら)ルーリ……キャラ変わってないか?(;・∀・) てかそのキャラ、某ひ○゛らしのトラップの天才の超ブラコン幼女だろ?? もろに某(お○スタの)
ヤ○ちゃんの元奥さんの声が聞こえてくるんだが……?
リルム:(・3・)<あるえーイ? おじさんはルーリはそういうキャラって聞いてるんだけどなぁ〜?
レン:お前もあの厨房とは思えん程の巨乳ポニテ部長の影響うけすぎだ。てかお前は巨乳じゃねぇんだから、その時点でもうダメだろーが?
リルム:……上等じゃん、ぶちまけられたいかぁ!!(←右手になぜか
スタンガンを握り締めている。
レン:うわ、今度はヤンデレ代表格な双子の妹(実は姉)の方かよ!?
アドン:なんだか知らんが、どうやらひ○゛らしにハマリ込んでるみたいだな2人とも…。
レン:まあとにかくだなアドン、お前たち『いばらの詩』キャラは初めてだから言っておくが、こういう場におけるトークは本編とは全く関係ない、キャラの破壊されっぷりを楽しむ場所なんだ。てゆーか、
破壊されなけりゃお前は完全に浮くぞ!
アドン:うわー、楽しみたいような楽しみたくないような(
棒読み
レン:そもそもなんで『いばらの詩』には“モーグリnoばぁ〜”つーか、ひ○゛らしでいう“お疲れ様会”みてえなおまけコーナーがねぇんだよ??
アドン:うーん、多分我々の話は全体が耽美系完全シリアスな内容だから、キャラを壊すのにさすがの作者でも抵抗があるのではなかろうか? ……というか、ピサロ様が変なものに毒されていく姿を見せられたなら、俺は絶対に耐えられない!!
リルム:大丈夫だって! 一度やっちゃえば、みんな見事にハマリ込んじゃうから!!
ルーリ:そうだよね。あたしもやった方がいいに1票! 本編じゃ見られないピサロが見たーい!!
アドン:ル……ルーリ!?( ;゚Д゚)
リルム:ハ〜イ、というワケで、『絶頂帝國。』4周年記念企画・絶帝小説キャラクター人気投票に投票してくださった皆様、どうもありがとうございました! それじゃあ結果発表の方に行きたいと思いま〜すvv
――まずは
8位から。あら、同時に5人いるわねぇ?

ユーリ
 ・強さと弱さに揺れ動く姿がいいですね
アルク
 ・カワイイです。クライドと出会う日が楽しみ!
テルミア
 ・カッコイイ女の人っていいですよね!
モグ
 ・楽屋裏の黒いモグが好きです……ってこいつ本編に出てないからダメでしょうか??

リルム:……いえいえ全然大丈夫です。とにかくどっかに出てきてたら全く問題なし!
そして残るもう1人は、ビリー。えー、コメントは特になし……に、それぞれ
1票でした〜。
レン:ちょ、“俺”がココかよ!?
リルム:この顔ぶれは次回はもっと投票してほしいキャラたちよね? 特にアルクやテルミアは第三章であれほど活躍したんだから、もっと投票されてなきゃおかしいでしょ??
ユーリ:だったらあたしにそっくりのユーリだって一緒だよ! このサイトのDQ4小説における、もう一人のヒロインなんだからさぁ?
レン:それよりなんで“俺”がたった1票なんだよ! しかもコメントも無しなんて、納得いかねーな!!
リルム:しかもこの1票って、レンと同時に入れられた票を無理やり作者が分けたものなんでしょ? つまり、ビリーには誰も票を入れてないって事にもなるわよねぇ?
アドン:やっぱり姿が2つあるからといって、キャラを別々に分けるとややこしくなるという事じゃないか?
レン:だまらっしゃい! あのセー○ームーンだって人気投票する時は、
セー○ームーンと月○うさぎのキャラクターは別扱い(他のセー○ー戦士たちも同じ)だったんだぞ!! 乱○とら○まの例もあるし、オレと俺も別々にして当然だ!! ましてやビリーは一応公式キャラなんだからな!!
リルム:アンタは所詮、一般的に
シャドウの脳内L5妄想の死神の扱いでしょーが!!
ルーリ:だったらユーリなんて
公式の主役の勇者ちゃんだよ! DQ主人公は性格も名前も設定されてないから、ファンそれぞれが妄想し放題であらゆる勇者ちゃんが存在するのは解るけどさぁ!!
アドン:ああもう、これ以上やってると話がややこしくなりすぎるから早く進めろ!!
リルム:え〜、では気を取り直していきましょう。8位となった各キャラのコメントが届いております。皆、スケジュールの都合で、残念ながらこの場では欠席となっちゃいましたが、これからも応援よろしくお願いします!

<コメントVTR>
ユーリ:あ……ありがとう。今後も応援してください。
アルク:礼の言葉は言わんぞ。だが投票してくれた事に感謝はしている。
テルミア:おおきに、ありがとうなー! そやけどウチもそっち行って盛り上がりたかったわ……。
モグ:ちょっと、なんでボクが1票だけで、しかもVTRのみの出演クポ? 本当はキャラを大勢出すのが面倒だから、スケジュールの都合って事にして、
うわなにをすrあqwせdrftgyふじこlp;@!

アドン:…………おい、今のモグのコメントは何だったんだ? しかもふじこって!?(゚Д゚lll)
リルム:(←アドンを
完全スルーして)アルクも素直になればいいのになー。ありがとうならありがとうってさ?
レン:素直にならないのが奴のカワイイとこなんだよ。
リルム:テルミアも元気そうでよかったわ。また一緒に盛り上がりたいわねぇ?
ルーリ:ユーリにも会いたかったなぁ。あたしとどこまでそっくりなのか見てみたいもん。
レン:でもそうなると、ピサロとも会う事になりそうだから、複雑な事になるんじゃね?
ルーリ:そうなんだよねぇ。向こうもいろいろ事情があるみたいだから実現が難しいっていうか…。
リルム:話が現在編と過去編とに分かれてると、そういうややこしい事情が面倒なのよねぇ?
アドン:いや、だからお前らモグのコメントには何も突っ込まないのか!? 
うわなにをすrqあwせdrfrftgyふじこlp!
ルーリ:それじゃあ次は
7位に行ってみましょう! あっ、これは同時に3人いるみたいだよ?

ティナ
 ・ここのティナかわいくて好きですvv本編に再び出てくるのが楽しみです!個人的にはエドティナ派なのでそこもうれしいです♪
ヘルバトラー
 ・渋い感じが好きです
 ・渋い!
アドン
 ・多方面より 翻 弄 されながらも、ピサロ様の御為に忠義を尽くす彼が大好きです!
 ・苦労人乙!

ルーリ:……に、それぞれ
2票、でした〜。
アドン:……あ、ありがとう投票してくれた2人。大好きだお前たち〜!!(←感謝の号泣
リルム:か、感情が豊かな人ねアドンって(汗) それでは、アドン以外の御本人たちにも来て頂いておりますので、登場していただきましょう〜!!
アドン:ヘ、ヘイゲン殿……いや、ヘルバトラー様が来ているのか!?
レン:わ〜いティナたん、待ってましたーvv

――次の瞬間、開かれた扉の向こうから、な、なんと、
純白のナース服を着込んだティナ(眼鏡つき)と、……なぜか某リ○ックマが現れた!

アドン:…………!?
レン:おお〜っ! ちゃんと渡しておいた服で来てくれたんだな!! 看護婦ティナたん(;´Д`)ハァハァ・・・
リルム:
アンタの仕業かぁ〜〜っ!!(#゚Д゚) てかメイドに続いてナースって、ティナが某ハ○ヒの朝○奈み○る化してきてるような気がするのは気のせい!?
ティナ:わ、私は
白衣の天使さんの衣装だって言われて渡されて、それを着てきただけで…(←涙目
レン:か、看護婦さん、お注射してください! (;´Д`)ハァハァ・・・
リルム:ピュアなハートの持ち主のティナを利用して、そーゆう方向に走る事しか考えてないのかぁ!! てか今時もう看護婦じゃなくって看護師って言いなさいよ!!
レン:看護師だと? この
ボケナスがぁ! お前は看護婦って呼称の重要性を全く解ってない!!
リルム:重要性も何も、もうとっくに何年も前から、男女も全てが平等っていう社会の動きや時代の流れが、そういう変更に持っていったんだからさぁ?
レン:だからそんな平等なんて考えが間違ってるんだぁ! いいかよく聞け! 男ってのはなぁ、
先祖代々『看護婦さん』って響きにどれだけ反応し、萌え、興奮してきたと思ってるんだ!? 『看護師さん』なんて言われても、男の“看護士”とごっちゃになっちまって、まず男のそれを最初に思い描く、何年たっても未だに呼称統一を受け入れられない団塊オヤジやジジイ世代だっている事を忘れるなぁ!! ソイツらは「看護師さんにお注射」なんて言葉を聞かされても萌える事はもちろん、全然興奮も勃起も何もしねぇんだよ! すなわちそれは、看護婦さん萌え文化の衰えを意味する事でもあるんだあっ!!
ルーリ:あのさぁ、いくらなんでもそれは考えすぎじゃないかなぁ?(;・∀・)
レン:
たわけえっ!! つくづく女は解ってない!! いいか、たとえばオレが風俗のお店に行ったとしよう。看護師さんプレイを希望して、出てきたのが男だったらどうしてくれる!? そもそも男女の区別をなくすためだとかいう社会の方針だかなんだか知らねぇが、“カンゴフ”って名前をなくしてどうすんだっ!? だったら男を“看・護・夫”って呼べえっ! なに? 所詮は男子優先ですかそうですか……って、それこそが男女差別そのものじゃねえかあっ!? こうなったら社会のお偉いさんたちも男は全てが1回ぐらい看護婦さんプレイを体験するんだ! 白衣の天使さんたちに、あんな事もこんな事もウッフンアッハ〜ンな事もいろいろと御奉仕されてみろ! そして、古代から全ての病人やケガ人たちに尽くし続けてきた彼女たちの長き苦難の歴史と、傷ついた男たちが彼女たちから得た癒しの悦びを得て、心に深く刻み付けるがいい! 清楚な美しさの若い看護婦さんはもちろん、患者の相手にくたびれた妖艶な熟女看護婦さんも皆同じ、それこそが全ての看護婦さんドリームであり、ヘヴンなんだよっ!! 男女平等とかワケわかんねぇ事ぬかす団体の、萌えも何も理解できない消費期限がとっくに過ぎたDQNババアどもの言う事なんて全部スルーしてしまええいっっ!!!
リルム:あーもう、アンタの
勝手な固有結界を長々と展開させてるんじゃないの! それ以上勝手なことをぬかして、本物の看護師さん関係の人たちから抗議が来たらどうすんのよ!!
ルーリ:全ての看護師さんが、
みんな美人ってワケじゃないしね(←コラ
アドン:それにレン、こんなふうに女性を軽々しく扱うな。それこそが男女差別というものだ!
レン:そう言うのなら差別も全てを抜きにしようじゃねぇか。じゃあアドン、目の前に
ランドセルを背負ったセーラー服だの、濡れた紺色のスク水姿や、これも男女差別だとぬかしてオバハンどもやクソPTAどものせいで、現実世界では今や化石となってしまったブルマ体操服姿のピサロを想像してみろ! それは軽々しいと言えるのか!?
アドン:な、何を馬鹿な事を考え……

<↓アドンの脳内世界>
セーラー服、スク水、ブルマ体操服をまとった
ツインテールの少年ピサロの姿が何度も繰り返され、遂にはウフフ、アハハと笑いながらお花畑を駆け回り、「アド〜ン、こっちこっち〜vv」と、おいでおいでをしている姿が展開されていった……

アドン:
ピサロ様は誰にも渡さ〜ん!!(←鼻血ドバッ
ティナ:ア、アドンさんが壊れた…(汗
リ○ックマ:アドン殿は本編では常に苦労人だ。たまには一抹の甘い夢を見させてあげようではないか…。
レン:なんだかこのリ○ックマ、随分と渋い事をぬかすんだな?
アドン:このリラックマは、やはりヘイゲン殿……いや、ヘルバトラー様なのか!?
ルーリ:いや、やはりじゃなくて、どう見たって
原作設定完全無視の、あの渋〜いオジサンしかいないでしょ?
リ○ックマ:私は生ける死者……公に姿を見せる事は許されず、そして私自身が許せない。
リルム:いやいやいやいやいや、
もう思いっきりバレちゃってますからヘルバトラーさん。
リ○ックマ:それよりも話を次に進めようではないか。
ティナ:ヘルバトラーさん、このままその恰好で真面目に続けるんですか?(;・∀・)
リルム:う〜ん、もうこれでいいんじゃないかな、本人がやりたいなら。――それじゃあレンの固有結界のせいで時間とっちゃいましたが、続いて
6位の発表です! これも同時に2名、それぞれ3票です!!

エドガー
 ・哀れすぎる扱いの彼が好きw
インターセプター
 ・ツンデレ達に尽くす様が好きです、、、!
 ・忠犬!

ルーリ:さあ、御本人ってか本犬に登場してもらいましょう!
インターセプター:ワンワンッ!!(っ・ω・)っ
リルム:わぁ〜い、インターセプターすごいじゃないのよぉ? 本犬に代わって、どうもありがとうございま〜す!!
ルーリ:ねぇねぇ、インセプってお手とかお座りとかできるの??
レン:コラコラ、無闇にコイツに触ろうとしたら痛い目に遭うぜ? ヘタすりゃ
脳ミソまでかじられちまうぞ??
ルーリ:それじゃあ先に、リ○ックマに試してもらおうよ!
リルム:お、いいねいいね、面白そう!
アドン:いいのかお前らぁ!? だいたいその中に入ってるのはだな……
リ○ックマ:
お座り。
アドン:あっさりやってるよこの人はぁ〜〜っっ!?(゚Д゚;)
インターセプター:…………(・ω・)

――数十秒後、アドンは全身を噛み付かれ、原型をとどめぬ程にボロボロになって倒れた、完全に沈黙したリ○ックマの姿を見た。

アドン:ヘ、ヘルバトラー様あっ! ……てか
DQ8の某魔犬レ○パルドより遥かに強いだろこの犬は!? こんな犬を放し飼いにしておいていいのか? 保健所に通報した方がよくないか!?
リルム:ちょっと、通報なんかしたら今度はアンタに餌食になってもらうからね!
エドガー:あのー。
アドン:どんな育て方をしたら、そんな
狂犬が育つんだ!?
エドガー:……だから、あのー。
リルム:ああっ、インターセプターを狂犬って言った! 今すぐ殺りなさいインターセプター!!
ルーリ:あたしは何も言ってないからね! アドンが悪いんだから!!
レン:とりあえず一時避難しておくぞっ!!
インターセプター:
ワンワンッ!!(#・ω・)
アドン:うわ、本当に飛び掛ってきたぞ!?
リ○ックマ:あ……あの、とりあえず……や、薬草かベホマをかけてもらえたら、ありが……た
……グフッ!
ティナ:ヘルバトラーさん、しっかりしてください! えーと、DQ世界の住人に効くかどうかは解らないけど、ポーション(そーいやそんなのあったねの
FF7絵ver)を飲んでください!!
エドガー:…………アハハハハハ。もしかして、私はハブられているのかな? かな?? い、いいんだよ、愛するティナのナース姿を誰にも邪魔されないでじっくり拝めたら、私はそれだけで充分幸せだよ! あれ、おかしいなぁ、
鼻から血が出てきたと思ったら、今度は目から鼻水がいっぱい出てきたよ? アハハハハハハハハハハハハ……(T∀T)
インターセプター:
ワンワンワンッ!!!(#゚ω゚)
アドン:誰だか知らんが
身代わりシールド!!
エドガー:え? 
ギャアアアアアアアアアッッッ…………!!!

――そしてインセプによる狂犬騒動が起こった後、
アドンの黒い行動などによって犠牲者(?)を出しながら、再び結果発表へと戻った。

ルーリ:(←スタッフにホウキで掃き出されていく
血まみれ惨殺死体を横目に)……さ、さーてと、気を取り直して、続いて5位の発表です! 今度も同時に2名、それぞれ5票!!

レン
 ・口は悪いですが、意外とリルムのことをちゃんと考えてますよね!クライドとのコンビ(?)も好きですv
 ・どちらの時も大好きです!個人的にはリルムといい感じになってほしいです。
ルーリ
 ・死なないでほしいけど…。
 ・兎に角可愛いですv今後の、ピサロ様を巡って繰り広げられるに違いない(希望)、アドンさんとのやりとりが楽しみですvV

ルーリ:わ〜い、あたしキター!! 投票してくれた人たち、本当にありがとう〜〜♪♪
レン:フン、アリガトな、感謝するぜ! でもなんでオレとリルムのいい関係を望むようなコメントばっかりが寄せられてるんだ??
リルム:同感同感〜。あたしにも選ぶ権利があるってモンよ?
ルーリ:でもケンカするほど仲がいいって言うからね〜?
アドン:作者は某
乱○とあ○ねみたいな、ツンデレ同士の男女の組み合わせが何気に大好きらしいからな。
ルーリ:あーゆう組み合わせって、ホントはもろにラヴラヴだよねー? てか原作を考えると、アンタたちって全く予想もつかなかった組み合わせだし、それもそれで面白いよねー?
リルム&レン:
うるさーい!!(#゚Д゚)(#゚Д゚)
リルム:そんな事よりさ、ルーリってやっぱり本当に死亡決定してるん……だよね?
レン:そりゃピサロ&女勇者小説の中で断言されちゃってる以上は、そうなるしかねぇだろ?
ルーリ:そうなの、あたし死んじゃうの。でも
美人薄命って言うから、これも仕方ないのかなー?(←涙がキラリ☆
アドン:コラ、勝手に
設定を改悪するな。まあ俺も物語が始まった時点から既に死亡決定してる訳だが。
リルム:しかもDQ4ゲーム本編のピサロナイトとアドンは別人?みたいな描写もピサ勇小説内であったよね?
レン:なぁお前ら、一体どんな死に方するんだよ? ビリーの俺みたいな
惨殺グロ描写か? 気になる気になる〜!!
アドン:一応作者の中ではなんとなく決まっているらしいが……て、そうやって他人の死を楽しみにするな。不謹慎だぞ。
リルム:それでもピサロの中では、アドンもルーリも忘れられない大切な存在みたいだから、おいしい扱いかも。ルーリの場合はそっくりの顔と名前を持つ女勇者の存在があるから余計にねぇ……。
ルーリ:でもアドンの場合はいよいよ御臨終か?っていう際に、ピサロとの思い出オンパレードが駆け巡ったかと思うと、
「…って、死んでられっかあ!!」って鼻血噴き出しながら、いきなり復活しそうな悪寒がしないでもないんだよねー。これじゃあ全ての感動も台無しだよー?
アドン:お前はどんな目で俺を見てるんだ!?(汗
リルム:それじゃあ次は
4位! お、いよいよキャラも1人づつに絞られてきたみたいね。しかもこれは……?

リルム……9票
 ・ツンデレかわいい〜vvv

リルム:わ〜い、あたしに投票してくれた皆、どうもありがとう〜〜vvv
レン:でも一応ヒロイン扱いなキャラで、この投票数に対して
コメント1つだけってのはどーなんだ? オレやルーリやアドンよりもコメント少ないってww
リルム:い、いいじゃないのよ、カワイイって言ってくれてるんだから! 票数>コメント数なんだから関係ないでしょ!? ……あ、もしかしてアンタ、自分とビリーの票を足してもあたしに及ばないって事実に嫉妬してるんだぁ?
レン:バーカ、違うよこの貧乳が!
リルム:貧乳は余計よクソガキ!!
レン:ああっ、クソガキって言ったなバーカバーカ!!
リルム:クソガキはクソガキよ! クソガキクソガキーっ!!
レン:うっせえ、バーカバーカバーカっっ!!!(#゚Д゚)。゜
リルム:何よ、クソガキクソガキクソガキクソガキーーーっっ!!!(#゚Д゚)。゜
アドン:……おい、
小学生低学年の喧嘩レベルのアイツらをなんとか黙らせられないか?(←溜息
ルーリ:もう放っといて次に行こ! ハイ、それでは残すところは、いよいよ
ベスト3となりました〜! それでは第3位の発表で〜す!!
リルム:ちょ、ちょっと、このメンバーの中では最高位のあたしの扱いって、こんなんで終わりなの!?ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
レン:もういいじゃんか、お前これまでもこうして出まくってるんだからさ?
ルーリ:!? おおっ、なんとなんと3位は……

ピサロ……22票
 ・三度の飯の代わりにピサロ様を頂きとうございます。大好きだ。
 ・お子様ピサロ様のピュアで愛くるしいご様子にメロリンラブですv此の子がいずれ、無愛想・冷血なピサロ(大)様になられるのかと思うと、続きか迚も気になります♪
 ・サイトの中心ですから…っていうか、
このキャラが描いてて一番萌える(笑)←管理人(馬鹿)。

ピサロ(小):あの……と、投票してくれた皆さん、ほ、本当に、ありがとうございます……(モジモジ
ルーリ:わぁ〜い、やったねピサロっ!!(゚∀゚)
アドン:ピサロ様ぁ〜〜っっ!! アドンは自分の事よりも嬉しいですぞおっ!!!。゜(゚´Д`゚)゜。
レン:リルム……お前、一気に引き離されてるじゃん? 
リルム:
…………!?(゚д゚;)
ピサロ:あ……あの……何だか私、悪い事をしてしまったのでしょうか?
ルーリ:いいのいいの、ピサロは何も気にしなくて。それよりも緊張しすぎじゃないの? 身体も声も震えてるよ? ほら、もっとリラックスしようよ!
ピサロ:あ……あぅあぅあぅ……(涙目でオロオロ
リルム:(目がキラ〜ン☆)……はうぅ〜〜! 
少年ピサロおっ持ち帰りぃ〜〜〜っっ☆(>∀<)ノ
ピサロ:(リルムに担がれながら)あぅあぅあぅ……!?
レン:うわ、リルムに
違うキャラが取り憑いた〜っ!?
突然現れたピサロ(大):待て小娘。
誘拐は犯罪だ。(リルムの頭をガシリと掴む
アドン:?? ピ、ピサロ様……なのですか!?
レン:あれ? なんでピサロが大も小もどっちもいるんだよ??
ルーリ:ピサロは子供も大人もどっちも小説に出てきてるから、ココだけのファンサービスって事で! てか大人ピサロ、カッコイイよぉ〜vv あたしも
大人ピサロおっ持ち帰りぃ〜〜〜っっ☆☆(>∀<)ノ
ピサロ(大):!? ルーリ……ルーリだというのか!? いや待て、しかし彼女は既に死んだはずだ。それなのに何故、何故彼女が私の目の前で存在するというのだ? これは夢か? 幻影だというのか? ……解らぬ、私には解らぬぅ!!
ルーリ:いやピサロ(大)。ココでは生死も過去未来もそういう次元の問題は関係ないから(;・∀・)
アドン:しかし感激ですぅ〜、ピサロ様がこのように御立派に成長されるとは〜〜!!。゜(゚´Д`゚)゜。
ピサロ(小):あ、あの、本当に私なのですか? こんな言い方も変ですけど……初めまして、ピサロです。
ピサロ(大):……ピサロだ。お前たちには久しぶりと言えばいいのだろうか?
ルーリ:ねぇねぇピサロ(大)、あたしたちはピサロがこのデカさになるまで生きてるのかな? このデカさになっても、ずっと遊んでくれるよね?
アドン:その御姿を見れば、私もピサロ様が御立派な魔王となり、築く世界が見とうございます!! こうなったら私は何があっても簡単には死にませんっ!!
ピサロ(小):あの……えっと、私はこの先、父上や兄上たちには無事に会えるのですか? 母上は一体どんな方なのか解るのですか? 私とルソナの関係は? それから、えっと、えっと……
ピサロ(大):
………………lll(;´_`lll)lllll
リルム:なんだかピサロ(大)が
夢破れた者を見るような悲しい目になって、ドヨ〜ンと暗い影を背負ってるんだけど……??
レン:死亡決定者たちもこんな所で、
死亡フラグがビンビンに立ちまくってるしなぁ?? FF7でいうザッ○スポジションキャラの悲しいところと言うか、何と言うか……('A`)
リルム:このままじゃあジメ〜ッとした暗い雰囲気になりそうだから、
第2位の発表に参りま〜す♪ ……て? ええっ!?
レン:どうしたんだリルム!? ……って、なんじゃこりゃああっ?!

エリック……47票
 ・お父さまっvvv

レン:
嘘だあっ!!(#゚Д゚)
エリック:これは事実なんですから嘘だと言われましてもねぇ?
レン:出たなクソオヤジ! んじゃこの票数に対して、コメント数1つだけってのは何なんだよっ? 投票した奴はマトモなコメントも思いつかねぇゆ○り世代どもか、それとも人気投票を邪魔して荒らしたい奴の冷やかしかぁ!?
エリック:ダメですよレン君。そんな言い方なんかしたら、せっかく投票してくださった方々に失礼極まりないです。『お父さまvvv』ってコメントが、全てのファンの方々の意志そのものなんでしょう。ま、確かに僕としても、もっと具体的にこうされたいとかああされたいとか、もう我慢できないウッフンアッハンとかいう声が聞きたかったのは事実なんですけどねぇ……。
レン:待て! ウッフンアッハンは違うだろ明らかにぃ!!(゚Д゚lll)
リルム:でもオリキャラでココまで上り詰めるなんてスゴイよね? 読者はオジサン好きな人が多いって事かしら? あたしも自分の父親があんなだから、エリック先生のようなお父さんには本当に憧れるし。
ルーリ:あたしも同意ー。こういうお父さんって、本当に理想的だよねー。あたしの場合、お父さん死んじゃったから、余計にそう思うよ。
ピサロ(小):わ、私も……父上の事をほとんど何も知らないので……。
レン:ああっ、
優しい父性に惹かれる女心と子供心を何気にゲット!? クソぉ、これじゃあ独身のオレには太刀打ちできねぇじゃねぇか?
アドン:ならば兄のように慕われる俺では何とかなるか? エリック殿とやら、ピサロ様をしのぐ程のその人気における実力とやらを見せてもらおうではないか!?
エリック:エリック殿……ですか。いいえアドンさん、僕の事はエリー……
ドクター・エリーとお呼びください。
レン:弟(俺)の名前ともろに被ってるじゃんか! てかそれ以前にルックスもキャラも似てるからって、ひ○゛らしのイ○ーのパクリじゃねぇかよっ!!(;゚Д゚)
ピサロ(小):あの……ドクター・エリーさんはお医者さんなんですか? すいません、少し熱っぽくなってきたんですが……。
エリック:おや、可愛らしい坊やですね? お名前は? お幾つですか??
(゚∀゚)フフフフフ……
レン:オヤジのあの怪しい不気味な笑顔……おい、ピサロ(小)が大変な事になりそうだぞ!?
ピサロ(大):(←抜き放った剣の先をエリックに向けて)貴様、私に何をするつもりだ? 死にたくなかったら私から離れろ。
エリック:ふーん、この可愛い子が成長すればこんな風になるんですね? なるほどなるほど……(ニヤリ
ピサロ(大):そ、その不気味な笑顔は何だ?(汗
レン:げっ、狙ってたのは(小)じゃなくて(大)だったのか!? 今すぐ逃げろピサロ(大)っ!!
ピサロ(大):……ふん、私を甘く見るな。この変態医師が!
エリック:そんな危険なものを持っていては駄目ですピサロさん、ほら、お顔の色も優れませんよ?
ピサロ(大):こ、これは生まれつきだ。
エリック:銀髪色白の赤目の傲慢ツンデレ属性……ウフフ、素晴らしい、貴方は素晴らしい素材ですよピサロさん! この美しいお顔にスタイルの良さ、全て文句なしです。よろしい、貴方には
『銀猫さん』の名を与えましょう。僕の事は御主人様とお呼びください。
ピサロ(大):貴様、私を誰だと思っている? 私は全ての魔族を束ねる王……

 
――パコンッ! なんと、エリックはスリッパでピサロの頭を叩いた!

ピサロ(大):
…………っ!?(゚_゚;)
エリック:おやおや駄目ですねー。御主人様への言葉遣いがなっていませんよ。一度だけ指導しましょう、いいですか?! まず猫なら猫らしく、この
猫耳付きカチューシャ赤いリボン鈴と鎖のついた首輪と、そして猿ぐつわを着けましょう!(←目にも留まらぬ早業で強引に着けてしまう) ――そうそう、そして四つん這いになりなさい。更には右手の親指の爪を噛みながら振り返り、突き出したお尻を振りながら涙目で『御主人様、この淫らなニャンコにお注射をくださいませニャ〜』と言うのです。 …………言えませんかッ!!!(鎖を力強く引っ張る
ルーリ:なんか物凄い展開になってきたんだけど? エリックさんもレンと同じ
固有結界の持ち主なの?? てか猿ぐつわ着けられてたら喋れないよね??(;^∀^)
リルム:さっすが親子であり兄弟でもあるわね〜? なんか面白そうだし、しばらく見てみましょ♪
アドン:てかキャラの変貌ぶりが最も凄まじいぞ? 単なる一庶民という身分であるというのに、何だあの禍々しいオーラは!? 俺には一歩も奴に近づく事ができん!( ;゚Д゚)
レン:だから〜、お前はマジメに考えるなって(;・∀・) それよりも
猫ピサロには萌えだろ?
アドン:……そ、それはまあ(*゚_゚*)
エリック:ンッフッフッフッフ……(←悪魔の笑い) その屈辱的な眼差しがたまりませんね〜? 常に偉そうにツンツンしていたキャラがこうして見事に哀れに堕ちていく様を見るのは、悲しくあると同時に何とも愉快であり心が躍りますよ。そして鎖に繋がれ、監禁され、ひたすら性欲のはけ口として肉便器にされて、体液にまみれて身体も心も滅茶苦茶にされるという
ハードな腐女子好みの展開に持っていくのは、とてもとても素晴らしいものです。
やられる側が、涙を流して恐怖に怯える表情から、やがて絶望だらけの虚ろな目で全てを受容するだけの人形と成り果てた時は、もはや
絶頂すら覚えますよ。……そう、思い通りにならないものこそ、力ずくででも手に入れたくなる。それが人間の本性という奴でしょう! ――思えば、あの黒い彼にしてもそうでした。植物状態から目覚めた直後の彼は、目だけは虚ろな廃人の癖に、やたらと反抗的で生意気で、そりゃもう何ともムカつくもんですから、僕は彼を自分に服従させるために徹底的に調教(きょういく)してやりましたよ! 少しでも逆らえば殴って修正、これ当然です!!
リルム:マ……マジっすか!?Σ(;゚Д゚) てかエリック先生ってやっぱり
腐親父?!
レン:いやいやいや、オヤジは一度固有結界を展開させちゃったら、ひたすら暴走しちゃう癖があるから。まぁ、腐親父なのは事実なんだケド。家の自室の本棚には刺激的な同人誌コレクションがいっぱいあるぞー!(T∀T)アハハハハハ…
ルーリ:奥さんはその趣味を認めてたのかなぁ?
レン:オフクロもオフクロで、
実は腐女子だったらしいから無問題だったみたいだなー。ココだけの話、オレが生まれるまでは夫婦で本作ってイベント参加もしてたとかどうとか。それにオヤジの部屋のタンスの奥には今でもオフクロが着てたらしい、もろにコスプレな衣装がたくさん眠ってるんだよコンチクショウ!ヽ(`Д´)ノ
リルム:
♪1万円と2千円か〜け〜て〜コピー本刷る〜〜♪♪(←創○のアク○リオンのメロディーで。
ルーリ:う〜ん、多分ココで
即興で作られた設定臭いけど、それはそれでイヤすぎる秘密だよねー? てかそんな腐った趣味を持つ両親から生まれたレンもやっぱり、そうなるのかなぁ? その時の隣にいるのは、腐女子趣味が見え隠れしてそうな彼女しかいないんだろうなぁ……(リルムを見る
エリック:ふはははは、銀猫さんは御主人様の前にいるのです! 跪け! そして御主人様の足を舐めるがいい!! 宴は遂に、今宵、此の時より開かれたのだ!! 
ふおおおおおおおおおおおおおっっ!!!
ピサロ(小):ア、アドン……ドクター・エリーさんって、あの神官より怖いよ……((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
アドン:見てはなりません、なりませんよピサロ様!!。・゚・(ノД`)・゚・。
ルーリ:(;・∀・)そ、それじゃあ、待ってましたの
第1位の発表に参りたいと思いまーす! もう予想はついてるかと思いますが……

クライド……51票
 ・
マダオかもしれないけど好きだ!
 ・いぶし銀ー
 ・ソフィアさんとの過去話も是非!
 ・薄幸美人シャドウ萌!!
 ・とりあえずかっこいいとしか言いようがないね!
 ・学生時代から通っています!親子そろって幸せになって欲しいです!
 ・ツンデレ親父vv
 ・シャドウ萌えー
 ・そりゃやっぱりサイト全体の中心キャラの1人ですから(苦笑)←管理人。

クライド:…………(;゚_l)
レン:出たな
ゴーカン魔ぁーっ!!(#゚Д゚)
ルーリ:コラ、最新話のネタバレは禁止!!
レン:チクショウ、オレがいねぇ間に清楚で可愛い
巨乳のネエちゃんのナニをナニしてナニにナニしやがって、クライドのくせに生意気だぞコンチクショウーーっ!!ヽ(`Д´)ノ
リルム:コイツがいると、絶対何か必ず良くない事が起こるのよねー。てか自分からそれを引き起こしてるっていうかー、まるで
疫病神みたいな奴よねー? 今までコイツと関わってきた人間はみんな不幸になったり苦労したりしてるワケだしね!(`Д´#)
レン:そうそう、唯一無二の親友だったはずのビリーは惨殺されて死亡、コイツを助けたソフィアはナニされ妊娠させられ出産直後に死亡、娘は性格屈折破綻、ジイちゃんは昔も今も気苦労しまくり、んでオレもオヤジもコイツの自殺未遂に何度振り回された事か! しかも巨乳美人姉妹も新たに敵に回して、唯一心を開いてた愛犬にまで嫌われる40歳無職って……もうまさに、まるでダメなオッサン――
マダオ一直線じゃん!!
リルム:そうそう、この先もコイツに巻き込まれる人間が増えていくのかと思うと、ぞっとするわ! 最低!!
レン:そうだそうだ! お前が巨乳ネエちゃんをナニするんだったら、オレにさせろーーーっっ!!!
リルム:そっちかよ!?
クライド:…………。
アドン:お、おい……友人や実の娘からまで、
凄まじい嫌われようだな?
ルーリ:そうだね、同情しちゃうよ。1位のキャラに言うセリフじゃないよねー?
クライド:言わせてもらうが、お前たちが大事にしている、ピサロとかいう男もよく似た不幸オーラが漂っているぞ……。
アドン:ピサロ様のために不幸になるのなら、俺はどんな不幸でも受け入れてやる!!
ルーリ:そうそう。
不幸になった方が人気も出るしね!
クライド:い……いや、最終的にお前たちは、ピサロと関わった事で死ぬ訳であるしだな……(;・Дl)
エリック:いえいえいえ、黒猫さん、その不幸オーラこそが、あらゆる人間を惹きつける薄幸美人キャラとして生まれた者の運命なんですよ。もちろん貴方も同じ事です。暗い生い立ちを背負って生まれ持った不幸が、関わる周囲の人間までもを巻き込んで、不幸は連鎖となって拡大されていく……
それ最高のシナリオです!!(゚∀゚)
ピサロ(大):(どうにか猿ぐつわを取って)……貴様、腐女子好みの世界に酔ってないで、いいかげんに私に着けた猫装備と
SM縛りにした縄をほどけ!!(#゚Д゚)
アドン:ピ、ピサロ様にSM縛り……!?Σ(゚Д゚;)
エリック:大丈夫ですよ銀猫さん。黒猫さんも同じように捕まえて、貴方の仲間を作っておきましたから。
アドン:うわ、いつの間に!!
ルーリ:でも縛られた2人って、なんだかセクシーすぎるよね。絵がないのが残念っていうか、
思いっきりイヤらしい構図をそれぞれの脳内で想像しちゃってください皆様……!!
アドン:てかいいのか、このサイトの中心の2人がこうしてオリキャラ如きにあっさり簡単に囚われて!?
エリック:オリキャラだからって、舐めてもらっちゃ困りますねー。それにアドンさん、あなただって名前とピサロさんの部下って設定以外はオリキャラ扱いって事実を忘れてもらっちゃ困りますよ!
リルム:ココのサイトのオリキャラたちの怖いところは、
公式既存キャラと普通に当たり前に絡んで馴染んでるところだったりするのよねー。
レン:ま、リルムにしてもビリーの俺にしても、公式キャラでも作者は原作の限られた世界に勝手な妄想と捏造をして広げた独自の設定をつけまくってるから、その影響でオリキャラたちが出てきても、
大した違和感もなく受け入れられちゃう罠ってところじゃね?
ルーリ:独自の設定をつけられまくった公式メインキャラの代表格が、やっぱりピサロとクライドなワケだね!
エリック:そうそう、銀猫さんがどのようにして、子猫ちゃんから今のこの姿になるのか本当に気になりますし、黒猫さんも最近何やらようやく過去が明かされ始めてきたみたいですしね。謎に包まれた彼等の生い立ちには、ワクワクさせられっぱなしですよ! それで、実際どうなんですか御二人とも?
クライド&ピサロ(大):……教えられるか!(;゚_l)(;゚_゚)
レン:
「好きなキャラは常に不幸であってほしい!」と、言ってるドSな作者の事だから、とんでもなくドロドロのグチャグチャのエロエロのR18には間違いねぇだろうな〜。
エリック:そうそう。それでもろ
R18のレイプシーンとかもあってほしいですね。
レン:某ベ○セルクの作者の机の中には、エロエロすぎて収録できなかった、100ページ以上にもわたる蝕でのキャ○カたんレイプシーンが眠ってるっていう噂があるように、クライドやピサロにもそんなシーンがあるっていうのか!? 女とナニしまくりで女のナニ描写もありまくり!? それはそれで何だかウホッ!!(゚∀゚)
エリック:君は実に馬鹿ですねレン君。二人は犯す側じゃなくて犯される側に決まってるじゃないですか。その時の二人はまだ十四・五歳ぐらいの美少年で、ええ、犯すのはもちろん
……それも金と性の欲にまみれた醜いデブ親父です!
レン:
………………○| ̄|_
アドン:R18ホモレイプシーンって……そんなもの老若男女が目にする表では取り扱えないだろうがぁ!(゚Д゚;lll)
エリック:でもアドンさんだってやりたいんでしょう? 自分と銀猫さんの
ギシアンなエロシーンを……(*´Д`*)
アドン:そ、それは……(*゚_゚*)
レン:おいおい、キャラや作品そのものの人気にも関わるから、これ以上変な発言はやめとけオヤジ……てかアドンも
マトモに嬉しそうな顔するなって(;・∀・)
ルーリ:ヤロウ同士のギシアンなエロシーンはもちろんありません。……たぶん(;^_^)
リルム:てか
そういうの見ただけで卒倒しちゃう健全な人間もココ見てるって事、忘れないでね? でもヤロウ同士はないって事は……まさか、やっぱり男女ならあるって事なの!?
レン:
恋人がいながら女勇者を抱きしめるピサロとか、カワイイ巨乳のネエちゃんをナニするクライドを書いた作者ならやりかねねぇだろうな。
ルーリ:なんか聞いたところによると、作者の中ではそれぞれのウッフンアッハンなシーンが既にできてるとかできてないとか。
アドン:み、見たいような見たくないような……。
リルム:はいはい作者の
妄想乙!

リルム:――と、いうワケで、発表も終わった事だし、そろそろこの辺で〆た方が良くないかしら?
ルーリ:ええー、もう終わり!? 面白いから、まだまだ続けたいんだけど??
アドン:続けていたら、取り返しのつかん暴走をやりかねんぞ作者なら……(゚_゚;)
レン:よし、じゃあこうなったら
5周年で第2回人気投票をやっちまおう! お前らだって、もっと票がほしいだろ??
リルム、ルーリ:
さんせーい!!(゚∀゚)人(゚∀゚)
リルム:ヒロインが10票もないなんて納得いかないもん!
ルーリ:そうそう、あたしだって数少ない女性キャラなんだから、もっと活躍して票がほしいよ!
レン:オレも本編ではなぜかいきなり出番なくなっちまってるけど、すぐに出てくるみてぇだから読者はもっとオレを見ろや!!
エリック:いいですねぇ、第2回ですか? じゃあそれと同時に
不人気投票ってのもやってみたいですねー。どのキャラが一番嫌われてるかというのも気になりますからねー。
レン:
アドンウジウジしすぎとか、エリックキモすぎとか、ピサロ(小)うざいとかピサロ(大)変わりすぎとか、クライド堕ちぶれすぎとかいうコメントが来なけりゃいいなぁ?(;・∀・)
アドン:そうか、俺はやっぱりウジウジしすぎか……orz
ルーリ:いやいやいやアドン、実際に来たワケじゃないんだから(;^_^)
リルム:レンも
ティナにセクハラしすぎとか言われなきゃいいわねぇ?( ̄ー ̄)ニヤッ…

――そこへ、スタジオの外に引っ込んでいたキャラたちも登場。

ティナ:……あ、あのー、私いつまでこの恰好してたらいいのかしら??
エリック:おや、可愛らしい看護婦さんですねぇ? ウチの助手になりませんか??
レン:いいねいいねー! 看護婦ティナたんと一つ屋根の下で生活なんて……オレもう家出なんて絶対に考えません!!(;´Д`)ハァハァ・・・
リルム:おい、この色ガキ!!(#゚Д゚)
リ○ックマ:しかしなかなか良いではないか、このポーションとやら。缶に描かれてる絵の男は我が君にもどこか似ておるし(*´人`*)←
注・セ○ィロス缶です。
アドン:ヘ、ヘルバトラー様……(T∀T)
インターセプター:ワンワンっ!!(`・ω・´)
ピサロ(小):あ、恰好いい犬。
ルーリ:あ、ダメだよピサロ、かみつかれちゃうよ?
ピサロ(小):え、大丈夫だけど??(頭をなでなで
インターセプター:vv(^ω^)
レン:イ、インセプがピサロに懐いてる!?
リルム:ごく一部の者には懐くところが、インターセプターの解らないところなのよねぇ?
エリック:と、いうワケで、これから皆さんで打ち上げって事で飲みにいきましょうか!
リルム、レン、ルーリ:さんせーい!!!
ティナ:もちろん未成年は、飲酒禁止ですからね!
レン:解ってます。解ってますとも、看護婦ティナたん! ボクにお注射してください(;´Д`)ハァハァ・・・
リルム:エリックせんせーい、レンに致死量の
象の麻酔でも注射して、永遠に復活できないようにしてやってくださーい。
ピサロ(大):……それよりも早く、この猫装備とSM縛りをほどけ。(;・_・)
クライド:…………同じく。(;・_l)
レン:それじゃあ最後に全員で感謝の言葉で〆ようぜ!
全員(ただし数名除く):
投票してくれた読者の皆様、本当にありがとうございましたー!!
エリック:さあさ、それでは打ち上げ会場に行きましょうーvv もうちゃんと予約もしていますから御心配なく!
リルム&レン&ルーリ:わーい!!!
ピサロ(小):インターセプターも行こう?
インターセプター:ワンッ!(*^ω^)
リ○ックマ:さて、では我々も行こうではないか、アドン殿。
アドン:いつまでその恰好をなさるおつもりですか、ヘルバトラー様……?(;T∀T)
クライド&ピサロ(大):……だから
猫装備とSM縛りは解け変態医師!(#゚Дl)(#゚Д゚)
ティナ:……? あれ? 何か忘れているような気がするんだけど……ま、いいか。

 ――こうして、一行は夜の街へと出かけていった。打ち上げという名の宴は大いに盛り上がり、リルムとルーリは女同士の濃い〜生々しいトークを展開させたとか、リ○ックマがインセプに
脳天をかじられてピサロ(小)の心に強烈なトラウマを与えたとか、アドンがカ○ピスチューハイ半分で撃沈してナースティナに看病され、レンから激しい嫉妬の炎をメラメラ燃やされたとか、更にはカラオケ大会となり、妖しく酔ったクライドとピサロ(大)が脱いでデュエットして頭から離れない凄まじい歌声を披露したとか、その様子をエリックがデジカメで撮りまくって今後の彼等への脅しの材料にしたとか……本当にもうワケ解らん位にドンチャン騒ぎの無礼講をしたようだ。

 ――忘れているもの? あれ……そういえば……??

エドガー:アハハハハハハハ……どうして私はこんな山奥に、粗大ゴミの山の中に
不法投棄されちゃっているのかな? かな?? あれ、なんだろう、また目から鼻水が溢れてきたよ。しかもなぜかを持ってこっちに来る、白い服と帽子をまとった、満面の笑顔のオレンジ髪の少女の幻が見えるよ。アハハハハハハハハハハ……(T∀T)

――その後、エドガーは鉈で惨殺されたのか、お持ち帰りされたのかどうかは、また別の話である……??

この座談会での、キャラクターの行動は完全なフィクションです。
作者はエドガー(笑)は大好きです!

<凄まじいキャラ破壊に最後まで耐えて読んでくださった方、ブラウザを閉じてお戻りください(;^ω^)>