目次へ。絶帝案内板へ。

02.きっかけ

『ピサロ』
 誰かが私の名を呼ぶ。とても懐かしい、あどけない柔らかな声で。
『どうしたの? なんだか元気がないみたいだけど? またすぐに眠っちゃってさぁ?』
 軽くウトウトして眠りかけていた私は、どうにか微かに苦笑を浮かべながら目を開ける。現れた視界の中には、茶色の柔らかな巻き毛の、私がよく知っている、いつまでも幼い姿のままのあの少女が立っている。
『まったく、ピサロは寝ぼすけさんだなぁ?』
 私には眩すぎる陽射しの中で、彼女も負けぬ眩さを見せて笑っていた。まるで見る者すべてに幸せを安らぎを与えてくれるかのような……いや、私にとっては確かにそうであった、とても明るく、優しい笑顔で。
 ふと、辺りを見回してみる。私は広大な緑の丘の頂上にある、一本の樅の大木の下にいた。此処は私が遠い昔から、そして今でも確かに知っている場所だ。しかし……私はいつから此処にいたのだろう?
『今日もいい天気だね? 何をして遊ぼうか? 鬼ごっこ? かくれんぼ? あ、木登りにしようか? ピサロはまだあんまり上手くないから、特訓が必要だもんね!』
 彼女の口から出てくるのは、どれも呆れてしまうような幼稚な遊びばかりだった。しかし、そうして遊んでいた記憶は私の中に間違いなくあるのだ。ごく僅かな間だけのものとはいえ。
 どう答えていいのか解らず、何も言葉が出てこない私に対し、突然彼女の小さな手が、私に触れようとこちらへと伸ばしてくる。
『ピサロったら、また熱でも出したんじゃないの?』
 確かに子供の頃はよく熱を出して寝込んだりしていたものだったが、平気だ、今の大人になった私なら。しかし彼女はやめなかった。伸ばした手は、私の額に触れる。
『やっぱり……温かいよ、ピサロ』
 だから私は平気だと言っている。しかし……私をじっと見ている彼女の笑顔が、どこか哀しげなものに変わっていく事に気づく。私に触れた彼女の手は、まるで真冬の氷のように冷たいという事にも。
『ピサロは……ずっと生きているものね?』
 一瞬にして、全身を真っ赤なものに染め上げた彼女の姿を見たのは、その直後だった。周囲の緑の景色までもが、黒い闇一色へと変貌していた。
 私は慌てて彼女に触れると、その身体がこれ以上、穢れてしまわぬように、この腕の中に抱き留めるが、彼女の鮮やかな紅にまみれた身体は、既に足の先から音を立てて崩れ落ち始めていた。
『ピサロ、大好きだよ』
 それでも、彼女はまだ笑っていた。しかしすぐにその笑顔にさえも、どんどん侵食していくように崩壊が進み、ひび割れて砕け落ちていく。バラバラに散らばりながらも私を見つめ続けている彼女の瞳から、一筋の液体がこぼれ落ちるのが見えた。
『だからあなたは……ずっと……』
 その言葉の続きを、私は聞く事ができなかった。彼女の身体は、私の腕の中で完全に崩れ落ちた。欠片ひとつさえも残さずに。
 ……教えてくれ。お前は私に何を言おうとしたのだ? お願いだから、答えてくれ。
 何もない暗闇の中で一人取り残された私はなぜか、とても恐ろしいという感情に襲われた。全く私らしくないといえる感情が、私を支配している事にたまらなくなって、私は消えていった彼女の名を大声で叫んだ。しかし叫びは突然吹いた強風の高らかな音色の中へと、ただ空しくかき消されるだけだった。
 出してくれ。この闇から、不安から、恐怖から――!!

 デスピサロは横たわっていた豪奢な寝台の上で、その血潮の如く真紅の瞳を大きく見開いた。
 窓という窓を分厚い黒のカーテンでびっしり覆っている、この自分専用の寝室ではあるが、僅かな布の隙間から、魔族にとっては眩ゆすぎる有害でしかない光が一筋も入り込んでいない様子からして、外はもう既に暗くなっているのだろう。
 それでも全身の白い肌の上には冷汗が珠となって浮き上がり、まとっている寝衣は水を被ったかのようにベットリと濡れている。一方で逆に、身体は全く寒くもないはずなのに小刻みに震えている。呼吸さえも乱れている。
 また、あの夢を見た。なぜか近頃、同じ夢を繰り返して見てばかりいる。そしてあの夢を見た直後は、決まって激しい不安に襲われてしまう。
「ロザ……」
 思わずデスピサロは自身が与えてやったものである、愛する恋人であるエルフの娘の名を呼ぼうとしたが、彼女は此処にはいなかったという事に気づく。
 此処では、例え今のように自分一人だけしかいなくても、決して弱さだけは見せてはならなかった。彼はそれが許される立場ではないからだ。
 背を起こすと、その代わりとなるものを求めるためなのか、とにかく少しでも安心したかったのか、デスピサロは寝台の傍らに立てかけてあった愛用の長剣を、収めている鞘ごと手に取り、息を乱したままその胸に強く抱きしめた。
 予言を受けた事で随分と前から部下たちに探させている、自分を殺すという、魔界の者である自分とは完全に対なる存在である、天空の者の血を引く勇者となる者は未だ見つかってはいない。これがデスピサロが抱える不安に更に拍車をかけさせる一因ともなっていた。
 此処はデスパレス。魔族であり、その魔族の頂点に立つ王である彼が、この地上世界を我が手中におさめるという野望の活動拠点とするために建てた、全ての魔族たちのための要塞だ。
 彼等の故郷である、深き地底の果ての世界――魔界にある、デスピサロの本来の居城デス・キャッスルと比較したならば、規模的には数段劣るものではあったが、それでもほんの短期間で築いたものとは思えぬ程に、実に見事な城である事には違いなかった。
 デスピサロが名を呼ぼうとした恋人であるエルフの娘は現在、彼女が持つ“ルビーの涙”を狙って追いかけている愚かな下賎なる人間たちの手から守るため、ずっと以前からデスピサロ自身が世話になっている村にかくまってもらっている。
 あの村の者たちにとって彼女は完全な異種族の者ではあったが、この自分という大きな前例がある以上は、そういう事は全くの無問題という話だった。彼女の純粋で心優しい性格はすぐに受け入れられ、彼等の中にもすっかり仲良く打ち解ける事もできたようで、デスピサロもひとまず安心を覚えた。
 しかしその村と此処とは随分と遠い距離にある。己の野望を完遂させる事に忙しい今は、彼女とは度々会う事さえ難しい状況にあるために、自分がいない間の万が一の事を考え、現在、デスピサロは彼女を以前に自分が村のために建てた頑丈な石造りの塔の中に隠している。
 これではまるで囚人ではないか、という声も村の者たちの間から上がっているのは事実であるが、デスピサロもそれは何より深く理解している。彼自身も昔はよく似た扱いを受けていたのだから。しかし愛する彼女の命を守るためには、他に致し方がなかった。
 ……そうだ、彼女こそ今も不安な毎日を過ごしているはずなのだ。彼女を守らなければならない自分が不安になるという、こんな情けない話があってなるものか。一番しっかりしなければならない立場にある自分が、こうもしっかりできなくてどうするのだ?
 自身にそう何度も何度も強く言い聞かせながら、彼は抱えていた長剣を元あった場所に再び立てかけると、今度は寝台の横の棚の上に置いてあった鈴を手に取り、軽く振って鳴らす。
 数秒後にはこの城での日常の世話を行わせている数人のよく似た年頃の若い侍女たちの集団が、灯りがともったランプを手にしている者がまず先頭に立って、その後には彼が常に着用している黒の衣服や赤の帯などといったものを手にした者たちが足早に現れた。
「デスピサロ様、おはようございます」
 彼にとって、訪れて間もない夜こそが朝だった。
 魔王デスピサロからはつい今の今まで抱えていたはずの不安といった表情はもちろんの事、彼女たちを気遣う笑顔といった愛想すらも完全に消え去っていた。

 衣服をきっちりと整えたデスピサロは廊下へと出て、執務室へと向かう。
 そんな魔王の前に、彼がよく見知る影がゆっくり頭を下げながら姿を見せた。黒と白の布が合わさった法衣をまとった、白髪頭の神官だ。
 彼はデスピサロの直属の部下にある男で、人間ならば六十を過ぎた程度の年頃ではあるのだが、見た目は既に八十を過ぎている完全な老人にしか見えなかった。
「おはようございます、デスピサロ様。よく眠られましたか?」
 老人特有のかすれた声と共に、皺だらけの顔を上げた老神官は主である若き王に、老いても尚、輝きを失っていない赤紫色の眼差しを向けて微笑をたたえていた。何やら一物を抱えたようにも見える、怪しげな微笑を。
 それを見抜いたのか、デスピサロは「ああ」と短く素っ気ない返事をするのみ。
「何やらお顔の色が優れぬようでございますが、大丈夫ですか?」
「平気だ」
 デスピサロはやはり淡々と答える。寝起き間もないせいなのか、その無愛想な表情は何とも不機嫌そうだ。
「そうそう、デスピサロ様、嬉しい報告がございます」
「何だ?」
 悪夢を見ていたからなのか、あまりまともにぐっすりと眠る事はできなかったらしい。出てきそうな欠伸をどうにか噛み殺しながら、話があるのなら早く済ませろと言いたげな顔で、デスピサロは尖った耳を傾けた。
 老神官は唇の片方の端をニイッと大きく吊り上げ、言った。
「あなた様を滅ぼすという、天空の勇者とやらがいる場所を、我々は遂に突き止めましてございます」
 その瞬間、デスピサロの中に残っていた眠気というものは綺麗に吹っ飛んだ。
「……それはまことか?」
 それはずっと待ち続けていた報告だった。たちまち真剣な眼差しとなり、デスピサロは老神官の顔をようやくまともに見た。
「あなた様に忠誠を誓う私が、嘘偽りを申すなどと思いますか?」
 老神官のその笑顔は、彼が持つ怪しさをより倍増させていたのだが、もはやそんな事は魔王にとっては全くどうでもいい話だった。
「その場所は何処にある?」
 問うた魔王に対し、老神官は不気味な笑みをたたえたまま答える。
「遠き山奥の、名もない村でございます。勇者となる者は未だ子供ですが、そこで外に出る事も許されずにあらゆる教育を施され、しかし周りの者たち全てに愛され、幸せに育っているという話です。何とも羨ましい御身分だとは思いませぬか?」
「…………」
 デスピサロの中で、幼少時に自分が置かれていた環境が鮮明に蘇える。生まれ持ったこの『力』のために、極寒の地の城に閉じ込められていた、自由も何もなかった、束縛され続けたあの頃の日々が。まさか勇者も、そんな自分とよく似た境遇に置かれて育てられているというのか?
 ならば一度、その姿をこの目で見てみたくなった。
「では今すぐ、私をその村まで案内させろ」
 すると老神官は自身の首を軽く横に振る。
「デスピサロ様、はやる御気持ちはよく解りますが、少し落ち着かれた方がよろしいのではございませぬか? 勇者はまだ未熟な子供であるとはいえ、どんな力を秘めているか解りませぬ。今は兵を集め、準備を整えさせなければなりませぬ」
「ああ、そんな事は解っている」
「では、わたくしめが皆をすぐに会議室に集めましょう」
 老神官はデスピサロに一礼を施すと、恭しげに彼の横を通り過ぎる。
「……エビルプリースト」
「はい、何でございましょう?」
 邪悪なる神官――エビルプリーストと呼ばれた老神官は、数歩を歩いたところで魔王のいる背後を振り返る。
「……いや、別に何でもない。早く兵となる者たちを私の元へと集めよ」
 神官はその怪しい笑みを浮かべたまま、改めて一礼してその場を立ち去ったのだった。
「……」
 デスピサロは去り行くその老いた背を無言で見送った。
 そういえば……あの神官は幼い頃に私を閉じ込めていた城に結界を施した張本人でもあったな、という事実をデスピサロは思い出す。
 彼は亡き父王の代から魔界の王家に仕えており、デスピサロがまだ幼い頃に初めて出会った時にも、もう既に神官長という立場にいた者だ。
 その彼に初めて出会った日の事は忘れた訳ではない。あの日の彼は今の完全な老人の姿とは全く違い、まだ若かった。今以上に歪みきっていた不気味さと、目の前でしでかしたあまりにも愚かすぎる数々の行為に対し、当時の幼かったデスピサロは彼に恐れと怒りしか抱けなかった。
 だが時と共に自分が大人になり、肉体的にも精神的にも魔王となる者としてふさわしい力を身につけ、一方での神官はある日を境に全く別人のように一気に老け込んでしまった事で、今のデスピサロは、所詮は彼は自分よりも下の者なのだ、と見るようになっていたと言ってもよかった。
 確かに王である自分の直接の配下にある、魔界四天王という重要な位置に彼を据えてはいるが、その理由は言ってしまえば、自分よりも遥かに年配であり、長く王家に仕えている古株の幹部としての多い知識は、地上世界を征服する上では少しでも必要になるかもしれないと思ったから、老いた彼を満足させる事も考えた上で与えた立場だった。
 野望を果たし、己の理想の世界を作り上げた後は、あっさり斬り捨ててしまっても構わないと思っている。
 そんな彼の始末はいつでもできる。今は勇者となる者を始末する事のみを考えていればいいのだ。邪魔な芽は、早く摘んでしまうに限るのだから。

「あそこが……勇者がいるという村か」
「はい。今すぐ攻め入るとおっしゃられば、いつでもその準備はできておりますが、如何いたしますか、デスピサロ陛下?」
 空は夜の闇からは抜けつつあったが、それでも辺りの景色は未だ薄暗さを帯びている。
 夜明け前の肌寒さをその白い肌でしかと感じながら、山の崖上から、ずっと捜し求めていた勇者が暮らしているという小さな村の集落を見下ろすデスピサロの傍らで、低く穏やかな声で答えたのは見事な黒紫の甲冑をまとった、気品ある整った顔立ちの一人の男だった。
 年齢は既に初老にさしかかっているが、白いものが多く交じった、腰まで長く伸びた深い藍色の髪をオールバックにして一つに束ね、背筋をまっすぐ伸ばした姿は何とも凛々しく、険しくも端正に落ち着いた顔立ちと口の周りに蓄え整えている髭は、その武人としてのどっしりした貫禄を示すのには充分すぎた。
 この男はデスピサロに同行した魔界四天王の一人であり、魔族軍の全てを統括する将軍でもある、地獄の闘士――ヘルバトラーと呼ばれている男だ。
 歴代の魔王に仕えてきた魔界の貴族出身の彼は、デスピサロが生まれるよりずっと以前の若き頃より王家に仕え、絶大なる信頼を置かれながら生きてきた。
 つまり年齢的にも立場的にもエビルプリーストとはよく似ている訳だが、ヘルバトラーはあの神官と比較すると遥かに若々しく見えるし、両者がかつて仕えた者もそれぞれ別の者である。それにデスピサロが彼に寄せる信頼の度合いもまた、神官に対するものとは全く違っていたと言ってもいいだろう。
 尤もこの武人がデスピサロの下に身を置くまでにも、あらゆる経緯というものがあったのだが。
「ヘルバトラー、私は私を殺す勇者なる者の姿をこの目で見てみたい。一度あの村に潜入して、勇者がどのような人物なのか確かめてから、奴を育てた村人たち共々すべて始末したいと思う。村そのものも焼き払え」
「……解りました。我々はあなた様の御意に従いましょう」
 何とも残虐な命令を言い放ったデスピサロに対し、ヘルバトラーは何ら異論も唱えず、ただ一礼した。そのまま彼はこの場から去り行くかと思われたが、主に対して再び口を開いた。
「時にデスピサロ陛下、私は余計な、くだらない事を思ったのでございますが……」
「? 何だ、急に?」
 ヘルバトラーは戦いの場において“真の力”を発揮した時はともかく、それ以外の普段は口数が少ない方であり、部下としての義務的な事以外の話をしてくる事はほとんどない。その彼がいきなりそういう話をしてきた事に、デスピサロは多少の驚きを覚えた。
「見る限り、この村は何だか似てはおりませぬか? あなた様にとっての故郷である村に」
 その言葉にデスピサロは一瞬、返す言葉を見つけられずに黙ってしまったが、それでもすぐに動揺を隠し、冷静なままの顔で問い返した。
「何を言い出すかと思えば……そなたは何を言いたいのだ?」
「……いえ。そういえば、私が陛下と直接初めてお会いになったのは、あの村であった事をふと思い出しまして、ね」
「ああ、そういえばそうであったな……」
 それはもう随分と昔の話である。デスピサロは感慨深げに深く頷いた。
「あの幼かった少年が、すっかり御立派な魔王として御成長あそばされたのですから……私も歳をとる訳ですな」
 同じように深い眼差しを浮かべながら語るヘルバトラーが、自分を見るその眼差しに込められている思いの中に、何が含まれているのかはデスピサロには安易に推測ができたが、あえて口には出さなかった。
 この魔将軍が今も主である自分の姿を誰と重ね、置き換えて見ているのか、デスピサロにはよく解っているからだ。かつてデスピサロの前に仕えていた、もう還らぬ者の姿を、彼は今でも追いかけ見ているという事を。
 二つの間で交わされた深き絆というものは、片方がいなくなろうとも、もう片方が生きている限り、消える事はない。
 デスピサロはそれの意味もしかと理解していた。彼もまた、今はもういない、誰にも消せない絆を交わした大切な者が複数いるからだ。だからヘルバトラーのこの件に関しては、何も口出しはしていないし、してはならないものだと思っている。
 きびすを返し、デスピサロは歩き出すと同時に部下に命じた。
「ヘルバトラー、他の者たちと共に今は少し休め。私からの指示があるまではな」
「……仰せのままに、デスピサロ陛下」
 振り返らない偉大なる魔王に対し、魔将軍は胸に手を当てながら、ゆっくりと元の髪の色と同じ深い藍色の瞳を閉ざしながらも、恭しく頷いた。

 入り込むには、まずは怪しまれぬように努力する事が基本である。
 まさか一目で誰もが怪しいと疑うだろう、魔王の姿で村に入る訳にはいかない。そんな事は馬鹿でも解る。
 村人たちの目を欺くために、デスピサロは用意しておいた全く別の旅人用の服装に身を包み、つばの広い黒の帽子を深く被り込んで、旅の詩人になりすます事にした。閉ざされた田舎の人間は確かに余所者を嫌う者も多いが、逆に外からの人間というものが珍しく、ついつい声をかけてくる者も多かったりするものだ。
 案の定、早速罠にかかった者がいた。昔、宿屋を営んでいたという小太りの何とも人の良さそうな顔の中年男が、その詩人の姿をしたデスピサロを見るなり、今夜うちに泊まっていかないかいと声をかけてきたので、彼は笑みをつくろって従う事にした。
 こうして魔王は、すんなりと村の中に潜入する事に成功したのだった。
 しかし勇者を守るためための手段として、村と外の世界とを完全に遮断させているというだけに、やはり村人たちには突然の外の世界からの来訪者に対して戸惑いを隠せないでいる者も多いようだ。自分に対して警戒の眼差しを明らかに光らせている姿が見える。
 特に一瞬だけすれ違った、剣士らしき姿の若い男は異質の気配を敏感に感じ取ったと見える。デスピサロは彼のような、大切な者を何より守り抜こうとする真剣な眼差しを、遠い以前にも何処かで見たような気がした。
 が、それとこれとでは話は全く別のものだ。ああいう人間は真っ先に始末しておいた方がいいだろう、と魔王は心の内で思った。
 それにしても、昼間の空の太陽というものはやはり眩しい。
 何も知らなかった幼い頃とは違い、今は魔族が苦手としているこの世界の空で輝く太陽の光から受けるダメージを、長時間大きく軽減させる術を全身に施してはいるものの、眩い光そのものを長時間浴びる事は相変わらず好きではない。
 早く勇者を探し出して、その姿を覚えた後、日が暮れるまで休んでおきたい。この村にいるはずの殺すべき者と出会うため、デスピサロは今日の宿となる家を出ようとした、その時だった。
 デスピサロは異質の気配がこちらに近づいてくるのを確かに感じた。間違いない。この気配こそが勇者だろう。
「おじさーん! 村の外からお客さんが来たってホント? どんな人なの!?」
 聞こえた声は想像していたそれよりもずっと明るく、幼く柔らかなものだった。すぐにその姿を確かめてやらんと、好奇心旺盛な表情をして中に飛び込んできた者をデスピサロはじっと見た。
 刹那、目の前に現れた姿を見たデスピサロは一瞬、この目を疑いそうになった。
 笑顔で立っていたのは小柄な少女だった。此処まで駆けてきたのか、息は乱れており、顔も赤い。しかしあどけないが青くクリッとした瞳の整った顔立ちで、短めの独特な緑色の巻き髪は柔らかく、まるでブロッコリーを思わせるような、丸く膨らんだ形をしている。
 この少女が捜し求めた勇者である事は間違いないだろうが、しかしまさか勇者が、まだこんなにも幼い、しかも少女だったとは全くの予想外だった。自分と同じように一つの限られた空間に押し込められて育ったというのに、こんなにも明るくはちきれんばかりの輝かしい笑顔でいる事も。
「ああっ、こら……申し訳ございません、この子は村の外の人間と接した事がないもので。まったく、もう十七だというのに、いつまでたっても子供で」
「いいじゃないのさ別に? 気になるものはなるんだからさぁ?」
 初対面の者を前にしての無礼に、中年男は詩人のデスピサロに対して謝ったが、少女の方は逆に怒ったように言い返した。
「ほほう……この村には、君のような子供もいたのですか」
 十七歳という実年齢よりも四・五歳程は幼く見える、少女の明るく元気そうなその姿をデスピサロは静かに真紅の瞳を細めながら見つめた。
 デスピサロは自分の宿敵の勇者であるこの少女に対し、複雑な思いを抱いたのだ。
 彼をそう思わせたのは、何より少女の容姿そのものである。彼女はデスピサロが夢で見た、彼の思い出の中にだけ存在する、懐かしい少女の顔と瓜二つだったのだ。
 彼の正体を知っても、いつまでも一人の友達として見てくれた、今はもう死んでしまった少女と。
 何も知らない目の前の少女は、デスピサロを見上げながら歩み寄ってきたかと思うと、深く被り込んだ帽子の中に隠れそうな、その白い顔にじいっと見入っていた。
 やはりよく似ている、まっすぐな眼差しに思わず目を逸らしそうになったが、冷静を装い、彼は少女に尋ねた。
「どうしましたか?」
「あ……ううん、なんだか、あなたってとってもキレイな顔をしてるなぁって思って。まるでエルフみたい。それとも、あなたもしかして本当にエルフなの?」
 その問いに、デスピサロは一瞬言葉を詰まらせた。なぜ、お前はそんな顔で彼女と同じ事を聞いてくるのだ、と。私はお前を殺しにきたのに……
 まさか今まで何度も死んだ彼女を夢で見てきたのは、この日が来る事を予言していたのだろうか? そう考えるとデスピサロはフッと苦笑を浮かべるしかなかった。そして少女に問い返す。
「エルフ……なかなか面白い事を言う子ですね。よければ名前を教えてはくれませんか?」
「あたし? あたしはユーリ!」
 その名前を耳にして、デスピサロの頭は鈍器で殴られたような衝撃を覚え、動きが固まった。それでも確かめるように、彼は少女から聞いた名を小さな声でつぶやく。
「ユーリ……ですか」
「そうだよ。あなたの名前は?」
「私の名は……ピサロです」
 なぜ、敵であり殺すべく少女にこの名を名乗ったのか、彼自身にも解らなかった。
 魔王デスピサロである彼が、元の名前である“ピサロ”の名を誰かに名乗るのは、随分と久しく思えた。
 この名前は太古の大昔に、自分にとって遠い先祖である、魔族の誰もが恐れる偉大なる存在のはずの帝王エスタークが恐れたという、一人の魔界の勇者の名が由来となってつけられたものなのだと、ある大切な者から聞かされていた。デスピサロと名乗るようになったのは、その勇者を意識したからと言ってもいい。
 そんな深いものが込められている名前を、デスピサロの思い出の中のユーリにそっくりな少女は、出会ったその日から無邪気に呼び捨てたものだった。
「解った、ピサロだね! よろしくねピサロ!」
 そう、今の目の前のユーリのように笑って。
 するとユーリはふと、何か新たなものを発見したという顔で、ピサロの顔を更に見入った。完全な帽子の陰となっていたそれに彼女は気づいたのだ。
「ピサロって、赤い目なんだぁ? こんなキレイな目をしたキレイな顔の人って、あたし初めて見たよー?」
「……」
 デスピサロは言葉を返せなかった。このままユーリを見続けているのが苦しくもなってきた。
 どこまでお前は私を苦しませれば気が済むのだ? 彼女と同じ事を、私にこれ以上言わないでくれ! 私の目的を……心を狂わせないでくれ!
「ユーリ、もういい加減にしなさい。この人は旅で疲れてるんだ。しばらく休ませてあげなさい!」
 客人が困っていると察した中年男は、無邪気に目を輝かせるばかりの少女に注意した。それでもユーリは引こうともせず、デスピサロに尋ねた。
「休むって、いつまで?」
「……そうですね、夜まで休ませて頂けたら有難く思います」
 激しく動揺し続けている心を懸命に隠しながら、デスピサロは微笑んだ。するとユーリは一層嬉しげな顔となって言った。
「じゃあ、夜になったらまた会えるんだね? そうだ、ウチに来てよ? 夕ごはん一緒に食べない? お母さんが作るものは何でも美味しいんだから! ピサロが今まで作った詩もぜひ聞かせてよ!」
「こら、ユーリ!」
 どこまでも懲りないユーリの態度に、中年男は呆れ顔で一喝するが、デスピサロは笑みを浮かべたまま、軽く手を振るった。
「ああ、いいんですよ。私は全く構いませんので」
「本当? じゃあ約束だよ??」
 純真な眼差しで、ユーリはデスピサロの目をしかとまっすぐ見て言った。やはりそれは太陽のように、デスピサロには眩しすぎた。
「……はい」
 デスピサロの返事には重い響きがあったが、未だ幼く無邪気なユーリは気づくはずもない。只、夜になったら彼と再び会えるという期待に胸を躍らせるばかりのようだ。
「じゃあねピサロ、また夜にね!」
 ユーリは明るい笑顔のまま、デスピサロに手を振りながら、元気よく外へと飛び出していった。
「どうもスイマセン。本当に礼儀も遠慮も何も知らない子で……」
 何とも申し訳なさそうに謝る中年男に対し、デスピサロは無言で穏やかな笑みを返しながら、自分のために用意してくれた狭い部屋に戻った。
 どっと疲れが出たらしい、扉を閉めて深く一息をつくと、帽子を取って、小さく粗末なつくりの寝台の上へと頭から倒れ込んだ。自分が普段使っている豪奢で柔らかなものとは全く異なっていたが、それでも何処か懐かしい匂いがした気がしたのは、この村があの村に似ているからだろうか?
 そのまま彼は、ユーリがキレイだと言ってくれた、生まれながらの血潮に染まった真紅の瞳を閉ざし、しばしの眠りに堕ちていった。
 ユーリに自身の過去の悲しい一片を重ね、現在の自分の魔王としての立場における葛藤に悩みながら……

 運命とは、何と皮肉なものなのだろう?
 私の野望を阻み、私を殺すという愚かな天空の勇者が、彼女とよく似た名前を持ち、更には瓜二つの顔をしているだなんて。
 運命は私に、二度も彼女を殺せと言うのか?!
 ……いや、違う。あれは彼女ではない。彼女はもう、とっくの大昔に死んだのだ。あれは彼女に似ているだけの、私の目的を妨げるだけの敵だ。ならばそれでいいではないか。
 敵は殺すのみ。そう、災いとなる敵は、必ず殺すしかないのだ。あのユーリという少女に再び出会う時は、彼女を殺す時だ。
 勇者は、殺す。これ以上、私に要らぬ感情を抱かせぬために。
 私は、魔王デスピサロなのだから!

 その夜、山奥の名もない一つの村が、魔王率いる魔族の軍団によって襲撃され、壊滅し、村人たちも皆が無差別に惨殺された。
 だがそこで唯一人、奇跡的に生き延びる事ができた者がいた。村人たちによって地下室に隠されていた、勇者となるためにこの村で育てられた、まだ十七歳の少女だった。
 彼女の姿に化けた別の少女を部下の手で仕留めさせたデスピサロは、それが偽者であるとは気づかぬまま、デスパレスへと引き揚げていった。
 生き残った少女――ユーリの中に、消えぬ深い悲しみと憎しみを残して。

 ピサロとユーリ。
 二人の長い関係のきっかけとは、少女にとっては憎しみと復讐の心、男にとっては過去を悔やみ続ける心だった。
 こうして、二人の全ては始まる。『死』が二人を別つその時まで。


2つめのお題は、ピサロと女勇者の関係の『きっかけ』。
この話では魔王としてのピサロを描いてるので、名前もデスピサロです。
詩人ピサロの絵は人間に化けてるので、耳は尖ってません。
いばらの詩』のネタバレもしちゃってますが(汗)、
何があってそうなってしまうのかは、もちろん本編の方で書きますので。

『いばら―』のルーリの名前は、実はユーリの後から考えたものだったりします。
ピサロの中に深い影を落とす事になる女勇者そっくりな女の子……
ならば女勇者のユーリとよく似た名前のルーリにしようって感じで。
この時点でのユーリはまだ子供っぽい無邪気さがいっぱい残っていて、喋り方も全く違ってます。
やはり全てを失った事が、彼女を大きく変えてしまったようです……。

目次へ。絶帝案内板へ。