目次へ。絶帝案内板へ。

儚きえがおと、儚きねがいと

 細かく柔らかな砂の地面を一歩一歩ふみしめながら、若い一人と一匹は、永遠に止む事のないほぼ規則的な波の音を聞き続けていた。
 早朝の散歩はこのところ、ソフィア・アローニィにとっての日課となっていた。
 果てなき海の向こう側から姿を見せて間もない光の世界の王者は、七月の夏を迎えた大地に、まだ僅かに残っていた夜の闇とひんやりとした空気が漂う地面に、今この日に生まれたばかりの穏やかな光を優しく当てた。
 後ろで一つの三つ編みに束ねた、腰まで伸びた彼女の柔らかめの長い金色の髪もそれに照らされて、眩ゆい輝きを放った。
 ソフィアは早朝にしか味わえないこの心地よい瞬間が大好きだった。この時ならではの清々しさはもちろんの事、今日も一日がんばろうという、明るく前向きな気持ちをこの胸の内に堂々と掲げる事ができるからだ。
「インターセプター、今日もいいお天気になりそうね」
 目の前に広がるキラキラと空の光を反射して輝く海と同じ、鮮やかな深い青色の瞳を優しく細めながら、ソフィアは自分の傍らを歩く若い黒犬に言った。
 ソフィアの事を深く慕っているこのインターセプターという名の黒犬は、彼女が一人で早朝の散歩に出かける度に、その身を危険から守る騎士の如く行動を共にした。
 彼がそうしているのは、それだけ彼女に懐いているという以外にも、今の彼女の身に何かが起こっては大変だからという理由もあるだろう。
「あなたにも早く見せてあげたいわ。この美しい世界を」
 そのソフィアの言葉は、彼女以外にはインターセプターしかいないはずのこの場において、まるで全く別の何者かに語りかけているかのようだった。
 今、彼女が目を向けているのは、自身の腹部だった。
 二十歳を過ぎて間もない年頃でありながらも、未だその顔には幼いあどけなさが完全には抜けきってはおらず、しかし全体的にゆったりとした水色の半袖の薄着をまとっている、彼女のその腹部だけに関しては、ふっくらと大きく目立っている。それは彼女の中に新たな生命が宿っているという事を意味していた。
「……でも、もう少しそこで待っていてね。まだ出てくるには早すぎるから」
 生まれてくるのは、遅くても九月……夏の終わりの秋の始まり頃ぐらいだろうと言われている。
 しっかりした母親の眼差しで優しく微笑みかけると、彼女の中の生命は、母の言葉に答えるかのように大きく動いた。ソフィアはもう一度笑うと、自らのきびすを返し、黒犬と共に家路を急いだ。
 これからする事はたくさんあるからだ。今日は夫は釣りに行こうと誘われている。家に帰ったら朝食と愛する夫が外で昼に食べるお弁当を作り、そしてまだ眠っているその夫を起こさなければならないし、洗濯だってしなければならない。夫が出かけたら家の中の掃除もしようと思っているし、絵だって描きたい。考えただけでもする事はたくさんあるのだ。
 とりあえず、今はこれから作る朝食と夫が食べるお弁当の事を考えようと、ソフィアは何を作ろうかと頭の中をめぐらせた。夫はゆで玉子……それも半熟ではなく固ゆでのものを好んでいるので、それだけは外せないだろう。少し食が細いところが彼の問題なのであるが。
 家路を辿る途中、ソフィアはある場所でふと立ち止まる。彼女が生まれるよりも、いや、このサマサの村で暮らす老人たちが生まれるよりも遥か大昔から、村の広場の中央で生きる根を下ろしている、一本の大木の下で。
 もう一年半近く前になる。見かけない子犬だったインターセプターに導かれ、この場で傷つき倒れていた彼を見つけ、助けたのは。
 あの日の記憶は、もちろんソフィアの中では今も鮮明に残っている。生まれてから今までの間、この静かで平和な村から一歩も出た事がなかった彼女には、全てが衝撃だったからだ。
 この村に完全な他所者が迷い込んできた事も、その者が自分がこれまで見た事もない程に深い傷を負っていた事も。
 もちろんそれからも大変だった。彼はこれまで生きてきて出会った人間たちとは全く違う人間だったからだ。常に心に暗い影を抱え、感情にも乏しく、誰にもその心を頑なに開こうとしない態度に、最も間近にいたソフィアはもちろん苦労した訳だが、今となってはそれもいい思い出だと言えた。
 今は今で、彼の中にはまた新たな苦悩が生じているのではあるが。
「大丈夫よ」
 自分自身に、そしてお腹の我が子にも強く言い聞かせると、ソフィアは急ぐように再び家路を歩き始めた。とにかく今は早く、夫の顔が見たかったのだ。

 ソフィアが愛している夫という男は、実は夫とはいっても『結婚』という名の夫婦の契を正式に結んだ訳ではない。まだきちんと生まれていないとはいえ、二人の間には既に子供ができているにも関わらず、だ。
 それはやはり彼がサマサの人間ではなく、素性も何処から来たのかさえも解らない事が最大の理由だった。
 千年前の人間たちと幻獣たちの戦い……いわゆる古の魔大戦終結直後、味方だったはずの周囲の人間たちから受けた一方的な裁判や拷問などによる“狩り”という裏切りからどうにか逃れ、遠く離れたこの僻地まで渡って生き残った、幻獣が持つ魔導の力を人工的に注入された人間――魔導士たちが同胞の者同士の血を重ね合わせる事を何度も何度も繰り返してきた結果であるこの村の者たちは、そうやって受け継がれてきた血を自分たちも大切にし、これからもそうしていく事が当然なのだと信じているために、そして古からの秘密を守り続けるために、外部から来た他所者はとにかく極端に嫌った。
 しかし逆に彼等は村の中の者たちの事は、共に古代の血を受け継いだ同胞として、家族のような意識で接していると言ってもいい。狭き空間の中の集団は、逆に連帯感というものがしっかりしているものなのだ。
 そういう意識があった事で、サマサの村人たちは我が子のように傍で幼い頃から成長を見守ってきたソフィアが、いきなり村に転がり込んできたような訳の解らない男と一緒になる事を当然ながら反対したし、その関係さえも認めなかった。
 子供ができた事が明らかになってからも、それで二人をすんなりと祝福するという空気もなく、二人を見る周囲の厳しい眼差しが変わる事はなかった。
 しかし村の者が何と言おうと、ソフィアにとって彼はもはや恋人以上の存在であり、夫だった。そして、数ヵ月後には生まれてくるお腹の子供のかけがえのない父親でもあるのだ。周囲にどんな目で見られても、彼女は元来の明るさで笑い飛ばす程の強さを備えていたし、実際にそうしていた。そのためか彼女やその夫が直接あからさまな悪口などを言われ、遠ざける態度をとられるような事は今のところはない。
 上手い事いけば、このまま彼の存在も自分たちの関係も受け入れてもらえるかもしれない。そうなったなら、自分と彼は晴れて本当の夫婦となる願いも叶うだろう。生まれてくる子供のためにもそうするべきなのだから、焦らずに、この雰囲気を大切にしようとソフィアは思っていた。

 ソフィアがやがて我が家に帰り着くなり、その傍らにいたインターセプターが突然大きく一声吠えて、家の玄関口めがけて全力で駆け出した。
 直後にソフィアは思いがけぬものを見た。玄関の扉の前の、木製の低い階段の上で、まだ眠っているものだと思っていた黒犬の本来の主人……つまり、愛する夫がじっと腰を下ろしていたのだ。
「クライド?」
 意外だという驚いた表情で、ソフィアは夫の名前を呼んだ。
 普段なら自分からこうしている事など全くない程、彼は朝が苦手だったし、寝起きも悪かったのだ。それでもそんな彼が珍しく早くベッドから抜け出てきて、此処で待ってくれていた事がソフィアは嬉しかった。
 目覚めて間もない、白いパジャマ姿のままの夫――クライドは無言のまま、元気よく尾を振って自分の胸に飛び込んできた愛犬の姿を見下ろし、だらしなく寝癖がついている自分の髪の色と同じ、その黒い毛に覆われた頭と身体を、全く陽に焼けた様子が見受けられない色白の華奢な手で静かに撫でた。
 彼は無表情ではあったが、愛犬を見るその深緑の瞳はどこか優しげだった。
「ただいまクライド。それから、おはよう」
 ニッコリ笑いながら歩み寄ってきたソフィアは彼等のその姿を見下ろすと、優しく明るい声で夫に朝の挨拶の言葉をかけた。
「……おかえり……おはよう……」
 一瞬の一呼吸を置きながら、クライドはスッと立ち上がり、今度は長身の持ち主である彼がソフィアの顔を見下ろす形で、低く静かな声でぼそぼそと不器用そうに間を入れながらも挨拶を返した。
「はい、よくできました」
 ソフィアは笑ったまま、まるで幼い子供にするかのように、つい今の今までクライドがインターセプターにしていたように、その短い黒髪を伸ばした右の掌で優しく撫でた。
「……」
 するとクライドは、どこか決まり悪そうに俯いてしまった。
「もう、だからあなたは悪い事した訳じゃないんだから、そんな顔しちゃいけないわ?」
 苦笑したソフィアは、そんなクライドの頭を軽くポンポンと叩いた。それでも彼は何も言わず、俯いたままだった。
 傍から見ているとソフィアのやっている事は、いい歳の大人の男を子供のように扱い、からかっているかのように見えたが、彼女にとっては、これは彼に対する大切なコミュニケーションという意味もあったのだ。
 クライドは何だか人見知りばかりする、警戒心の強い子供のようだとソフィアは思っていた。いや、実際に彼は子供のようなものだった。出会った頃の彼は頑なに心を閉ざし続けていて誰とも口をきかず、笑う事を始めとする感情表現さえもまともに知らないと言えたのだから。その彼にこうする事ができるようになったのは、あの頃と比較すれば大した成長であり、進歩だった。どんな些細な事でも彼のそういった変化は、ソフィアには楽しく、そして嬉しく喜ばしい事に違いなかった。
 ただし、彼の奥底に潜む、姿の見えない深い黒の闇が表に突然現れる事を除けば。
 次の瞬間、彼女は目の前の青年の白い華奢な両手がこちらに伸びてくる事に気づく。
 不安になったのだろうか、と彼女は思った。こうして家で二人だけ――正確には二人と一匹といった方が正しいのだが――でいる時の彼は不安な気持ちを覚えるとすぐに自分を求めて、この身体を抱きしめるからだ。まるで幼子が母親に優しい愛情を求めるかのように。
「どうしたの、クライド? また、ふ……」
 不安なの? という言葉は完成されなかった。
 その白い手が向かった先は、ソフィアの首だった。大きな二つの掌は彼女の細い首に触れたかと思うと、直後には強い力が加わった。
 インターセプターの吠える声がクライドの耳に大きく響き、無理やり呼吸を止められたソフィアが酸素を求めてもがいた瞬間、クライドは咄嗟にその手を離していた。
「……あ」
 只、呆然とクライドは自らの掌を、そしてどうにか無事に呼吸を回復して咳き込む、地面に崩れ落ちたソフィアの姿を眺めていた。
「……もう、冗談が過ぎるわよクライド?」
 一方のソフィアはまるで何事もなかったかのように、苦笑を浮かべながら愛する夫の姿を見上げ、立ち上がった。
「俺は……また、この手でやってしまったのか?」
 妻であり、自分の子を宿している女の首に手をかけようとしたという事実に、クライドは追い詰められたような目をして、ソフィアを見た。
 すると彼女は目の前にあった、自分が着けているものとお揃いの質素な指輪が着いた白い左手を、慈愛に満ちた微笑を浮かべた顔でとった。その五本の指はどれも細く、長い。
「本当に、綺麗な手ね」
 しかし手をとられた側は恐れる目をして、まるで今にも泣き出しそうな幼子のように何度も何度も首を強く横に振るったかと思うと、再び後ろの階段に力なく座り込んだ。
「……ついさっきまで、夢に見ていた。この手が、身体中が自分以外の血にまみれて、数え切れない殺戮を繰り返して……それを心から楽しんでいる、自分の姿を」
 それは事実だとするなら、何とも重々しすぎて信じ難い内容の台詞だった。だがソフィアは驚く素振りは一切見せない。またかという聞き飽きたような顔で、軽く溜め息をついてみせる。
 クライドはよく悪夢にうなされる。彼いわく、たった今、口にしたような非道な事を行っていた過去の日々が、悪夢という形となって常に襲い掛かってくるそうだ。
 彼が此処で待っていたのは、その悪夢から目覚めた直後、すぐに助けを求めたかった自分がたまたまいなかった事で、こうして外に出て、帰ってくるのを待っていたのだろう、とソフィアは推測した。常に異常な程に冷静沈着な青年であるはずなのに、こうやって突然、子供のような事をしてしまうところを見る度に、彼女は彼の事がますます放っておけなくなる。
「まだ、自分は生まれてこなければよかった、死んでいたらよかった、なんて思ってるの?」
 物怖じもしようとしない、その真っ直ぐな眼差しが、すっかり怯えているかのようにガタガタと身体を震わせるクライドをしっかりと捕らえる。
「あなたがどんな過去を背負っていても、どんなに血に穢れていても、誰もあなたの事を要らないって言っても、わたしにとって、そしてこの子にとっても、クライドの命はずっとこれからも必要よ」
「しかし……」
 恐れと迷いを捨てきれないらしいクライドは、そんなソフィアから視線をそらす。しかし彼女は諦めない。
「それにあの時、言ったでしょう? クライドはわたしが、必ず幸せにするって」
 ソフィアは両手を広げると、クライドのその華奢な身体を強く抱きしめた。
 こんな脆弱そうに見える身体で、血の気を感じない雪のように白い、しかし温かい不器用なこの手で、本当に数え切れない命を殺めたのか、彼の過去を知った今でも彼女は未だ不思議でたまらなかった。
 その時、ソフィアの中に宿り育ち続ける生命の塊が大きく動く。母親にはもちろん、彼女と身体を密着させている父親にもその胎動が確かにはっきりと伝わる程に。
 直後にクライドはゆっくりと静かに、ソフィアの身体を自分から引き離した。ソフィアは未だ不安が拭いきれない顔のままのクライドを見た。
「……早く、着替えてらっしゃい。朝ごはん、すぐに作るから」
 何も見なかったかのように、ソフィアは普段と変わらない明るい笑顔を夫に向けると、手を引いて立ち上がらせ、その背中をポンと押して黒犬と共に家の中へと進んだ。

 ソフィアはクライドを理解し、受け入れているつもりだ。既に互いの過去も弱さもさらけ出してしまった以上は。
 それでもクライドが辿ってきた道というものは、自分には知らされていない部分がたくさんある事も解っている。それが単純に清算できるものならば、あそこまで苦悩する訳がないからだ。
 子供を授かったと知ってからの彼も、その事を幸せに満ちたりた顔で喜ぶどころか驚きしか示さず、更には日ごと日ごとに、表情には不安が増していく様がソフィアの目にもはっきりと見てとれた。その姿はどう見ても、我が子の誕生を心待ちにしている父親になろうとする者のそれではなかった。
 なぜ、そうなっていったのかという理由は解っている。彼はまるで幼子が夜の闇に怯えるように、自分が父親になる事を常に恐れているのだ。それは全て彼の過去がそうさせていると言ってもいい。
 自分が知っているだけのそれに関する事を考えても、相当に痛々しく重いものがあるのは明らかだ。彼の心の奥に固くしまわれているものは、自分では想像もつかない深く大きな闇がまだまだあるのだろう。
 そんなものをずっと抱え続けて生きてきた、人間的にはまだまだ未熟で発展途上にあるのであろう彼に、いきなり父親になれというのは酷な話なのかもしれない。恐れるばかりの男にまともな父親の役割など果たせるのか、それを考えると確かにソフィアも最初は不安を覚えたが、だったら子供がもう一人増えると考えればいい、と大きく構える事にしたのだった。
 大変な事かもしれないが、同時にそう思えば思う程に、彼女の母性は子供が生まれる前から大きく育まれていったし、クライドの存在はこれまで以上に愛おしいものになっていった。
 だからこれからもきっと、何が起こっても大丈夫。ソフィアは何度もそう自分に言い聞かせ続けた。

「ソフィア、クライド、起きておるかー?」
 冷やしておいた牛乳を飲みながら、服を着替えて髪もまっすぐにといてきた夫に一方的に話しかける妻と、短く頷きながらパンを黙々と口に運ぶだけのその夫が朝食をとっているところに、外から別の男の声が入ってきた。
 彼の名はストラゴス・マゴス。この者こそがクライドを釣りに誘った張本人だ。
 初老という年頃にして独身ではあったが、彼は早くに両親を亡くしたソフィアを父親代わりとなって育ててくれた男であり、今の彼女と、そしてクライドの数少ない理解者の一人だ。
 最初は確かに他の村人たちと同様に二人の関係を複雑に思っていたのだが、ソフィアが身ごもった事をまるで自分の娘の事のように喜んでくれたし、やがてクライドの事も他所者だからと言ってのけ者などにして差別もせずに、山へ狩りや海へ釣りなどあちこちに連れ出してくれて、無愛想だが狩りや釣りの呑み込みは早い、と言っては褒めてくれた。
 どうやらストラゴスは息子ができた事が余程に嬉しかったようだ。今日もこうしてクライドを釣りに誘ってくれた。
「もうとっくに起きてるわよ?」
 ソフィアは腹部を抱えて立ち上がると、玄関の扉を開け、笑顔でそんなストラゴスを迎える。白髪が目立ち始めた頭に麦わら帽子をスッポリ被った彼が、二人分の釣り道具を抱えて、まるで少年のように張り切った顔で、目を輝かせて立っていた。
「おはよう、おじさん。本当にいつも元気ね?」
「お前こそ、子供は元気に育っておるのか?」
「もう順調すぎて困ってるから、何も心配しないでいいわよ?」
 ニッコリ笑いながら、ソフィアはその大きくなった腹部を両手で軽く叩いてみせる。
「そうかそうか。だったら安心じゃ。その子を一緒に山や海に連れて行って、共に狩りをする日が楽しみじゃゾイ」
「おじさんったら、まるで男の子がいいみたいね。でも残念でした。この子は女の子だから、わたしと一緒にお料理とかリボンとか作るのよ?」
 ソフィアは身ごもった事を知った時点から、生まれてくるのは絶対に女の子だと自信たっぷりに言い切ってきた。最近は“娘”のために、手製の大きなリボンまで作り始める始末だから、ストラゴスもさすがに呆れていた。
「ムムム……で、ではクライド、お前はどっちがいい? お前も男なら、自分と同じ男がいいじゃろ?」
 ストラゴスのその問いを聞いて、そういえばこれまでクライドとは子供の性別について二人で話し合った事はなかった、という事実をソフィアは此処で初めて思い出した。父親になる事を恐れる彼とは、とてもそういう話を楽しくできるような雰囲気はなかったからだ。
 相変わらず黙々と食べているだけの当のクライド本人は、口の中で噛んでいたパンの最後の一かけらを温かいコーヒーで流し込むと、静かな口調でストラゴスの問いに答えた。
「……俺は女でいい」
 ストラゴスが、そして何よりもソフィアがその想像もしていなかった言葉に、共に驚きの顔でクライドを見た。次の瞬間には彼女は満面の笑みをこぼす。
「ありがとうクライド。やっぱり夫婦はこうでなくちゃね!」
 自分とは全く正反対の性格であるはずのクライドが、自分と同じ希望を持っていた事が、ソフィアはたまらなく嬉しかったのだ。
 しかしクライドの表情からは、未来への前向きな気持ちというものは見えてこなかった。直後にはいつものように、不安げに俯いていた。
「……男だったら、常に自分と重ねて不安になるだろうからな」
 その言葉で、ソフィアとストラゴスの間に気まずい空気が一気に生じる。クライドにとっては、本来なら親として楽しみなはずの生まれてくる子供の性別すらも、父親になる事の恐れと不安の気持ちと、彼自身の暗い過去を呼び起こすきっかけでしかなかったのだ。
 沈黙を作った張本人は、それに気づいてもいない様子で無言で椅子から立ち上がると、壁に掛けてあった長袖の灰色の上着を取り、羽織った。季節は既に夏の盛りを迎えようとしているにも関わらず、その色白の肌が意味するように、まるで陽に触れるのを嫌うかのように。
 ちょうど自分の食事を終えたところだったインターセプターは、主人である男の動きに合わせるように、その傍らに黒い尾を振りながら付き従った。するとその様子を見たソフィアもまた、急ぎ足で台所へと向かう。
「はい、じゃあクライド、これお弁当ね。あなたの好きなかたゆで玉子もちゃんと丸ごと、それも二つ入れておいたわよ」
 クライドは台所から引き返してきた妻が笑顔でまっすぐ差し出した、愛情がたくさん込められてある本日の昼食が入った青色の巾着袋を受け取った。もちろんこの袋も彼女のお手製だ。
「…………ありがとう」
 やや長い間を置いて、クライドは俯き気味の姿勢で妻への感謝の言葉を小さくボソリとつぶやいた。こういう言葉を受け取る事も、逆に自ら口に出す事にも、おそらく未だ慣れてはいないのだろう。
 独身のストラゴスはそんな若い二人の姿を、羨望の眼差しでじいっと見つめた。
「クライドはいいのぉ。弁当を作ってくれる、美人の嫁さんがおって……」
「もう、ほらぁ、おじさんの分もちゃんと作ってあるわよ?」
 ソフィアは苦笑しながら、クライドに渡したものとよく似た作りの茶色の巾着袋をストラゴスに手渡した。
「す、すまんのソフィア。いつもわざわざワシの分まで」
 感謝と感動の眼差しで、ストラゴスは赤くなって心から嬉しげな顔をした。ソフィアは失礼ながらも、幼い頃からの父親代わりである彼のそんな表情が面白おかしくてたまらず、大好きだった。
「大事なおじいちゃんですからね。長生きして、わたしにしてくれたように、孫の事も可愛がってもらわないといけないもの?」
「む、むむう……」
 確かに生まれてくる子供は自分の娘同然のソフィアの子供である以上、彼にとっては孫同然の存在でもあるのだが、実際に『おじいちゃん』と呼ばれてみると、ストラゴスはやはり複雑な気持ちになったようだ。知らないうちに歳をとったものだなと、しみじみと感じてしまったのだろう。それでも悪い気持ちは受けなかったようで、不快さは表情には浮かべず、しかしただ軽く苦笑していた。
 正直あまり似合っているとは言えない麦わら帽子を頭に被り、身支度を整えたクライドは、愛妻弁当とストラゴスが持ってきた自分の分の釣り道具を手にすると、彼と、そして黒い愛犬と共に玄関口を出た。ソフィアも彼等の後に続く。
 いつしか太陽は、ソフィアが眺めた時と比較すると既に大きく空を昇り、光も夏の厳しい陽射しへと変貌を見せつつある。今日もきっと、暑い一日になるだろう。
「じゃあ行ってらっしゃい、クライド。インターセプターも。おじさん、楽しむのもいいけど、程々にして早く帰してよ?」
「そんな事は解っておるわ。しかし夢中になっておると日が暮れるのも早いんだゾイ」
「それなら心配ない。一応、時計は持っている」
 クライドはそう言って上着の懐から、鎖で繋いだ銀色の懐中時計を取り出して見せた。それを見るなり、ソフィアは嬉しそうな顔で頷いた。
「今日の晩御飯は楽しみにしてるわね。そうだ、おじさんも一緒にどうかしら?」
「いや、それは何だか邪魔するようで悪いゾイ……」
 ストラゴスは若い二人に気を遣い、娘同然のソフィアの誘いに乗る事をためらった。しかしソフィアは気にしない。
「いいのいいの遠慮なんかしなくても。にぎやかな方が、赤ちゃんだって喜ぶわよ。クライドもそれでいいでしょ?」
「構わん」
 クライドもあっさりと短く答えた。以前の彼なら不機嫌そうにきっぱり断るぐらい平気でしていただろうが、最近はそういった態度がなくなってきたので、どうやら彼がストラゴスにも心を開きかけている事が見てとれ、ソフィアはそれを素直に嬉しく、喜んでいた。
 ストラゴスはクライドを理解してくれている数少ない一人だ。自分と比べれば、まだまだほんの短い付き合いの二人ではあるが、クライドには自分のように、ストラゴスの事を実の親のように慕い、頼ってほしいとソフィアは願っていたのだ。
「それじゃあ決まりね。二人とも、大物を頼んだわよ?」
「ああ……行ってくる」
 その瞬間、クライドは此処でようやく、この日初めての笑顔をソフィアに見せた。笑顔とは言っても、儚くすぐに壊れてしまいそうな、ほんの一瞬の不器用で短い微笑ではあったが。
 しかし彼がこのような顔を自分に見せてくれた事で、ソフィアは誰よりも幸せな気分になれた。
 目的地の海へ向かって歩き出した夫と育ての父と愛犬の背を見送りながら、ふと、まだ覚えて間もない歌を思い出したソフィアは、その歌の内容が今の夫に合っている気がして、遠ざかっていく彼にそっと唄った。

  ――歩きなさい
  すべてを許して
  昼の道が教えてくれるから
  やがてあなたは
  この迷える森から必ず抜け出せるでしょう
  私は風になりましょう
  あなたをいつも思いましょう
  風はあなたを導くでしょう
  いつでもあなたに
  永遠のきぼうが溢れ出ますように……

 唄い終わったところで、ソフィアは大きな胎動が二度続けて起こるのを感じた。これはお腹の中の子供もこの歌が気に入ってくれたという事だろうか? ならばこの子が生まれた後も、子守唄として聴かせたいものだ。もちろん歌と一緒に、優しいピアノの伴奏もつけて。
 ソフィアは大きくせり出している腹部を両手でそっと抱え込むと、鮮やかな青色の瞳を閉ざした。胎内を満たす水の中で、外の世界へと出ていく日を待ち焦がれながら眠る者の脈打つ鼓動が、この耳にはっきりと届いた気がした。
 愛する人との間にできた、愛する我が子にこの目で会えるまで、この腕で直に抱きしめるまで、あと二ヶ月程度。それぐらいの時間は、あっという間にたつだろう。
 それからはきっと大変になるのだ。生まれた子供中心の生活になって、さぞかし追い回される日常が待っているのは解りきっているから。多少はストラゴスが祖父代わりとして協力してくれるだろうが、何よりも一番の問題はクライドだろう。このまま彼はいつまでも、父親になる事を恐れ続けるのだろうか?
 ――いや、今は不安がるばかりのクライドも、実際に我が子に触れれば、大きく変わるかもしれない。この子なら、彼を変えてくれるかもしれない。
 それから当然、この子の名前もつけてあげなければならない。クライドはあの様子だから、名前を考える事すらもしてはいないだろう。だから自分がちゃんと考えてある。まだ誰にも話してはいないが、クライドも、ストラゴスも、この名前をきっと気に入ってくれるだろう。
 そして順番は本来とは全く逆になってしまったが、近いいつか、この子に見守られながら、清らかな白の衣装に身を包んで、彼と夫婦の契をきちんと結びたい。この子のためにも、周囲に自慢げに胸を張って「わたしたち夫婦です」と心からきっぱりと言える関係になりたい。
「どうかパパを頼むわよ。ママと一緒に頑張りましょうね」
 ソフィアは明るい未来の夢を見続けているであろう我が子に語りかけ、優しく撫でると、瞳を開けて青く果て無き天をしっかりと仰ぎ、まるで聖母の如く、両手を組んで祈りを深く懸命に捧げた。

 ――どうか彼の幸せな笑顔を、見れるその日が早く来ますように――と。


『絶帝小説キャラクター人気投票』でクライド1位記念のSSです。
実は最初は『FF6』と『FF6<#2>』の間の、廃人時代?のクライドの話にする予定だったんですが、
接戦を繰り広げたエリックがクライドの存在感を喰う勢いになりそうになったんで結局ボツにして、
それなら人気投票のコメントにも見たいとあった、奥さんことソフィアとの話にしようという事でこうなりました。

クライドの話ではあるんだけど、ソフィアの視点で、今後の本編が気になるように、
そして読んでて切なくもなるように、本編とはまた違ったクライドの一面が見れるように、
他にもいろいろと意識しながら書きましたが、何か一つでも引っかかってくれたら幸いです。
しかしクライドが……なんか可愛い?(;^ω^)

目次へ。絶帝案内板へ。