目次へ。絶帝案内板へ。

05.共に…

「わたしは天空の血を引きし勇者・ユーリだ! デスピサロ、お前に全ての世界は渡しはしない! 世界が、そしてわたしたちがお前の存在を許しはしない! 覚悟しろ!!」
 辺りにはどろどろの溶岩が煮えたぎる、灼熱に覆われた異世界の地底洞窟の中の空間において、ユーリは今、天空の神である竜に認められし者のみ持つ事が可能な、勇者としての装備一式を全身にまとい、凛とした姿勢で立っていた。
 彼女は勇者の証である見事な竜の装飾の長剣を握り締め、同じ目的を共に抱き、旅した仲間たちと共に、目の前の憎き宿敵――進化の秘法を用いた事によって濁った緑色の皮膚に全身を覆われた、完全な異形の巨大な化け物となった、魔王デスピサロと正面から対峙していたのだ。
 今の魔王には、本来の美しかったはずの青年の姿の面影は欠片すら残ってはいなかった。おそらく、彼が本来持ち合わせていたはずの目的の野心というものも、もう残ってはいないのかもしれない。彼の心を支配するのは重く深い憎しみだけ。
 卑しい人間たちによって愛する恋人を無惨に殺された事が、彼の暴走を大きく決定づけた。その恋人を殺した人間たちを利用したのは、ユーリたちが倒した彼の部下の一人だった訳なのだが、その事実を今の彼に教えたところで、もはや何の意味も持たないのは誰の中でも明らかだった。
 魔王とは完全な対と言える存在でもある勇者にできる、彼を救える唯一の方法は、もう彼を殺す事だけしか残されてはいなかった。
 ならばもう一切の容赦は無用だ。失ったもののために、今を生きる世界を守るために、そして何よりもこれから生まれ来る者たちが生きる未来のために戦う。
「皆、行くぞっ!!」
 ユーリは勇者としての己の使命を自らに強く言い聞かせながら、導かれし運命によって出会い、固い絆で結ばれた多くの仲間たちを従え、最後の敵に立ち向かった。
 それぞれがそれぞれの武器や魔法を用いて、剣を大きく振り下ろし、拳を叩き込み、強力な攻撃呪文を放つ事を幾度となく繰り返し、何度も傷つき倒れながらも、彼等は、彼女等は、支え合い立ち上がった。
 一方の魔王は両腕を、頭までもを斬り落とされても、尚も次から次へと変身を重ね、どんどん大きな進化を遂げていく……いや、これが本当に進化なのだろうか? ユーリにはむしろ退化にも思えた。
 それでも勇者たちは此処で退く訳には、負ける訳にはいかなかった。
 どれほどの時間を戦い、仲間たちも自らも何度倒れ、そして目の前の魔王も何度進化を遂げたか解らない。屈強なはずの勇者の鎧も盾もあちこちが傷み、この戦いの激しさをしかと物語っていた。
 魔王からの更なる攻撃を喰らい、衝撃でユーリが頭に装備していた勇者の兜がとんだ。乱れ汚れた緑色の巻き毛が全てあらわになり、ユーリは頭から血を流していたが、彼女は決して敗北には屈さず、勇者としての強き意思を秘めた眼でデスピサロを睨んだ。
「天空の神よ、仲間たちよ、そして皆……どうかわたしに、この勇者に力を!」
 天空の剣の鋭き刃を正面の魔王に向けてまっすぐかざした彼女は、これまでの自分を支えてくれた全ての者たちの熱き思いを感じながら、力に変えながら、長剣を構えた姿勢のまま駆け出した。
「とおりゃあああああっっ!!」
 様々な思いを受け止めたのか、眩く光り輝いた剣に目をしかめる事なく、勢いよく地を蹴ったユーリは高く跳び、寸前まで迫った巨大な異形の魔王の胸に向かって、自らの剣の刃を大きく前へと突き出した。
『ぐはあああああぁぁぁぁ……っっ!!!』
 聖なる力が込められた刃が身体の深くまで喰い込んだ事により、デスピサロは二つ以上ある目をカッと見開き、その醜き身をよろけさせながら悶え苦しみ、遂に断末魔の悲鳴を高く上げた。
 倒したか? 剣を突き立てたまま様子を見ていたユーリはその瞬間、魔王の身体に再び変化が起こるのを感じた。
 一瞬、まだ進化する力がデスピサロには残っていたのかと思ったが、直後に見た光景は予想とは全く異なっていた。
 醜悪な変化を遂げていた魔王の身体は崩壊を始めたのだ。ユーリは素早く剣ごと身を引いて地に下りると、魔王は立っている力を失ったのか身体が完全に傾いて、こちらへと倒れこんできた。
 それでも進化を遂げたこの魔王の生命力は、相当に強靭なものを秘めていたらしい。まだ彼はこちらを見ており、苦しげにもがきながらも動こうとしている。
 彼がそうしている間にも、その身体を覆っていたはずの濁った緑色の硬い皮膚が、まるで岩壁が崩れていくかのように、大きくボロボロと剥がれ落ちていく。
 宿敵である魔王の最期を見届けるのも勇者の役目だろうと、死に逝くその姿を目に焼き付けんと、冷静な眼差しのまま動かずにじっと見ていたユーリだったが、一瞬の間を置いた後、その心は大きく揺れ動く事となった。
「……これは!?」
 崩れ落ちた醜き魔王の身体の中から、彼の本来の姿であった長い銀色の髪の青年が現れたのだ。
 しかし今の彼にはもう、魔王としての力は何も残ってはいないのは誰がどう見ても明らかで、ただ虚ろな真紅の瞳で、こちらを力なく見ているだけだった。
 この場にいる者たちはもう、死を待つだけの弱り果てた魔王に対し、手出しも何もしようとはしなかった。唯一人を除いては。
 剣を手にしたまま動いたのは、勇者だった。
「ユーリ!?」
 自分を引き止めようとする仲間の声が聞こえた気がしたが、ユーリは立ち止まらずに歩いた。勇者としての役目は終えたと思った彼女は、ユーリという一人の少女として行動していた。
「デスピサロ……お前を許す事は、やっぱりできない」
 魔王デスピサロが彼女の故郷の村を焼き払い、育ててくれた両親をはじめとする、本当の家族のように優しく厳しく接してくれた者たちを、無惨に皆殺しにしたという事実は何があっても変わらないのだ。勇者としての自分が彼の憎しみや苦しみを理解して許しても、ユーリとしての自分は絶対に許さない。
 だから早く……早くコイツを殺さなきゃ。仇をとらなきゃ。お父さんの、お母さんの、シンシアの、先生や皆の仇を……今すぐ!
『……ロザリー……』
 愚かな人間たちに殺された亡き恋人のエルフの名前を、彼はかすれきった声で苦しげにつぶやいた。
 苦しいか、デスピサロ? 苦しいならば早く楽になるがいい。お前の愛しい恋人のいる場所に、わたしが送り届けてやろう。感謝するがいい。
 この哀れな瀕死の魔王に、とどめを刺す事で自分の本来の目的は完遂される。死んだ皆もきっと喜んでくれる。褒めてくれる。だから早く、お前は滅びろ!
 ユーリは彼の喉元に鋭く尖った剣先を当て、そのまま奥深く突き立てた――刹那。
『……ーリ……』
「……!?」
 ユーリは突然、自分のこの名前を穏やかに呼ぶ彼の声を聞いた。
 剣を受けたままデスピサロはユーリを見つめ、なぜか優しげに微笑んでいた。まるで、殺されるこの瞬間をずっと望んでいたかのように。
「……ピサロ?」
 デスピサロではない、彼の恋人だった亡きエルフの娘や、彼を慕っていたホビットや動物たちが呼んでいた、そしてあの故郷の村で、自分が初めて彼と出会った時に、彼が名乗った彼の本当の名前をユーリは呼び、刺していた剣を引き抜いて地面に落とすと、その両手を彼へと伸ばした。
 故郷の村で彼が見せた、自分に対して微笑する美しい姿が彼女の中で蘇った。
 一瞬、ピサロの虚ろでも尚も鮮やかなその真紅の瞳から、一筋の透明な液体がこぼれ落ちたように見えた。
 しかし彼女の手が触れる直前で、彼のその身体は一気に腐食が進み、朽ち果てて崩壊していった。
 ユーリの前に、魔王デスピサロと呼ばれていた哀れな男の成れの果てである、形の歪んだ小さな骨らしきものが転がり、直後に砕けた灰となって、風化して周囲へと散った。
 ――わたしは彼を、こんなふうに殺して、本当によかったの?
 天空の城に戻れば、天の竜の神・マスタードラゴンはきっと自分をどこまでも褒め称えるに違いない。本当の母親らしきあの人だって泣いて喜んでくれるだろう。わたしは未来永劫語り継がれるであろう、真の勇者たる英雄となったのだ。
 そのはずなのに、なのに……なぜだろう? 今の自分は全く嬉しいと思わない。なぜか涙までが止めどなく溢れ出してきたではないか。
 デスピサロは人間たちを愚かだと言った。ならば本当に愚かで、本当に正しい事とは、いったい何なのだろう? わたしたちがしてきた事とは、これが本当に正しい事だったのだろうか? 何か違う方法が、もしかしたら何処かに一つでもあったかもしれない。彼の暴走を止める術が。
 ユーリは大きく泣き叫んだ。たった今、自分がこの手で殺した一人の男の名前を。

「――ピサロおおぉぉぉっっ!!」

 ベッドの上で、宿屋で用意されていた寝衣をまとったユーリは、身体中が汗にびっしょりまみれながら、求めるように、視界に映った数メートル先の天井に向かって、横たわったまま右手をまっすぐ伸ばしていた。
「ちょ……ちょっとユーリ、いきなりどうしちゃったのよぉ!?」
 勇者であるユーリと共に旅をしている、彼女が厚い信頼を置いた仲間の一人であり、サントハイム王国の次期王位継承者という何とも高貴な身分の生まれでもある、小柄で勝気な橙色の長い髪の少女が、ユーリが寝ている隣のベッドの上で背を起こし、驚きの眼を大きく見開いて、しかし心配そうにこちらを見ていた。
「わたし……わたし一体、どうしたの?」
 つい今の今まで自分が見ていたはずの、異界での激しい戦いの光景から完全に一転した、目の前のごくありふれた日常的な光景とのギャップにユーリの頭は混乱し、背を起こすと、思わず隣のベッドの上の仲間の少女――アリーナに真剣な眼で尋ねた。
 思わぬ急なその態度にアリーナは一瞬、あどけなさを深く残したままの顔をキョトンとさせて驚きつつも、それでもユーリの疑問に対してはっきりと答えてくれた。
「さっきから急にだったんだけど、すっごくうなされてたわよ? あたしその声で目が覚めちゃったんだから。どんなひどい夢見てたのよ?」
 同い年の同じ少女である事で、旅の仲間たちの中では本来の十代の少女らしい口調で何でも語り合える、最も親しい間柄にあるとも言える彼女からのその言葉で、ユーリは今の今まで自分が見ていた光景が、現実のものではなかったという事に今、ようやく気づいた。
 それでも彼女は尚も、夢と現実の出来事の区別が未だはっきりとつかずにいた。
「全部……夢だったの? わたしたち魔界にいて、魔王と、デスピサロと戦ってたんじゃなかったの?」
 あの戦いが全て夢だったとは、一瞬信じがたかった。灼熱の世界における暑さに、戦いで受けた傷の痛み、逆に相手の身体に攻撃を与える瞬間の感触、魔王デスピサロが放つ禍々しすぎる暗黒のオーラ、そして自分の中の、彼への深い憎しみと悲しみ。それらはユーリにとって、全てが現実的なものにしか思えなかったのに。
 するとアリーナは余計に驚きの表情となって、ユーリの疑問を全て否定した。
「ちょっとユーリ、なに変な寝ぼけたこと言ってんの? 此処はエンドールの城下町でしょ? 魔界からは夕べ帰ってきたのよ? ピサロとロザリーを連れてね」
 ピサロとロザリー。その二人の男女の名前を聞かされた瞬間、ユーリの中に昨日の自分が見た現実での記憶が一気に鮮明に蘇った。
「そうか……そうだったよね」
 やっとの事で夢から完全に覚めたユーリに対し、アリーナは只々あきれた顔を向けるばかりだ。
「そうかじゃないよ。大体どうしたのよ? 急に大声でピサロの名前なんて叫んじゃってさ?」
「えっ……いや、それはその、アイツと敵として戦うって夢を見てさ」
 痛いところを突かれてしまったような困惑した目で苦笑しながら、ユーリは自分が見た夢の内容を、大まかにだがアリーナに語った。すると彼女は余計に呆れた目でこちらを見た。
「アイツと? バッカねぇ、アイツはとりあえずもう、あたしたちの敵じゃなくなったじゃないのよ?」
「うん、そうなんだよね……。何だか嘘みたいな話だけど、本当なんだよね」
 ユーリは一人の女性が、愛する恋人を一途に健気に想う心が起こした奇跡の光景を思い出しながら、目の前にはない何処か遠くのものを見るような、複雑な眼差しを浮かべた。
「ま、あたしは楽しい旅がまだまだ続けられるなら、何が起こっても問題なしなんだけどさ!」
 そう言って仲間の少女はベッドから立ち上がると、カーテンを開いて窓を開け、朝の空気を大きく吸い込みながら、寝衣をまとったままで身体を大きく動かして体操を始めた。
 小柄であどけなくも見える容姿の一国の王女でありながらも、日頃の鍛錬を決して欠かしはしない、心身ともに逞しいと言える彼女らしい一日の始まりだ。きっと今日もまた、彼女のお目付け役である老魔法使いと、彼女の護衛役の青年神官は苦労させられる羽目になるのだろう。
 彼女と共に旅をするようになってからの日常とも言える光景が、今日も当たり前のように続くのだ。
「アリーナ」
「ん、どうしたのユーリ?」
 体操を続けながら、彼女は急に自分を呼んだユーリの方を振り返った。勇者である少女は真面目な眼差しで仲間の少女をじっと見つめると、少しの間を置いて問うた。
「アリーナはアイツが……ピサロの事が憎くないの?」
「えっ、どうして?」
 またもキョトンとした目となって、問われた側の少女は身体の動きを止めて、軽く首をかしげた。
「どうしてって……ほら、アリーナはピサロに酷い事をされたんでしょう?」
 それは事実だった。アリーナは一年ほど前に、故国のサントハイムの城にいた、父親である国王をはじめとする大臣たちや兵士たちなど、王に仕えていた多くの人々を、デスピサロの手によって行方不明にされているのだ。彼女がこの長い旅に出たのは、消えた大切な人々を取り戻すためでもあるのだ。
 もしかすると彼等は既に殺されてしまったかもしれないのに。勇者である自分を大事に育ててくれた、山奥のあの村の人々のように無惨に。
 だからユーリはアリーナに問いただしたかったのだ。自分の大切な人たちを殺してしまったかもしれないような男などと、今後まともな平常心などを持って旅ができるものなのか、と。
 すると彼女は、何ともあっさりした態度で答えた。
「ああ、それなら最後の敵を倒してから、アイツにはちゃんと責任をとってもらうわ! 昨日すぐにアイツに問い詰めて、あの事の真相を聞き出したんだけど、アイツはあたしが余計な事をしないように、お父様たちを人質として捕らえて一時的に異次元の牢屋に閉じ込めたんだって。でもこれからは一応、アイツは仲間として共に行動する事になったワケだし、もう意味はなくなったでしょ? だから全ての事を終わらせたら、そこからちゃんと出すって約束させたわ!」
 今までのアリーナは、大切な人々が急に行方不明になったというショックから、普段は仲間たちの前では元気いっぱいに明るく振る舞ってはいたものの、やはり思春期の少女らしく時折その不安を隠しきれずに、誰もいないところで一人寂しげに背を向けていた事をユーリは知っている。
 自分もよく似た体験を身にしみて味わっている事で、彼女が抱えていた不安や悲しみは誰よりも深く理解しているつもりだった。
 しかし今のアリーナは、まだ完全に安心はしきれないが、それでも胸の大きなつかえがとれたという顔で、心からの明るい笑顔を見せていた。
「そうか……無事でいるんだ。よかったね、アリーナ」
 ユーリはその無事を喜び、彼女に笑いかけたが、しかし心の中の複雑さは拭えなかった。自分の大切な人たちはもう二度と戻っては来ないのに、アリーナには再び戻ってくる事が約束されたのだという事実は、素直に受け止めがたかった。
「!? あっ……ごめん、ユーリ!」
 暗く重くのしかかった心は、表情にも出てしまったらしい。どちらかというと、周囲の人間の思いには鈍感な方であるとも言えるアリーナもさすがに、ユーリのその心中を察したようだ。彼女から笑顔が引き、済まなそうな表情となって口を押さえた。
 そんな彼女に対し、ユーリは逆に励ますように再び笑いかけ、優しく言った。
「いいんだ。アリーナは何も気にしないで、ちゃんと喜んだらいいよ。わたしなら大丈夫だから」

 旅の衣装に着替えたユーリとアリーナは、朝食をとるために宿屋の一階にある食堂へ向かおうと、部屋の外の廊下へと出た。
 二人が歩き出そうとした瞬間、ちょうど向かい側の部屋の扉が開いた。
「あ……おはようございます、ユーリさん、アリーナさん」
「ロザリーさん……?」
 姿を見せた、淡い水色のドレスをまとった赤く長い髪の、耳が長く尖った若く美しく、そして愛らしい女性――ロザリーは、二人に対して優しく微笑んでいた。
 その容姿と眼差しはいかにも清楚な印象を受け、美しさそのものもまた浮世離れしているとも言えた。それは彼女がエルフという、極めて特殊な種族の生まれである事が影響しているとも言えるだろう。
 しかし同時に彼女は、ユーリの憎き仇である男の愛しい恋人という、何とも複雑な存在でもある。
「おはよう、ロザリー!」
 アリーナはその彼女に親しげに笑って、挨拶を返してロザリーの肩をポンと軽く叩いた。逞しい強さを持ったところもそうだが、彼女のその人懐っこさも本当に羨ましい性格だとユーリは見る度に思う。
「あの、どうかしましたか、ユーリさん? お身体の具合でも悪いのですか?」
 明るいアリーナの姿を黙って見ている事しかできなかった自分に対し、ロザリーが心配そうに問いかけてきた事で、ユーリは慌てて我に返る。
「あ……ああ、いえ、何でもないよ。おはよう、ロザリーさん。よく眠れた?」
「はい、夕べは此処に着いた途端に、ぐっすり眠ってしまいました。ようやく安心できたからなのか、一気に楽になってしまったようで。本当にありがとうございました」
 彼女は心からの笑顔を見せた。それは実に美しく、明るい笑顔だった。ロザリーヒルの村にある塔の中に篭もっていた頃に見せていた、不安げで儚く悲しげな笑顔とはまるで別人のようだ。
 彼女は目から小さなルビーの粒の涙を流し、特定の場所のみにおいてだが、他人の夢の中に自らの意思を送り込めるという、生まれながらの特殊な能力を持っている。特にその涙を欲するという、金欲にまみれた愚かな人間は多く存在した。
 実際に彼女はそんな人間たちの手で、一度は暴行されて無惨に殺されてしまった。ユーリたちが世界樹の花の存在を知り、その花の力を用いて彼女を復活させる事がなかったなら、彼女の恋人である男はきっと、憎しみを何処までも暴走させていたに違いない。――ユーリがつい先程まで見ていた、あの夢のように。
 あの夢の中では、ロザリーは蘇る事はなかったのだ。夢であるとはいえ、なぜか自分までもが救われないという世界における記憶は、今も生々しく残っていた。
 目の前にロザリーがきちんと生きて存在しているという事実を、ユーリは改めて受け止めると同時に、これが現実で本当によかったとも思えた。彼女にとっての悲惨な結末は、とりあえず回避はされたのだから。
「ロザリー、人間どもと無闇に馴れ合うな」
 突然響いた低く静かな声が、その場にいた女三人の耳を冷たく叩いた。声が聞こえたのは、ロザリーが出てきた部屋の中からだ。
 開けたままにしてあった扉の向こう側から姿を見せたのは、長い銀髪をまっすぐ腰まで伸ばし、黒衣と毛皮のマントに身を包み、いかにも重そうな長剣を腰に携えた、まるで女性のように色白で秀麗すぎる顔立ちの若い長身の男だった。その耳はエルフのロザリーと同じように長く尖ってはいるが、表情はロザリーのそれとは全く異なり、感じる気配と共に冷たく重々しい。
 彼こそが昨日までは本来の魔王であったはずの男であり、ロザリーと相思相愛の関係の愛しい恋人であり、ユーリの憎き仇でもある男――魔王デスピサロ改め、一人の魔族の青年・ピサロだ。
「勇者よ、いつまでこんな所でグズグズしているつもりだ? 出発するなら早くしろ」
 ピサロは冷たく無愛想に言い放った。その態度に真っ先に怒りを覚えたらしいアリーナは、チッと大きく舌打ちし、彼の前に飛び出そうとしたが、ユーリが手を出して制止した。
 飛び出したい気持ちはユーリも同じだったが、勇者という皆をまとめる立場にある以上は、あからさまに取り乱した行動をとる事は許されない。冷静な表情と態度をつくろいながら、これまでの少女のものからは完全に一転した、勇者としての表情と口調となってピサロを諭した。
「ああ、解ったからそう急ぐな。わたしたちも準備を整えなければならないんだ。それにわたしも他の皆も、朝食はまだだからな」
 強い眼差しで、ユーリは長身であるピサロの顔を見上げた。
「……そうか。ならば私は外で待っている」
 態度を改めようとはしないまま、その冷酷な表情のまま、彼は歩き出し、恋人を含む女たちの横を通り過ぎていった。それでもユーリは勇者としての態度を崩さずに、冷静なままでピサロを呼び止める。
「待て、ピサロ。お前は何も食べていかないのか?」
 廊下を進んでいたピサロは立ち止まったが、しかし彼女には振り返る事なく、答えた。
「人間どもと同じものなど、食べる気にはならぬ」
「なら勝手にしろ。後で腹が減っても、わたしは知らないからな」
 ピサロは何も答えずに再び歩き出し、階段を下りると、そのまま宿屋の外へと出て行った。街の人々は彼の持つその白き顔の美貌に、彼がつい昨日まで自分たち人間を滅ぼそうとしていた恐ろしい魔王だったとは夢にも思わず、老若男女関係なく誰もが注目する事だろう。
「ピサロ様……」
 ロザリーは以前のような不安な眼差しとなって、彼が去っていった廊下をじっと見ていた。この様子では彼女はあの恋人を思い続ける事によって、今後もまだまだ悩まされていくのだろう。
「放っておけばいいのよ、あんな勝手な奴! 行こ、ユーリもロザリーも!」
 不機嫌な顔のままではあったが、アリーナは食堂に向かって元気よく駆け出していった。やはり彼女はどんな時でも彼女らしさを失わない。
「行こうか、ロザリーさん?」
 ユーリは尚も不安げなままのロザリーの手を軽く引いて、共に廊下を歩き出した。やがて階段を下りているところで、彼女は口を開いた。
「ユーリさん、私、後でピサロ様のところにパンと軽いものでも持って行こうと思います。あと、それから……」
 ロザリーは階段の踊り場で足を止めたかと思うと、真っ直ぐな眼差しで、先に前を進んでいたユーリをじっと見下ろし、言った。
「あなた方の足は引っ張るかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。……そして、ピサロ様の事も!」
 突然のその言葉にユーリもさすがに驚き、彼女の姿を見た。ロザリーは凛とした姿勢で、言葉を続けた。
「あなたが彼に複雑な思いを抱いている事は知っています。しかし一度は死んだ私の御霊をこの世に呼び戻してくださったあなた方なら、私一人だけではできなかった、彼を少しでもいい方向に変えられるという事ができるような気がするんです。それに今の彼はもう魔王ではありません。彼を縛るものは、もう何もありません。ですからどうか彼を理解し、変えてあげてください」
「…………解った」
 しばらくの間を置いたものの、ユーリは勇者として、ロザリーの強き願いを受け入れ、小さくうなずいた。
 ふとユーリは窓の外を見やると、黒衣に身を包み、銀髪をまっすぐ伸ばした長身の青年が、宿屋から少し離れたところに立つ木の陰で、太い幹にじっともたれている姿を見つけた。どんなに距離があっても、かつて魔王と呼ばれていた者の美しさは鮮明に認識できた。
 その姿にユーリは様々な複雑な思いを心の中で巡らせながら、夢で見た死に逝く瞬間の彼の優しく穏やかな微笑を重ねながら、じっと見つめた。

 彼と共に歩む事で、わたしは何かを変えられるのだろうか? わたしは――彼への憎しみに勝てるのだろうか?
 この冒険の旅の結末は誰にも解らない。それでも、あの夢とは違う結末が待っている事だけは容易に想像できた。それが果たして生なのか、死なのかまでは解らないが。
 ――もう少しだけ、勇者・ユーリとして頑張ってみよう。後悔して、泣かないために。
 新たな決意を胸に秘め、ユーリは再び前を向いて、終わらない戦いへと歩き出した。


ピサロと『共に』旅をする事になった直後のユーリの葛藤です。
やっぱり自分の大切なものを全て奪った男を受け入れるなんて事は、簡単にできる訳がないと思います。
それでもその複雑な思いが徐々に変化していくというのが、私の理想のピサ勇の関係ですね。

冒頭のシーンは『第五章』のラスボス・デスピサロ戦です。
この話の『第六章』の中の世界では、ユーリの夢として描かれていますが、
その戦いは別の世界で実際に起こった出来事…つまり某『ひ○゛らし』における、
惨劇が起こった世界と起こらなかった世界のような関係となっており、
『第五章』でデスピサロを殺したユーリの中の激しい後悔の念が、
『第六章』のユーリの心のどこかで引き継がれていると考えてください。
ちなみにピサロが死の直前にユーリとルーリ、どっちの名前を呼んだのかは、
読んで下さった方々の、それぞれのご想像にお任せしますって事で。

目次へ。絶帝案内板へ。