ピサロ&女勇者キャラ設定
ピサロ
魔族と魔界の全てを束ねし冷酷非道の若き王。『いばらの詩』に登場するアドンやルーリ、スラといった少年時代の理解者は全て失っており、心に深い影を落としている。魔王である自分がいずれ天空の勇者によって殺されるという予言を受け、その勇者となる者を探し求めた結果、少女・ユーリと出会う。彼女の故郷の村を村人もろとも滅ぼした事で激しく恨まれており、部下の裏切りによるクーデターによって魔王の座を追われ、行動を共にするようになって以降も関係は膠着状態が続いている。ユーリが過去の大切な存在である亡き少女・ルーリと瓜二つである事で、出会った時から複雑な感情を抱き続けているが、決してそれを表に出す事なく、常に彼女に冷たく接する。

ユーリ(女勇者)
天空人と人間の間に生まれた、天の竜の神・マスタードラゴンによって選ばれし天空の勇者。ピサロによって故郷を滅ぼされ、家族同然の村人たちもを皆殺しにされたため、彼をずっと激しく憎み続けている。世界の未来を背負った勇者であるため、仲間たちの前では強いリーダーとして行動している一方で、その陰では一人の人間、少女として、ひたすら苦悩する。自分とよく似た名前を持つ“ルーリ”がピサロの過去に深く関わっていると知り、またそのルーリが自分と瓜二つの姿をしていたという事実を知り、彼女もまたピサロに対して複雑な感情を抱くようになる。

目次に戻る