いばらの詩(うた)

茨の花は罠
子供らしい戦ごっこの
むごたらしい飾りもの。

愛すべき花盗びとの
サド侯爵
恋人として手に血ぬる。

侯爵は雪の上に署名する
そして鏡の上に
ダイヤモンドで嘘をつく。

(ジャン・コクトー「用語集」より)

※この小説には、多くのオリジナル設定&キャラ、
流血や暴力等のグロ表現、若干の大人向け表現が含まれています。
苦手な方はくれぐれも御注意ください。

「いばらの詩」の「まえがき」のようなもの。
登場人物紹介。
設定資料集のようなもの。
プロローグ
第零章・皇子ピサロ
第一章・生誕祭

(1)北の城

(2)邪悪の神官
(3)剣士と屈辱

(4)誘惑、そして脱出
(5)宴にて

(6)光ある世界へ


第二章・ロザリーヒル

(1)ぬくもりある掌
(2)愛しき家族
(3)生ける死者
(4)偽りの崇拝
(5)ピサロ拉致
(6)嘘が壊れる時
(7)終焉なる自由


第三章・再びの魔界

(1)望まれる王

(2)永久の夜の冬の中で

(3)招かれざる者

(4)正すべき過ち

(5)救出作戦

(6)痛みの果ての真実
(7)魔竜の将軍
(8)壁、破られし時

(9)ピサロの決心


第四章・皇子の戦い

(1)月の見えぬ夜に

(2)ロザリー
<New>
(3)大人たちの戯れ
<New>
(4)北よ、さらば
<New>

「小説地帯。」入り口へ。絶帝案内板へ。