目次へ。絶帝案内板へ。

07.想い

 ピサロの過去には、大切と思える人が複数存在していたらしい――と、いう事実をユーリが知って、一日が過ぎた。
 あれから彼女はずっと、その者たちに関する話の詳しい真相が気になっていた。彼等は一体何者であったのか? ピサロとはどういう関係にあったのか? そして、自分とよく似た名前を持つ“ルーリ”とはどんな人物だったのか? その者たちとピサロはいつ出会い、何があって死に別れてしまったのか?
 彼等の事を知れば、魔族であるピサロという男がなぜ、このような山奥のホビットたちが隠れ住むような村と縁を持つようになったのか、その謎もあっさりと明らかになるかもしれない。彼がホビットたちや動物たちに慕われ、仲良く優しく接している理由も。
 しかしその事を直接ピサロ本人に問いただしたところで、あの男は何も答えてなどくれる訳がないという事は解りきっている。だからこそ知りたいのだ。彼の過去と繋がり、人生に影響したのであろう者たちについてを。
 本来ならば、ロザリーヒルには一日のみの滞在の予定で、今朝早くに出発する予定になっていたのだが、ユーリはその事をじっくりと調べるためだけに予定を急遽変更した。勝手すぎる独断だとは解ってはいたが、此処にいる時でなければ、容易にそれを探る事はできないだろうと思ったからだ。
 もちろん他の仲間たちには、そのような自らの個人的な目的というものを明かしてはいない。日頃の戦いに疲れきった身体を癒すにはもってこいとも言える、山奥の緑いっぱいに閉ざされたこの美しい村で、もう少しゆっくりと羽を伸ばして過ごしてほしいと、もっともらしい表向きの理由を説明し、あと三日ほど滞在する事に決めた。
 仲間たちはその提案を納得して受け入れてくれたし、ユーリたちを温かく迎え入れてくれている、この村のホビットたちも喜んでくれた。
 只、にぎやかなカジノが大好きな踊り子に限っては、さっさと街に戻りたくてたまらないようで、隠し切れない不満というものを顔に示していたのだが。それを察知するなり、彼女のしっかり者の妹が早速きつい眼となって、厳しい説教に取り掛かっていた。
 そして踊り子の不満以上に、ピサロは先を急いで最後の敵を倒す事ばかりを考えているだけに、言葉には表さずとも、あからさまに不機嫌な眼差しを浮かべた。
「人間どもの身体は、すぐにガタが来るのだな。そんな身体で戦おうとするのだから、本当に愚かなものだ」
 ユーリを一瞥すると冷たく吐き捨て、きびすを返した彼はそのまま何処かへと行ってしまった。
 本当に、扱いにくい困った男だと思う。しかし逆に考えれば、これまでの彼は部下に命令する立場にいたのだから、その自分が元は宿敵の存在だった勇者に命令されるのは、屈辱的なものがあるだろうという理解もできる。
 だからこそ、知りたいと思っているのだ。彼の過去というものを欠片でも。今は仲間として行動しているとはいえ、憎き仇には変わりない男に関する事はもっと知っておきたい。
 それが彼にとっての、大きな弱みに繋がっているのかもしれないのだから。
 しかしだからと言って、彼と親しい関係にあり、その過去の何かを知っているであろう彼の恋人のロザリーや、そしてシスターをはじめとする、この村の人々に唐突にあからさまに彼の過去を教えてくれと聞いて回るのも気が引ける。
 どうするべきか……ユーリは考え込むばかりだった。

 悩んだまま、時間ばかりが無慈悲に過ぎていった。
 そうこうしているうちに出発の日はもう既に、早くも明日に迫っていた。旅立つ者たちの身体は充分に休息できたのかもしれないが、ユーリの心は未だに疲れを感じている。
 少女は大きなもどかしさを抱えながら、真昼の太陽の下の森の中を一人さすらうようにして歩いていた。今日も快晴のいい天気だ。無数の大きな樹々の隙間からは眩い陽光が差し込み、深き緑は清々しい空気をたくさん生み出している。まさに森林浴にはもってこいと言えるだろう。
 それでもユーリの心は決して休まる事もなかった。以前から思っているように、このロザリーヒルの村の美しさは、魔王デスピサロによって焼き払われた、あの故郷の村と似ているからだ。この村に長くいればいる程、胸の苦しみを覚えるのも事実だった。
 迷いを振り払うように歩き続けていた彼女はふと、小鳥たちの美しいさえずりを耳にした。故郷が存在していた頃は、日常の中で当たり前のように聞いていたもの。急に胸の奥の過去を懐かしむ思いが込み上げてきたようで、少女は思わず声がする方へと歩き出した。
 やがてユーリの目は、大木の中の一本の太い幹にもたれ、広い木陰の中に腰を下ろした若い女性の姿がある事を認めた。その周囲には彼女を囲むようにして、唄う小鳥たちが多く集まっていた。
 水色のドレスをまとい、赤い髪を腰までまっすぐ伸ばした、その全体が整った容貌は何とも美しく、そして愛らしく、まさに真のエルフと呼ぶにふさわしき神聖な存在だ。ユーリはその彼女の事を当然ながら存じていた。
「ロザリーさん?」
 少女はこの村の名前からとって与えられたものであるという、彼女の名前を呼んだ。
「あらユーリさん、お散歩ですか?」
 ユーリの存在に気づいた、その美しいエルフは優しく微笑した。彼女は此処でずっと読書をしていたようで、古びた小さな一冊の厚い本を手にしていた。
 ロザリーの元に歩み寄ろうと、ユーリが大きく一歩を踏み出した瞬間、周りでさえずっていたはずの小鳥たちは、見知らぬ他者の存在を見た事によって危険を敏感に察知したようで、半瞬にして一斉に飛び立ち、一羽残らず一目散に逃げ出してしまった。
「あっ……ごめんなさい! 邪魔したみたいだね」
「いいのです。気になさらないでください。あの子たちは怖がりなものですから」
 申し訳ないという眼差しを向けてユーリは謝ったが、ロザリーは笑みを崩さないまま、すんなりと許してくれた。
「代わりにユーリさん、少しお話でもしませんか?」
「……うん、いいけど?」
 物静かで控えめな女性である彼女が、こうして自分から話に誘ってくるとは珍しいと思うと同時に驚いた。それでも、それだけ彼女が人間たちと多く接する事によって、その内面が大きく変化してきたのだと考えると納得がいく話かもしれない。
 エルフの娘からの小さな手招きに導かれ、ユーリはその隣に腰かけた。ロザリーが手にしている本をふと見やると、それが単なる小説の類ではない事に気づく。これは世界各地の教会ででも、よく見かけられるものではないか。
「聖書?」
 意外なものを見つけた事で、目をキョトンとさせたユーリに対し、ロザリーはうなずいた。
「はい。私がまだ此処で暮らし始めたばかりの頃、シスター・エレノアが私に譲ってくださったものです。時々、こうやって繰り返し読んでるんです」
 どうやらこの村の大きな塔の下の教会に暮らす、あの尼僧の名前はエレノアというらしい。ようやく知ったこの名前は、常に清楚で儚く美しい雰囲気をかもし出している彼女に、よく似合う名前だとユーリは思った。
「ロザリーさんって、聖書に興味があったんだ?」
 確かにロザリーはこの村で暮らすようになった時から、尼僧から神の教えを当然のように学んでいてもおかしい話ではない。ピサロと出会う以前は自らの名前すら持たずに、時には貧欲な人間にも追われながら、長く森の奥で隠れ住んでいたであろう彼女は、さぞかし新鮮なものを感じたのだろう。
 ユーリがそんな推測を脳裏にめぐらせていると、ロザリーはこれまでの微笑の顔から急に一転し、真面目な表情となって口を開いた。
「ユーリさん、あなたに告げたい事があります」
「ど、どうしたの?」
 彼女のそのかしこまった態度に、ユーリにも緊張が走った。
「ピサロ様とあなた方の旅が無事に終わったなら……私は、聖職の道に進もうと考えています」
「…………ええっ!?」
 予想だにしなかった、ロザリーのその突然の決意表明に、ユーリは長い一瞬の沈黙を置いた後、当然ながら仰天する。
「ロザリーさん……それ、本気なの?」
 今にも目玉が飛び出しそうな勢いで、大きく眼を見開いている少女に対し、この美しく愛らしい顔のエルフは完全に対照的な、心からの真剣な眼差しでうなずいた。
「はい。私はシスター・エレノアのように、この村の方々やあなた方人間たちの幸せを願い、支えていきたい。そして……ピサロ様のために命を散らした人々の魂を、少しでも慰めたいのです」
「でもロザリーさん、そんな事したらピサロとは……」
 この静かな小さな村で、ピサロといつまでも幸せに暮らしたいと思っている彼女の望みは難しくなるだろう。何よりピサロの方が彼女のこの決意を認めないかもしれない。
 それでもロザリーの態度は頑なだった。
「いいんです。これが今の私にできる事だと、思っているから」
「できる事?」
 いぶかしむような目をして、軽く首をかしげたユーリに対し、ロザリーは今の自分が複雑に抱えている心中というものを語ってくれた。
「私はあの方にずっと守られてばかりでした。そしてあなた方にも。私はピサロ様の魔王としての行いを止める事もできず、誰かに救いを訴える事しかできず、そして私のために彼の憎しみを増長させてしまった。私をあなた方に生き返らせて頂いた事で、彼は戻ってきましたが、しかし私には戦う事も何もできない。足を引っ張るばかりで……どうしようもない自分の非力さを呪いました」
「そんな事ない!」
 思わずユーリは大きく叫んで、ロザリーの嘆きを否定した。彼女と共に旅をするうちに、その存在を大切に思うようになっていたからだ。――数日前に一瞬でも、ピサロへの憎しみによって愚かな思いを抱きはしたものの、それとこれでは完全に別の話である。
 自分が仲間を連れて馬車を離れて行動した際、ロザリーはまるで母親のように、いつも馬車の外に出て帰りを待ってくれていたし、思っていたよりも親しみやすい人柄で、周囲に打ち解けてくると彼女は自分たちの軽い愚痴も笑って聞いてくれた。野宿の際は料理を作る事を手伝ってくれたし、破れた衣類を器用に縫ってもくれた。更には時に、戦いに疲れた仲間たちを優しく癒し包み込むように、美しく澄んだ歌声まで披露してくれた。
 ロザリー自身は、私にはこれぐらいしかできる事がないと言って、あくまで謙虚な姿勢を貫いていたが、今や彼女の存在はユーリや仲間たちにとって欠かせないものとなっていた。
 それに何より、ロザリーは赤い髪を持っている事で雰囲気がどこか似ていたのだ。かつてユーリが姉のように慕っていた、自分の身代わりとなって無惨な犠牲となった、大切な幼なじみの少女に。
 憎き男の恋人であるとはいえ、ユーリは出会った頃の、ピサロの事で悲しんでばかりいた彼女も知っているだけに、だからこそ今の笑っている彼女を再び悲しませたくはないし、守れなかった幼なじみの少女の分まで守りたいとも思っている。
 しかしそんな少女の強き思いとは裏腹に、ロザリーは頭を横に振った。
「私はこれまで自分が受けてきた、たくさんの親切の恩返しがしたいのです。そして、少しでもピサロ様との罪の償いをしたい」
「どうして? ロザリーさんは何もした訳じゃないのに?」
「何もしなかったからですよ。泣いてばかりでピサロ様を止められなかった事……これが私の罪です。世界というものを、そしてあの神聖かつ巨大な天空の城を、竜の神をこの目で実際に見た事で、私は私の愚かさを思い知らされました」
 確かに天空の竜の神の厳然たる存在感は、初めて彼と会った時の自分と同様に、ロザリーもさぞ圧倒された事だろう。しかしユーリにはなぜ彼女がそこまで重く心に受け止め、思い詰められてしまったのかが理解できなかった。
 あなたは一部の心ない人間たちによって、酷い事だってされたではないか? その人間たちが操られていたとはいえ、一度は命まで奪われてしまったのに……。
 その思いを言葉にしようとユーリが口を動かしかけた時、ロザリーは遮るように続けた。
「私がもっとしっかりしていたならば、彼があなたの大切な故郷を焼き払い、大切な人々を皆殺しにする事もなかったかもしれないでしょう?」
 ロザリーの淡い緑の瞳は、ユーリの青い瞳をじっと見つめていた。その美しく愛らしい顔に亡き幼なじみの少女の姿が重なり、何も言い返せなくなった。
「私のような例外を除けば、死んだ命は二度と帰ってはきません。あなたはこれからもそれで苦しまなければならないのに、私だけが此処でぬくぬくと幸せになる訳にはいかない。現実から逃げる訳にはいかない。ピサロ様の罪を、私も共に償っていかなくてはならない……」
「ロザリーさん……」
 これまでは考えた事もなかった。ピサロの犯した許されぬ罪の数々が、自分が大切に思っているロザリーにまで繋がっているなどとは。
 罪とは自分が想像していた以上に、多くのところで、思わぬところで複雑に絡み合っているものなのだと、少女は今、新たに考えさせられた。
 この旅の中で仲間たちを陰で支えながら、ロザリーもロザリーなりに深く考え、そして模索していたのだろう。ピサロと己の贖罪という険しい道を。愛しい者との永遠の幸せという道を自ら閉ざそうとしてまで。
 エルフの寿命は人間よりも遥かに長い。彼女が望みどおりの道へと進めば、きっと気が遠くなる程の時間を祈り、死者たちの魂を慰め続けなければならない。だがロザリーはそれさえも覚悟の上なのだ。
「この話は全てが終わってからピサロ様と、そしてシスター・エレノアにも話そうと思っています。ですから今は私とあなたの、二人だけの秘密にしておいてくださいね?」
「……うん、解った」
 ロザリーの決意は決して揺るがない。その思いが大きく表れた瞳を前にして、ユーリは自分には止める事はできないだろうと判断し、うなずく事しかできなかった。
「ありがとうございます」
 美しく愛らしいエルフは優しく微笑すると、今度は頭上に果てなく広がる青い空を見上げた。
「ユーリさん、私はこうも思っています。私が聖職者への道に進む事によって、私がこの先ピサロ様の辿ってきた道というものを知ったなら、それをまっすぐに受け入れ、彼とも改めて向き合えるのではないかと」
「えっ? じゃあロザリーさんは、ピサロの過去を知らないの?」
 ユーリは驚きの顔でロザリーを見た。あのピサロと恋人同士なら、てっきり彼女は彼の過去というものの全てを、当然の如く受け入れているものなのだと勝手に思い込んでいたからだ。
 そのロザリーは、少し悲しげな眼差しとなって小さくうなずいた。
「はい……あの方が自らの過去を私に語ってくれた事は、一度もありません。シスターやこの村のホビットの方々なら、何かを少しでも知っているのかもしれませんが、尋ねるのはピサロ様にも失礼な気がして、私は今も何も知らないままなのです」
「そうなんだ……」
 まさかロザリーも自分と同じような事を思っていたとは。
 このロザリーヒルとの関係、魔王となった経緯、そしてその生い立ち――ユーリが思っているだけでも、ピサロの過去は謎だらけだ。
 その男の恋人である以上、ロザリーは愛する男の過去というものがやはり気になり、自分もそれを知りたいのだろう。そしてその過去の中に彼の苦しみというものが潜んでいるのなら、きちんと理解したいとも思っているのだろう。
 これほどまでに、まっすぐな愛情を向けてくれる女性を再び取り戻す事ができたというのに、ピサロは本当に罪な男だと思った。
「ただ……ピサロ様は以前から、ときどき一人で黙って夜空を見上げている事があります。星に祈る訳でも、笑いかけるでもなく、どこか悲しげな目をして。きっと昔の辛い事を思い出しているのかもしれませんね」
 ロザリーは寂しげに笑った。下手に励ます事もできず、ユーリは複雑な思いを抱えて、しばらく黙って彼女を見る事しかできなかった。

 静かな村は夜を迎えた。
 少女は宿屋の暗い一室のベッドの中で横たわりつつも、じっと目を開けていた。
 此処にいるのは彼女一人。仲間たちは宿屋からすぐ近くの、気のいいホビットの家で最後の夜をにぎやかに楽しんでいる最中だ。
 なぜユーリが一人だけ此処で過ごしているのかというと、ロザリーの重い決意を聞かされて以降、彼女は只ぼんやりと過ごしていた。せっかく振る舞ってもらった美味しい家庭料理さえもわずかにしか口に入らず、身体の具合が悪いのではないかと心配した仲間たちは、安静にして眠っておいた方がいいと言って、彼女を一人、先に宿屋に帰したのだった。
 身体の方には何も問題はないという事は、自分が一番よく解っている。時間がたてば少しは落ち着いた余裕を持って考える事ができるようになるのかもしれないが、心が重いうちは、大勢のにぎやかな楽しい輪に入る気にはなれない。
 だからと言って、このままベッドで横たわっていても、まともに眠れるとも思わない。ならば眠る事を考えなければいい。思い切って、夜の散歩にでも出かけてみよう。
 ユーリは静かに起き上がると、軽装のまま、勇者の証の剣だけを持って、どうか皆が遅く帰ってきますようにと願いながら、窓からこっそりと抜け出した。宿屋の建物は平屋建てであるため、帰ってきた時も楽に入れるだろう。
 今日は夜になっても晴れ渡ったいい天気だ。灯りも何も不要な程に、黄金の満月がこんなにも眩しいものだったとは。
 幸い村の者たちに出くわす事もなく、ユーリは森の中に入った。昼間にロザリーと会った森とは、また別方向にある森だった。
「あっ、そういえば、この森って……」
 ユーリは数日前にこの森の奥で、ピサロと会った事を思い出した。
 あの時の彼が見下ろしていた、過去の大切な存在なのであろう者たちの名前が刻まれていた三つの墓。あの墓を見つけた直後の自分は、ピサロの隠された過去を探ってやらんと意気満々になっていたのに、そのためだけに村の滞在期間を延ばしたのに、しかし結局は何も見つけ出す事ができなかった。
 一度決めた目的を、中途半端に終わらせようとしている。これでは勇者としての名に大きく恥じてしまうだろう。――いや、それ以前に勇者が個人的な目的だけで、予定を変更する事も本来なら断じて許されない。勇者という、皆のリーダーという立場を自ら利用したにすぎないのだ。
「ダメだな……本当にわたしは。何をしているんだ、ユーリ?」
 己を叱るように、ユーリは右手で自分の頬を両方きつくぶった。
 ピサロの過去が解らなかったのなら、もう解らないままでいいではないか。奴の弱みはまた、別のところから見つければいい。今の自分は勇者として最後の敵を倒す事だけを考えていれば、それでいいのだ。
 しかし、もう一度だけ見ておきたい。出発する前にもう一度だけ、あの特別な墓を見に行ってみよう。
 あの時は昼間でも薄暗く思えた森の中だったが、当然、晴れた満月の夜でも同じ事だ。それでも見に行くというだけの簡単な事を、こんな事で諦めたくもない。ユーリは樹々の間から入り込む満月の光を、そして数日前の記憶を頼りに、足を森の奥へとどんどん進めようとするが、やはり夜の森は灯りもなしでは歩きにくい。
『こっちだよ、ユーリ』
 突如、ユーリは自分の名を呼ぶ、しかし知らない何者かの声を耳にし、驚きの眼を辺りにキョロキョロとさせた。
『こっちこっち』
 またも聞こえてきたのは幼い声だった。ユーリが前を向くと、ほんの五メートル足らずの先で、空から差し込む満月の光の下に、一人の小さな少女らしき者が、こちらに大きく手を振りながら立っているではないか。
「えっ……!?」
 突然現れたその少女の存在にユーリは当然、驚く他なかった訳だが、やがてそれ以外にも驚かされる事となった。まるで畑で採れたブロッコリーを思わせるような、彼女の分厚いモジャモジャの巻き毛と、そしてその顔にである。
「あなたは……わたし?」
 目の前に立つ少女は、髪の色は異なり、容姿も随分と幼くはあるものの、なんと自分と同じ顔をしていたのだ。
 彼女はまるで瓜二つのようにそっくりなユーリの顔を、その大きな瞳でじいっと覗き込むようにして見つめたかと思うと、明るくニッコリと愛らしく笑い、次の瞬間には急にきびすを返して軽い足取りで走り出した。
「待って!」
 ユーリは慌てて後を追ったが、幼い少女は素早い俊足の持ち主だったようで、すぐに姿を見失ってしまった。
『こっちに早く!』
 またも聞こえてきた少女の声が、ユーリを導こうとする。彼女は声がした方を頼りに走った。
 自分そっくりな少女の姿は見つけられなかったが、やがて月光に照らされた、覚えのある、あの大きな広い岩場を見つける。すぐに死角となっている裏手へと回り込んだユーリは、ようやくあの三つの墓の前へと辿り着いた――が。
「……!?」
 少女はそこに、じっと立っている人影を見つけた。一瞬、あの幼い少女がいるのだろうかと思ったが、その影はやや背が高い。まさかまたピサロがいるのかとも思ったが、しかし彼の長身と比較するとやや小柄で、身体の線もずっと細かった。
 よく見ると影の正体は、ロザリーやこの村の大勢のホビットたちから慕われている、そしてあのピサロまでもが一目置いていると思われる、あの不思議な美しい尼僧ではないか。
「シスター……エレノア?」
 凛と立つ彼女は、自らの名を呼ばれた事でユーリの存在に気づき、少女の方を振り返り、穏やかに微笑すると、優しく穏やかな声で問うた。
「ユーリ……こんな時間に、一人でお散歩ですか?」
「シスターこそ、どうして此処に?」
「私は只の墓参りに来ただけです」
 微笑を浮かべたまま、尼僧はその墓標のある方を再び向いた。足元には、あちこちで摘んで集めてきたのであろう複数の色とりどりの花々の束が、三つの墓の前にそれぞれ置かれていた。
 ユーリはこの場で自分が何をするべきか一瞬だけ戸惑ったが、しかし思い切って口を開いた。
「……シスター、教えてください。ピサロは、彼は、過去に何を失ったんですか?」
 ずっと気にかかっていた事を、あの男と深く関わりがある者に対し、今ようやくユーリは尋ねる事ができた。
 しかしやはり聞いてはならぬ事だったのか、尼僧はユーリに背を向けたまま、長い沈黙を示したが、やがて彼女は振り向かぬままではあったものの、その問いに答えてくれた。
「ピサロは……まだ魔族の王となる前に、かけがえのないものを多く失いました」
「この墓に刻まれた名前の人たちを、ですか?」
「…………はい」
 尼僧は再び黙り込んだが、それでも重々しく、かすれるように小さな声と共にうなずいた。彼女は余程にその者たちの死に対して、悲しい記憶を抱えていると言うのだろうか?
 完全な部外者の自分が聞いてはいけない事なのかもしれない。でも……あの男の過去は、やはり知りたい。
「シスター・エレノア、あなたは此処に眠る人たちの事をご存知なのですか? 特にわたしとよく似た名前の、ルーリという人がとても気になります。名前からして女性だと思いますが……彼女とピサロは一体いつから、どういう関係にあったのですか? どうか教えてください!」
 一度問い始めると、ユーリの口からあふれる質問は止まらなかった。ロザリーヒル最後の夜にして、探し求めていたピサロの過去をようやく一欠片でも知る事ができるかもしれないと思い、早く聞き出したくて焦るうちに、少女は冷静さを失っていた。
 質問攻めに遭った尼僧は、逆に落ち着いたまま、ようやく再び振り向いて対処した。それでもその白き顔からは、たおやかなあの微笑は消えていた。
「ルーリはピサロの事が大好きだった、大昔の彼の親友だった、ホビットの少女です。アドンとスラはピサロと同じ魔族であり、彼等もまた彼の大切な親友でした」
「……親友?」
 あまりにも意外な響きだった言葉に、ユーリはその場に呆然と立ち尽くした。
 考えた事もなかったからだ。時には愛する恋人でさえも遠ざけようとする、あの誰よりも孤高な存在とも言えるピサロに過去の存在とはいえ、親友などと呼べる者が複数もいたなど。しかもルーリはホビットという、魔族とは完全に異なる種族なのだ。
「彼等はそれぞれが皆、ピサロのために戦い、若き命を壮絶に散らしました」
 その結末を語った尼僧は悲しげにうつむいた。これ以上の事を深く語りたくはないというのが、ユーリにも伝わった。
「ごめんなさい」
 やはり聞いてはならなかった。ユーリはそれを無理に知ろうとした自分の愚かさを責めながら、頭を下げた。
「なぜ謝るのです? あなたは知りたかったのでしょう?」
「はい。ですが……」
 気まずいまま、ユーリはどうにか言葉を返そうとしたその時、尼僧は急に自らの腰のポケットを探り始め、何かを取り出した。
「ユーリ、あなたにはずっと、これを渡したいと思っていました」
 尼僧が少女の前に差し出したもの。それは鎖が短くちぎれ、熱か何かで形も大きく歪んでしまった銀色のロザリオだった。
「これは……?」
「ルーリが天に召されるまで、肌身離さず持っていたものです。これは是非ともあなたに、持っていてもらいたいのです」
 尼僧からの思わぬ願いに、ユーリはとんでもないという顔で首を大きく横に振るった。
「そっ……そんな大切なものを、どうしてわたしなんかに!?」
 必死で拒もうとするユーリの顔を、尼僧は穏やかにその瞳を細めながら、じっと見つめる。
「あなたのその顔が……ルーリとよく似ているからですよ。あなたの顔は、彼女とまるで瓜二つです」
「わたしと、ルーリが……?」
 尼僧は黙ってコクリと小さくうなずいた。いきなり告げられたその事実に、ユーリは今まで以上に驚くしかなかった。
 確かにこの村の老いた者たちの態度を見ていると、自分が彼等の知っている誰かに似ているのだろうとは思ってはいたが、それがまさかルーリの事だったとは。自分と彼女の名前も似ている事で、彼等は自分にこれまた特別な思いを抱いた事だろうと考えると、納得もできた。
 そうだとすると、ルーリをよく知っているピサロもまた、同様の事を思ったのだろうか?
 ではなぜ彼は、大切な友人だった少女とよく似た顔を持つわたしを、簡単に殺そうとしたのだろう? やはりわたしが自分の宿敵となる勇者だったからか? 勇者を殺す事が魔王の役目だから、わたしがどんなに彼女と似ていても、これも仕方がなかったと言うのだろうか?
 ピサロという男がますます理解できなくなると同時に、魔王とは悲しい存在なのだという哀れみに近い感情も、あくまでわずかながらではあるがユーリの中で生まれていた。
 しかしそこまで自分とルーリの顔がそっくりだったと言うのなら、ではまさか――先程遭遇した、自分とそっくりな顔をしていた、あの不思議な幼い少女こそがルーリだったのだろうか? 彼女は亡き己の事を知りたがっていたこんな自分を、わざわざ幻影となって現れ、導いてくれたというのだろうか?
 ピサロの過去を、それと関わった者たちの事を自分から調べ上げようとしておいて、勝手すぎる事を思っているのは充分によく解ってはいるが、正直、こういう話は知らないままの方がよかったのかもしれない。
 この事実を知ってしまった事によって、今後、ピサロに対する憎しみが大きく揺らいでしまうかもしれないではないか。彼も自分と同様に大切なものを永遠に失っていたとはいえ、彼に下手な同情などしたくはない。
 彼にはいつまでも憎しみの対象でいてほしいのに。ユーリは改めて、自分の愚かさを深く悔やんだ。
 同時にふと、少女は新たな疑念をまた別に抱いた。目の前の尼僧に対してだ。それは以前から思ってもいた事で、聞く事にやはり躊躇を覚えつつも、しかし機会は今しかないだろうと、この場で思い切って直接たずねてみた。
「……シスター、あなたは何者なのですか?」
 彼女がホビットではない事はどう見ても明らかだったので、まさか人間なのかとも考えていたが、どうやらそれも違ったらしい。
 只の人間ならば、ホビットの老人がまだ若かったほど大昔に生きていた者の存在を、ルーリが自分とそっくりだったという事実を、此処まで鮮明に知っている訳がないからだ。せいぜい口で聞いた事だけを淡々と語るぐらいしかできないだろう。
 それにルーリを知っている彼女と同じホビットたちが、きちんと時の流れに従って年齢を重ねているのに対し、この尼僧も彼等と共にそれほどの時間を生きてきたなら、その容姿は人間の寿命を考えれば明らかにおかしい。
 尼僧は一瞬だけ軽く目を伏せたような気がしたが、直後にはユーリの青い瞳をじっと見て答えた。
「私は……祈る事しかできない、只の罪深き尼僧です。何もできず、泣く事すら赦されず、只、未来のために祈るだけ。それが、私に科せられた大きな罰なのです」
 ユーリにその言葉の意味は解らなかったが、それでも彼女の抱える深い悲しみと、それを抱えて生きていかなければならない大きな決意はしっかりと伝わってきた。彼女の過去と正体は、もはや自分が知っていい範囲の事ではないのだろう。
 刹那、彼女は急にユーリの右手を取ると、広げさせた掌の上に、自らが差し出したルーリの形見のロザリオを乗せた。
 余程にこれを自分に持っていてもらいたいのだ。そう思ったから、ユーリはその願いをもう拒もうとは、何も問い詰めようとはしなかった。
「私はもうしばらく、此処にいます。ユーリ、あなたは明日出発なのですから、早く休んだ方がいいでしょう」
「……はい、そうします。ではシスター、おやすみなさい」
「おやすみなさい、ユーリ。どうかよい夢を」
 尼僧は少女に対して再び優しく穏やかに、しかし儚く微笑みかけていた。

 尼僧と別れたユーリは森の道を引き返した。途中で迷わないか少し心配になったが、あっさりとすぐに森を抜け出し、元の集落へと戻ってこれた。
 その集落の中の一軒の家からは、楽しく大きく騒ぐ複数の老若男女の声が聞こえてくる。仲間たちの夜の宴はまだまだ続いているようだ。あの様子だと、宿屋には誰も帰ってはきていまい。
 今のうちに早く部屋に戻ろう。ユーリは開きっ放しのままになっていた、自分が出てきた宿屋の窓の前へと帰り着く。片手に持っていた長剣を先にその中に入れた後、直接そこから入るため窓枠の下部分に両手を置いて跳ぼうとした――その瞬間、少女は思いもよらぬ者から突然に声をかけられた。
「何を泥棒みたいな真似をしている?」
「……っ!?」
 背後から聞こえたのは低く静かで、重い威圧感を受ける男の声。ユーリは驚き顔で振り返る。
 すぐ後ろに立っていたのは、長い銀髪をまっすぐ伸ばし、細身の長身の上に黒衣と毛皮のマントをまとった、この地上世界では完全な異端の存在でありながらも、この村でだけは温かく受け入れられている、玉座を追われた謎多き元魔族の王。
 ユーリがこの村でその過去を探っていた、消えない憎しみを抱き続ける相手だった。
「……ピサロか。急にそんな近くから話しかけるな、心臓に悪い」
 すぐさま勇者としての冷静な顔になると、男の顔をじっと見上げる。対するピサロは相変わらずの無愛想な、いかにも冷酷な顔だ。全身が月光に照らされている事で、余計にその冷酷さが際立っているようにも見える。
「此処に来たら、お前がそういう事をしていたものでな。少し気になった」
「……そうか。何でもないから気にするな」
 偶然であるとはいえ、なんてタイミングが悪いところに来てくれたんだ、とユーリは軽く舌打ちした。他の仲間の誰かならともかく、この男には一番見られたくなかったし、今は会いたくなかったからだ。
 心の乱れを決して悟らせまいと必死で隠す事に努めながら、今度は彼女の方から男に問うた。
「ピサロ、そういうお前は何をしていた? 明日は出発なんだから、早く休んでおけ」
 するとピサロは冷めた眼差しでユーリを見下ろし、言った。
「貴様の仲間たちは今も騒いでいるようだがな? まったく、ロザリーにしても村の者たちにしても、人間どもにすぐに馴染みすぎだから呆れるものだ」
 その言葉はユーリの質問に関しては全く答えてはおらず、しかも仲間や大切な恋人や村の者たちまでの事を酷いようにしか言っていないのだから、実に腹が立ってくる。
 只、これも常に傲慢な性格のピサロらしいといえば、ピサロらしい口のきき方なのかもしれないが。彼はそうやって、自分という者を恋人にまで隠し続けているのだから。
 そこでユーリはふと、昼間にその恋人のロザリーが自分に打ち明けてくれた、この男の謎めいた行いを思い出した。
 まさか彼はロザリーの言っていたように、今まで一人、誰の目にもつかない場所でずっと夜空を見上げていたのだろうか? 誰にも見せない悲しげな目をして、自分の大切な亡き者たちの事を静かに思っていたというのだろうか?
「話す事がないのなら、私はもう行くぞ」
 見下した冷たい瞳のまま、男の長身はユーリの前からきびすを返そうとする。
「待て、ピサロ!」
 ユーリは思わず彼を呼び止めていた。
 わたしはお前の友人だったルーリという少女と、そっくりなんだろう? ならば自分の大切な者とそっくりなわたしを、お前はなぜ殺そうとしたんだ? 本当はわたしの事を、お前はどんな気持ちで見ているんだ?
 思わず直接、ピサロ本人にそう問いただしたくなったが、目の前の相変わらずの冷たい真紅の瞳を見つめると、まるで力で圧倒されてしまったかのように口が動かせなかった。
「何だ? 私に言いたい事があるのなら、早く言え」
「……いや、何でもない」
「……そうか」
 そう言って、今度こそピサロはきびすを返し、ユーリの前から立ち去った。
 一人残された少女は、彼が去っていった後をしばし眺めたまま立ち尽くしていたが、この場でいつまでもじっとしている訳にもいかないので、本来しようとしていた、窓の下から跳んで宿屋の部屋の中に戻る事をようやく実行した。
 ユーリは窓の向こう側を、つい先程まであの男が立っていた場所を見下ろし、小さくつぶやいた。
「ピサロ……」
 この戦いが終わり、ロザリーが本当に聖職者となる道に進んだならば、お前はどうするんだ? それでも再び魔王の玉座に戻るのか? 一度は玉座から追われ、人間と、そして宿敵だったはずの勇者と共に戦ったような男を、魔族たちは再び王として迎えられるんだろうか? 魔族さえからも拒まれたなら、お前はどう生きていくんだ?
 ユーリは此処にいない男に心の中で問いかけながら、此処から見える夜空の満月を見上げると、その眩さに瞳を細めた。
 しかし直後には全ての迷いを大きく振り払うように、ユーリは強気の瞳で月をキッと睨み、開けていたままの窓とカーテンを勢いよく閉ざした。

 ベッドに入ったユーリはふと、腰の横のポケットの中の異物感に気づく。ああ、そういえばシスターから渡されたものがあったんだったなと思い出すと、それを取り出した。
 ルーリの形見である、大きく歪んだ銀色のロザリオをユーリはじっと眺める。
「……ルーリ、あなたがわたしなら、ピサロをどうしてる?」
 答えなど返ってくる訳がないとは解っている。それでも彼女に問わずにいられなかった。問えば、少しでもこの揺れ惑う心が落ち着くだろうかと思ったから。
 小さく溜息をこぼすと、ユーリは目を閉ざし、一人眠りについた。瞼を下ろす瞬間、目の前に自分とよく似た顔の小さな少女が笑いかけている幻を見た気がした。


ユーリとルーリ、そしてロザリーとシスターのピサロへの『想い』。
う〜ん、思ったよりも随分と長い内容になってしまいました
(;´Д`)
最初はユーリがシスターからルーリの事を聞かされるぐらいで終わる予定だったのに…。
てかシスターはやっぱりあのシスターでした。
ピサロ(小)に「私は人間」って言ってたのに? …って思った人もいそうですが、真相はいつか必ずって事で。

ロザリーもさほど深い描写は入れないつもりでした。
でも『第六章』終了後の彼女はどうするべきか考えると、
あのままロザリーヒルですんなりとピサロと幸せに暮らして終わり……
っていうのでは、どうも納得いかないなと思ったんですよ。
人間を滅ぼそうとして、数え切れない人間を殺したり殺させたりしてきたような男の恋人である以上は、
その彼の行動を止められなかった彼女の愚かさもまた罪だと思うんです。
ロザリーの性格なら、己の幸せを捨ててでも、長い時間をかけて恋人が犯した罪の償いをしたいと考えそうだし。
そのためにはやっぱり聖職者の道に進ませるしかないかなと。何よりも清らかで険しい道に。
ピサロとは離れ離れになるかもしれないけど、心でちゃんと繋がってるなら幸せって思ってそう。
ピサロザも好きなんだけど、2人は生き残っても結局切ない事になりそうだから悲しい…。

目次へ。絶帝案内板へ。