目次へ。絶帝案内板へ。

果てなく遠き夜明け

 俺は破れかけた覆面を着け直し、壁にもたれ、ひとり腰を下ろした。
 ハア……と、重く溜息をこぼしながら、深く傷ついた左目を、腕が深く傷ついた右手で押さえ、その傷ついた右腕をどうにか無事で済んだ左手で押さえた。
 二つの大きな傷口から流れ出る赤い血は、特に左目から流れる血は、まるで涙のようにあふれ、負った傷の痛みと共に止まらなかった。
 一度はちがねごと外れ落ちたはずの覆面を、逃げ出す際に拾ってまで、こうして着け直したのは、“シャドウ”という名の、もはや最初からズタズタでしかなかった誇りに縋りついていたいためであり、捨てたつもりでいた過去の自分から完全に逃げ通すためだ。
 全ての過去から、過ちから逃げる。それは俺が今までずっとしてきた事だ。
 しかし何があっても、俺が生きた過去という事実そのものから逃げる事はできない。できる訳がなかった。過去を、罪を、最初から何もなかった事になどする事は断じて不可能なのだ。
 全てから楽になる残された方法……それは死ぬ事だけしかない。俺がこの命を終わらせる事しかない。そもそもどうして、価値も何もない命を持って生まれてきた俺が、こんなに無駄に生きていたのだろう?
 理由はあったはずだが、それは叶えられない儚い願いにすぎなかったらしく、受けたのは屈辱のみ。
 こんな自分に今を生きる意味はもう、何もない。それは痛い程に理解する事ができたではないか。ならばもう、此処で全てを終わりにしよう。
 ずっと自らの手を散々穢してきた以上、かつて俺が未来を共に生きていく事を望んだ女と、同じ死後の世界で再び会えるという事はできないだろうが、しかし俺のせいで殺された……いや、俺が殺したと言える友は……奴は俺を必ず待っているはずだ。奴が温かく迎えてくれたなら、奴にすぐに全てを詫びようと、俺はそう思った。
 これで全ては終わる。これで俺はようやく楽になれる。そう思っていたのに――なのに、俺が行った先には、只の暗闇に包まれた静寂しかなかった。楽になれる世界は、何処にもなかった。
 そして途方に暮れたまま、俺は何をするでもなく、只、目を閉ざして、そこに独りじっと座り続けた。そのまま固まってしまいそうな程に、長い時間を。

『クライド』
 一番聞きたかった、その懐かしい悪戯っぽい声を聞いた俺はゆっくりと目を開いた。
 周囲に広がっているのは、これまでいたはずの暗闇ではなく、一面が淡い灰色の世界。明るくはないが、暗い訳でもなく、相変わらずの無の空間ではあったが、しかし目の前に立っている友が昔のままの笑顔でこちらを見下ろしている、という認識はできた。
『……ビリー』
 生きていた頃は一度も呼んだ事がなかった奴のその名前を、俺は小さく、しかしはっきりと呼んで、静かに立ち上がった。ようやく会えた友の存在を確かめるように、求めるように、俺はそのまま奴の腕に触れようとした――しかし。
 指先が奴の身体に触れようとした一寸ほど手前で、笑っていたはずの正面の鳶色の瞳は一転して、俺を冷たく見た。
『お前、まさか今から俺と一緒に行きたいってのか? ワリィけど、お前と一緒には行けねぇよ』
『!? ……なぜだ?』
 一瞬、奴の言葉が理解できず、俺は思わず問いただした。あれほど俺の夢に出てきて、俺を死の世界へと常に誘おうとしていたお前が、なぜ今頃になって俺を拒む必要があるのだ? 俺はお前の望みどおりに命を絶ったのに。
 真正面から冷たい瞳のまま俺を見て、奴は続ける。まるで、生きていた頃の俺が奴を見ていた時と同じ眼差しで。
『だってお前、まだ生きてるじゃんか?』
『……?!』
 俺が生きている?
 そういえば……ほんの少し前に変な夢を見た。俺が死んでいなくて、しかし全身はボロボロの傷だらけになって、その身体はまともに動く事もできなくなって、俺はただ、無様にベッドに横たわったまま、何処かの知らない家の天井を見ている事しかできないという、恐ろしい夢を。
 あれは夢のはずだ。俺がまだ生きているなんて、ありえない。今、此処にいる俺が全て夢であって、あの夢こそが全て現実だなんて、信じない。絶対に信じたくない。そんなのは、嘘に決まっている。嘘じゃないといけないのだ。
 俺が自分自身に、夢は夢なのだと必死に言い聞かせて否定している間にも、奴は尚も冷たい眼差しで俺を見たまま、問うた。
『なんで、お前は生きてんだ? 俺は生きられなかったのに、お前はまだ生きるのか? ふざけんなよ?』
 奴の言葉が、声が、俺の耳に、頭に、心に何処までも重く響く。しかし俺も奴に聞きたかった。本当に俺は、生きているのか? 死んでいないと言うのか? どうか現実を、本当の事だけを教えてくれ。
『ビリー……』
 もう一度、奴の名を呼び、問いただそうとしたその瞬間、突如、こちらへと伸びてきた奴の右手が、俺の首を信じられない力できつく掴んだ。同時に真冬の北国の中の氷のような、死者特有の冷たさが、俺の肌へと瞬時に直に伝わった。
『――お前のような奴が、なぜ生まれてきた?』
『!?』
 その瞬間、俺は両眼を大きく見開いた。改めて俺に向けられた声は、目の前に立っていた人間の姿は、友のものではなかったからだ。
 だが、その声も、目の前に立つ黒衣に身を包んだ男の事も、俺はよく知っていた。腰まで伸びた長い黒髪は全体が大きく乱れ、顔そのものはよく見えないが、口元は歪んだ形に大きくつり上がっているのは解る。乱れた髪と髪の間から、怪しく恐ろしい程に不気味な光を宿す漆黒色の瞳が一つ覗いている事も。
『なぜ、まだ生きている?』
 俺の首を掴んだ男の太い右手には、更なる強い力が加わった。息ができない俺は、その手を引き剥がそうと、目の前の腕を自分の両手で掴んで必死でもがくが、比較したならまるで女のように、子供のように脆弱でか細い俺の手の力では全くビクとも動かなかった。
『お前など、生まれてこなければよかったのに』
 その言葉は、胸に深く突き刺さった。自分の中の冷静さが、完全に失われていく。この男の声を、言葉を俺は聞きたくない、聞いてはならない。まだ自由の利く両手で、俺は二つの耳をきつく塞いだ。
 刹那、俺の首を掴んでいた男の右手の力が急に緩む。俺の身体は地面に崩れ落ちた。呼吸を取り戻す事はできたが、今度は苦しみの替わりに、これまでにない激痛というものが全身から伝わってきた。
『あっ……』
 あまりの痛みに身体中のあちこちを見渡すと、俺は自分が血まみれのボロボロになっているという事に気づいた。右腕が痛い。左目が痛い、右足が痛い。両手の指が痛い。内臓が痛い。全身が、まるで潰されたように痛い――。あまりの激痛に、俺は地面をのたうち回った。
『あ……ああっ……!!』
 無様にもがきながら、俺は尚も目の前で立ち続けている男に向かって、いつの間にか助けを求めるかのように、血にまみれた右手を、激しい痛みをこらえてまっすぐ伸ばしていた。
 彼は俺を絶対に助けてなどくれないと、心の底から理解できていたはずなのに、悲鳴のような大きな声で、泣き叫ぶ幼子のように、彼の名を何度も呼びながら。左手で押さえた、やはり激痛がする左目から、鮮血の赤い涙を止めどなくこぼしながら。

「――――っ!!」
 声にならない声を上げながら、見開いた目の前では、今の今までよりもなぜか急に半分ほど狭くなった視界が広がっていた。薄暗い、慣れない天井が目に入ってくる。
「っ……!?」
 やがて自分は小さな部屋の中の質素なベッドの上の白いシーツの中で、じっと身を横たえている事に気づく。どうやら俺は悪夢を見ていたようだ。身体を激しく動かした訳でもないのに、大きく呼吸が乱れ、全身が汗にまみれていた。
 胸の上で、すがるように握り締めていた銀色の懐中時計が、カチカチと音を立てて動いている事を耳で感じ取ると、俺は時計を手にしている右手をゆっくりと、どうにか上に動かし、顔の前で時計の蓋を開けた。
 刻んでいた時が狭い視界に入る。二つの針は五時を少し過ぎたところを指していた。ベッドのすぐ横にある大きな窓は白いカーテンに遮られているが、その隙間から太陽の光は全く入り込んでいないし、声も何も聞こえない周囲のこの薄暗さと静けさからして、夕方ではなく早朝だというのが解った。
 つい先程までいた悪夢の中で味わっていた、全身の痛みはもう全く感じない。それでも、この身体が大きなダメージを受けている事は確かだった。今の俺は以前のように、この身体を自由に動かす事はできないのだから。誰かの手に頼らないと、一人では何もできないのだから。
 自ら死への道を選び、てっきり死んだと思っていた俺は、実は生きている。その事実を知ったのは、ほんの数日ほど前だ。
 ずっと俺の世話をしてくれているという、俺より少し年上という印象の中年の眼鏡の医者と、五歳かそこらのその幼い息子――名前は目を覚ました直後に教えてくれたはずなのだが、興味もないので覚えなかった――は、この肉体は瓦礫に潰されて瀕死の重傷を負って、俺自身は半年ほど眠ったままの植物人間となっていたと教えてくれた。なんでも息子の方が、瓦礫に埋まっていた俺をわざわざ見つけてくれたらしい。
 死の世界だと思っていた静寂なる闇の世界は、眠っていた俺が見ていた、無駄に長い夢だったのだ。
 身体に意識というものが戻ってから、これで四度目の……いや、五度目のだったか? だが、そんな事は別にどうでもよかった。この世になど、何も興味はないから。
 とにかく、外はもうすぐ夜明けの時間を迎えようとしている。人から世話をされるだけの一日が、また始まろうとしている。
 こんなに朝早い時間に目を覚ましたのは、意識を取り戻してからは初めての事だった。
 身体に意識が戻ったとは言っても、一日のほとんどの時間を何をするでもなく、じっと眠っていたからだ。起きていても、虚ろな瞳で天井を見ているだけで寝ている事と何も変わらない。そのため今の自分の肉体が負ったダメージの程度というものを、俺はまだ充分に理解はできていなかった。
 まともに力が入らない右手から、こぼれるように懐中時計が俺の横に落ちた。直後に優しく微笑んでいる女の顔が見えるのが、薄暗い中でも確かめられた。
「……」
 俺は何かを言おうと口を動かしたが、力を入れた喉の奥からは声にもならない、ヒューというかすれた音をようやく出すぐらいしかできなかった。
 つまり言葉を伝える事ができなくなっている訳だが、しかしこうなる以前からずっと寡黙な性格だったからか、特にそれが不便だとは思わなかった。それにもう、誰とも話したくはないから。
 無言で目を微かにしかめながら、痩せ細った上に指が曲がったその手を、ゆっくりと動かした俺が触れたのは、落ちた時計ではなく、自らの一部でありながら、ずっと触れていなかった自分の顔だった。
 鏡はなくとも肌に触れた指先の感触で、顔を覆いそうな程やたら髪が伸びている事と、一つの大きな傷が左頬にある事が解った。
 その傷が額にまで長く伸びている事も。その傷が左目の眼球の奥深くまで喰い込んで貫いている事も。視界が以前よりも狭くなっていたのは、そういう事だったのだ。
 俺は左目を失っていた。
 そうだ。この目は確かに斬られたではないか。涙のように血を流し続けたではないか。なぜ忘れていた?
 きつく閉ざされた瞼はもう、永遠に開く事はない。何も映す事はない。左目があった場所はもはや深い傷に潰された、肉体と同化した只の飾りでしかなくなった。俺は隻眼になってしまった。
 あの眼鏡の医者はこの事を何も教えてはくれなかった。多分、目覚めたばかりの俺に深いショックを与えないために、あえて時間を置いたのだろう。しかし生きていたという事実そのものの方が、俺にはとんでもなくショックだった。
 こんな隻眼になるならまだいっそ、もう片方の目を瓦礫に潰されて、目を二つとも失っていた方がマシだと思った。自分が生きている世界を、人間を、余計なものを何も見ずに済むのだから。半端な視界などいらない。
 このまま此処でじっとしているのも嫌だ。自殺に失敗して死に損なった挙句、此処で他人に世話をされながら生かされ続けるのは、人間として屈辱でしかないからだ。
 ……人間? そういえば俺は人間だったな。当たり前の事のはずなのに、ずっと忘れていたような気がする。
 だから俺は此処から逃げ出したい。誰の手の届かない所まで逃げて、今度こそ死の世界に行きたい。

 ――ならば早く、逃げなければ。

 ふと衝動的にそう思った後、行動に移すのは早かった。
「……っ!」
 俺はずっと横たわっているままの身体を起こそうとしたが、自分が思っていた以上に、重く傷ついた身体を思いどおりに動かす事は困難だった。
 言葉が不自由になっている事と同様に、身体もまた長い間じっと眠っていた事で、筋肉は衰え、全身がすっかり本物の死人のように硬直してしまったようだ。
 それでもそんな身体を無理に勢いよく動かそうとして、バランスを崩してしまい、俺の身体はシーツごと床に転落した。思うように身体の力のコントロールさえできなくなっている。身体はこんなに軽くなっているのに。足の方は、羽根のように軽く感じるのに。
 足が軽い?――嫌な予感がした。転がったまま身体を腰からどうにか曲げて、まるで羊水の中の胎児のような体勢となって、まともに動かせないままの右手を、俺は足へと伸ばす。
 両脚の腿があるのは解った。それでも不安は拭えない。そこから下は、きちんと存在するのかが。
 ゆっくりと伸ばし続けた先に、左脚の膝から下へと触れた。その感触を、左脚がきちんと受け取ったからだ。しかし、右脚にはいつまでたっても届かないのはなぜなのだろう? 俺は右手を伸ばしたはずなのに。先に右手にそれが触れていないとおかしいのに。
 不安を膨らませたまま、右の膝に触れてみた。そこから下へと続いて掴んだもの。それは空気のみだった。
 俺は右脚の半分を失っていた。
 崩れ落ちた瓦礫によって、この脚は骨も神経も跡形も残らずにグシャリと潰され、助け出された際に無惨に膝から切断されてしまったというのか?
 とにかく、俺はもう自由に歩く事も走る事もできない、隻脚となってしまった。歩く事ができなければ、逃げ出す事もできないのだ。
 左目を失い、右足を失い、口からは言葉もまともに発せられず、身体を自由に動かす事さえままならない。――受け入れたくはないが、今のこの最悪の状態が俺の現実らしい。
「……ぁ」
 まだ、嫌いだったはずの夢というものを、ずっと見続けている方が幸せだと思った。
「……ぁぁ……」
 言葉にもならない、絶望の声が微かに喉の奥から漏れた。起き上がる事もできないまま、俺は天井を見上げて途方に暮れるしかなかった。
 気がつけば、薄暗かったはずの視界はいつしか、完全に太陽の光に照らされた明るい世界となっていた。
 やがて起きてきた医者の息子がこの部屋にやって来て、俺のこの姿を見つけるなり、驚き慌てて父親である医者を大声で呼んだ。駆けつけた医者は驚きつつも、すぐに俺の軽くなった身体を抱き上げてベッドの上に戻した。
 常に多くの人間と間近に向き合って相手にしてきたのであろう医者である彼には、目の前の患者があまりにも憔悴しきっているという様子がしっかりと伝わったらしい。俺が自分の身体の失ったものに気づいた事も解ったようだ。
「……貴方を見つけた時は、既に手の施しようがありませんでした」
 低く重い声で申し訳なさそうに言った後、彼は手鏡を持ってきて、後ろから手で俺の背をゆっくりと起こして、今のこの姿をきちんと見せてくれた。潰れた左目、だらしなく伸びた髪、弱々しく痩せ細ったあらゆる傷だらけの全身と青白い肌、注射と点滴の跡だらけの刀傷のついた腕、失われた右足……欠けたボロボロのこの肉体を実際に自分の目で見ると、何とも醜くて、とても自分のものとは思えなかった。
 寝汗に濡れ、床に落ちた事で汚れた寝衣は二人がかりによって剥ぎ取られ、湯で濡らしたタオルで汗ばんだ身体を拭かれ、新しい寝衣に着替えさせてもらった。
 その日は医者の息子が持ってきた、彼が俺に食べさせようとした柔らかい流動食を一度も口にしないまま、全く目も合わせずに彼の手の上から器を払い落とした。怒る幼い甲高い声が耳に飛んできたが、何も聞く事はせずに俺は眠りについた。それだけの力は、どうやらまだ残っていたらしい。

 翌朝も昨日と同じ夜明け前の時間に目を覚ました。
 ふと、俺は顔を軽く右に向けた時に、古びた銀色と透明な輝きを放つ二つの物体がある事に気づく。ベッドの傍らに置かれている、ベッドとほぼ同じ高さの棚の上に置かれてあったのは、俺が以前に左手の薬指に着けていた指輪と、硝子でできた小さなグラスだった。
 俺が気になったのは、指輪よりもグラスの方。それは花瓶の代わりとして、淡い黄色の花を一輪だけ生けてある。あの医者かその息子のどちらかが俺の心が少しでも休まるように、こうして置いてくれたのかもしれないが、指輪とこんな花が置かれていた事は今、初めて知った。それほど俺は、目を覚ましてから、周囲の何も見ていなかったという事だろう。
 俺はふと、そのグラスにじいっと目を向け、ある一つの方法を思いついた。それから必死の思いで右手を伸ばし、ようやく届いたそれを俺は傾け、床に落とした。三秒とたたないうちに高らかな音を立ててグラスは砕け、バラバラに生じた破片は花と水と共に散らばった。
 破片はどんなに小さくとも、鋭く尖った刃となる。俺は今度は床に向かってもう一度右手を伸ばし、まともに動かせない指先を使って必死で探り、一枚の破片に触れると、指と指の間に挟んで、ゆっくりと拾い上げた。
 それはようやく手に入れる事ができた、今の俺が一番欲しかった物。どんなに小さくても、刃となるものさえあれば、望みは叶えられる。
 此処で生かされていては、俺の望みは叶わない。何よりあの親子が、俺を必死で生かそうとして死なせてはくれない。片脚を失い、歩く事ができなくなった今は、逃げ出す事さえできない。それ以前に、もう身体さえも満足に動かせない。
 残された死に逝く方法は、此処で死ぬ事しかない。わざと自らをどんどん衰弱させて死ぬか、凶器を見つけて自害するかという方法のどちらかで。
 ようやく手に入れた硝子の刃を目の前でじっと見つめると、尖った先は、かつての俺が握り締めていた、数多の鮮血と命を吸い取っていた刀のように鈍く光った。
 ベッドの上で天井を向いて横たわったまま、どうにか握った破片の尖った先を、俺は左腕に当てると、強く大きく引いた。やがてすぐに身体が受けた痛みと同時に、傷ついた白い肌から赤い血が流れ出してくる感触が伝わってきた。それでも、まだ死を確実的なものにする手首にはまだ達してはいなかったし、力のない今の自分がつけた傷では、出血量も軽いものだった。
 もう一度右手を引いてみた。やはり思うように力は入らず、軽い傷に終わり、刃も手首には達していない。
 早く……早く、今度こそ、もう死なせてくれ。
 心の中で何度も叫びながら、俺は左腕の上で小さな刃を何度も何度も引いた。しかしどんなに願っても、どんなに血が出てきても、望む力と結果を出す事はいつまでたってもできなかった。
 今の俺と共にベッドの上の何処かで転がっている、懐中時計の中で肖像画として優しく微笑んでいる、俺の子供を産んで死んだ女は生きていた頃に、親がくれた身体は大事にしろ、と俺に強い眼差しを向けて言い聞かせた事があった。
 しかし昔も今も、こんな身体は大事になどしたくない。父親と母親がこの身体をくれた事に、感謝も何もしていない……してはいけないからだ。
 光も祝福もない闇の中に産み落とされた際に、すぐに死んでいればよかった身体なのだから。獣たちに喰い散らかされていればよかった身体なのだから。今はもはや大事になどできない程に、ボロボロになった身体なのだから。
 だから……お願いだから、俺を早く死なせてくれ!
「お、おいっ! バカ、何やってんだオマエ!?」
 幼子の甲高い、驚愕の声が耳に入ったのは突然だった。俺のこの行為を発見した医者の息子は、バタバタと慌てて駆け寄ってくるなり、俺の手から素早く硝子の刃を取り上げた。
 なぜ邪魔をする? 俺は奪われた刃を取り戻そうと手を伸ばすが、彼はそれを乱暴に床に投げ捨てたかと思うと、俺の上に身体ごと乗りかかってきて動きを止め、再び叫んだ。
「オヤジ! 早く来てくれ、オヤジーっ!!」
 邪魔をするな……。尚も抵抗を続ける俺に対し、幼い彼は次の瞬間、その小さな掌で、俺の目のない側の頬をきつく叩き、言った。
「テメェ、死んだら殺すっつっただろ!」
 言葉の意味は全く解らなかったが、しかし彼は強い意志を持った眼差しで俺を見下ろしていた。――なぜだろう? その鳶色の瞳から、とても懐かしいものを感じた気がしたのは?
 やがて父親の医者もこの部屋に駆け込んできた。彼がしきりに俺を呼ぶ声を聞いた気がしたが、何も受け入れる気になれない今の俺は更に抗い、完全に錯乱状態となって、声にならない声でこれまでにない程に大きく叫んだ。
 直後に右腕を掴まれ、ベッドの上できつく押さえつけられたかと思うと、俺は針が刺さったような小さな鋭い痛みを覚えた。どうやら俺を静めるために用意してきた麻酔薬を、この細い腕に注射したのだろう。
 それでも俺は意識がなくなるまで、言葉にならない悲鳴を上げ続けた。遠い昔に友が俺に言ったように、哀願するように、殺してくれと何度も何度も。
 今ならあの時の奴の気持ちが、痛いほど解ると思った。

 無理やり突き落とされた闇の中から再び意識を浮上させて目を覚ました時、外から明るく眩ゆい光が、俺のいるベッドの横の大きな窓から差し込んでいた。カーテンは開かれ、窓そのものも開かれており、新鮮な空気が風に吹かれて中に入ってくる。部屋の方角が何処にあるのかは解らないが、光の具合からして、昼間であるのは間違いない。
 打たれた麻酔薬の影響なのか、身体がややだるい。何度も傷つけた左腕には既に包帯が巻かれており、ズキズキと生々しい痛みが今もまだ残っている事から、強引に眠りにつかされてから、それほどの時間はたってはいないようだ。
 懐中時計は眠っていた間に再び右手の中に握らせてくれていた。しかし付いていたはずの鎖は取り去られていたし、ベッドの傍らの棚の上に置かれていた指輪も何処かに片付けられてしまったのか、なくなっていた。花も新しく生け直されていたが、今度は硝子ではなく、プラスチック製のカップが置かれていた。
 俺が再び変な真似をしないように、危険に繋がりそうな物は俺の視界から全てなくしたと思われる。
 部屋の扉が急に外からノックされたかと思うと、扉が開き、俺を眠らせた張本人である眼鏡の医者が姿を見せた。
「あ、やっと目が覚めましたか、黒猫さん?」
 黒猫……この医者はなぜか俺をいつもこう呼ぶ。まさか俺の髪の色が黒い事と、瓦礫の中から見つかった時の俺が、黒づくめの格好をしていたからだろうか?
 彼はまるで何事もなかったかのように、穏やかな笑顔で俺を見下ろしていた。その左の頬にはなぜか、爪で引っ掻かれたかのような浅い傷跡が赤く残っていた。おそらく俺が必死で抵抗した際に、気づかないうちにつけたのだろう。
 俺がその傷をじっと見ている事に気づいたのか、彼は笑ったまま、まるで幼い子供にでもするかのように、俺の頭を軽く優しい手つきでそっと撫で、はぐらかすように言った。
「ああ……この傷は何でもないですから、大丈夫です。そんな事より、体温でも測りましょうか?」
 白衣の胸ポケットから取り出した体温計をケースから出し、俺の寝衣の中の脇の下に挟ませると、彼は直後に何かをひらめいたという明るい顔をして、パンと両手を叩いた。
「そうだ、いい事を考えました。そのままちょっと、此処で待っていてくださいね?」
 医者はなぜか棚の上の、花が生けられたプラスチックのカップを手に取って、部屋をそそくさと飛び出した。数分の後、帰ってきた彼が重たげに両手に抱えてきたのは、ラッパのようなスピーカーがついた古い大きな木の箱――レコードを聴くための蓄音機だった。
「音楽でも聴いて、心を少しでも落ち着かせましょう。このレコード、僕の昔からのお気に入りの一枚なんですよ」
 何もなくなった棚の上にそれを置くと、医者は箱の横についたハンドルをひたすらグルグルと回した。やがて機能を開始した蓄音機は、スピーカーから雑音まじりの音色を響かせ始めた。
「う〜ん、音楽というものは、時には人を悲しませるし、安らぎも与えるし、感動も与えるし、元気にする事もできる。実に不思議なものだと思いませんか?」
 答えなど返っては来ないと解ってはいたのだろうが、相変わらずの穏やかな笑顔を見せたまま、医者はそう言いながら、俺の脇の下に挟んでいた体温計を取り出した。
「大丈夫ですね、平熱です」
 持っていたカルテらしき紙の上に、彼は測った体温を鉛筆でサッと書き込むと、体温計を軽く振ってケースに入れ直し、白衣の中に戻した。
「……黒猫さん、僕は早く、貴方といろんなお話がしたいし、いろんな所に連れ回してやりたいと思ってますから。ではまた後で来ますね?」
 医者はもう一度、俺の頭を軽く優しく撫でると、今度こそ部屋を去り、扉を閉めた。彼は無知ゆえの、何処までも愚かで幸せな人間だと思った。
 残された俺は、蓄音機の上で回転するレコードが奏でる雑音まじりの、しかし優しく穏やかな、どこか懐かしくも聴こえるピアノの音色に耳を傾け、静かに目を閉じた。

 俺はいつしか、自分が再び眠りに落ちた事に気づいた。
 現実では半分がなくなっていたはずの視界が本来の両目の広さに戻り、身体も自由に動かす事ができるし、何より足が二本揃っていて、きちんと歩けるし、走る事もできたからだ。どうやら夢の中にいるらしい。
 しかし少し前に見た夢とは、全く異なる内容の夢であるようだ。此処は何もない暗い色の空間ではなく、立っている俺の周囲には現実的な景色があった。
 広がっているのは、淡くくすんだ緑の中にある小さな村の集落。もしかして此処は俺が十年以上前に住んだ事があった、あの僻地の閉ざされた村なのだろうか?
 しかし俺とすれ違った人々は、あの村の人間たちのように俺を決して冷たい眼差しでは見ず、真逆に受け入れているという優しい顔で笑いかけてくれたではないか。此処はあの村ではないのか? ――だとすれば?
 ふと、俺の耳に何処かから奏でられている、ピアノの優しく美しい音色が届いた。なぜだろう、その音色を聴くなり、急にどうしようもなく懐かしくなった。
 幼い頃から鍛えた聴覚を頼りに、走り出した俺はピアノの音を追いかけるように、小さな細い道を辿った。
 やがて行き着いたのは集落の外れにある、小さな古い一軒家。先程からずっと聴こえてくる音色は、この扉の向こう側から聞こえてくる。
 夢であるとはいえ、扉を開けるのが少し怖かった。音色を奏でる主が何者なのか、俺の中では予想がついたから。それでもこの夢は夢であり、今を生きる現実ではない。俺は割り切るように自分自身に言い聞かせると、目の前の扉の取っ手を回し、ゆっくりと引いた。
 扉の向こう側に見えたのは、黒いアップライトピアノの前で椅子にかけた女性の白い背中だった。優しく穏やかな音色をピアノでゆっくりと弾いていた彼女は、鍵盤の上で器用に動かしていた十本の細く長い指を止め、俺の方を振り向く。
 呆然と立ち尽くしたまま、俺はその場を動けなかった。
 俺が立つ正面にある窓から入り込んだ逆光のために、その姿は見えづらかったが、だが目の前の彼女の青緑の瞳は、確かに俺の顔をじっと映していた。まさに予想したとおりの人が、そこにいたのだ。
『――どうしたの? こっちへ早くいらっしゃい。一緒に歌いましょう』
 優しく澄んだ声が明るく、俺を呼んだ。
 瞬間。俺は彼女に対して何かを求めようとしたのか、この両手をまっすぐ伸ばした。ピアノの前の椅子から立ち上がり、完全に俺の立つ方へと向いた彼女もまた、俺を迎え入れようとしたらしい。その身にまとった白い服の袖に包まれた、透き通るように白い肌を持つ細い両手を、俺に向けて大きく広げた。
 優しい微笑をたたえた端正な顔立ちで、彼女の眼差しは俺だけを静かにじっと見つめている。俺はとっくの大昔に忘れてしまったのだと思っていた素直な気持ちで笑い返し、その胸へと飛び込んだ。
 彼女に抱かれた瞬間、何とも罪深き事ながら、ほんの一瞬だけの時間でも自分がとても幸せだと思い、無言のまま顔をうずめた。
『大好きよ……クライド』

 目が覚めたのは、彼女がつけてくれた俺のこの偽りの名前を、彼女が呼んだ直後の事だった。
 蓄音機の上で回っているレコードはまだ、雑音まじりのピアノの音色をスピーカーから響かせていた。
 やがて呆然と横たわったまま、枕の上で俺は瞳と頬に違和感を覚える。泣いていたのだ。片方しか残っていない瞳からは、あふれ出る涙が止まらなかった。
 なぜ……こんなところまで来てしまったのだろう? あなたもきっと、この世にはいなくなった他の者たちと同様に、俺を許してはくれないのだろう。俺はあなたが決して望まなかったはずの道を進み、誤り、逸れ、そしてまた誤り、全てを壊してしまったのだから。
 他者も、そして自分自身をも。
 改めて一気にのしかかった全ての敗北感に俺は自分が情けなくなり、懐中時計を握り締めた手を一つだけ残された目に当て、その目をきつく閉ざし、どんどんあふれてくる涙で瞳と右頬と枕を濡らし、出ない声を押し殺すようにして泣き続けた。元々黙って泣く事は苦手だったからだ。
 どうしていつも、俺は失ってから思い出してばかりいるのだろう?
 それはとっくに枯れ果ててしまったと思われていた涙が、十数年ぶりに再び湧き出した瞬間でもあった。

 生きる事も、死ぬ事さえも許されない者は、何処に行けばいいのか? ――答えはまだ、俺には解らない。


第2回・クライド1位記念SSだというのに、ひたすら暗くて痛くて救いもない話ですねorz
クライドもこの後、しばらくはエリックを殴るぐらい酷い状態が続きますし(うわ
この話は前回の1位記念SSでボツにした話を一から書き直したものです。
そのボツにした話とは内容がかなり変わってるんですが。
エリックの出番もだいぶ少なくなりましたし(笑)

原作FF6のシャドウの結末に関してはファンの間でも賛否両論なのは解ってます。
あの結末がカッコイイとか彼なりの前向きな答えだったんだとかいう感想を見ていると、
二次小説とはいえ、あの結末から彼を生かした事は果たして正しかったのか、
間違っていたのか、今もいろいろと考える事はあったりします。
でも彼は何があっても死んで楽になるなんて容易い事は許されないし、
死ぬ事よりも重い罰を受けるべきだと私は厳しく思っています。
それがこの話での彼であり、『FF6<#2>』本編での彼である訳ですが。

ちなみにこの話でのクライドは<#2>リルムとよく似た行動をとってます。
リスカしたり、べッドの上で泣いたり……やっぱり親子なんですね。
しかしその娘の事を全く思い出さないとは酷すぎる親父です(;´Д`)

目次へ。絶帝案内板へ。