FF6<#2>〜セカンド〜

「小説地帯。」入り口へ。絶帝案内板へ。

大切なもののために。
自分のために。
そして、答えを出すために。
最後まで、共に歩こう。
『辿り着く場所』を求めて。
今度こそ、離れないように……。

※この小説には、多くのオリジナル設定&キャラ、
流血や暴力等のグロ表現、若干の大人向け表現が含まれています。
苦手な方は、くれぐれも御注意ください。

最終更新日<2013.4.21> 第四章(23)・嵐の前の静けさ・U

『FF6<#2>』の『まえがき』のようなもの。
登場人物紹介。
設定資料集のようなもの。
序章 終幕からのはじまり

(1)老女と少女
(2)瓦礫の塔へ
<前編> <後編>
(3)女戦士、旅立つ
<前編> <後編>

(4)忍の子 
<前編> <後編>

(5)天上の国
<前編> <後編>

(6)傷

<前編> <後編>

第一章 ふたたびの幕は上がる

(1)砂漠の花嫁 
<前編> <後編>
(2)怒りの密航者
<前編> <後編>
(3)再会と花と涙と
(4)異端なる者たち
<前編> <後編>
(5)隻眼の罪人
(6)戸惑える交錯
<前編> <後編>
(7)満たされぬ心
<前編> <後編>
(8)真夜中の冒険者
<前編> <後編>
(9)地底にて
<前編> <後編>
(10)愚者
<前編> <後編>
(11)影ふたたび
<前編> <後編>
(12)出発の海へ
<前編> <後編>

第二章 されど我等はいつでも突然に

(1)まどろみの記憶

(2)再生の地
<前編> <後編>
(3)家路を辿れば
<前編> <後編>
(4)少女と魔獣
<前編> <後編>
(5)再会と邂逅の我が家
<前編> <後編>
(6)懐かしき来訪者
(7)あしたへの一歩
<前編> <後編>
(8)飛ばされし異端者

<前編> <後編>
(9)深遠なるものと共に
<前編> <後編>
(10)蘇える盗賊
<前編> <後編>
(11)追う者、追われる者
<前編> <後編>
(12)沈黙の魔女
<前編> <後編>

第三章 更なる混沌の渦に呑まれながら

(1)死神は雨に沈む
<前編> <後編>
(2)太陽の戦士
<前編> <後編>
(3)傷つきし狩人に癒しのぬくもりを
<前編> <後編>
(4)花咲ける街で
<前編> <中編> <後編>
(5)性愛と死の貴婦人
<前編> <後編>
(6)光なき道を歩む者
<前編> <後編>
(7)形ある存在

(8)夜の海の戦い
<前編> <後編>
(9)第二の守護者
<前編> <後編>
(10)恐れなき女たち
<前編> <後編>
(11)仲間たちの分岐点
<前編> <中編> <後編>
(12)鬼の主
(13)別離、そして帰宅

<前編> <後編>

第四章 天と地はようやく巡り会わん

(1)ふたたび故郷へ
<前編> <中編> <後編>
(2)鋼鉄の淑女
<前編> <後編>
(3)黒の狂気と血の接吻
<前編> <後編>
(4)聖地を目指して

<前編> <後編>
(5)青空の再会
<前編> <中編> <後編>
(6)その手が守るべきもの
<前編> <後編>
(7)はかなき温もりの面影を求めて
<前編> <後編>
(8)月下の暗殺者たち
<前編> <後編>
(9)小さき冒険者と小さき獣
<前編> <中編> <後編>
(10)旅路を辿れば
<前編> <中編> <後編>
(11)誰がための戦い
<前編> <後編>
(12)波乱を呼びし者
<前編> <後編>
(13)血塗られた心
<前編> <後編>
(14)少女の望む夢
<前編> <後編>
(15)ぬくもりの腕の中で
<前編> <中編> <後編>
(16)幼き瞳が見る先に
<前編> <後編>
(17)父と娘
<前編> <後編>
(18)集結のサマサ
<前編> <中編> <後編>
(19)語りし者と聞きし者
<前編> <後編>
(20)届かない声
<前編> <後編>
(21)指先の約束
<前編> <中編> <後編>
(22)嵐の前の静けさ・T
<前編> <中編> <後編>
(23)嵐の前の静けさ・U
<New>
<前編> <中編> <後編>

「小説地帯。」入り口へ。絶帝案内板へ。