目次へ。絶帝案内板へ。

03.憎むべきもの

「貴様の強さ、人間でありながらも、なかなか大したものであったぞ。敵として出会いたくはなかったな」
 デスピサロは自らの武器である長剣を手にしたまま、腕をまっすぐ伸ばしていた。刃先の向こう側にいるのは、既に深く傷つき、多量の血を流しながら木の幹にもたれ、座り込んだ一人の人間の剣士の青年だ。
 彼はデスピサロが勇者の姿をこの目で確かめるために、この山奥の名もなき村に潜入した際に一瞬だけすれ違い、自分の異質の気配を敏感に感じ取った者だった。ああいう人間は真っ先に始末しなければならないと思っていたデスピサロだったが、この男は人間にしては随分と腕の立つ男で、現れるなり多くの魔族の兵士たちを一撃で斬り倒していった。
 勇者討伐という名の村人たちの生々しい惨殺を、黙って傍観していたのみだったはずのデスピサロは彼のその姿に驚くと同時に、これは面白い人間だと思った。是非とも自分の相手にしてみたいという、魔族としての好戦的な血が騒いだ。そして彼は自ら剣を引き抜き、「愚かな人間よ、魔王たるこの私を楽しませろ」と言いながら、男に勝負を挑んだのだった。
 男は予想していた以上に強かった。愚かで弱いはずの人間が此処まで強くなれるものなのかと、思わず感心してしまう程に。自分を見る彼の眼は、とても真剣なものだった。それはきっと、自らが守るべき者を守り通そうとする者だからこそ見せる事ができるものなのだろう。その目を見て、デスピサロは一瞬だけ複雑な気分になり、わずかに自分の目を細めた。
 その隙を突かれ、相手は剣の刃を大きくこちらへと突き出してきた。咄嗟に魔王は身を避けたものの、剣先は彼の頬をわずかにかすった。痛みが走り、血が出ているのを彼は理解した。我に返ったデスピサロは再び突き出されてきた刃を弾き、自らも刃を繰り出した。攻撃を避けながら、身を引きながら、火花を咲かせながら、そんな戦いを彼等は続けたのだった。
 勝敗を決したのはデスピサロが掌から放った炎の球だった。こんな人間一人ごときに、魔王たる私がいつまでも手こずっていてどうするのだ? と、魔王としての彼は遂に魔法を使ったのだ。炎の球は男の腹部を直撃し、男は大ダメージを喰らった。更にデスピサロは、そのまま倒れゆく彼の右肩を深く斬りつけ、続けて剣を握っていた右腕をも斬り落とした。
 卑怯な真似だとはよく解っていた。しかし生死をかけた争いにおいては、正しいも卑怯も関係はない。どんな手を使っても、勝ち残った者だけが先を進めるのだから。
 男はうめきながら後ろへと下がり、そのまま立っていた木の幹にもたれ、こうして座り込んだ訳である。
「……ほめ言葉として……受け取っておこう」
 デスピサロからの言葉に対し、男は身体中に負った傷が痛むのか、顔を大きく歪ませながらも苦笑していた。片腕を失い、他の傷からも出血量が多い事は誰がどう見ても明らかだ。もう長くはもたない。
 この男に残された道は、早く楽になる事だけだろう。彼のためにも、此処は早く自分がそれを実行してやらなければならない。男も既に、それを受け入れた様子だ。彼はうつろな目で、しかし笑ったままこちらを見上げている。
「……どうした? 俺を殺すなら……はやく、殺せばいい」
「……」
 やはりこの男の目は嫌な目だ、と魔王は思うと同時に緊張した。とどめをさす事に、彼は確かな躊躇を覚えたのだ。そんな目で、私をじっと見ないでくれ。その目をずっと向けられ続けたなら、私は貴様を殺せなくなるではないか……。
 動かない、いや、動けないそんな両者の間に、一人の他者の声が突如入った。
「デスピサロ陛下、勇者である少女を仕留めました」
 響いたのは確かに女性の声ではあったが、女性のそれとしては低めのハスキーなものだった。
 その声の主はデスピサロ自身がよく知る、魔族の頂点に立つ彼の最も近き位置でひれ伏している直属の部下――いわゆる“四天王”の一人だ。
 立っていたのは、深紫の見事な甲冑と薄茶色のマントをまとった女将軍だった。薄紫の髪を腰まで長く伸ばした彼女は若くはないが、それでもその姿は全てが充分に美しく、そして勇ましかった。右手には、デスピサロ自身もよく見覚えのある、緑髪の少女の首が掴まれていた。
 彼女は魔王の前でひざまずくと、少女の首を静かに差し出した。
「……おお、よくぞ勇者を仕留めたな。そなたには後で褒美をとらせよう」
「ははっ」
 女将軍は低く短く答えると、ひざまずいたまま深々と頭を下げた。

 魔界の強き美しい竜族を束ねる長をも務めるこの女将軍は、魔王や周囲からはその竜族の名前である“アンドレアル”と呼ばれている。今回この討伐に同行したもう一人の四天王の将軍、ヘルバトラーとは当然同等の立場であり、また彼とは旧知の間柄でもあるようだ。
 両者の付き合いがいつからのものなのか、その真の関係などの詳しい事はデスピサロでさえも知らない部分が多々あったのだが、男女としての様々な噂も周囲でささやかれてもいたのだが、部下とはいえ自分が深入りしてはならない事なのだろうと、魔王は今日まで問いただしてはいないし、これからも知りたいとは思っていない。
 部下であろうと何であろうと、その公私はきちんと正しく使い分けていればそれでいいのだ。公私の区別がつかなくなってしまっては、どのような者であっても、まず破滅してしまうのは間違いないのだから。

 デスピサロは堅く瞳を閉ざした、首だけとなった哀れな少女の姿を無言でしばらく見下ろしたが、やがて視線を剣士の男へと戻す。魔王は冷酷な微笑を言葉と共に男へと向けた。
「お前が命をかけて守りたかったものは、どうやらあっさりと殺されてしまったようだな。勇者とはいえ、まだまだ子供。我々の力の前ではどうする事もできなかったようだ」
「……ハハハハハ」
 それでも男は、かすれた声を出しておかしげに笑った。ショックのあまり、気が触れてしまったようにも見えるが、おそらく最後の負け惜しみだろう。
 彼をこんなふうに無様に苦しませて生かし続けるより、さっさと死なせてやるのが、自分にできるせめてもの情けと言うべきだ。躊躇を捨てて決心した魔王は、自らの長剣の刃先を男の頸部へと突きつけた。
「お前もすぐに楽にして、彼女のもとへと行かせてやろう。最後に言いたい事はあるか?」
 遺言を許された男はデスピサロの真紅の瞳をじっと見つめ、言った。
「デスピサロ……お前は本当に、愚かだ」
「……愚かな存在の貴様に、言われたくはない」
 魔王から返ってきた冷たい言葉に対しても、男は尚も笑っていた。彼は更に最後の言葉を続ける。
「だが……俺たちは、あきらめが悪い。……お前はきっと、すぐに後悔する……だろう」
「言いたい事は、それだけか?」
「あの子に会えたら……幸せだった……と、俺が言っていたと伝えて、くれ」
 そして彼は、今度は優しく笑った。うつろながらも温かな眼差しは、死を目前に控えた者のそれとはとても思えない。
 言葉の意味は全く理解できなかったが、目の前の男のその姿は一瞬だけデスピサロの中で、この男に対してずっと意識していた、自分の過去の中の一人の男の姿とが確かに鮮明に重なった。しかし魔王は再び湧き出た躊躇を今度はすぐさま捨て去った。半瞬後、男の喉には長剣の刃が突き立てられた。
 デスピサロは刃を引き抜くと、動かなくなった男の開かれていたままの瞳を指先でそっと閉ざし、身体を地面に横たわらせ、残っていた左手をその胸の上に置かせた。死闘の果てに死んだとは思えない、とても安らかな死に顔だった。
 本当に、勇者にしてもそうだが、この男とは敵として出会いたくはなかった。せめて最後に名前ぐらいは聞いておくべきだったかと思ったが、既に過ぎてしまった事を悔やんでも無駄な事だ。それは己自身が一番よく解っている事。
 感慨にひたっているところで、貫禄ある男の低く静かな声が彼の耳を叩いた。
「デスピサロ陛下、村人たちの始末は全て完了致しました」
 殲滅を告げたのは今回同行したもう一人の四天王の将軍、ヘルバトラーだった。甲冑をまとった身体中の所々に赤い模様をこしらえていた彼は、アンドレアルの隣まで歩み寄ってくると、彼女と同様にデスピサロに対して礼儀正しくひざまずいた。
 そこで彼は魔王の足元に置かれた少女の首の存在に気づき、一瞬だけだがそれを何とも言えない細めた眼差しで、無言でじっと眺めていた。デスピサロは部下の男のその動きに気づいたが何も問わず、そして新たに命じた。
「よくやったな。……ではそなたたち、早く全てを焼き払わせよ。村の者たちの亡骸もまとめて焼いて処分せよ。灰も残すな」
「「ははっ」」
 二人の将軍は、短くも力強い返事と共に立ち上がった。
 やがて魔族たちによる破壊と殺戮の惨劇の舞台と化してしまった、名もなき村の集落は一気に大きく燃え広がった炎によって完全に包み込まれた。その赤き熱き炎の海を傍からじっと眺めながら、デスピサロは険しい眼をしかめた。
「全てが、終わったか……」
 自分を殺すはずだった勇者は仕留められ、彼女が育った村もこうして焼き払い、この世に勇者に関するものは何もなくなった。ならばもう、私は安心だ。私の野心を、邪魔するものはもう何もないのだから。これでよかったではないか。これで……。
 それでも何かが納得いかないような、引っかかるものが彼の中に存在していることは事実だった。私は何を考えているのだ? ――迷いを振り切るように、デスピサロは首を横に振るった。
 そしてデスピサロは、全ての部下たちの耳に響き渡るよう、大声で命令を轟かせた。
「では皆の者、引き上げだっ!!」

 地上世界における、魔族たちのための活動拠点である魔の要塞・デスパレスに帰還するなり、そのまま玉座の間へと向かおうと、デスピサロは二人の将軍と共に歩を進めていた。
 ふと、勇者を討ち取ったアンドレアルは魔王に問うた。彼女は自らが斬り落とした少女の首を黒布に包み、右腕に抱えている。
「陛下、この勇者の首は如何いたしますか? 魔界に持ち帰り、デス・キャッスルの前に晒すおつもりで?」
 デスピサロは足を止めると、背後の女将軍に振り返った。
「……いや、私を殺すはずだった者とはいえ、そこまでして死者に屈辱を味わわせる事もあるまい。アンドレアルよ、それは今すぐ裏庭の墓所に丁重に弔っておくのだ」
「ははっ」
 返事と共に軽く一礼すると女将軍はきびすを返し、勇者の首を抱えたまま、命じられた場所へと向かった。
 デスピサロとヘルバトラーの二人が残ったその場に、立ち去った彼女とちょうど入れ替わるかのように、別の者の声が入ったのはすぐ直後の事だ。
「おかえりなさいませ、デスピサロ様」
 現れたのは、勇者の居場所であったあの山奥の小さな村を突き止めた張本人である白髪頭の老神官――エビルプリーストだった。
 相変わらずの怪しい笑みを皺だらけの顔に浮かべたまま、彼はデスピサロに問うた。
「デスピサロ様、勇者の村は如何なものでございましたか?」
 やはり彼のこの顔は、見ていて気持ちのいいものではない。眉間を微かにしかめながらも、魔王は表面は冷静を装った。
「……エビルプリースト、そなたには感謝しているぞ。勇者の居場所を突き止め、すぐに私に教えてくれた事を」
 その言葉で、老神官は魔王の言葉の意味を理解したらしい。満足げに唇の端を、やはり不気味にニヤリと上げて小さく頷く。
「滅相もございませぬ。私は王に仕える者として、当然の事をしたまでです」
「そなたにも褒美をとらせねばならぬな。望みのものはあるか?」
 魔王の問いかけに対し、老神官は首を大きく横に振るってみせながらも拒んだ。
「いいえ、わたくしは何も望みませぬ。只、あなた様の御傍にお仕え致せる事が、このエビルプリースト、何よりもの幸せでござりまする」
「そうか……」
 随分と大げさな男だ。この男は幼い頃から知ってはいるが、未だよく解らないところも多い。
「わたくしはこれからも、あなた様だけに従う所存にござります」
「……解った。そなたの気持ちは、有り難く大事に頂戴しよう。これからも私のために、力となれ」
「ははっ。有り難き、幸せにござります。……では、わたくしめはこれにて失礼致します」
 魔王からの言葉に、老神官はやはり大げさな態度のまま大きく一礼し、きびすを返して足早に去って行った。
「……私はどうも、昔から彼だけは苦手のようです」
 一瞬の間の後で、これまでの会話のやり取りを黙って聞いていただけのヘルバトラーの、低い声でボソリと小さくつぶやいた言葉がデスピサロの耳に届いた。
 この将軍は普段は冷静沈着な男のはずであるが、今の彼の台詞の言い方には、どこか不快さも入り交じっていた。彼もまた、デスピサロと同様にあの老神官の事は良く思ってはいないのだ。
 対する魔王もまた、小声で返した。
「今は奴の好きにさせておけばよい……今のうちはな」
 まだ、あの老神官にも利用価値ぐらいはあるだろう。少なくとも、この地上世界を全て掌握するまでの間は。
「陛下、貴方はいつまで彼をああやって泳がせておくのですか?」
「もうしばらくの辛抱だ。まさかあの程度の男がこの私に対して、反旗など翻すような真似など出来はしまい」
 デスピサロは魔王らしい不敵の微笑をフッと浮かべた。
「…………」
 その笑みを見たヘルバトラーは黙っていたが、まだ何かを言いたげだった。まるで「本当に、そうお思いなのですか?」と、言いたげな眼差しで。彼は不器用だが賢い男だ。他者を見抜く目の鋭さは昔から変わってはいない。
 だが彼はそれを言葉には出さず、代わりに違う事を魔王に問いかけた。
「しかしデスピサロ陛下、よかったのですか、あれで?」
「何がだ?」
「殺された勇者という少女、よく似ておったと思いましてね。貴方様の過去の大切な少女に」
 デスピサロは一瞬、返す言葉に詰まった。自分の中の最も痛いところを、彼は突いてきたと思ったからだ。
「……それがどうした?」
 それでもデスピサロはとぼけたように、冷静に問い返した。将軍は続ける。
「彼女の最期がどんなものだったのかは、陛下自身もその目に焼き付けておられるはずです」
「そうだったか? それで?」
「その彼女にそっくりな勇者を、あのようにあっさりと殺させて、貴方様は本当によかったのですか?」
「……ヘルバトラーよ、そなたは何が言いたいのだ?」
 思わずデスピサロは、目の前の深く信頼できるはずの部下を真紅の鋭い眼で、きつく睨めつけていた。しかしヘルバトラーの眼差しは動揺もせず、ずっと落ち着いたままだった。
「いえ……私とした事が口が過ぎましたな。歳をとると余計な事をついつい口走ってしまいやすくなるもので。今の私の発言は、どうかお忘れくださいますよう願います」
「…………」
 ヘルバトラーはデスピサロが忘れたくとも忘れられない、過去の大きな出来事を記憶している数少ない一人だ。彼もその際に、自分の大切な者を失っている以上は、その時の事を忘れる事は生涯ないのだろう。
 それでも魔王はあの過去を、他者によって下手に掘り返させるような真似はされたくはなかった。失った者たちの存在は、自分の胸だけで静かに留めておきたいのに……。
 己の非礼を詫びたヘルバトラーに対し、デスピサロは何も言わず、この場から一人、逃げるように歩き出そうとしたその瞬間、早足でコツコツとこちらに近づいてくる規則正しい足音を聞いた。
「デスピサロ陛下、よろしいですか?」
 急ぎ足でやってきたはずなのに、息切れ一つしていない冷徹でハスキーな小声と共に姿を現したのは、つい先程に、勇者の首の埋葬を任せたはずの魔竜の女将軍だった。
「どうした、アンドレアル?」
「墓所の方に、来てください……勇者の首の事で、見て頂きたいのです」
「何事だ?」
 素早くきびすを返したアンドレアルに案内されるがまま、デスピサロは、そして思うところがあったらしいヘルバトラーも共に、その後へと続いた。
 夜明け前の薄暗い空の下に出て、やがて辿り着いた、ランプの灯りに照らされた裏庭の墓所の一角では、アンドレアルに命じられ、直接の埋葬作業に当たっていた、卑しい生まれの何とも醜い姿の数人の墓守たちが緊張した様子で待っていた。
「あれを見せよ」
 低い声で女将軍が命じると、墓守たちは揃って魔族の頂点に立つ王に頭を下げ、その中の一人が勇者の首が入った、あの黒布の包みを抱えてピサロの前におずおずと歩み寄り、小刻みに震える手でそれを静かに差し出したかと思うと、はらりと布を解いた。
 瞬間。もう一人の将軍と、そして魔王は両眼を大きく見開き、息を呑んだ。
 目の前に置かれていたその首は、確かに女性のものではあったものの、顔はあの緑髪の少女のものではなかったからだ。
 無惨に殺されたはずなのに、安らかにも見える表情で眠るように瞳を閉ざしていたのは、勇者よりも少し年上ぐらいに見える、赤い髪の少女だった。
「陛下……これは一体?」
 驚きの眼のまま、ヘルバトラーは問いかける。しかしデスピサロは答えなかった。答えない代わりに、彼の表情はやがて笑顔へと変化していった。
「……フフフ、ハハハハハ……」
 そしてデスピサロは力ない声で滑稽そうに笑った。この場はもう、笑うしかないと思ったからだ。
「……ああ、どうやら私は、見事に騙されたようだな。あの者たちに」
 ひとしきり笑った後、魔王は首を横にゆっくりと振るいながら、大きくため息をついた。あの剣士の男の最後の言葉と笑いの意味が、今、ようやく全てを理解できた。
「なるほど、彼等は己の信念を、守るべきものを守り通したという事ですね。此処までされると、彼等はもはや尊敬に値すべし者たちとも言えるでしょう」
 ヘルバトラーも納得したのか、勇者に化けていた少女の首を眺めながら、深々と頷きながら言った。おそらくは、彼も過去に似たような事を経験しているからこそ、あっさりと受け入れられるものがあるのだろう。
「……この事は、此処にいる我々だけの秘密とする。他の者には誰一人、決して漏らすな」
 デスピサロは低い声を一段と低めると、二人の将軍と墓守たちに命じた。
 この事は近き部下たちであっても、他者に知られてはならないのはデスピサロ自身が一番よく解っていた。特にエビルプリーストあたりに知られては、厄介な事になるのは目に見えている。
「お前たち、この者はこのまま勇者として、きちんと弔っておけ。勇者は死んだ事にしておくのだ」
 低めた声のまま、魔王は墓守たちに命じると、少女の首を黒布に包み直して彼等に手渡した。受け取った墓守たちは頭を下げ、慌てて埋葬の作業へと戻った。
 その姿を見届けるなり、デスピサロは静かに身をひるがえし、歩き出した。しかし歩き出したのはデスパレスの方向ではない、完全な反対方向だ。
「陛下、どちらへ?」
「すぐに戻る」
 問うてきたヘルバトラーにそれだけを答えると、デスピサロはルーラの呪文を唱え、瞬時にその場から飛び去った。

 村人たちの手によって見事に守られた、勇者の少女・ユーリは何処かで生きている。
 落胆するべきか、喜ぶべきか。その事実をデスピサロはどう受け入れるべきなのか悩んだ。
 始末したはずの勇者はすり替わっていた偽者だった。――これは魔王としては恥じるべき大失態でしかないのだろうが、彼女が生きている事にわずかな安堵を覚えたのも事実だった。すり替わった少女の本来の顔が、自分の愛しい者と髪の色が同じで何処か雰囲気も似ていた事は少し気に喰わなかったものの。
 しかし既に過去の存在である大切な少女とほとんど瓜二つとも言えるユーリは、今もこの世界の何処かを、一人でさまよい歩いているのかもしれないのだ。自分への激しい憎しみを抱えて。
 彼女はきっと、私を忘れはしないだろう。彼女にそっくりな彼女が、これからもずっと私の事を忘れない――そうだ。それでいいではないか。思いの内容がどのようなものであろうと、私はこれからも彼女に忘れられはしないのだから。
 そして彼女は、いずれは私を殺しにくるのだろう。もちろん彼女にあっさりと負けてやる気はない。彼女の真の始末は、それまでにでも考えておけばよい。まだ時間はたっぷりとある。
 だから、私はあそこに行こう。全てを割り切るために。自分の中に残っている躊躇というものを、完全に捨てるために。決意を新たにするために。

 デスピサロは多くの樹々に囲まれた夜明け前の森の中の道を一人進んでいた。どんどん足を進めていったところで、やがて大きな岩場へと辿り着く。
 全ての魔族を従える魔族の王であり、同時に魔界をも統治する王という立場になってから、此処を訪れる事はめったになくなっていた。自分に今も親しくしてくれる者たちや、今の自分にとってかけがえのない愛おしい存在がひっそりと暮らしている、此処からすぐ近くの小さな村の集落を、魔王としての多忙な日々の合間をぬって訪れる事は度々あってもだ。
 それでも彼にとって、此処はずっと忘れられない、忘れてはならない場所なのだ。時々でも訪れてあげなくては、弔われた者たちに失礼だというものだろう。
 此処の作りをよく知っている者でなければ、なかなか気づかないであろう死角に廻り込むと、彼はそこで灯りもなしに静かにたたずむ、女性の人影を一つ見つけた。
 その実体を、彼は誰よりも存じていた。
「シスター・エレノア、此処にいたのですか?」
 突然の問いかけに、端整な顔をした一人の清らかな存在である尼僧は振り返り、デスピサロの姿を認めるなり、少し驚いた目をこちらに向けた。
「ピサロ……どうしたのです、こんな早い時間に? 村の皆も、ロザリーもまだ眠っているでしょう?」
 デスピサロとは長い付き合いにある彼女は美しく澄んだ声で、男に魔王としてのものではない、本来のピサロという名前で問うた。彼は微笑しながら尼僧に頷くと、彼女の隣に立った。
 二人の目の前にあったものは、男がデスピサロとなるより前に幾多の小石を高く積み上げて作った、三つの墓だった。
「ええ、解っています。用が済めば、すぐにデスパレスに戻りますので、お気遣いは結構です」
 部下たちには決して向ける事もないはずの丁寧な敬語使いで、デスピサロはエレノアと呼んだ尼僧に言葉を返した。それだけ彼はこの彼女を心から慕い、ずっと敬い続けているという事だ。
 幼い頃から知っている男の、突然のこの場所への来訪に驚きを見せた様子の尼僧だったが、すぐに本来の落ち着きを取り戻し、彼に問うた。
「彼等に、会いに来たのですか?」
「……はい」
 間を置いて、短い言葉で、彼は魔王デスピサロではなく、一人の青年ピサロとして答えた。
「彼等にはもう、長いこと会いに来てはいませんでしたから」
 ピサロは足を一歩前へと踏み込むと、しゃがみ込んで目の前の三つの墓標に刻まれたそれぞれの名前をじっと見つめた。その三つの墓前には、尼僧が摘んできたものであろう、幾つもの美しい花々が供えられてある。
「シスター・エレノア、あなたは今もずっと毎日、此処を訪れているのですね?」
「彼等の事を覚えている者たちは、もうほとんど残ってはいません。まともに此処まで足を運べるのは、今はもう、私とあなたぐらいでしょう。ですから私は、毎日此処へ来るのです。彼等を忘れないように、彼等に寂しい思いをさせないように……」
「…………」
 ピサロは三つの墓標に自らが刻んだ名前を、伸ばした指先でそっと撫でると、黙って真紅の瞳を閉ざした。
「彼等が今のあなたを見たならば、どんな事を言うのでしょうね?」
 尼僧の言葉に、目を開いたピサロはどう返すべきか戸惑ったが、しかし彼は下を向いたまま小さく頷き、言った。
「……そうですね、私もそう思います。こうまで変わった私を見て、感動するのか、それとも嘆くのか……どちらにしても、私の今のこの汚れた姿は、彼等には見られたくはありません。彼等が愛していたのは、弱くも純真だった私なのですから」
「ピサロ……」
 エレノアは不安げに、そして案じた様子で彼の名を呼びかけた。彼女が心配するのはやはり当然だろう。自分が自分を否定するような事を発言していては。
 ピサロはそんな彼女の方を振り返り、あの事実を打ち明けた。
「シスター、私は勇者となる者に会いました」
「……!?」
 尼僧は目を大きく見開き、ピサロを見下ろしていた。
「勇者はまだまだ幼い少女で……死んだ彼女に、よく似ていました」
 ピサロは再び墓の方を向き、そして一人の少女の名前が刻まれた墓標にじっと目を向ける。
「……その者を、あなたは殺めたのですか?」
 問うてきた尼僧の声は、微かに震えているのがピサロにも理解できた。
「いいえ。彼女はおそらく、今も何処かで生きています。……しかし私は、彼女にとっての大切なものを全て奪いました。私を激しく憎む彼女はいずれ、自ら私を殺しにくるでしょう」
 答えながらピサロは立ち上がり、身をひるがえした。目の前の尼僧は小さく震えている両手で、首にかけられたロザリオを握りしめ、堅く目を閉ざし、うつむいていた。
 それでもピサロは、言葉を続けた。
「此処で眠る彼等は今の私を知らなくて、幸せなのかもしれません。冷酷非道の魔王など、彼等が私に最も望まなかった姿ですから」
「ピサロ……」
 顔を上げたエレノアは悲しげな瞳で彼を見上げ、右手を彼の左頬へと伸ばそうとした。しかし頬に届く直前で、ピサロは彼女の右腕を軽く握り、拒むように首を横に振るった。
「今の私には、どうか触れないでください」
「ピサロ……」
 尼僧は悲しげな瞳のまま、繰り返すようにもう一度ピサロの名を呼んだ。
「……あなたの事も、私は既に赦しています。あなたがいたから、私は今も此処にいられるのですから」
 ピサロは尼僧を見下ろし、静かにうっすらと微笑んだ。そしてその腕を放すと、軽く一礼し、彼は彼女の横を通り過ぎ、前を歩き出した。
「ピサロ、あなたは本当に、あの時から前を進んでいますか?」
 横を通り過ぎる際、エレノアはピサロにそう問いかけた。しかし彼は答える事も、立ち止まり振り返る事もしなかった。
 一瞬だけ背後から、小さな誰かの手に服の裾を掴まれた気がしたが、それでも彼は振り返らなかった。
 家族も恋人も、過去の存在の者たちも、大切な誰もが私を引き止めたいのは、私自身が一番よく解っている。しかし今の私は、只のピサロではないのだ。私は魔王・デスピサロなのだ。
 もう……過去の自分には戻れないのだ。進むこの道がたとえ、完全に誤っていたとしても、私は私の道を信じて進むまで。
 デスピサロが見上げた東の空には、太陽が昇りかけていた。また地上の一日が、こうして始まろうとしている。

 ――ユーリよ、お前は憎むべきこの私をずっと憎むがいい。私への憎しみがお前の生きる糧となり、それでお前がずっと生き続けられるのなら。そして私とお前が再び、出会えるのなら。
 私はずっと、いつでもお前を待っているぞユーリ。だから必ず、私を殺しに来い。


勇者となるユーリから全てを奪い、彼女にとっての『憎むべきもの』となったデスピサロの葛藤です。
ピサ勇小説のはずなのに、ユーリが全く出てこなくてごめんなさい。
あと師匠やシンシア好きな方々も、ごめんなさい(;´д`)

特に師匠の最期のシーンを描くのは、少しためらいもありました。
それでも彼は好きなんで無惨にメッタ刺しとかいうんじゃなくて、
綺麗にカッコよく散らせてあげたかったんですよ。
そのためにはデスピサロと直接戦わせて、
勇者の師匠って位だから魔王を焦らせる程の強さを見せて、
最期は彼にとどめをさされるのがいいかな……と。
亡骸はあのまま他の人たちと共に焼かれ、灰さえも残らなかったのでしょうが…(;_;)

ピサロはシスターの前では大人になっても、魔王になっても敬語で、
この辺はピサロ(小)時代と変わっていません。
それがせめてもの救いってところでしょうか?(苦笑

目次へ。絶帝案内板へ。