目次へ。絶帝案内板へ。

06.旅の途中で

 ロザリーヒル。
 旅の途中で心身を休めるために何度も訪れている地なのだが、本当になんて美しい村なのだろうと、此処を訪れる度にユーリは思う。そして同時に深い懐かしさも覚えていた。
 この村はよく似ているからだ。自分の故郷に。ピサロに滅ぼされたあの小さな村に。育ててくれた両親や、シンシアや先生たち……大好きな皆がいたはずの、あの美しかった村に。
 此処に暮らすホビットたちにしても、最初は人間の集団である自分たちに対してあまり好意的な感情を持たない者も多くいたようだったが、しかしいろんな事があって、今は訪れる度に皆が温かく歓迎してくれる。
 だから、その温かさが逆にユーリを悲しい気持ちにもさせた。
 もちろんその悲しさを彼等の前で表に出すような事はせず、ユーリは明るく笑って彼等の歓迎を受け入れた。
 同時にそのホビットたちに、自分以上に受け入れられている憎きピサロの姿を見なければならないのは激しく複雑であったが。

 しかし、この村を訪れれば訪れる度に、ユーリは以前から抱いている疑問を大きく膨らませていた。
 まず、魔王デスピサロとして恐れられる存在でもあったピサロがなぜ、おそらくそう呼ばれる以前から、このような場所と縁があると言うのだろう?
 半分だけ天空人の血が流れている自分とは違い、彼は純粋な魔族であるはずだ。それがなぜ、魔族とは全く関係のないホビットたちの村で暮らすようになったのだろう?
 しかも、あのような立派な石造りの塔まで建てるような真似までするとは……。
 実際にピサロはこの村のホビットたちから深く慕われている。確かにピサロは魔王として多くの魔族から尊ばれてはいるが、ホビットたちの接し方はそれとは大きく異なった接し方だ。
 彼等はまるでピサロを家族のような温かい眼差しで見ているし、山羊や馬や狐といった動物たちまでもが彼に懐いているのだから、実に不思議な話だ。
 ピサロ自身も、彼等に対して「無闇に人間を信じるものではない」と常に注意しつつも、その彼等を見る眼差しからはデスピサロと呼ばれた時とは全く違い、冷酷無比といったものは欠片も見えてこない。むしろ優しさすらも感じさせる。ユーリたちのような“部外者”の気配に気づけば、すぐにいつもの冷たい眼差しに戻ってしまうのだが。
 そしてそのピサロと、塔の下の教会にいる一人の尼僧との関係も気になるところである。
 尼僧は若い娘という年齢ではなさそうだが、しかし老齢にもまだかなり程遠い年頃だろう。全体的に上品で端正な落ち着いた容姿であり、常に深い慈愛に満ちた、典型的な聖職者という印象だ。
 ユーリはこれまで訪れた世界中のあらゆる街や村などで、同じ尼僧というものを幾人も見てきたが、彼女ほど清らかさという言葉が似合う尼僧はいないだろう。どこか儚げでもある穏やかな微笑と眼差しが余計にそう思わせる。
 全ての村の者たちの幸せを毎日祈り続けているという彼女の事を、村の誰もが、それこそピサロ以上に慕っていると言ってもよかった。
 実際にピサロまでもがなぜか、あの尼僧に対してだけは頭が上がらないのではないか、という雰囲気がユーリたちの目には映っていた。そして尼僧の方もまた、あのピサロに対し、まるで母親のような視線を向けているような気がした。
 ピサロを見ている限り、家族というものには縁がなさそうな男に見える。彼等が一体いつからの付き合いなのかは解らないが、家族と思って受け入れられる程の、それなりの時間を過ごしてきたのだろう。
 尼僧は村のホビットたちと比較すると、容姿は大きく異なっており、どう見てもホビットのそれではない。外見からしてユーリたちとよく似ている事から、まさか人間なのだろうか?
 しかしユーリが仲間たちとこの村を初めて訪れた際に、此処は人間の来る所ではないと言って、厳しい眼差しで追い返した事を考えれば、人間以外の種族である事も大いに考えられた。
 解らないのなら本人に直接尋ねてみてもよかったのだが、しかしそれは何だか彼女に対して激しく失礼な気がした。
 そしてもう一つ、これはユーリが最も気になっている事と言ってもいい。
 この村に暮らすホビットの中でも、年配の者たちの自分を見る眼差しである。彼等が自分を見る眼差しは、なぜかどこか懐かしがっているようにも見えるのだ。
 特にこの村の最長老にあるであろう、ハリーとかいう名前の老人はユーリがこの村を訪れる度に、何とも感慨深そうに笑って頷きながら「どうか、ゆっくりしていきなされ……」と言ってくれる。
 多分――これはあくまでも単なる推測だが、自分は彼等の知っている誰かによく似ているのかもしれない、とユーリは思った。自分のモジャモジャ髪は、色は異なってはいるものの、ホビットたちのそれと似ているからだ。
 大昔の思い出というものは誰にとっても懐かしく、美しく大切なものだ。まだ二十年足らずしか生きていないユーリの中でも、そういう思い出が数え切れない程に溢れているのだから。

 美しい村でホビットたちと過ごすのは楽しくもあるが、ユーリにとってはやはりそれらの温かさが悲しく、苦痛でもあった。
 仲間たちに気づかれぬように、ユーリは賑やかな輪の中からこっそり抜け出すと、ひとり村の外れの森の中へと入っていった。
 故郷の村が存在した頃も、両親に叱られたり、剣術の師匠に厳しく指導されて、つらくなった時はこうやって森の中に入って、声を押し殺して泣いていた。そこにシンシアがやってきて、何も言わずに優しくこちらに向けて微笑みかけてくれている彼女の胸に飛び込んでいった事もある。
 今となっては本当にどれも温かく切ない思い出たちばかりだ。今はもう、それらは何処にもないから尚更だ。
 ユーリは泣きたくなってきた。もう、そこまで涙はこぼれそうな所まで来ている。誰もいない今なら泣いてもいいだろう。一人しかいない今の自分は、皆の勇者などではない。只の一人の少女、ユーリなのだ。
 そう思った瞬間、一本の木の幹に向かって前かがみに倒れ込むと、ユーリの青い瞳からは遂に大粒の涙が溢れ出てきた。
「お父さん、お母さん、シンシア、先生、みんな……」
 もう永遠に帰ってはこない者たちの笑顔が、次々と浮かんでは消えていく。
 彼等を殺したピサロが許せない。今は行動を共にはしているものの、一度抱いた憎しみが消え去る訳がない。殺してやりたい気持ちはずっと変わらない。
 一方で、そんな彼を温かく受け入れて、純粋に慕っている者たちがたくさんいるという事実を知ってから、その考えは常に大きく揺さぶられそうになっていた。
 しかしピサロ本人には解るまい。あって当たり前だったものが、ある日突然すべてなくなってしまったという絶望とは、どこまでつらいものなのか。
 確かに彼も一度は、かけがえのない愛する恋人を失った事で大きな絶望を味わったのだが、しかしその恋人を自分たちが聖なる花の力を使って蘇らせた事で、ピサロと彼女の結びつきはますます強くなり、絶望は結局無意味なものとなってしまった。
 彼こそ大切なものを、永遠に失うべきなのに!! ――そこまで歪んだ憎しみをふと抱いてしまう自分が、たまらなく嫌にもなった。
 そんな愚かな思いを振り払おうとユーリは涙を拭くと、再び森を奥に向かって進んでいく。奥に進めば進む程、森は薄暗い世界になっていく。やがて目の先に、何やら大きな岩場があるのをユーリは見つけた。
 近づいてみると、砕けた岩が重なり合い、その全体に緑のコケがびっしりと覆っているのが認められる。おそらくこれは随分と昔に崩れ落ちた崖か何かであろうという事が想像できた。
 周囲をじっくりと観察するようにして廻っていると、やがてユーリは思わぬものにバッタリ遭遇してしまう事となった。
 死角となっていた場所へと廻り込んだ所で、そこで前を見据えるようにして一人、ピサロが黙って立っていたのだ。
「ピサロ……?」
 いるなどとは予想もしていなかった者の姿に、思わずユーリは彼の名を呼ぶが、しかし本人からの反応は何もなかった。
 彼は静かに足元にある何かを見下ろしている。その視線の先には、たくさんの小さな石が彼の膝ほどの高さまで山のように積み上げられたものが綺麗に三つ並んでいた。それらを見下ろす男の眼差しは、なぜか悲しげにも見える気がした。
 しばらくすると、彼はようやく気配に気づいたのか顔を上げ、きびすを返してユーリを見た。その眼差しからは、つい先程まではあったはずの悲しげなものは消えていた。
「……勇者か。こんな所に何の用だ?」
「そんな事、こっちが聞きたい」
 しかしピサロはまともに答えるつもりは全くないようだ。
「私が何処へ行って何をしようが、それは私の勝手だ。貴様には何も関係ない」
 その言葉に頭に来たのか、ユーリはピサロに対して彼と同じ言葉を返した。
「ではわたしも、何処へ行こうが何をしようが、わたしの勝手だな」
「……違いない」
 ピサロは一瞬黙ったかと思うと、フッと微笑した。直後に彼はユーリの横を通り過ぎていく。
「何処に行くんだ?」
 ユーリは振り返り、ピサロに問う。彼は振り返らぬまま、立ち止まらぬまま答えた。
「だからそれは私の勝手だ」
「……そうだな」
 やられた、という顔でユーリは軽く頷いた。ピサロの姿が森の樹々の中に吸い込まれるように消えていき、姿が完全に見えなくなった事を確かめると、ユーリは先程までピサロが見下ろしていた、小石が積み上げられたものを見てみる。
 よく見ると、それらの前には丘に咲いていたものであろう、小さな一輪の白い花が置かれている。更に調べてみると、積み上げられた数多の小石の下に置かれた、一つだけ平らな石には何やら文字が刻まれている。随分と昔に刻まれたものなのか、読みにくくはなっているものの、それぞれ三つの石には確かにこう刻まれていた。
 アドン、スラ、そして……ルーリ。
「……!?」
 これはまさか、やはり墓なのだろうか? そうだと言うのなら、この者たちはピサロにとってどういう関係の者たちなのだろう?
 特に自分の名前とよく似た、ルーリという名前が、ユーリは激しく気になった。名前からして、まさか女なのだろうか?
 頭の中であらゆる推測をめぐらせようとした、その瞬間――
「ああっ、ユーリがいたよ!」
「もう、急にいなくなったと思ったら、こんな所で何してるのぉ?」
 突然、仲間であるおてんば王女と踊り子の大きな声が耳に飛び込んできた。声がしたほうを振り向くと、彼女たちがこちらに向かってきている姿が見える。自分が急に姿を消した事で、激しく心配したのだろう。
「ごめん、心配させたね!」
 ユーリは苦笑しながら、そんな彼女たちに対して手を振った。歩き出そうとしたところで、彼女はふと振り返る。
 ピサロが見下ろしていた墓らしきそれらを、ルーリの名が刻まれているそれを。
「……」
 数秒ほど見つめた後、ユーリはすぐに仲間たちの方を向いて駆け出した。

 ――彼女がルーリというホビットの少女について知るのは、これよりもう少し後の事である。


『旅の途中で』立ち寄ったロザリーヒルにおける2人の姿です。
話は『いばらの詩』のそこまでやるかってなネタバレになりましたねorz
尼僧はやっぱり、あの彼女なのでしょうか?
あのキャラが死んでいるのなら、じゃあゲーム本編のあのキャラは何なんだ!?
ってなツッコミもあるんでしょうねぇ…。
自分の中ではピサロの人生って、いろいろと奥が深い物語なんですよ。
もうどこまでも深くしないと気が済まない!って感じで(笑

ルーリはユーリとピサロにとって、重要な存在になる予定です。
某『る○剣』でいう巴、某『風○火山』でいうミツ的なポジションって事で。
(まぁ前者はキャラが全く違うけど。てかどっちも主人公の妻だし(汗

目次へ。絶帝案内板へ。