目次へ。絶帝案内板へ。

01.相反する者たち

 その夜、突然ユーリは目を覚ました。
 背を起こすと、自分の隣で、派手好きな踊り子と真面目な占い師の姉妹とおてんばな王女がそれぞれの寝息を立てている姿を見た。
 此処は馬車の中だ。昼間は先頭を立って数人の仲間たちを伴って歩くユーリの後を、残りの仲間たちを乗せて続いてくる牝馬のパトリシアが引く馬車だが、これは野宿の夜という事態になると、ユーリも含めた女の仲間たちが眠る寝室となる。
 もちろん、街の宿屋のような温かく柔らかなベッドという設備もなく、ただ薄い毛布一枚を被って雑魚寝するだけという此処は広くて快適な空間とは完全に程遠い。
 しかし街からも離れた森の奥深くにてモンスターを相手にするうち体力のほとんどを消耗し、仲間の誰もが疲れきった場合などはこういう場所で、どうにかキャンプを張って休まざるを得ない。
 だがこの日の場合に限っては、野宿の理由はいつものそれとは異なっていた。仲間の誰もがこれまでにはない、特別な思いを抱いていた事だろう。だから来たる朝のために、皆は早く眠りについたのだった。
 幼い頃から勇者となるために、故郷の村の者たちから剣術や魔法を教育され、旅で出会った仲間たちからも既に立派な勇者として認められているユーリではあるが、しかし半分が人ならざる神聖な存在の者であるとはいえ、彼女も人間の血を引いている事には違いない。やはり高まる緊張が邪魔したのか、まだまだ夜の闇が支配する中途半端な時間に目を覚ましてしまったのだ。
 寝直そうと再び横になるものの、どうやら一度覚ました目はすっかり冴えてしまったようだ。一度、眠りの底に辿り着くまでにも時間がかかったというのに……。
 少しイライラしたらしい。ユーリは大きく癖のある柔らかな、鮮やかな緑色の髪を両手で何度も掻きまわす。
 このまま此処でじっとして朝を待つのも退屈だと思った。少し、外を歩いてこようか。そう思い立つと行動は早かった。
 ユーリは傍らに置いてあった、天空の竜の神に自分が勇者であると認められた証でもある、自分にしか扱う事が許されない“天空の剣”と、今はもうない故郷の村にいた頃からもう何年も常日頃愛用している、土や敵の血といった汚れが染み付いた革のブーツを手に取ると、仲間たちが目を覚まさぬよう、音を立てず静かに馬車を後にした。
 外ではまだ炎を揺らしている焚き火と、そしてテントが距離を置いて二つ張られていた。
 キャンプを張る度に使われているそれらのテントは、一つはユーリの残りの旅の仲間たち――物静かな中年剣士と家族思いの太った商人、少し頼りない青年神官と頑固な老魔法使いといった男たちの寝所として使われている。
 そのテントよりもやや離れた奥の位置にある、もう一つのテントの中には、赤い髪を腰まで長く伸ばした、何とも美しくて愛らしいエルフの娘が眠っているのをユーリは知っている。そして、その娘と生まれた種族の壁を超えて深く愛し合っている男もまた……。
 そこでふと、ユーリは焚き火の傍で何者かの影が座り込んでいる事に気づく。細身で長身のその者が持つ、艶やかな銀色の長い髪が炎の光に反射したのか眩く光る。彼は目の前で揺れ続けている炎の中を、血色の如く真紅の瞳で黙ってじっと覗き込んでいた。
 その姿はあの彼しかいないだろう。ユーリがたった今、一瞬でも脳裏に浮かべたエルフの娘の恋人である男――
「ピサロ……お前、まさかずっと起きているのか?」
 ユーリは眠る前にもこの男……ピサロが此処で座っているのを見た。
 ピサロは今も常に着ている黒服の上に分厚い毛皮のマントをまとい、腰には魔界の勇者のみが手にする事が許される“魔界の剣”を携えているという、昼間の移動時と全く変わらぬ格好で此処にいた。おそらく彼はユーリが眠っている間もずっと、此処から動く事がなかったのだろうと推測できる。
 ユーリの問いの言葉に対し、ピサロは静かにゆっくり顔を上げ、炎の向こう側に立つ女勇者の姿を見る。
「……今日の私は眠る気にはならぬ。人間どもはこのまま朝まで眠っていればよい」
 誰もを見下したかのような口調で、真冬の湖に冷たく硬く張りついた溶けない分厚い氷のような、低く、どこまでも静かな声で彼は答える。これほど美しい容姿にぴったりよく似合う声を持った者を、ユーリは彼以外に知らない。
 普段から野宿を行う際は、街の中とは違っていつ突然にモンスターたちの襲撃に遭ってもおかしくはない場所にいるため、すぐに対処ができるように、また焚き火の炎が万が一燃え広がってしまう事もないように、常に誰か一人が見張り役として数時間の交代制で起きている。しかし、若い女たちにこのような危険な事をさせる訳にはいかないという事で、それは主に中年剣士や青年神官の役目となっていた。
 しかしこの日だけは違った。普段ならキャンプを張るなり、さっさと自分のテントの中に引っ込んで、そのまま休んでしまうはずのピサロがこの役目を自ら買って出たのだから。
 考えてみるとこれは本来ならば彼が一番の適役とも言えただろう。ピサロが持つ魔族の王としての強大なオーラは、雑魚レベルのモンスターなど気配すら寄せつけはしないという事が、誰の中でも容易に想像できるからだ。
 実際、彼がユーリたちと行動を共にするようになってからは、只、彼がそこにいるだけでも充分に効果があったのか、これまでなら何度か経験した事もあった真夜中のモンスターたちからの襲撃というものには、一度すら遭った事がなかった。
 中年剣士や青年神官は、見張りの仕事が随分と楽になったのは確かにいいが、しかし自分たちの存在感がすっかり薄れてしまったような気がするといった内容の愚痴を、ついうっかりこぼす程だ。
 そんなピサロではあったが、それでも今の彼からは、普段の彼にはない、きつく張り詰めたものが表情に見え隠れしているのをユーリは見たような気がした。もしかすると何か、思い詰めたかのようなものを、今のピサロは抱えているのではないのだろうか?
「ピサロ、少しでも眠っておいた方がいい。朝になれば最後の戦いが待ってるんだ。肉体的にも精神的にも力を蓄えておかないと……」
 しかしピサロはユーリの忠告に耳を傾ける気は微塵さえもなさそうだった。変わらない見下したままの口調で、彼は言った。
「勇者、なぜお前はそうやって私に話しかけるのだ? 目の前に目的があるうちは黙って進め、といつも言っているだろう?」
 確かに、それはユーリがピサロにほんの少しでも話しかける度に、必ずといっていい程に返してくる台詞だ。常にこのようにして、ピサロはユーリはもちろんの事、彼女の仲間たちの場合も誰に対してでも距離を置きたがる。
 彼がまともに心を開くのは、愛する恋人のエルフの娘――ロザリーと、そして、その彼女の名の由来となった、あの山奥の僻地の村――ロザリーヒルに住まうホビットたちや動物たちに対してぐらいだろう。
「でも……その目的ももう終わるんじゃないか? 戦いが終われば、全てが終わる」
「……ああ、それもそうだな」
 ユーリの言葉にピサロはそう答えて下を向いた。そのまま二人の間には十秒ほどの沈黙が流れるが、そこでユーリは突如改まった様子でピサロに尋ねる。
「ピサロ、お前に聞きたい事がある」
「……何だ?」
「どうしてお前はわたしたちの仲間になった? 誰よりも誇り高き魔王たるお前が」
 それはユーリがずっと、この男に問いただしたい事だった。
 ピサロは元々、地底の果てにある魔界、そして魔族の全てを束ねる王なのだ。現在は部下であったはずの一人の神官の裏切りに遭い、いわゆるクーデターによってその座を追われた状態にあるのだが、しかし生まれながらのものであろうその気高さは、彼がユーリにとって完全な敵であった頃から変わらない。
 ユーリにはそんなピサロを心から激しく憎む理由がある。彼は自分を倒す存在である、自分と全く対なる世界の者――天空の勇者であるユーリを世界中くまなく探して調べ上げ、遂に見つけた彼女の故郷を焼き払い、更には彼女の大切な全ての者たちを無惨に殺した張本人なのだ。
 ロザリーの愛によって救われ、同じ目的を抱いた瞬間から、ピサロは何も言わずにユーリたちと行動を共にするようになったのだが、もちろんユーリが抱く、彼への深い憎しみの感情は今でも変わってはいない。
 血は繋がってはいないとはいえ、自分にとっては家族そのものであった者たちを殺した男を全く憎まないという神経を持つ方がおかしいだろう。
 しかし、その変わらぬ憎しみの一方で、ユーリの中では何かが揺らぎつつもあった。だからこそ、この質問をしたと言ってもいい。
 そんなユーリの問いに対し、ピサロは只、淡々とした様子で答えた。
「私はお前たちの仲間になった覚えなどない。私は只、奴を倒す事のみしか考えてはおらぬ」
 予想していた内容の答えだったが、目の前の焚き火の炎のせいだろうか? ユーリはピサロの真紅の瞳の中に、まるで激しく燃え上がる憎しみの炎らしきものを見たような気がした。
「確かにお前の愛するロザリーさんを欲深い人間たちにさらわせ、殺させた張本人は、あの神官だからな」
「ああ、そうだ。私はそんな奴が許せない。そして奴を舐めきっていた、自惚れていた自分もだ」
 ピサロは言葉と共に自身に対する嫌悪を眼差しに浮かべ、きつくしかめる。自己嫌悪に陥ってしまうなど、何とも彼らしくない姿だ、とユーリは不思議に思った。
 その瞬間、彼は座り込んでいた腰をゆっくりと上げた。そして馬車の入り口の外に掛けられてあった微かな量の灯りがともっていたランプを手に取り、その灯りを大きく調整した後、掌から冷気の魔法を放ち、今の今まで燃え上がっていたはずの焚き火の炎を一瞬にして消し去ってしまった。
「勇者よ、眠れないのなら、少し私に付き合え」
「ピサロ……?」
 命令口調による唐突な話にユーリはもちろん困惑を見せるが、ピサロはそんな彼女に構う素振りさえ見せる事なく歩き出した。
「お、おい待て!」
 ユーリは馬車やテントの方を心配げに振り返るものの、慌てて後を追いかけた。
 ピサロは森の暗く狭い道を手にしたランプで照らしながら、自分の速さで、ひたすら真っ直ぐ進む。その間、彼は言葉を何も口に出さない。
 ユーリは進む道の先に、灯りがともった大きな建造物が見えてくる事に気がつく。その建物が何であるかという事は、誰に言われずともユーリにもよく解っていた。
 ――デスパレス。そこはユーリがこれまでも敵側の偵察として、変化の杖で姿を変えて何度か潜入を行った場所だ。そして今は、自分たちがこれから戦おうとしている、最後の敵である神官がいる場所でもある。
 ピサロはいきなり立ち止まったかと思うと、動きを合わせるかのように同時に足を止めたユーリが立つ方を振り返った。
「ユーリ」
 ユーリは一瞬、唖然とした顔でピサロを見た。
 驚いた理由はピサロがいきなり、このユーリという名を呼んだ以外にないだろう。ユーリの事は呼ぶ事があっても、『勇者』という肩書きでしか呼んではいなかったのだから。
 それに彼はこれまで、ごく僅かにいる自分が本当に心を許せる者以外の者を名前で呼ぶ事などなかった。もちろん魔王として部下たちの名を呼ぶ事はあった訳だが、それはあくまでも最低限の義務で呼んでいただけで、彼は公私における感情を完全に分けきっていたと言ってもいい。
 困惑されっぱなしのユーリを無視したまま、ピサロは話を続ける。しかし次に彼の口から出てきた台詞もまた、耳を疑うような、全く彼らしくない内容のものだった。
「私は……正直、怖いと思っている」
「怖い? お前がか?」
 当然ながらユーリは驚かない訳がない。弱音ほど、このピサロという男に似合わぬものはないはずなのに。
「“進化の秘法”は手にした者を狂わせる。野心、あるいは憎しみなどといった負の感情が大きければ大きい程な。奴はもう、正気ではいまい。かつての私がそうなっていたようにな」
 ユーリの中で、進化の秘法に取り込まれた事によって、完全な異形の化け物となって正気も自我も何もかもを失った、あの時のピサロの姿が蘇える。
「……でも、お前の場合はロザリーさんが救ってくれたじゃないか?」
「そうだ。しかしお前たちがロザリーを蘇らさなかったなら、何も終わる事も始まる事もなかった」
「そうかもしれないが……」
 だからと言って、それがピサロが抱く恐れとどう関係があるんだ? と、ユーリが言葉を続けようとした次の瞬間だった。
 ユーリは信じられない出来事に直面する事となった。ピサロは突然、ユーリを自分の身体へと抱き寄せたのだ。
「しばらく……こうさせてもらえないか?」
 それはあの強気で傲慢な魔王らしくない、どこか弱さを含んだ声に聞こえた。
 そして何とも色白な肌からは想像もつかなかったが、彼の胸はこんなにも温かかったのか……と、ユーリはピサロの腕の中で思った。ロザリーはこの腕の中で、あのテントの中でいつも抱かれているのかとも思うと、何だか複雑な気にさえなってくる。間隔が速まる鼓動が重なるのを、彼女は確かに感じた。
 しかし。憎むべき存在の男に対して、なんて感情を抱いているのだ、とユーリはすぐに我に返る。そして、自分を勝手に抱きしめていた男を力いっぱい、ドン、と音を立てて大きく突き飛ばす。
 ピサロは間抜けに倒れるような事にはならなかったものの、しかしその身体は僅かによろめいた。
「ふざけるな!」
 ユーリは怒りの眼差しでピサロを睨みつけて一喝した。
 一方のピサロはよろめいた姿勢のままで「ククク……」と、魔王らしい小さく不気味な声で笑うと、顔を上げ、目の前の少女と目を合わせる。
「……私と相反する存在であるお前を抱けば、少しは落ち着くかと思ったのだがな」
「ば、馬鹿な事を……お前にはロザリーさんがいるじゃないか!!」
 更なる怒りの視線が、ピサロに向かって注がれる。それをはっきり感じたからなのか、ピサロは軽く苦笑を浮かべた。
「そうだな。確かにロザリーという存在がありながら、なぜこんな馬鹿な事を考えてしまったのか、自分でもよく解らぬ。……やはり、怖いからなのか」
 先程と同じ、何とも彼らしくない言葉をユーリは再び耳にした。だから彼女はあえてはっきりと尋ねてみた。
「ピサロ……なぜ、お前のような男が怖いなどと考えるんだ?」
「お前も知っているように、進化の秘法は恐ろしいものだ。奴が完全に狂い、完全な進化を遂げたのならば、もしかしたら敗れ、死ぬような事も考えられるかも知れぬ」
「?! お前でも、死ぬのが怖いのか?」
 ユーリは何とも意外だという顔でピサロを見た。彼はしばらく黙っていたが、しかし間を置きつつも答えた。
「……死ぬという事は、愛しい者にもう会えなくなるという事だからな」
 確かに愛する恋人を一度失った今の彼を考えれば、それは納得できる話だった。
 でも、そんな事が考えられるのならば、なぜ、わたしの大好きな皆を平気で殺せたんだ? ユーリは複雑な思いで瞳を細めた。
 しかし……こうも考えられるかもしれない。村を滅ぼしたあの頃のピサロは全ての魔族の上に立つ魔王であり、情けや容赦などというものなどは持っていなかったし、持ってはならなかった。実際にそれでロザリーを悲しませてもいたのだから。
 だが今のピサロはどうか? 彼は部下に利用されて魔王の座を追われてしまった、高く保っていたはずのプライドをズタズタにされた、只の哀れな一人の青年と言ってもいい。
 こうなった事で、そしてほんの僅かな時間でも人間である者たちと行動を共にしてきた事で、彼はこれまで持たなかったはずの、純粋な怒りや悲しみや恐れといった感情が芽生えつつあるのかもしれない。
 夜の冷たい風が吹く。ユーリの緑色の髪と、ピサロの銀色の髪は風と同じ方向へとなびく。
 風に吹かれながら、ピサロはユーリの顔をじっと見つめ、そして風が過ぎ去った後、再び静けさを取り戻したところで言った。
「ユーリ、お前は生きてくれ。何があっても」
「!? ……言われなくても、そのつもりだ!」
 またもユーリは訳が解らなかった。かつて殺そうとした相手に生きてくれなど、その相手からすれば何とも勝手すぎる発言だろう。今も憎まれているという事をきちんと理解していながら……。
「そうか。ならばもう休め。朝まではまだ時間がある」
 ピサロはそう言って、ユーリに手にしていたランプを手渡すと、そのまま彼女の横を通り過ぎていく。
「お前はどうするんだ?」
 ユーリは背後を振り返り、通り過ぎた男の姿を照らす。ピサロは五メートルほど離れた場所で立ち止まっており、完全に彼女に背を向けていた。その視線の先には、ついこの間までは自分が王として君臨していたはずの、追われた城がある。
 振り返らぬまま、ピサロは答えた。
「言ったはずだ、私は眠る気にはならぬとな。私なら眠らずとも平気だ」
「……解った。じゃあ、わたしはもう行く」
 訳の解らない事を言い出す、こんな男の傍にはいつまでもいるべきではない。だから早く離れたかった。しかしその思いとは裏腹に、十メートル程の距離を歩いたところでユーリはふと立ち止まり、もう一度だけ後ろを振り返った。そこには先程と全く変わらぬ、動こうともしないピサロの後ろ姿が見えただけだ。
「……」
 放っておいてもそのうち帰ってくるだろう。言葉をかける事もせず、ユーリはそのまま再び歩き出した。
 元いた馬車へ帰る道を進みながら、ユーリはふと気づく。自分もピサロと一緒で変な事を考えているという事に。一瞬でもいいから去り行く自分に対し、彼に振り返ってほしかった、と。
 やはりあんな男などに付き合うべきではなかったな。全くろくな事などない。ユーリは頭を掻きながら、深くため息をこぼした。
 馬車の中に戻ると、他の三人がきちんと眠っている事を確かめ、剣を置いてブーツを脱いで、再び横になって毛布を頭の上まで被る。
 瞳を閉じると、つい先程まで行われていたピサロとのやりとりが次々と蘇える。ピサロがいきなり自分を抱きしめた事も。その時につい感じてしまった、彼の腕の中や胸の温かさと、重なった互いの胸の中で響き合う高鳴る鼓動も。そして、彼からの「生きてくれ」という台詞も。
 本当に訳が解らない。あんな事をしたピサロも、そのピサロを気にかけ続けている自分もだ。
 一人の男の事で頭が一杯になってしまっている、そんな彼女に対し、睡魔は襲い掛かる事を拒んだ。

 ユーリは結局、それから一睡も眠れぬまま朝を迎えた。
 そしてピサロもまた、ユーリと別れたあの場所でデスパレスを見つめたまま、朝までじっと立ち続けていた。しかしやはり彼の持つオーラが周辺に影響したのか、見張りがなくともモンスターが襲撃してくる事もなかった。
 共に目の下にクマをこしらえていた事で、朝食の間は仲間たちから変な疑いの視線を向けられている事を感じつつも、それでも何も尋ねてはこなかった事にユーリは感謝した。
 最後の決戦の地となるデスパレスの内部については、偵察で何度か潜入した事があるために仲間の誰もが知っているが、魔界でピサロが異形の化物となって篭もっていた場所とは異なり、限られた人数でしか入る事はできない。つまり最後の戦いで誰かが力尽きて倒れたとしても、一人も代わりはきかないという事である。
 ユーリは考えた末に八人の仲間たちの中から三人の同行する者を選んだ。その中には、当然ながら最後の敵に恨みを抱くピサロが含まれていた。
 選んだ仲間たち以外の者はロザリーやパトリシアと共に、キャンプを張った場にそのまま残す事にして、ユーリたちはそれぞれの装備を整えると、デスパレスに向けて出発した。
 その出発の際、天空の勇者の装備に身を固めたユーリは、自分と同じように魔界の勇者の装備に身を固めた、無言で凛と立つピサロに話しかけた。
「いよいよだな、ピサロ」
「ああ」
 短く答えたピサロを、ユーリはじっと見つめ、言った。
「お前も何があっても死ぬなよ。お前を倒すのは、わたしなんだからな」
「……ああ、そうだな」
 一瞬の間を置いた後、ピサロは無愛想に、しかし深く頷いたのだった。ユーリはそんなピサロに対して軽く笑った。

 ――二人の最後の大きな戦いは、こうして始まろうとしていた。


ピサ勇お題に挑戦です!
微妙な二人の関係を、地道に挑戦していこうと思います。

お題1つ目はいきなり最終決戦前夜の話です。
2人以外のキャラはまともな描写がないです。多分これからも(ぇ?
女勇者はこれまで鮮明にキャラを書き込んだ事がなかったんだけど、
ギャグにおいては明るくカワイイってなイメージがあるんだけど、
今回シリアスな彼女を書くにおいては、
皆の勇者であるために、普段は男っぽい口調で喋ってる、
本当は弱さも抱いてるけど決して表には出せない女の子……なキャラとなってます。

女勇者のユーリって名前は、『小説版DQ4』の男勇者ユーリルとよく似た名前ですが、
特に意識はした訳ではなかったり(汗

目次へ。絶帝案内板へ。